ブログを報告する, まぁこれは中央線特急のクソ雑魚ゴミ客どもに耳のタコの長さが257mになるまで言ってやりたいことなのですが(, 10/08~09 EF64 1032+651系1000番台IR01編成「伊豆クレイル」廃車回送(NN配給). こうした「再発見」を通して、このサイトを訪れてくれた方が一人でも多く、鉄道の包容する面白さや奥深さを知っていただけることを願っています。, それまでの最上位列車は最高速度275㎞のE2系による「はやて」でしたが、E5系による列車は「はやぶさ」と名付けられました。, E5系の特徴で第一に挙げるべきは、日本初となる320㎞での営業運転を可能にしたことです。, 東北新幹線が将来北海道新幹線と結ばれて(2016年に北海道の新函館北斗駅まで開業)、関東・東北対函館・札幌の輸送でも航空機に対抗することを見据えているためです。, もう一つE5系を語るうえで忘れてはならないのは、グリーン車の上位クラスである「グランクラス」の存在です。, しかし復旧後は急速に勢力を拡大し、2013年には320㎞での営業運転も開始したことで東北新幹線の看板車両として君臨します。, あまり言及されることはありませんが、E5系の車内設備や内装は、それまでの新幹線と比べて大きく進歩していると思います。, グリーン車の延長線上ではない新しい移動を楽しむためにも、是非グランクラス(A)の列車を利用したいものです。, 「はやぶさ」「はやて」の全列車と「やまびこ」「なすの」の一部(いずれも定期列車の場合)という、全ての列車名をカバーしています。, 特に臨時で上野始発の列車がありますが、これらはグランクラス(B)なので要注意です。, 「ローカルな魅力発信」にとどまらない普遍的な美しさや上質さの追求という、東北新幹線のエースとしてのストイックな自覚と決意を我々は見出すべきでしょう。. 中央西線の振り子式車両「しなの」 大学卒業以来、上手く社会に馴染めず、 時代の流れで鉄道の役割も変化した現在でも、それが現役のものであれ遺物としてであれ、鉄道の持つ象徴性を我々は至る所で見て感じることができます。 新幹線のグリーン車と普通車・指定席の違いは何でしょうか?実はグリーン車に乗るだけの値打ちが価格以上にあるのです。どのくらい普通車と金額に違いがあるのか?いかにグリーン車が選ばれるかを詳しく解説していきますね。 その国土から急曲線が多い我が国の在来線において、曲線通過速度を向上させることはスピードアップの大きな要因です。国内で初めて曲線通過時の遠心力を緩和する振り子式を... さらに高品質な名阪ノンストップ特急 大学卒業以来、上手く社会に馴染めず、 そして巨大な輸送システムの中でめいめいの使命を持って生まれてきた役者たち、つまり車両たちの十人十色の物語も、鉄道を語るうえで欠かせないものです。, 時代の流れで鉄道の役割も変化した現在でも、それが現役のものであれ遺物としてであれ、鉄道の持つ象徴性を我々は至る所で見て感じることができます。 Copyright © 2019-2020 mori All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 名前の入力は必須(ハンドルネーム等可能)ですが、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスを公開することはありません。, 平日日中時間帯の西武池袋線と西武有楽町線の混雑状況(桜台-練馬、新桜台-練馬、現場調査結果). 2010年代前半より、車内アコモの豪華さや食事などの付加価値・乗車体験を売りにした列車が全国で登場します。その最たる例がクルーズトレインですが、ローカル線を走る行楽... 東武スペーシア個室&E5系「なすの」グリーン車利用、日光日帰り贅沢旅行(と費用の抑え方), 1987年兵庫県生まれ、現在東京に在住の男性です。 北陸本線は、日本海側の路線がどれもそうであるように、厳しい自然条件や気候のために線路の規格は低く、従って輸送力も低く抑えられていました。しかし、1960年代には... 「はまかぜ」の新型車両 出張や旅行の時は、往復の新幹線のチケットとホテルを別々に予約するのは手間がかかり、意外と値段もかかりますよね!?... 函館山はメジャーな観光スポットなので、時季を問わず混んでいますね。実は夕暮れの時間よりも早く行くと展望台は比較... 【青春18きっぷ利用者向け】青森~函館間の移動手段まとめ 北海道新幹線オプション券からフェリーまで解説. E5系は東北新幹線が新青森まで全通してから3か月後、2011年3月に営業運転を開始しました。それまでの最上位列車は最高速度275㎞のE2系による「はやて」でしたが、E5系による列車は「はやぶさ」と名付けられました。, 個人的には「はつかり」を望んでいたのですが、それはともかく、2年前までは東京と南九州の熊本、もっと以前は鹿児島を結んでいた伝統ある寝台特急の列車名が、北へ向かう東北新幹線で復活しました。, E5系の特徴で第一に挙げるべきは、日本初となる320㎞での営業運転を可能にしたことです。なお東北新幹線は曲線も勾配も緩やかで、日本各地にある新幹線の中でも最も高速運転向きの路線です。本形式が登場した当時から東京対青森の輸送シェアは新幹線が飛行機に対して優位でしたが、それでも一層の高速化を図ったのは東北新幹線が将来北海道新幹線と結ばれて(2016年に北海道の新函館北斗駅まで開業)、関東・東北対函館・札幌の輸送でも航空機に対抗することを見据えているためです。また秋田新幹線に関しては、盛岡~大曲間が本来はローカル線である単線の田沢湖線経由となるため、東京~秋田間はほとんどの列車で4時間以上要しており、航空機に対して競争力を増すためにスピードアップが求められていました。, もう一つE5系を語るうえで忘れてはならないのは、グリーン車の上位クラスである「グランクラス」の存在です。昔の等級区分では今のグリーン車が2等車、普通車は3等車ですから、グランクラスは事実上1等車の復活ともいえます。通常サイズの新幹線電車でありながら、2+1列のシートや食事サービスなど、今までにないハイクラスの設備です。その後登場したE7系にもグランクラスが設置されたことから、高付加価値サービスとして、新幹線の新たな価値を打ち立てたといってもよいでしょう。, 当初はひとまず最高速度は300㎞で営業運転を開始しましたが、その直後に襲った東日本大震災のため東北新幹線はしばらく運休となってしまいます。これから本領発揮しようと意気込んでいたE5系にとっては、出ばなをくじかれた格好でした。しかし復旧後は急速に勢力を拡大し、2013年には320㎞での営業運転も開始したことで東北新幹線の看板車両として君臨します。その翌年には併結する秋田新幹線の車両がE5系にとって良きパートナーであるE6系に統一され、「はやぶさ」「こまち」共に全列車で320㎞運転が開始されます。, その後も都心部や青函トンネルで地道な速度向上が図られています。2019年より、青函トンネル内の最高速度が160㎞に引き上げられ、東京~新函館北斗間を最速列車が3時間58分と「4時間の壁」を辛うじて破りました。もっとも、最速列車は1往復のみで、新函館北斗駅から乗り換えで函館駅まで15~20分かかるため、東京対道南ではさらなるスピードアップが望まれます。, あまり言及されることはありませんが、E5系の車内設備や内装は、それまでの新幹線と比べて大きく進歩していると思います。特に座席は普通車であっても可動式枕が備っており、関西出身で東海道新幹線をよく利用する私にとっては贅沢なつくりに感じます。窓側にコンセントがあるのも、スマホ時代においては見逃せない特徴です。車両によっては全席にコンセントがあります。, グリーン車は落ち着いた高級感が感じられる空間です。明るい外観の配色からは想像しがたいくらいに自然な印象です。, 2020年2月に東京を朝出発する「やまびこ」のグランクラスに郡山まで乗車しました。乗車時間は1時間20分(入線後車内に入ったのは出発5分程前)でした。, グランクラスは通路を隔てて横3列の座席です。背もたれ・座面・レッグレストの3カ所をそれぞれ動かすことができます。荷物棚は航空機のようなカバー付きのものです。これによって客室全体に一体感が生まれているようにも感じます。白い座席と壁・濃い木目調の妻面、そして赤い床のカーペットが上質な空間を演出します。, グランクラスではアテンダントによる軽食や飲料(アルコール有)のサービスが行われます。軽食の内容は季節ごとに異なるようですが、沿線の食材を使用した上品な和食です。どれも丁寧に作られているのがよく分かります。私が乗車した時は、鰯の梅煮とオイルサーディンに数の子・いくらなどが添えられたお弁当でした。青森産のシードル(リンゴで作ったサイダーのようなお酒)は酸味と甘味のバランスが良く、和食との相性はもちろん、食前酒としても申し分ありません。, さらに菓子として、ほうじ茶のパウンドケーキとあられもありました。コーヒーもグランクラスのマークがついた専用のカップで提供されます。座席にアテンダント呼び出しボタンもあるので、何か飲み物が欲しくなったら気軽に注文できます。, アテンダントによるサービスが無いグランクラス(B)は、サービス有の(A)よりも料金が安いですが、グリーン車の延長線上ではない新しい移動を楽しむためにも、是非グランクラス(A)の列車を利用したいものです。, 時刻表の東北新幹線のページを見るとグランクラスのマークだらけであることからも分かる通り、E5系は東北新幹線で広範に運用されています。「はやぶさ」「はやて」の全列車と「やまびこ」「なすの」の一部(いずれも定期列車の場合)という、全ての列車名をカバーしています。「はやぶさ」は他の列車よりもやや特急料金が高く、えきねっとの「トクだ値」でも割引率が低いです。一方「なすの」は他よりも高い割引率が適用されるので、短距離利用または乗車がそもそも目的の場合にはおすすめです。, 車内販売を行っているのは「はやぶさ」のみで、それも仙台発着便のような短距離の列車や臨時列車にはありません。ただし車内販売が無い列車でも、盛岡行きの「やまびこ」のようにグランクラス(A)で営業している列車はあります。JRの時刻表では「グランクラス(A)を適用する列車」として, 運転区間(始発・終着)を東京~盛岡間、東京~新青森間、東京~新函館北斗間とする「はやぶさ」「はやて」、東京~盛岡間とする「やまびこ」、東京~金沢間とする「かがやき」「はくたか」, と記されています。特に臨時で上野始発の列車がありますが、これらはグランクラス(B)なので要注意です。, JR北海道が所有する編成はH5系と呼ばれています。基本的にはE5系と同じですが、幾つかの相違点があります。, 外観で分かりやすいのは車体のラインとロゴマークです。上の写真がE5系で、ピンク色のラインとはやぶさを思わせるロゴが入っています。それに対し下の写真のH5系はラインの色は紫で、ロゴマークは北海道の地図のようなものになっています。細いラインの色だけで意外と印象が変わるものです。, 乗降ドアの内側の色も異なります。E5系はデッキに溶け込んだベージュ系の色ですが、H5系はJR東日本のコーポレートカラーである緑色です。, 客室の床の模様も異なります。E5系の床はシンプルなものですが、H5系には雪の結晶の模様が描かれています。北海道らしくてお洒落だと思いますが、個人的にはこういう模様を見ていると体が痒くなって仕方がありません。。また、確認し忘れましたが、ブラインドの絵柄も違うようです。, E5系はその外観の鼻の長さや鮮やかな配色、そして320㎞運転やグランクラスの存在などその実力は疑うべくもなく、秋田美人E6系と羨ましいペアを組んで今日も東北地方を我が物顔で走り回っています。, 他方、近年は新幹線車両であっても沿線の自然や伝統文化を表現することが多いなかで、E5系の内装はむしろ自己主張を抑えた控えめなものだといえます。一見すると華やかに思えるE5系ですが、「ローカルな魅力発信」にとどまらない普遍的な美しさや上質さの追求という、東北新幹線のエースとしてのストイックな自覚と決意を我々は見出すべきでしょう。, 1987年兵庫県生まれ、現在東京に在住の男性です。 これがグリーン車の全景です。 横4列(普通車は横5列)のシートがゆったり並んでいます 。 写真6. トレンドとなった高級志向 Copyright © 2019-2020 mori All Rights Reserved. 2011年3月5日、東北新幹線『はやぶさ』として登場したE5系、しかし3月11日に発生した東日本大震災の影響で全線運休となりました。そういった大災害の中で僅か… 東北新幹線 はやぶさ E5系 乗車記 | 仙台はやての乗り物ブログ. Ameba 先日、函館に行ったときに函館駅から少し歩いた大門横丁の近くのビジネスホテル「A-GATE HOTEL函館」に泊まりまし... 【1人でも利用可能】日本旅行 新幹線+宿泊セットプランの特徴・注意点・予約方法【GoToトラベル対象】. 国内で最もスピードが出て、グランクラスを連結しているなど特徴的な新幹線である「はやぶさ」。グランクラスは有名ですが、グリーン車も上質な空間です。そのグリーン車に乗ってみました。その知られざる車内、そして美しい車窓を堪能しました。, 新幹線にしろ、在来線にしろ、急行と特急のグリーン料金は同じです。ただし、JR東日本管内(JR西日本管轄の北陸新幹線区間)も含むは、他の会社よりも割安で利用できます(表1)。, グリーン料金は距離によって決まります。今回乗るのは新青森から上野です。営業キロ710.1kmですので、グリーン料金は5140円です。新青森からの利用の場合、大宮で降りればあと1000円以上節約できたのですが、それに気づいたのはこの記事を執筆しているときです。旅行終了が5/2、記事執筆が7/2ですから、どう考えても後の祭りですね…。, まあ、グリーン車に乗る人は富裕層であり、このような細かなことを気にするはずがないということにしましょう!, 5000円程度というのは、考えかたによっては割安です。私が乗ったのは臨時列車のはやぶさ26号(新青森14:09発、東京17:32着)です。私が乗ったのは上野までの3時間17分ですが、3時間以上の時間を快適に過ごすためのコストと考えれば意外と高くないと考えることも可能でしょう。ヨーロッパの高速列車の1等と同等のステータスですが、あちらの1等よりも専有面積が広く、進行方向向きの座席(向こうは逆方向向きもある)で、窓割と座席割も一致している(向こうは一致していないことも多い)、これはヨーロッパの高速列車よりも優れた車内といえましょう。, デッキ部分です。デッキ部分から格が上という風情が漂います(写真2)。仮に立ちでこの空間にいようとも、グリーン「車」にいる以上、グリーン料金を支払わねばなりません。, デッキ部分にはスーツケースなどを収納できるスペースがあります(写真3)。近年、海外の旅行客の増加など、スーツケースを利用する人が増えているので、これはこれでありがたい設備です。国内旅行でスーツケースを利用していない私の立場っていったい…。, 昔からグリーン車の客室とそれ以外を仕切る扉は完全に目線を遮断する仕様になっています(写真4)。なお、のぞみ号のグリーン車はそこまで目線を遮断する仕様ではありません。, これがグリーン車の全景です。横4列(普通車は横5列)のシートがゆったり並んでいます。, 通路を中央に、2列+2列のシートが並んでいます。つまり、2人がけのシートが整然と並んでいます。その2人がけのシートを見てみましょう(写真6)。1160mmピッチで並んでいるのです。, では、自分の席に座ってから前の座席の背もたれを見てみましょう(写真7)。テーブルが備わっています。バブル期のグリーン車であればオーディオサービスや液晶テレビもあったのでしょうが、現代のグリーン車にはありません。好みが多様化している以上、限られたコンテンツしか楽しめない備え付けの設備よりも、各自のデバイスで好きなコンテンツを眺めたほうが良いためです。, 天井を眺めます(写真8)。電球色の照明が暖色系の内装にマッチしています。天井を電球色の照明が貫いていると同時に、窓の上にも別の照明があります。このように、暗い照明を多くの場所に設置するのは、高級な空間を演出する王道です。余談ですが、私の部屋も照明を分散配置してチープさを隠して高級感を演出しています。, 座席番号表示です(写真9)。わかりやすい表示でありながら、うるさく主張するデザインではありません。, はやぶさのグリーン車には足のせはありません。かわりにレッグレストが備わっています。私は足のせのほうが好きですが、レッグレストもくつろげます。全体的に暗い車内ですので、照度を補うために読書灯が座席内部に備わっています。このような操作盤がひじ掛けの内側にあります(写真10)。, 読書灯が点灯しました(写真11)。座席に照明があり、それが点灯します。補助照明は荷棚にはないのです。, テーブルを眺めると、グリーン車付帯設備の案内があります(写真13)。先ほど述べたような設備についての案内があります。, くつろぐばかりではなく、テーブルを使って何かしらの作業をすることもあるでしょう。向かい合わせになっても、最小限の作業ができるように、ひじ掛けからテーブルをだすことができます。一見、ただのひじ掛けに見えますが…(写真14)。, ひじ掛けを開けてみましょう(写真15)。テーブルが収納されていることがわかります。, このように、インアームテーブルがあります(写真16)。アームの中(イン)にテーブルがあるのです。, もちろん、一般的なテーブル(背面)もあります。テーブルを広げてみましょう(写真17)。, グリーン車のシートピッチは1160mmと広いです。そのため、そのままテーブルを出すと、体から遠い位置にテーブルがあることになり、無理な体勢を強いられます。そのため、テーブルを自分のほうに引き出すことができます(写真18)。, 洗面所も備わっています(写真19)。グリーン車と照明の色などをそろえており、高級な雰囲気が漂います。, トイレも美しく保たれています(写真20-22)。ただし、787系かもめのグリーン車と異なり、着替えができるようにはなっていませんでした。, 八戸に停車します(写真25)。2002年から2010年までは東北新幹線の終点だった場所です。現在は通過する列車もありますが…。, 八戸から盛岡までは山中を走ります。そのため、トンネルが多く、なかなか車窓を堪能できません。それでも、盛岡近くになると、車窓が開けてきました(写真26)。, 盛岡までは単独の10両編成でやってきました。ここで秋田からの7両編成をつなぎ、17両編成になります。秋田新幹線は下り寄りに連結しますので、こちら側が先に駅のホームに入る必要があります(写真27)。, 駅員さんが無線で誘導しています(写真30)。盛岡での連結はそんなに時間は取りませんが、その裏では駅員さんの誘導という努力があるのです。, このような努力を経て、連結が終わります(写真31)。もたもたしている時間はありません。ここで取り残されたら笑いものですので、急いで車内に戻ります。連結が10号車と11号車の連結部分、自席が9号車とそう遠くないので、このように連結風景を眺めることができるのです。, 盛岡を発車すると、260km/h運転から320km/h運転に変わります。確かに、体感速度も変わりました。, 美しい東北の風景が広がります(写真33-37)。田植えの時期なのか、水田にも水が目立ちます。水田は水が張っているのですが、稲が生長すると、水が目立たないのです。, 仙台が近づき、建物が増えてきました(写真38-39)。仙台を経由しない短絡線が分岐する様子も見えます(写真38)。, 東北新幹線でも有数の駅、仙台です。ここ仙台で多くの乗客が乗りこみます(写真41)。仙台と首都圏を早く結ぶ「はやぶさ」にどうしても乗客が集中することでしょう。ならば、東北新幹線はもう少し速達列車を増やすべきです。通常の日でも1時間に2本の速達列車が必要です。, 仙台を出て少しの区間は東北線と並走します(写真42)。並走する東北線のうち、仙台と名取の間は本数が多いです。でも、ランダムダイヤなのは是正するべきです。, 再び美しい田園風景を行きます(写真44)。このように見ると、GWのころの日本の景色は美しいです。, 宮城県の南には福島県があります。その福島県の県庁所在地の福島市は福島県の北側に位置します。つまり、仙台と福島の距離は意外と近いのです。その福島付近の景色です(写真45-46)。, 福島県第2の都市である郡山付近を走行します(写真48)。郡山のほうが福島県の中央部にあって県庁所在地としての風格がありそうですね。ただし、福島県第1の都市はいわき市です。, 関東地方に戻ると、山が遠いことと家が多いことに気づかされます(写真53)。日本有数の広い土地、そして降雪がほとんどない過ごしやすい気候という条件で、古くから関東に多くの人が住んだことでしょう。, わがはやぶさの前に上越新幹線の電車が走っています。その上越新幹線に遅れが発生していたため、わがはやぶさも大宮で余計に停車しました(写真54)。, 大宮を出て、東京都に入ってすぐの場所までは埼京線と並走します(写真55-56)。この区間には、1985年までは埼京線も東北新幹線もありませんでした。それが今では両方ともけっこう利用されています。埼京線は新幹線の騒音と引き換えに建設された経緯もありますが、先人が立派なインフラを整備してくれたと改めて思います。経緯はともかく、結果オーライでしょう。, 田端の車両基地の脇を通ります(写真58)。ここに駅を設置すれば、池袋・新宿地区の人にとっては便利ですが、建設すれば上野・東京方面のスピードダウンは免れません。それもありますし、田端そのものが発展していませんので、駅が設置されないのでしょう(ただし田端は暮らしやすい場所と思います)。, このようにして、上野に到着しました(写真59)。このようにして、5泊6日の旅行は終着点を迎えたのです。, はやぶさのグリーン車に乗る(車内と車窓を紹介、新青森→上野、19年GW)←今ココ!.