70 91 8 このブラウザーでは、JavaScriptが無効になっているか、サポートされていないため、PayPayモールを利用できません。 地域やご宗派によって異なる場合がございます。, 初盆の迎え方やお盆の迎え方についての説明です。 47 27 “¹‹ï‘I‚Ñ‚ÌŠáFƒtƒ‰ƒCƒpƒ“‚ð‘I‚Ô ‘æ6‰ñ ƒtƒ‰ƒCƒpƒ“ VS àu‚ß“ç 今すぐ無料ダウンロード, PayPayモールはヤフー株式会社が提供しているサービスです 22 56 20 セットの中に乾燥剤が入っていたので、迎え火もうまく焚くことができ、よかったです。 お盆の仏壇飾りを精霊棚(しょうりょうだな)に敷く真菰(まこも)のござ。どうしてまこもを使うのでしょうか?現在の私たちにはあまり馴染みのない植物、まこも。ここでは、お盆飾りの敷物につかう真菰(まこも)について、詳しくお伝えしていきます。, お盆の精霊棚には、いろいろなものを飾りますよね。精霊馬がご先祖様の乗り物になることを知っている方は多いと思います。では、お飾りの下に敷いてあるござについてはご存知でしょうか?このござはまこも(まこも)という植物で作られています。あまり聞いたことのないまこもとはどんな植物なのでしょう。「終活ねっと」では、お盆で使うまこもについて以下のことをご紹介します。, また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。, お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。, 日本ではよく耳にするお盆とは一体どんなものなのでしょうか。お盆の由来、お盆の期間、お盆のために準備すること、お盆に参列する際のマナーや宗教別のお盆についても解説していきます。お盆におすすめの海外旅行スポットもご紹介しています。, お盆の正式名称は、インドのサンスクリット語の「ウランバーナ」に漢字を当てた、「盂蘭盆(うらぼん)」といいいます。そもそもは、お釈迦様の弟子の母親が餓鬼道に落ちてしまったのを救うための供養が始まりでした。そこから、丁寧に供養することでご先祖が救われ、今生きている人も幸福を得ることができるという教えとなり、旧暦7月15日に先祖供養をする習慣が広まりました。お盆の時期は関東と関西では違い、地域によっても色々な習慣があります。詳しくは下記の記事をご覧ください。, お盆の時期は、地域によって様々であることをご存知ですか?新暦を元にする地域もあれば、旧暦を元にする地域もあります。各地域のお盆の特徴を知ることで、供養について改めて見直すきっかけが得られるでしょう。この記事では、お盆の時期の地域ごとの特徴を説明していきます。, 仏事だけでなく神事でも使われるまこもとはどんな植物なのでしょうか?まこもはイネ科の多年草で、水辺に群生し、人の背丈ほどに成長します。日本の縄文時代の遺跡からまこもの種が見つかっており、稲作が始まる前の食糧になっていました。古事記や万葉集にも薬用・食用として登場し、古くから衣食住に利用されてきた身近な植物だったのです。, 現在でもまこもは食用に利用されています。栽培している農家が少ないため、貴重な食材といわれています。まこもは食物繊維が豊富で、ビタミンミネラルを豊富に含んでおり、これらの成分が体内の毒素や老廃物を輩出する作用があるといわれています。新芽が肥大したものはマコモダケと呼ばれ、中華料理などの食材になります。炒め物や新鮮なものは生でも食べられます。シャキッとした触感にスイートコーンのような甘味と香りがあります。また、干したまこもの葉はお茶になります。粉末にしてお湯にといて飲めばまこもの栄養をまるごと取り入れられます。現在では食用の他に、水質浄化のために湿地などに植えられています。, お盆の精霊棚には、まこものござを敷き、その上にお供えを飾ります。お盆飾りセットには、まこものござ・おがら・まこもで作った牛馬、蓮の葉が入っています。仏教の宗派や地域によって違いはありますが、基本的に牛馬は向かって右側、蓮の葉は左側の手前に置きます。, 仏教では、お釈迦様がまこもの敷物に病人を寝かせ治療したといわれており、神聖な植物とされています。お盆には、このまこものござを敷くことで場を清めるという意味があります。また、夏に帰ってくるご先祖さまに涼んでいただけるようにという思いも込められています。前日までにお仏壇やお墓の掃除をすませ、まこもで清めた上にお供え物を乗せて、ご先祖様をお迎えしましょう。, お盆になると、お盆セット・まこもセットが売られています。お盆飾りに必要なものが一通り入っているためとても便利なのです。内容は消耗品だけを集めたものや、初盆用に盆提灯やほうろくまでついているものがあります。まこものござのサイズも様々なので、飾る部屋にあったものを選ぶようにしましょう。では、まこもはどのように飾れば良いのでしょうか。, まこものござは、敷くだけでなく手前に垂らすようにするのがいいとされています。これは、お盆の由来となった餓鬼道に落ちたご先祖様が、まこものござをはしごにして登ってくるようにという思いがこめられています。小さな餓鬼でも登れるように、精霊棚の一番下まで垂らしておくのがよいでしょう。, まこもセットを探していて、まこものござに「耳付」「耳なし」の2種類があることにお気づきでしょうか?耳とは、ござに使われている茎の両端のことです。茎の両端を長く残しているのが「耳付」です。茎の両端を布でカバーしたり、切り揃えてあるものが「耳なし」です。どのような違いがあるのでしょうか。見ていきましょう。, 「耳付」はまこもの茎の両端を長く残してあるので、ある程度の幅をとってしまいます。茎の半分程度を布でカバーして、半分を長く残してあるものもあります。この耳の部分、船をつくるための船主と船尾にするように作られているのです。昔のインドでは、お供え物は葦(あし)で作った船に乗せて海や川に流していました。日本では身近にあったまこもを使って、同じようにお盆のお供え物をくるみ、水に流す精霊流しを行っていました。耳付のまこものござは、耳の部分をひとまとめにして、船の形にできるようにわざと長めに残してあるのです。笹舟を作る要領で耳の部分を少し編み込んでから紐などで縛ると船の形になります。これにお盆飾りで使ったお供え物一式を乗せて、送り火で焚いたり、川や海に流します。今でも九州一部の地域では精霊流しを行っており、長崎の精霊流しは特に大きくて立派な船を作る事で、お祭りとして有名になっています。精霊流しをする地域でも、船は回収するのが一般的になっています。, 「耳なし」は船を作るときの船主と船尾にあたる部分を切った形になります。特に小さいサイズのもは、4辺がカバーされているものく、見た目もきれいです。大きくなると茎の両端部分のみカバーされているようです。コンパクトなものに多いため、簡易に飾る方、来年も使おうと思う方は「耳なし」を選ぶといいでしょう。, お盆飾りは仏教の宗派や地域によって色々な違いがあります。ここでは共通性の高い基本的なものについて紹介します。, 位牌や過去帳はお仏壇から取り出し、精霊棚の最上段に配置します。精霊棚が平面の場合は一番奥に配置します。「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。, 平面に飾る場合は、低めの棚を一つ用意します。何段もある祭壇を作る場合には、大きさの異なる大中小の机、またはひな壇を用意します。詳しくは飾り方をご覧ください。, 精霊棚の左右に飾るのが一般的です。最近では場所をとるため片方だけ飾る場合もあります。地域によっては使わないことも、上から吊るすものもあります。葬儀で使った提灯とは別に用意するのが望ましいでしょう。初盆では模様が無い白い提灯を飾ります。お盆セットでもコンパクトタイプには盆提灯は1つしかついていない事があります。部屋が狭い時は片側に盆提灯、もう片方には花瓶を飾るのもよいでしょう。, 「しょうりょうま」と読みます。ご先祖様があの世との行き帰りに乗る牛馬です。来るときは馬に乗って速く、帰るときは牛に乗ってゆっくりと名残を惜しんで、という思いがこめられています。地域によっては逆の意味で使うこともあるようです。お盆の始めにお迎えするときは内向きに、お盆の終わりに送るときは外向きに向きを変えます。作り方や材料は地域によって様々です。茄子の牛ときゅうりの馬におがらで脚をつけるものがよく知られています。野菜で作るときは、へたの方が頭になります。まこもセットにまこもで作った牛馬が入っていることもあるので、これを使ってもいいでしょう。, ホオズキは鬼灯と書き、その色と形から提灯に見立ててお供えします。盆提灯と同じように、ご先祖様が帰ってくる足元を照らすように、目印になるようにとの思いがこめられています。精霊棚の四隅に支柱を立てて結界の縄をわたしている場合、ここに吊るすとよいでしょう。精霊棚の上に蓮の葉やお皿に乗せて置いたり、生花と一緒にいけてもよいでしょう。, お盆に飾る生花です。基本的には季節の花、夏の花を飾ることとなっています。花の種類は特に決まっていませんが、地域によって必ず必要だと思われている花もあります。共通して言えるのは、とげのある花・香りの強い花・つる性の花は使わないことです。, お盆飾りの飾り方についても、仏教の宗派や地域によって様々です。基本的にはお盆の間は精霊棚を作り、仏壇から位牌と三具足を取り出し、お供え物と一緒に飾ります。昔は内庭や縁側、座敷に大きな精霊棚を作っていましたが、現在では仏壇の前に置くのが一般的です。本格的な祭壇型から、あまり場所をとらずに平面で簡単に飾る方法をご紹介します。, 三段の雛壇を作って飾る場合、仏具屋などで雛壇を購入するか、大中小の机を組み合わせて三段にします。最上段の中央にお仏壇から取り出した位牌を配置します。過去帳やご本尊を置く地域もあるようです。そして、中段に三段盛のお供え物と御霊膳、下段に精霊馬と水の子を飾ります。また、精霊棚の前には経机を置きます。花瓶や燭台、香炉の位置は、宗派や地域によって違います。まこものござは、三段を全て覆う地域と、雛壇を白い布で覆って下段にだけ敷く場合があります。, 平面に飾る場合も基本的な配置は同じです。一番奥に位牌、中ほどにお供え物、手前に精霊馬と水の子です。経机を置くスペースもない場合は、ござの上に配置します。平面の場合、全面にまこものござを敷きます。仏教の宗派別の違いについては、下記の記事をご覧ください。, お盆でイメージするものといえば、お墓参りやお盆休みなどが挙げられますが、仏壇に祭壇を設けることも重要なことです。お盆の祭壇には、飾り方や配置など決まりがあり、それが宗派や地域によって異なります。今回は、お盆の時期の仏壇に設置する祭壇について見ていきましょう。, 精霊棚は、送り火を焚いてお盆が終わったら片づけます。お供え物は、下げて食べるまでが供養とされていますので、早めにいただきましょう。では、片づけた後のまこものござやお飾り一式はどう処理するのがいいのでしょう?, 昔は、お盆が終わるとお焚き上げをしたり、精霊流しで川や海に流したりしていました。まこものござは、飾り方でも紹介したように、耳の部分をまとめて船を作り、お供え物をくるんで水に流すために使われていました。一部の地域では精霊流しの習慣が続いていますが、少し水につけたら回収するのが一般的になっています。回収した後は、地域でお焚き上げを行ったり、ごみとして処分します。現在では都市部のマンション等でお焚き上げをすることはできませんし、川や海に流すのも環境問題になります。お寺でお焚き上げをしていることもあるので、近くのお寺に問い合わせてみてもよいでしょう。ごみとして捨てる場合は、塩で清めて白い紙でくるんで捨てると、気持ちが違うでしょう。, お盆セット、まこもセットで購入した一式は毎年新しく買うのでしょうか?まこものござ・牛馬・ほうろく・棚、使えそうなものは翌年も使う人が増えています。収納スペースがあるなら、使い回しは気持ちの問題といえます。初盆の白提灯だけは、使うのは一度きりになりますので、翌年に新しい提灯を用意します。白提灯はお寺のお焚き上げにできればよいですが、他のお飾り同様にごみとして処分してもかまいません。, お盆の前日までに、お墓と仏壇の掃除を済ませ、精霊棚を飾ったら、いよいよ迎え火を焚いてご先祖様をお迎えします。迎え火はご先祖様が道に迷うことなく家にたどり着けるようにという思いがこめられています。おがらを松明のように立てて、火を灯します。迎え火を焚くのが難しい場合は、盆提灯の灯りも目印になると言われていますので、盆提灯を灯してください。お盆の迎え方にも宗派によって違いがあるので、詳しくは以下の記事もご参照ください。, 古来から日本にある習慣としてのお盆ですが、迎え方や送り方の細かいしきたりについて知らない方は多いのではないのでしょうか。準備するものや宗派によっての違いなどお盆の迎え方をこちらではご紹介します。マナーやしきたりを押さえてお盆を迎えましょう。, お盆で使うまこものござ、とても大切な意味のあるお飾りのひとつだということがお分かりいただけたでしょうか。今回「終活ねっと」では、お盆で使うまこもについて以下の事柄を解説していきました。, お盆で使われるまこもは、お釈迦様の時代から身近にあった神聖な薬効植物で、食用にもなる。精霊棚を清めるために、お飾りの下に置く。, 昔はまこものござで船を作ってお飾りをのせて供養していた。まこものござは、お焚き上げにしても翌年使いまわしてもいい。, お盆飾りは仏教の宗派や地域によって大きく違います。浄土真宗では精霊棚自体を作りません。家の広さによって十分なお飾りができない場合もありますが、大切なのはご先祖様に感謝の気持ちを伝えることです。形式のお飾りにこめられた意味や思いを理解したうえで、できる限りの心を込めたおもてなしをすることが一番の供養になるのではないでしょうか。これからご先祖の供養をきちんとしていきたいと考えておられる皆様に、少しでもお役に立てれば幸いです。「終活ねっと」ではこの他にも法事や法要についての記事を多数掲載しております。以下の記事ではお盆休みの旅行先について解説しております。充実したお盆休みを過ごすための参考として、ぜひご覧ください。最後までお読みいただきありがとうございます。, GWの次にやって来る長期休暇のお盆休み!この機会に行ってみたかった場所へ足を運んでみてはいかがでしょうか?国内の人気の旅行先やおすすめの海外旅行先、また、混雑するお盆休みの意外な穴場スポットまで、旅行計画を立てたくなる場所をご紹介します。, お盆の時期になると仏壇に特別なお供えをしますが、故人が亡くなった後に初めて行われるお盆(新盆)では飾り方が異なるのか、どんな違いがあるのかなど疑問に思われる方が多いと思います。今回は、新盆での飾りについて、宗派ごとの違いを含めながら解説していきたいと思います!, お盆飾りはなぜ飾るのでしょうか?実際にやってみようと思っても、なにをどのように飾るのか、飾り方に決まりはあるのか、お盆飾りについてご存知ない方も多いのではないでしょうか。この記事では、盆棚の作り方や飾り方について詳しく解説します。ぜひ、最後までご覧ください。, お盆供養は、毎年行われているとても身近な仏事です。各地のお盆の様子が報道されるだけでなく、不特定多数の人が参加する盛大な行事として執り行われていることもあります。今回の記事ではお盆について、供養の方法からお布施に至るまで、法事の手順を徹底的に解説します。, 1年の中でもご先祖様を供養する時期であるお盆ですが、実はお盆にまつわるしきたりは地域によってさまざまです。今回はお盆の時期の一般的なしきたりや特定の地域にしか見られない風習について詳しく見ていきますので、地元に帰省した折にお役立てください。, お盆に向けて準備することは非常に多いですが、中でも欠かせないものの1つが精霊棚と呼ばれるものの用意です。しかし、精霊棚は飾るものが多いためか、作り方や飾り方についてわからないという方も多いでしょう。今回はお盆の精霊棚の作り方や飾り方などを見ていきます。, 夏の中でも最も楽しみとされるお盆の季節が近づいています。お墓参りに出かけたり棚経をあげてもらったりするにしても事前の準備が欠かせません。しかし、お盆の準備と聞くとかなり大変そうなイメージも持たれがちです。今回はお盆の準備でやるべきことについてご紹介いたします。, お盆の飾り付けはどうしたら良いかご存知でしょうか。お盆前になって、お盆の飾り付けはどうすれば良いのか迷われている方も多いはずです。今回はお盆の飾り付けの基本とその飾り付けの宗派ごとの違いについてもご紹介いたします。, 日本古来から習慣としてあるお盆ですが、このお盆というのは仏教行事なのでしょうか。普段、習慣として行なっているお盆ですが、お盆の由来や仏教との関係性は知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは仏教とお盆の関係性や由来についてご紹介します。, お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。, 近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。, 四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。, お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。, 年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。, 13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。.