足首の内側(くるぶし)の痛みはどのくらいで治る? 後脛骨筋腱炎が原因である場合、足の内側の痛みは早ければ1週間程度で治ります。また、無理をしない限りは、重症化するケースはまれです。ただし油断 … c Copyright 2020 Imaginear co.,ltd. (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://teru-saishin.com/ankle-pain-2610','bfgHp_XldL',true,false,'G_j1RZQmLkQ'); ":"&")+"url="+encodeURIComponent(b)),f.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded"),f.send(a))}}}function B(){var b={},c;c=document.getElementsByTagName("IMG");if(!c.length)return{};var a=c[0];if(! 4日前平熱。ややだるさあり。登校。朝から手の甲の指の付け根に発疹みつける。手のひら全体に広がる。2回目と同じ病院受診。手の膝から下の発疹。踝から下足の裏までの発疹から手足口病と診断。夜発疹が広がる。上肢下肢。顔浮腫む。 (function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「長時間歩くと足首の内側が痛む」「内くるぶしの周辺が痛い…」。こうした症状の原因は、「後脛骨筋腱炎」である可能性があります。, 「しばらくしたら治るだろう」なんて、甘い見込みは禁物。放置すると症状が悪化して、歩行が困難な状態になりかねません。健康に歩ける足を取り戻すために、後脛骨筋腱炎の原因と治療法を学んでいきましょう。, 後脛骨筋腱炎とは、「後脛骨筋」の腱に発生する腱鞘炎です。後脛骨筋は、足首の底屈(つま先を下に向ける動き)や内反(足裏を内向きに返す動き)に必要な筋肉。日常生活では、足首のバランスを整える約割を担っています。, 運動や長時間の立ち仕事などで後脛骨筋を酷使すると、筋肉を動かす腱と、腱を保護する「腱鞘」に炎症が発生。内くるぶしの後側や下側を中心に、痛みを感じるようになります。, 足首の痛みは、さまざまな要因で生じます。現在感じている痛みが後脛骨筋腱炎によるものと確定するには、どうすればよいのでしょうか。確認方法を見ていきましょう。, 医学の専門知識がなければ、足首の痛みの原因を正確に知ることはできません。最寄りの整形外科で、診察を受けてください。整形外科は関節や骨、筋肉などの専門家。確かな知識で、足首の痛みの原因を特定してくれます。, なお、整骨院や接骨院でも、足首の痛みについて相談することは可能です。ただ、治療院では、医師の資格を要する検査は受けられません。確実に症状の原因を特定するためにも、足首の痛みはまず整形外科に見せてください。, 後脛骨筋腱炎の診察では、問診に続いて触診が行われます。触診ではくるぶし周辺の圧痛の有無や、足首を内反・底屈させたときの痛みの有無をチェック。痛みが出れば、陽性と判断されます。, このほか、つま先立ちテストも、後脛骨筋腱炎を診断する方法として一般的です。つま先立ちした際に痛みが出る、あるいは痛みが強くなる場合は、陽性とみなされます。, 上記の触診やテストで重い症状が確認されると、MRI検査を行う場合があります。MRIの画像を見れば、腱の状態を正確に確認することが可能。腱断裂の有無もチェックできます。, ただ、後脛骨筋腱炎の診断において、MRI検査が行われるケースはまれだと思ってください。多くの場合は、触診とつま先立ちテストで診断がつきます。, 整形外科で後脛骨筋腱炎と診断されたら、どのような治療が行われるのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。, 後脛骨筋腱炎の治療は、運動制限を中心に行われます。スポーツ活動を行っている場合は、医師から休止を勧められると思ってください。症状の重さによっては、運動制限に合わせてテーピングも行われます。後脛骨筋腱炎に対する、一般的なテーピングの方法をチェックしてみましょう。, 以上のテーピングで、足首の動きを制限できます。テープの固定力が弱い場合は、手順1〜3のテーピングを2回繰り返してください。, 普段履いている靴にアーチサポート(インソール)を入れることで、外出時の足首の負担を軽減できる場合があります。後脛骨筋に対して、靴内部の形状が与える影響は大。アーチサポートで歩き方が改善されれば、炎症の再発防止も期待できます。, アーチサポートは、整形外科で作成可能です。患者の足底形状に合わせて制作するため、市販のものよりも高い症状改善効果が期待できます。, 炎症による足首の痛みが強いケースでは、ステロイド注射が行われます。ただ、ステロイド薬を注射しても、ただちに痛みが引くわけではありません。, 薬の効果が出るのは、注射から3日ほど経ってから。体質にもよりますが、ステロイドの鎮痛効果は2〜3週間程度持続することが一般的です。なお、医師の考え方によっては、腱へのステロイド注射を避ける場合もあります。, 上記の治療でなかなか症状が改善しない場合は、外科手術も検討されます。後脛骨筋腱炎に対する手術としてあげられるのは、「腱鞘切開手術」や「内視鏡手術」などです。なお、まれではあるものの、腱鞘炎の手術を行うと後遺症が残るケースがあります。手術の是非は、医師とよく相談したうえで決定してください。, 後脛骨筋腱炎が原因である場合、足の内側の痛みは早ければ1週間程度で治ります。また、無理をしない限りは、重症化するケースはまれです。ただし油断は禁物。数年来、後脛骨筋腱炎の症状に悩まされている方も少なくありません。, もし、病院で治療を受けても足首の痛みが治らないなら、西洋医学とは異なるアプローチも検討してみてください。たとえば漢方を利用することで、長年悩まされた症状が解消するケースもありますよ。.