えげつなく抉り取った作品です。, 物語の1章から5章までは 名前を挙げる方も多いと思いますが、 夏こそ冷えに要注意!エアコンなど体温を下げずに免疫力アップする(簡単な方法&食事), 【安心で清潔なコインランドリーの使い方】プロと一緒に洗濯・乾燥のやり方を徹底紹介&疑問を解決!. マイブームは健康生活!, モームの「月と六ペンス」を読んだ感想文です。途中までは非常に面白かったのですが、終盤がちょっと私好みではなかったかな…。それでも全体としては考えさせられること満載で「読んでよかった!」と思える1冊でした。, 安部公房「砂の女」を読んだ感想文です。怖かったです。なぜこんなに怖いのか、男が閉じ込められた家の立地が持つ意味を中心に考えてみました。, 定番の有名絵本を子どものいる家庭に贈ると「持ってた…」ということが起こりがちです。ちょっと深い哲学絵本、レオ=レオニの「ペツェッティーノ」は、持っている人は少ないと思うので、プレゼント絵本としておすすめです!, 「夜の谷を行く」「レッド」と連合赤軍事件に関する本を読みましたが、両親から聞いたことのある女性リーダーのイメージが全然違う…。そこで女性リーダーの手記「十六の墓標」を読んでみると、いろいろ考えさせられることがありました。, 村田沙也加さんの「殺人出産」を読んだ感想です。正直あまりおもしろくはなかった…けど、考えさせられる部分はありました。. 今では王道のクローズドサークルものですね。, こういった話では、大抵誰かが探偵役となり 「館モノ」といえばそうなのですが、 高校生のスクールカーストを描いた「桐島、部活やめるってよ」は、かなり売れた作品です。, 私は、この「桐島、部活やめるってよ」を何年か前に読んだことがあるのですが、「まあまあ面白かったかな」くらいの感想でした。, ですが今回読んだ「何者」は、ここ最近読んだ日本の現代小説の中では、とびきり面白かったです!, この大学に通う5人の学生がメインの登場人物で、就活を通して、それぞれの価値観や、微妙な人間関係が読者に伝わってきます。, 人間が誰でも持つような小さな劣等感や自己顕示欲が上手にあぶりだされていて、読んでいて何となくドキッとしてしまいました。, 御山大学がどのような大学なのか明確には書かれていませんが、地方出身の女の子が御山大学に受かって、知らない人に「おめでとう」と言われたというエピソードがあるので、それなりに学力の高い大学だと思われます。, ただ、登場人物たちが就活に苦戦する姿が描かれるので、超高学歴とまで言われる大学ではなさそうです。, そんな登場人物たちは、受験戦争を経験しているからか、何となく自分の立ち位置を、周囲を見ながら見定めている感じが見受けられます。, 友情は「何者」のメインテーマではないと思いますが、読んだ後にそんなことを考えてしまいました。, 「何者」が面白いのは、ストーリーに登場人物たちのTwitterが散りばめられていることです。, ストーリーとTwitterの内容を見比べると、登場人物たちの多くが、自分たちの日常をTwitterで「盛って」いることがわかります。, そして実名で使っているTwitterアカウントでは、日常を盛った上で、このTwitterを見ている知人を想定して、言葉を取り繕います。, いかにもSNS時代の大学生の人間関係という感じですが、実名アカウント=建前、裏アカウント=本音と捉えると、実は日本の若い世代の人間関係は、SNSがなかった20年前の私の学生時代と変わってないようにも思います。, 優劣を競い合うような人間関係は希薄なものなので、本音で語り合える友人にはなりえません。, ただSNSのない時代は、表面的な友人と建前で話し、その分抑え込まれた本音の行き場はありませんでした。, 本音の行き場として、女子会で人の悪口で盛り上がるというのはありましたが、悪口で盛り上がる人間関係ってのもこれまた希薄で、悪口というものは周囲の空気を読みながら言うものなんですよね。, ですが、SNSを手に入れた「何者」の登場人物の何人かは、その本音を裏アカウントで発散します。, 徒然草の一節に「おぼしき事言はぬは腹ふくるるわざ」=「思ったことは口に出さないとお腹がパンクしちゃうぜ!」とあるように、裏アカウント自体は、別にあってもいいものなんじゃないかなあ…とは思います。, ただそれを、知人に容易に見つけられてしまうという怖さが、SNSにはあって、「何者」で描かれるように、それがきっかけで人間関係が崩壊することだってありえます。, 本当は日本社会が、裏アカウントなんて必要ないくらい、もっと本音で語り合える人間関係を築く文化になるのが健康的なんでしょうけどね。, どうして日本にはこんなに「建前」が蔓延しているんだろう…と考えると、私は朝井リョウさんの本でよく描かれる「人間関係カースト」みたいなものも原因のひとつなんじゃないかと思います。, 日本社会はいまだにタテ社会が根強く残っていて、年上の方がエライとか、店員より客の方がエライとか、近代化した市民社会では信じられないような風習があったりします。, 友人どうしでも上下・優劣を気にするような間柄では(それは既に友人と呼べない気もするけど)、会話の多くは、本音を覆い隠した建前になるでしょう。, ですが逆に薄まった分、それでも残っている「何となく人間関係を優劣で捉えてしまう」風潮は、完全には消えず、むしろしぶとく残ってしまうのかな、とも思います。, 朝井リョウさんの文章は深みがあり、それなのに物語のテンポはよいので、前半から楽しく読めるのですが、前半では, この物語の「いい人たち」と「悪い人たち」が作者の中でしっかり決められている気がするなあ…, 瑞月が隆良に本音をぶつけるシーンが後半にあり、主人公側(=いい人たち)の完全勝利で物語は終わるのかな?と思いきや、主人公の裏アカウント発覚で、「いい人たち」「悪い人たち」の単純な二元構成となっていないことに気づかされます。, 私はどちらかというと、瑞月が隆良をやりこめるシーンより、理香が主人公に詰め寄るシーンの方が、理香のセリフに同意するわけではないですが爽快でした。, 瑞月はみんながいる前で隆良をさらし上げますが、理香は一対一で言うあたりが、理香の方が実はやさしいよな、と。, また、最後に主人公の裏アカウントが発覚することで、何となくあのカッコいいサワ先輩は、主人公の裏アカウントを知っているのではないか?とも思いました。, サワ先輩、光太郎…あまり裏部分がなさそうに見える登場人物にも、何かありそうだな~と最後には思っちゃいました。, 裏がある人間が悪い人なのではなくて、人間には裏も表も光も闇もあるのが当然なんだ…私もそうですもんね。, こんな感じで明るい作品というわけではないんですけど、作者さんの筆の力なのか、重々しさはないです。, 「ギリシャ旅行に行く前に古代ギリシャの歴史を学んでおきたい!」と思い、「古代ギリシアの歴史」という本を読んでみました。講談社学術文庫から出ている硬めの本でしたが、思った以上にわかりやすかったです!, 自由に生きる道をさがしています。 キャッチコピーの通り 入っていきやすいのではないでしょうか。, しかし、本作品はよくあるミステリーのパターンを 予測不可能でしょう。, いけてんさん(@tenike734)がシェアした投稿 – 1月 14, 2018 at 2:33午前 PST, 姑穫鳥と書いて「うぶめ」と読みます。 ご紹介したいと思います。, Kana Watanabeさん(@kananan0601)がシェアした投稿 – 9月 3, 2016 at 12:58午前 PDT, 表題作「六枚のとんかつ」を含めた短編集で わたくしの独断と偏見(+好み)で 『傷だらけのカミーユ』 【絶対にネタバレを見てはいけない小説】を教えて下さい。詳しくは以下の条件すべてを満たしての回答をお待ちしてます。 ★途中やラストに何がしかの真相が明かされ、怒涛.. – 人力検索はてな, 「怒涛の展開・どんでん返し」がある小説を教えてください、という質問なのですが、「ミステリー以外」という条件付き。, いやーこれこそはミステリの腕の見せ所ではないのか、というわけで、上記の質問の回答に載ってるもの以外で、個人的に「たった一行」真相を書かれただけでひっくり返って驚いたミステリを7作品あげてみました。秋の夜長にいかがでしょうか。, なお、「この作品はどんでん返しがあるよ」と聞くだけでネタばれになる危険がございます。それを聞いてもなお面白い作品を選んだつもりですが、どうしてもネタばれが気になる方はご注意ください。, 言わずとしれたマスターピース。「あの一行」を号砲に始まった、新本格のスタート地点。「十角館」を目当てに瀬戸内海の孤島を訪れた大学ミステリ研の7人。彼らを襲う連続殺人と、半年後に本土で行われる真相の究明が交互に語られ、やがて出会う衝撃。やはり今でも忘れてないですなぁ。, 一方こちらは陸の孤島。雪に閉ざされた山荘に集まったUFO研究家やスターウォッチャーを襲う惨劇。フェアな犯人当てと銘打って、各章のはじめに但し書きを細かく配置して、全ての推理の材料が提供されて…も、やっぱり騙される。これは悔しかった…。, “雪の山荘”をもうひとつ。『探偵ガリレオ』まさかの月9でおなじみ東野圭吾から。『仮面山荘殺人事件』もいいけど、あえてこちらを。オーディションに合格した7人がペンションに集められる。最終選考は「豪雪で閉じ込められた山荘での殺人劇」の設定での舞台稽古。しかし稽古のはずが、一人また一人と姿を消していく。芝居なのか?本当の殺人なのか?この設定だけでも心惹かれるのに待ち受けるサプライズは半端ない。, 山荘つながりで。これもいわゆるクローズドサークル。ロートレックの作品で彩れられた邸内。決して広くない間取り、数少ない容疑者、それでも繰り返される殺人。読んだのだいぶ昔なんですが、あまりにびっくりして手が震え、ページをクシャっと折ってしまった思い出あり。最後まで読んだら必ずもう一度最初から読み直すはめになる、大御所の技の数々を堪能すべし。, クローズドサークルに飽きたらこれを。少女を殺害し、首にハサミをつきたてる連続殺人犯「ハサミ男」。次の犠牲者を探すハサミ男は自分の模倣犯の存在を知り、”犯人探し”を始める。シンプルかつ大胆に仕掛けられた一点の逆転。ミステリを読みこんだ人でもうっかりしてやられる巧妙さは必見。, 2003年度「このミステリーがすごい!」第1位、「本格ミステリ・ベスト10」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第2位、第4回本格ミステリ大賞小説部門受賞、第57回日本推理作家協会賞長編部門受賞、まさにDHCのCMばりにランキング総なめだった本作を外すわけにはいかんかと。トリックで明らかになる表題の意味に感嘆した覚えあり。, 最後にとっておきの飛び道具を。新興宗教の教祖継承騒動をめぐる二時間ドラマのような騒動、B級イラストの装丁、すっかり油断したラストに明かされる、全241ページに仕掛けられた驚愕の仕掛け!マジシャンでもある著者にしかできない、この世でたった一冊しか存在しないトリック。手に入れたら家宝にするべき。, ホントは10個にしたかったんですが、途中で力尽きて7つになっちゃいました。『慟哭』 『アヒルと鴨のコインロッカー』 『イニシエーションラブ』 『殺戮にいたる病』はもとのはてなの質問にあるので除外してますが、なんか足りない気がするんだよなぁ…。コメント欄を開放しておきますんで、あれを忘れてるよ!これもおススメだよ!ってのがあったらコメントいただけると幸いです。, 突然お邪魔いたします。毎回ブログ楽しく拝読してます。上記の本の中に「買ってあるけど読んでない」のが三冊もあるので、楽しみに読みたいと思います。, 自分がびっくりしたのは、この他には、中西智明 『消失!』、貫井徳郎 『神のふたつの貌』、麻耶雄嵩 『神様ゲーム』、森博嗣 『今はもうない』 あたりでしょうか。 綾辻さんの作品は、どれもびっくりだったなあ。「暗黒館」なんか、連載当初から五年越しで考えたけど正体分からなかったもんなあ(笑)。, やー確かに!『消失!』『神様ゲーム』『今はもうない』も驚きでした。森博嗣も意外と叙述トリックが多かったりしますね。「暗黒館」も一行でひっくり返す見事な落ちでした。あれはわからない(笑 人力検索はてなにこんな質問がありました。 【絶対にネタバレを見てはいけない小説】を教えて下さい。詳しくは以下の条件すべてを満たしての回答をお待ちしてます。 ★途中やラストに何がしかの真相が明かされ、怒涛.. - 人力検索はてな 刑事たちの視点が交互に描かれ 物語が二転三転するという 直木賞作家の道尾秀介の魅力は、独特の世界観と張り巡らされた伏線、そして驚愕のどんでん返しと言えるでしょう。最後に鮮やかに騙される痛快さは中毒性があり、ハマる方続出の人気作家です。今回はそんな道尾秀介のランキング10選を作成しました。 犯人が誰か推理し、結末に向けて謎を解きます。, 本作も大筋でそれをなぞっておりますが、 僕個人の意見ですが、叙述トリックの切れ味では、『葉桜の季節に君を想うということ』は、我孫子の足下にもおよびません。 相手を騙したり、逆に騙されたりすることで 伏線の隠し方が非常に巧妙で、 昭和から平成の時代の境目に起きた未解決少女誘拐事件、物語は14年後大きく動く---『64ロクヨン』など読み応えたっぷりな作品をご紹介。, あなたに知っておいてほしいのは、人間にとって秘密を守るのはむずかしいということです。たとえひとりでも、あなたがだれかに当せんしたことを話したのなら、そこから少しずつうわさが広まっていくのは避けられないと考えたほうがよいでしょう。(『【その日】から読む本』第二部・第4章) 不倫相手と逃避行の後、宝くじが高額当選。巻き込まれ、流され続ける女が出合う災厄と恐怖とは。, 2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説。2015年のテレビドラマ化につづき、2016年に前編(5月7日公開)・後編(6月11日公開)として映画化! ハードカバーと違って通勤通学のお供になる文庫本。手軽に持ち運べる小さなその本は、タブレットに押されがちな紙の本の最後の砦になりつつありますが、それでも、ちょっと忍ばせておくといいものですよね。ということで今回は、そんな文庫本についてのランキング。 一位を総なめしたという SNS等ネットへの書き込みで構成されています。, 特徴的で新しい手法ですが、 「うわ、騙された!」となる 読み進めていくうちに 分かりにくい書き方ではありませんので 「へ!?どういうこと!?」と 今回は、様々なジャンルの中から 1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫), 人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは? 息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。道尾秀介の真骨頂がここに! 最初の直木賞ノミネート作品、第62回日本推理作家協会賞受賞作品。(講談社文庫), こと女に関してはからっきし意気地のない後輩・キヨシに拝み倒されて、南麻布の愛子嬢の屋敷を訪ねたのが事件の発端だった──。なんでもやってやろう屋・成瀬将虎は悪質な霊感商法事件に巻き込まれ、一方では運命の女・麻宮さくらとのデートもこなさなければならず大忙し。果たして事件は無事解決するのか、そして将虎とさくらの恋の行方は? 素人探偵の元に持込まれた事件の意外な顛末、そして…!? 最後の一ページまで目が…, 一度は当ててみたい宝くじ、もしあなたが突然2億円を手にしたら・・・お金で人はここまで変わってしまう---『身の上話』。 メタ発言も多々飛び出してきます。, 今やミステリーと言えば東野圭吾の コン・ゲームとは ブログを報告する. 皮肉や自虐を織り交ぜながら 館の正体に気が抜けて笑ってしまいます。, 書かれている言葉遊びや構成が本当に緻密で 最後の最後でどんでん返しが起こる小説ってある? 1 : 以下、? ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/09/03(木) 22:50:39.134 ID:bkplhFez0.net 最後に「えっ」と口をついてしまう レベルの一段高いバカミスです。, 小梅さん(@rurun9722)がシェアした投稿 – 1月 24, 2018 at 1:11午前 PST, ミステリー小説のお約束に対し メジャーな作品からお手にとって 読後感が悪くなる(=嫌な気分になる) 本当にこういう事件、ありそうです。, さてこちらでは少々趣向を変えまして というのがこの作品の売り文句です。 最後にたった一行で明かされる真実は オンパレードです。, バカバカしいと思って読んでいくと 鮮烈のデビューを飾りました。, 大学のサークル合宿で起こってしまった事件を描く 叙述トリックは映像化が非常に難しいんですよね。 ミステリーのジャンルの一つです。, 凄惨な過去を背負う主人公が 昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!, 洋楽専門誌にビートルズの評論を書くことだけが、社会との繋がりだった鈴木誠。女性など無縁だった男が、美しいモデルに心を奪われた。偶然の積み重なりは、鈴木の車の助手席に、美縞絵里(みしまえり)を座らせる。大胆不敵、超細密。ビートルズの名曲とともに紡がれる、切なく衝撃の物語。空前の純愛小説が、幕を開ける――。, 大学入学のため引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。標的は――たった一冊の広辞苑。僕は訪問販売の口車に乗せられ、危うく数十万円の教材を買いそうになった実績を持っているが、書店強盗は訪問販売とは訳が違う。しかし決行の夜、あろうことか僕はモデルガンを持って、書店の裏口に立ってしまったのだ…, 都内の2LDKに暮らす男女四人の若者達。本音を明かさず、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め……。, 1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。念動力(サイコキネシス)の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた……隠された先史文明の一端を知るまでは。 (講談社文庫), ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコ ンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録 番号 第6091713号)です。, 十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!, 2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説。2015年のテレビドラマ化につづき、2016年に前編(5月7日公開)・後編(6月11日公開)として映画化!. ネットの闇や人間の醜さを 「どんでん返し」「衝撃の結末」「驚愕の真相」「あなたは必ず騙される」「二度読み必至」そういった宣伝文句のある小説は必ず最後に驚くようなサプライズがある。基本的… 王道中の王道、クローズドサークルものです。, 漫画『金田一少年の事件簿』や『名探偵コナン』でも 読み進めていくと分かってくる 自宅の本棚は分類番号と作者の名前あいうえお順で並べることをポリシーとしている。将来自宅に壁一面の書庫を作ることを目標に日々節約している。, 【2019最新掃除機】一人暮らしの女性におすすめ!いろんな形の掃除機を用途別に紹介, 【2019】オフィスワンピースのおしゃれな着こなし講座!おすすめブランドも併せてご紹介!, トレンドに敏感な女性に向けてファッション・美容・メイク・恋愛・グルメ・スピリチャル・など賢く、お洒落に今を生きる美学を情報発信。 など見事な伏線回収ですっかり騙される名作を集めました。, 「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。僕がマユに出会ったのは、人数が足りないからと呼びだされた合コンの席。理系学生の僕と、歯科衛生士の彼女。夏の海へのドライブ。ややオクテで真面目な僕らは、やがて恋に落ちて……。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説──と思いきや、最後から二つめのセリフ(絶対に先に読まないで!)で、本書はまったく違った物語に変貌してしまう。, 化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方。匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。, 七月七日の午後七時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚んでの自殺として処理された。坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に勤める中田秋子は、彼の部屋で偶然行きあわせた遠賀野律子の存在が気になり、独自に調査を始める。一方、ルポライターの津久見伸助は、同人誌仲間だった坂井の死を記事にするよう雑誌社から依頼され、調べを進める内に、坂井がようやくの思いで発表に…, フランス留学から帰国した上田修一は、恩師の紹介でフランス語の家庭教師の口を得る。3カ月間住み込みで報酬は100万円、教える相手は広大な敷地に洋館を構える峯岸家の美人姉妹だ。ある日修一は洋館の地下にある牢獄を見つけ、幽閉されている3女・雅子と出会う。ガラスのように脆い神経をもった美少女を助けだそうとするが、それは新たなる連続殺人の始まりだった! 息もつかせぬストーリー展開で、日本ミステリ史上に燦然…, 美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。3番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作! 【2005年公開映画「ハサミ男」原作】(講談社文庫), 十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!