茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ... 11月4日、アメリカ・オレゴン州がコカインやヘロインなどのハードドラッグ所持を非犯罪化することを決定した。. Copyright © 好きを見つける、選ぶ、つくば市の注文住宅ギャラリー All Rights Reserved. 茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を... 秋葉原からつくばエクスプレス約45分の茨城県つくば市。ロープウェイやケーブルカーのある筑波山のアクティビティや公道を走るセグウェイ体験、おしゃれなカフェな... そう、「つくば(オス・11歳)」は、ここ茨城県つくば市にあるハンバーガーカフェ「0298(ゼロニーキュウハチ)」のデキるスタッフ犬。. 100位内にランクインした市町村数は全国第5位と高い位置につけているのです。, 特につくばエクスプレス沿線地域の評価が高く、表からも分かるとおり守谷市やつくば市に人気が集中しています。 約290万人が暮らす茨城県は、県内の全域に人口の分散が目立ち、最も多い水戸市ですら30万人に届きません。市町村合わせて44のうち市が32もあって(平成29年6月5日現在)、市の割合は全国でもトップクラスです。これほど人口が分散しているのは、 こちらは、株式会社アジア住販のスタッフブログ記事ページ、「つくば市の魅力を紹介。家族の移住先にピッタリ!」でございます。スタッフブログでは、当社スタッフが日々の近況やつくば市のエリア情報など、様々な情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。 つくばエクスプレス沿線地域以外では神栖市、かすみがうら市、那珂市、土浦市がランクインしています。, 「住宅・土地統計調査」によると、2013年における家賃の全国平均は55,200円。トップはやはり東京都で78,552円です。, 茨城県は全国では16位と比較的高い位置につけているものの、平均は46,357円と全国平均に比べればかなり安い様子。関東圏では東京、神奈川、埼玉、千葉に次ぐ5位です。, 茨城県は空港、鉄道、高速道路すべてがそろっているため、首都圏へのアクセスも驚くほど充実しています。茨城県に移住する際に、交通の便を気にしている人もこれを見れば安心です。, 茨城県内を走る主な高速道路は3つあります。南北を走る常磐自動車道に東西を走る北関東自動車道、また首都圏中央連絡自動車道(圏央道)も物流を円滑にしています。, 東西南北どの地域にも移動できるため、自動車移動が多い人はスムーズにアクセスできるでしょう。, 首都圏3番目の空港である茨城空港は利用者が増していて、2018年の来場者数は1000万人を突破しました。, 国内線は福岡、神戸、札幌、那覇の4路線と決して多くはありませんが、リーズナブルな運賃で知られるスカイマークが運航しているため、需要が高いようです。国際線は上海便やソウル便、台北便が運航していてアジア圏内へのアクセスも良好です。, 茨城県は東京へのアクセスが充実しています。つくば市からは、開通10年を迎えたつくばエクスプレス(TX)が走っていて、最短45分で秋葉原駅にアクセスできます。2015年に開通した上野東京ラインでは、県庁所在地の水戸市から最短75分で東京駅に到着できるようになりました。, 画像引用元:茨城県庁 https://www.hurex.jp/ibaraki/?p=2907&preview=true, 県内の22つの市町村と東京を結ぶ高速バスが発着しているところも魅力です。運行間隔が最短10分と大変便利な高速バスもあり、スケジュールに合わせて利用することができます。, 茨城県には企業が少ないと思っていませんか?そうだとしたら、それは大きな誤解です。現在の茨城県の求人・就職状況を紹介します。, 2018年6月に茨城労働局が発表した、同年5月における茨城県内の有効求人倍率は1.61倍。全国平均は1.60倍で、約5年ぶりに全国平均を上回った4月に続き、ふた月連続で平均を上回る結果となりました。, 有効求人数は前年に比べると5万5077人増。なんと31カ月連続で増加し続けているのです。, 産業別にみると運輸・郵便業や医療・福祉業、また生活関連サービス業や娯楽業の求人数が増えているので、転職先も豊富。, 2015年11月に経済産業省が発表した「工場立地動向調査 平成27年上期(1~6月)」によると、茨城県は工場立地と件数、立地面積、県外企業立地件数のすべての項目で全国トップ。前年度、前々年度の調査でも首位を獲得していて、多数の企業が茨城県に注目していることがわかります。, 大手企業だけでも日立建機や日野自動車、雪印メグミルクなど、さまざまな企業がここ数年以内に茨城県進出計画を立てているようです。, 首都・東京に近く、交通網も発達している茨城県には今後もますます企業が進出し、それに伴って求人も増加すると予想できます。, 茨城県は1年を通して過ごしやすい気候であることに加えて、住環境や交通網が整っているため、とても移住しやすい地域といえるでしょう。平均年収が高いにも関わらず、物価が安いため安定した生活水準を望めそうです。, 新しい企業の進出が続々と進んでいて、求人数も上昇傾向にあるためこれからの発展にも期待できます。, 茨城県で転職先を探すときには、茨城県に特化した転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。, 茨城県の環境と転職市場を熟知した転職コンサルタントが、自分ひとりではなかなか出会えない優良企業を紹介してくれるでしょう。, 茨城県は、売上高が1,000億円に達する企業も複数存在します。平均所得も全国平均を上回る年が多く、働きがいのあるエリアです。売上高や年収の2軸で茨城県の企業ランキングをまとめていますので、ぜひこちらもご参考ください。, 北関東に位置する茨城県には県庁所在地の水戸市をはじめ、日立市やつくば市など多くの企業がそろう都市があります。そのため、進学や就職で一度茨城を離れてしまった人が、U・Iターン転職で茨城に移住することも少なくありません。 住. つくば市 移住 ... 茨城県つくば市のブログを人気ランキングでご紹介。30分更新で最新の人気ブログが見つかります!茨城県つくば市の参加者も随時募集中(無料です)。 今年の東洋経済の「住みよさランキング」で. 約290万人が暮らす茨城県は、県内の全域に人口の分散が目立ち、最も多い水戸市ですら30万人に届きません。市町村合わせて44のうち市が32もあって(平成29年6月5日現在)、市の割合は全国でもトップクラスです。, これほど人口が分散しているのは、可住地面積の広さが1つの理由となっており、山地のある北部と中西部以外は概ね平地が広がっています。東京都から近い南部に人口が集まっていることも、人口分散の理由として大きいでしょう。, 全体的に北部は人口減少、南部は人口増加の傾向で、つくばエクスプレス(東京都秋葉原~つくば)の沿線に顕著な人口増加が見られます。より東京都に近い埼玉県や千葉県と接する地域では、交通インフラの整った生活も可能です。, また、太平洋沿岸部や霞ヶ浦・北浦のある南東部は、水が気温の上下を緩和して、夏は冷涼、冬は温暖となる過ごしやすい気候なのに対し、冷え込みの厳しい中央部、猛暑に見舞われやすい南西部のように、県内で気候差が激しいのも特徴です。, 県庁所在地の水戸市は、太平洋側の中央部に位置します。地理的には東京都心部から離れますが、上野駅までほぼ直通(約1時間10分)で運行する常磐線特急「ひたち」、主要駅に止まる「ときわ」があるので交通の便は良いです。, 徳川御三家の1つ、水戸徳川家で有名ですから、水戸市が城下町として栄えていたことは説明不要でしょう。水戸黄門と水戸納豆で有名な他、中心市街地の近くに偕楽園(日本庭園)や千波湖があり、緑地や公園が整備されています。, 研究学園都市として、日本の研究・教育分野を支えるつくば市。学術都市の形成という明確な目的で開発された地域のため、研究機関での従事者や大学生が多く住み、年度が変わるたびに異動や入学・卒業で入れ替わります。, 秋葉原まで最速45分という利便性で、年々人口を増やし続けており、住宅地の地価水準は高くなっています。ただし、地価が高いのは、つくば駅周辺や研究学園駅周辺に限られ、他の地域は30,000円/㎡を切ることも珍しくありません。, 日立製作所の創業地として知られる日立市は、茨城県北部の太平洋沿岸にあります。鉱山の村として従来から工業の発展した地域で、現在も日立関連の企業や従業者が多く存在します。震災の被害を受け、最大で13,000人あまりが避難しました。, 日立関連企業の立地で安定した財政基盤があり、財政状況は県内で上位です(平成26年度では10番目)。また、長い海岸を持つ日立市は、県外のサーファーに人気の河原子海岸以外にも、サーフィンの穴場が多いと言われています。, 水戸市の南東部に接するひたちなか市は、春に一面のネモフィラで良くニュースになる「国営ひたち海浜公園」があります。毎年夏には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」が開かれるので、音楽フェス好きなら一度は行ったことがあるかもしれません。, 工業と水産業を基幹産業としますが、水戸市に隣接したベッドタウンでもあり、水戸市中心部への近さから利便性の高い地域です。ちなみに、茨城県が国内シェアの大部分を占める「干し芋」は、ひたちなか市で主に生産されています。, 北は栃木県に接し、西は利根川を挟んで埼玉県と接する古河市は、小山駅(栃木県)か大宮駅(埼玉県)から東北新幹線が利用可能、他県を通らず鉄道で茨城県内に向かうことができないなど、茨城県のイメージが薄い自治体です。, 製造業の集積が見られるなど地場産業もある古河市ですが、地理的には都心部への通勤圏に入っており、古河駅から東京方面への列車は、平日の7時台に概ね5分間隔でダイヤが組まれています(快速含む)。また、夏は非常に暑いので覚悟が必要です。, 茨城空港の所在地として取り上げた小美玉市ですが、茨城空港への交通インフラが充実しておらず、それは市民生活にとっても同じです。常磐線の羽鳥駅だけでは市民の需要を満たしておらず、特別快速が停車する石岡駅(石岡市)の利用も余儀なくされます。, したがって、都心から80km圏内であっても、東京への通勤には難ありといったところで、水戸市など常磐線沿線の主要市が勤務先候補でしょうか。地価が安く、羽田・成田まで行かなくても国内路線が使えるメリットを大きいと感じる人もいるはずです。, 全国的に見て、つくばみらい市の人口増加率+10.5%は上位です。つくばエクスプレスのみらい平駅~秋葉原間が最短40分の利便性と、緑の多い住環境、高校生までの医療費助成など、子育て世代に支持される要素が多く、年少人口比率の高い自治体です。, 西部には常総線の小絹駅もあり、居住の選択肢としては両駅のどちらかになるでしょう。開発の進む駅周辺のニュータウン以外は、基本的に田園が広がるのどかな風景です。なお、つくばエクスプレスの快速・通勤快速は停車しません。, 人気のつくばみらい市よりも、さらに東京寄りの守谷市は、茨城県内で最も人口密度の高い自治体です。つくばエクスプレスの全列車が停車、なおかつ始発・終着列車も多い東京のベッドタウンで、住宅地の地価水準は非常に高くなっています。, 取手市とも接する守谷市ですが、東京都心部への通勤では、常磐線(上野・品川行き)の取手市と、つくばエクスプレス(秋葉原行き)の守谷市で悩ましいところです。羽田・成田・茨城空港の所要時間は、車を利用した場合に約1時間で変わりません。, サッカーJリーグの鹿島アントラーズが有名なので、全国的に知名度が高い鹿嶋市。茨城県南東部の「鹿行」と呼ばれる地域で、東は太平洋、西は北浦に挟まれたほぼ長方形型の行政区域です。臨海部には、鹿島港を中心とする工業地帯が広がります。, 東京方面へ向かうには、電車よりも高速道路のほうが圧倒的に早く、高速バスを利用した通勤も多いです。また、鹿島灘海岸はサーフィンの人気スポットでもあり、ヘッドランド(人工岬)は、ヒラメ・マゴチ狙いのルアーアングラーも訪れます。, 大洗町は、大洗港(現在は茨城港大洗地区)が北海道苫小牧港へのフェリー航路を持つことで、フェリー利用のツーリング客が大量に押し寄せます。水戸市の南東に接し、海水浴とイベント会場で利用者が多い「大洗サンビーチ」も有名でしょう。, 近年は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台となったことでファンが多く訪れるようになり、町おこしに成功した感が強い一方、商業施設には空きが目立つ状況です。町の北部には、男子プロトーナメントで使われる「大洗ゴルフ倶楽部」があります。, 茨城県北部、人口減少の激しい常陸太田市では、市内の企業等に正規雇用された移住者を対象に、就職奨励金の交付を行っています。北部は中山間地域となるため、主な居住地は常陸太田駅のある南部となります。, 移住に先立ち、自営で生計を立てている人以外は、移住に就職は不可欠ですから、就職するだけで奨励金がもらえるのは大きいはずです。50歳以下と年齢条件が緩く、子育て世帯への加算もあるので、移住する際には必ず利用しましょう。, 霞ヶ浦・北浦など、周辺の大部分を水に囲まれた潮来市では、移住者に向けて東京駅までの高速バス定期券を助成しています。東関東自動車道の潮来IC近くにある、水郷潮来バスターミナルでの乗降車となります。, 水郷潮来~東京駅間の所要時間は約1時間半と、やや時間がかかるとはいえ、直通であること、通勤ラッシュを回避できること、列車とは居住性がまるで異なることから、この路線は非常に利用者が多く、早朝から夜遅くまで1日約80便もの運行頻度です。, 水戸市の西に隣接する笠間市では、小学校高学年向けに、校外学習の場として「寺子屋」を運営しています。学力低下が心配な親はとても多いですが、高額な進学塾は負担が大きいため、こうした公的な仕組みがあると助かりますね。, 中心となる友部駅は、常磐線と水戸線が乗り入れており、北関東自動車道と常磐自動車道が交差する(友部JCT)要所でもあるので、県中央部の自治体としては交通の便が良いところです。丘陵や台地の地形から、周辺含めゴルフ場が数多くあります。, 取手市では、20代・30代の女性向けに、託児付きの健康診査を行っています。健診は全国の自治体で行われていますが、託児付き(集団検診時)で受診できるのは子育て世代に優しい施策でしょう。託児が不要なら医療機関での受診もできます。, 千葉県我孫子市・柏市に接する取手市は、常磐線の快速なら上野駅まで約40分で行けるため、都心部への通勤圏に入っています。また、常磐線の快速は取手駅始発なのが通勤では大きく、特別快速も停車するので鉄道の便はかなり良いです。, 出産祝金制度を実施している自治体の多くは、人口増加に繋がる第3子以降を支給対象としているケースが多く、第1子から出産祝金が支給される常陸大宮市を取り上げました。また、乳児育児用品の助成券で実質20,000円加算されているのも好評価です。, 茨城県北部は人口の減少傾向が強く、中山間部の多い常陸大宮市も例外ではありません。南部に比べて不便ですが、星空がきれいなことで有名な「花立自然公園」など、自然が多いロケーションを楽しむことができる人なら苦にならない生活環境です。.