「お車代」とはゲストに渡す交通費のことですが、どのゲストにどれくらいの金額を包むべきなのでしょうか。渡し方のマナーなどもあり難しいイメージのある「お車代」。今回は「お車代」の意味や相場、渡すときのマナーに加えて、結婚式で渡される「お礼」との違いも解説します。, 「車代」と言うと車を買ったり借りたりする料金や車を使った時の交通費ですが、「車代」の前に尊敬を表す接頭語「お(御)」をつけた「お車代」は、上記のように謝礼の意味合いが含まれた交通費の意味になります。, 「お車代」が渡される機会とは、結婚式や披露宴、または葬儀や法事です。結婚式では主賓や乾杯の挨拶や受付など手伝ってくれる方や遠方から来る親戚などに、葬儀や法事では僧侶に「お車代」が渡されます。, ゲストが移動するためにタクシーや送迎用のバスなどの送迎車両を手配した場合には、御車代は渡す必要はありません。, 主賓、仲人、乾杯の挨拶を頼んだ方には、1万円~3万円のお車代が相場で、往復のハイヤー代が目安です。, また披露宴の司会者や写真やビデオの撮影を頼んだ人にも1万円~3万円のお車代が相場になります。司会者は事前に打ち合わせなどをするために事前に協力を得なくてはなりませんし、カメラマンは撮影のためにゆっくりと出席できないからです。, 新幹線や飛行機で遠方から来た親戚には、全交通費の半額が目安ですが、望ましいのは全額負担です。, 高額となり相手に気を遣わせてしまうようならば、現金の代わりに新幹線などのチケットを渡すという方法もあります。, 披露宴当日の受付やスピーチ、余興をお願いした人には、3,000円~5,000円のお車代が相場です。受付なら披露宴の前に、スピーチや余興をお願いした人には披露宴前後でタイミングを見計らって渡します。, 葬儀や法事で僧侶に渡すお車代の相場は5,000円~10,000万円で、タクシー代の往復料金が目安となります。, お車代は必要ないという地域は例外として、結婚式や葬儀ではお車代を渡す習慣が定着しています。そのため当日にお車代を渡されないと残念に思うゲストもいます。, 一般的にお車代を渡すべき相手に対しては、招待状にお車代を出せないことを明記して、出欠席の判断はゲストに任せるようにすれば、御車代がないことによるトラブルは避けられるでしょう。, 結婚式で渡されるお車代は1万円以上なら祝儀袋、1万円以下ならポチ袋と使い分けます。, 正式な祝儀袋は10本の水引を「結び切り」にして、熨斗(のし)が付いています。「結び切り」とはほどけにくいこま結びにすることで、「熨斗」とは縁起のいいアワビをモチーフにした飾りのことで祝儀袋の右上にあります。, 葬儀で渡すお車代には、不祝儀袋か無地の白い封筒を使います。水引やのしはいりません。, お車代の封筒の表書きは毛筆や筆ペンで「お車代」「御車代」「御車料」、または「御礼」と書くこともできます。ただし、結婚式のお車代はお祝いごとなので「寿」も使われます。, 贈り主の氏名は表書きの下か、裏に書きます。その際、新婦なら婚姻後でも旧姓を使います。, 葬儀で渡すお車代には、地域によって贈り主の氏名を書く場合と書かない場合があります。, 氏名を書かない場合とは、氏名を何度も書くことで不幸が続くという意味合いになり避けた方がいいという考え方があるからです。一方、氏名を書く場合は寺院側への配慮が理由で、フルネームか「苗字+家」という形式で記入します。, 以下の記事では「お車代の書き方」について詳しい解説をしているので、併せて参考にしてみてください。, 結婚式はいろいろと忙しいので、主賓や乾杯の挨拶をお願いした方などの大切なゲストには、受付後にあいさつを兼ねて、招待した側の親がお車代を渡します。, 仲人には婚姻に関してお世話になっているので、披露宴後の別室で両家が揃ったところで「お車代」を渡します。, 葬儀でのお車代は盆にのせて渡すのがマナーです。そして、お礼を言うことを忘れないようにしましょう。, 「本日はお務めをしてくださりありがとうございます。ささやかではありますが、お納めください」, お車代は贈り主からの謝礼の気持ちを込めた交通費ですが、ゲストが遠慮されてお車代を辞退することがあります。その場合は相手を尊重して無理に渡さないようにしましょう。, 披露宴などでお手伝いをしてくださった方へのお礼で、司会、受け付け、仲人、カメラマンや演奏をしてくれた友人、スピーチや余興、ブーケなどのデコレーションを作ってくれた友人などに渡されます。, 「お車代」と「お礼」では意味合いが違い、「お車代」はゲストの交通費として、「お礼」は謝礼として渡されます。, ただし「お礼」と「お車代」の両方を渡すことになるゲストには、お礼を兼ねて「お車代」としてまとめた金額を包んで渡すこともあります。, 「お車代」とは披露宴や葬儀でゲストに渡す交通費のことで、主賓などには1万円以上などの相場もあります。感謝の気持ちも込められているのでお車代が高額になってしまうことがありますが、それでは相手に気を遣わせてしまいますので相場に見合った金額を包むのがいいでしょう。. お布施と一緒に渡す、お車代、お膳料の書き方を解説します。自宅、斎場、ホテル等、お寺以外の場所で通夜、葬儀、法要を行う場合にはお車代を渡します。また、葬儀や法要の後で会食を行う際、僧侶が出席を辞退した場合には食事代としてお膳料を渡します。 お車代という言葉を聞いても、ピンとこない人もいますよね。お車代というのは、結婚式で一部の限られた人に渡すもので、結婚式・披露宴に来て頂くための、いわゆる交通費にプレスアルファでお礼の気持ちの込めたもの。, 結婚式には、通常は電車などの交通機関を使ってくる場合が多いですが、その交通費をお渡しする時の名目をお車代と呼びます。ただ、お車代はあげなくてはいけない、という決まりがあるわけではありません。, 例え渡さなくてはいけない人に渡し忘れていたとしても、後で「もらっていませんよ」と指摘されることはないもの…。しかし、慶事のマナーを正しく知っている人なら、お車代がないことが、マナー違反だということはわかりますから、失礼に当たるのです。, 結婚式は、日頃親しくしている人やお世話になっている人を招待して、結婚の報告をし、お祝いをして頂く大切な場面ですから、ゲストに失礼がないようにしたいですよね。, そこで今回は、忘れられがちなお車代のマナーについて包み方、金額、渡し方に至るまでを解説します。, お車代を渡す基準がわかりにくいという人も多くいますが、基本的にお車代は、こちらから頼んで結婚式に来ていただいた方にお渡しします。, ★ 具体的には、スピーチを頼んでいる主賓や遠方から新幹線や飛行機などを使ってわざわざ来ていただく方など。, ・ お世話になっている人や、こちらの都合で来て頂く方にお渡しすると覚えておくと、お渡し漏れや失礼がなくなります。, お車代は現金でお渡しします。しかしながら、現金をそのまま裸で渡すのは、相手に大変失礼。, ★ お車代は、ご祝儀袋かポチ袋に入れて渡すのがマナーですが、包む金額を考えるとお札を折らずに袋に入れることができる祝儀袋が適切。, 結婚は再びあってはいけないことですから、何度も結び直しができる花結びの水引はマナー違反なのです。, 祝儀袋にお車代を入れて渡す際に、水引以外で気を付けなくてはいけないのが、表書きと名前を必ず記入するという事。, お車代を何人かに渡すので、1枚ずつ書かなくてもいいのではないか…、と考えるかもしれませんが、祝儀袋を買ってきて何も書かずにお渡しするのは、手抜きですし、失礼に当たります。, ★ 毛筆、もしくは筆ペンで、表書きには「御車代」と記入。また、祝儀袋の水引の下半分には、両家の苗字を記入します。, ・ この時には、新郎新婦個人からというのではなく、両家からという意味になりますから、名字だけ記入すればOKです。, お車代の金額の目安は、最低でも1万円以上。たとえ、主賓が近所にお住まいで、往復交通費が1,000円以下だという場合でも、お車代は1万円を包みます。, ★ 少額を包んで渡すのは失礼だという意味もありますし、お礼の気持ちも含めると1万円未満をお渡しするのはマナー違反なのです。, ・ ただ、遠方から足を運んでくれた友人や親せきには、交通費の半額程度を渡すのが目安。, 例えば、往復新幹線が3万7千円の場合には、2万円包んでおけばよいですし、終電始発の関係で1泊するゲストには、交通費のみをお渡しするという、金額の決め方が一般的です。, お車代は新郎新婦から渡す必要はありません。招いた本人から渡すのが礼儀だと思われるかもしれませんが、結婚式では、新郎新婦のスケジュールが詰まっていますから直接渡すのは不可能。, ・ 主賓には、受付の後にお席に伺ってお渡ししたり、親戚の人には、親族の挨拶のタイミングや合間を見計らって、親が渡すのがスマートです。, 地方から上京して、そのまま都心で結婚式を挙げる場合は、学生時代の友人がほとんど遠方からのゲストになるケースがあります。このような場合には、すべてのゲストにお車代を親が一人ずつ渡すわけにはいきません。, ・ 誰かには親から、誰かには受付からなど分けてしまうと、ランクを分けたような印象を与えてしまうため、渡すタイミング、渡し方は一律にするように注意が必要です。, いかがでしたでしょうか、お車代については、包み方、金額の目安、渡し方に至るまで、独特のマナーがあります。, 結婚式は、新郎新婦がお祝いをしてもらう場でもありながら、お招きした方、すなわち、日頃からお世話になっているゲストに対して、結婚の報告を感謝の気持ちを伝える場でもあります。, ですから、招待して来て頂いたゲストに、不快な思いをさせてしまってはいけません。主賓には上司や目上の方をお招きすることが多いですが、社会的立場が高い方はそれなりに、土日も多忙。, そのような方にわざわざお越し頂いているという気持ちを込めてお車代をお渡しするのです。もちろん、おめでたい場で「お車代をもらえると思ったのにもらえなかった」と不満をこぼす人は少ないはずです。, ただ、マナーを知っている人は、気持ちの奥底で大なり小なり違和感を感じるはず。相手に失礼がない基本のマナーは押さえて、皆が気持ちの良い式を挙げましょう!, ・お車代を渡す基準はこちらから頼んだかどうか ・お車代は結び切りの祝儀袋かポチ袋に包む ・表書きは「御車代」で両家の名前も忘れずに ・金額は最低1万円~で遠方の人には半額が目安 ・主賓と親族には頼んだ側の親から渡す ・遠方からのゲストには受付の時に渡してもらう, 敬語を上手に使いこなすことは、交渉を進めるには重要!相手のこちらを見る目も変わってくるのなら、スマートに敬語を使いこなしたいですよね。そこで今回は、交渉時に活用したい敬語のフレーズをお伝えします。, 皆さん親戚や友人、会社の方の結婚式にどうしても参加できないという時に電報を送る方が多いかと思います。電報を送るときにマナーなどはあるのかなどわからなことがあるという方もいるかと思います。ケース別に文例やマナーを7つご紹介したいと思います。, 二次会のドレスマナーは、披露宴よりも線がハッキリしていないだけに反対に迷ってしまうもの。選ぶには会場の場所をリサーチしなければなりません。今回は、適切な二次会のドレスマナーを守った、ドレス選びをする方法を、7つのポイントに分けて説明します。, 結婚式のご祝儀相場、これから参加するゲストは気になるところ。多く包んでも新郎新婦に負担をかけ、少なすぎると失礼にあたります。独断では判断が難しいご祝儀とは言え、人にも聞けない!そこで今回は結婚式のご祝儀相場を、5つの立場別にお伝えします。, 目上の人と良い関係を築ける人と築けない人がいますよね。誰とでも良い関係が築ける人との違いはほんの少しですが、それでも仕事に暮らしが大きく変わります。そこで今回は、年上に愛される人の特徴をお伝えします。, レディーファーストは日本人にとって、なかなか慣れないものですが、郷に入っては郷に従い自然にこなしたいですよね。そこで今回は、特に日本人が間違えやすいレディーファーストのマナーと、考え方をお伝えします。, 二歳児のしつけにお困りですか。そんなママさん&パパさん必見! 今日は「これだけは教えておきたい二歳児のしつけ」を7つ紹介します。お子さんにとって、パパやママが一番身近な先生ですから、お手本となって、しっかり教えていきましょう!, 結婚式の親族の服装は、ホストでもあるため、姉妹や叔母・伯母の立場では迷うもの。どのような場所や挙式スタイルでも対応出来るよう、今回は親族女性のマナーを押さえたフォーマルスタイルを解説します。, 結婚式のスピーチを上司が行う際に多いのが、開始の挨拶。そんな重要な役割、失礼のないように事前に原稿を作りこんでおくと安心ですよね。そこで今回は、上司の立場で行うスピーチでの基本構成と例文を解説します。, 結婚式のお呼ばれでは、何を持って行くべきか持ち物も迷ってしまいますよね。必須なものだけではなく、持っていた方が安心できるものもあります。そこで今回は、結婚式で必須な持ち物と持っていると便利な小物についてお伝えします。, 告別式のマナーは繊細な配慮が必要となるもの。社会人になったら基本を理解して、失礼のない参列をしたいですよね。そこで今回は、社会人が告別式に参列する前に確認しておきたい基本マナーを詳しくお伝えします。, 結婚式で着物を着ている女性ゲストってとても素敵ですよね。特に未婚女性しか着ることのできない振袖は、着られるうちにぜひ着ておきたいものです。今回は結婚式に着物で参加する時に気を付けたい髪型7つのことをまとめてみました。. 結婚式などでゲストにお渡しするお車代について、細かいマナーがあることをご存知ですか。この記事ではお車代の相場やお札の入れ方、適した封筒の種類までご紹介しています。お車代のマナーについて知って、楽しいお祝いの席になるようにしましょう。 お車代は、遠方から結婚式などに来てくれたゲストへ、交通費をお渡しする日本の風習ですが、ゲストに失礼がないようにしたいですよね。そこで今回は、お車代を渡す際の包み方や金額、渡し方に至るまでを解説します。 結婚式で渡す「お礼」や「お車代」。受付や主賓、祝辞をお願いしたゲストへのお礼や遠方から来てくれたゲストに渡す交通費のことです。そこで、ゲストに渡すお車代の包み方や渡し方のマナーから、主賓や乾杯・祝辞、受付など相手別の金額相場をご紹介します。 「お車代」が渡される機会とは、結婚式や披露宴、または葬儀や法事です。結婚式では主賓や乾杯の挨拶や受付など手伝ってくれる方や遠方から来る親戚などに、葬儀や法事では僧侶に「お車代」が渡されます。 ゲストが移動するためにタクシーや送迎用のバスなどの送迎車両を手配した場合には、御車 … 結婚式では、「主賓や乾杯をお願いしたゲスト」や「遠方からのゲスト」など、特別なゲストへのお礼として、「お車代」を渡します。 感謝の気持ちを伝えるものなので、渡すときにも失礼がないようにしたいもの。 「お車代」はいつ、誰から渡せばいいのでしょうか? 結婚式にはお世話になった方や遠方からのゲストの交通費をお車代や謝礼として渡す慣習があります。お車代や謝礼、忙しい結婚式の最中どのタイミングで誰が渡せばよいのか迷いますよね。お車代や謝礼のスマートな渡し方をご紹介。