ネットブック的な用途にしか使っていませんからね。, 今回の場合は『回復パーティション』ごとクローンします。 は過去のバージョンとかなり使い勝手が異なり、システムドライブの「ボリューム別バックアップ」は危険かなあ・・・・と思っていたが、これくらい変なクローンしても起動できるのだ、Paragon 『次へ』をクリックするとターゲットとなるディスクの選択に移ります。, ・ターゲットとなるディスク(この場合はUSB接続したSSD)にチェックを入れる b:> exit 『ノートパソコン(compaq620)のCPUを交換してメモリを増設してみた』 何事もなかったかのようにWindows7が起動してくれました。 ・ゲーム用グラフィックス:5.2 ・OS:Windows 7 Home Premium 64bit クローンしっ放しの状態でも充分快適に動作していましたから。, とはいえ、複製したリカバリー領域が完全なものか?は分かりませんしレジストリもリセットしたい。 「要求されたデバイスは接続されていないか、アクセスできません」てな感じで、今までよりも少しだけ重いエラーのように見受けられる。, インストールメディアのコマンドプロンプトから以下を実行> diskpart レジストリも汚れてしまっているでしょう。, それに、最近の新潟おてんとサンはSSD化したPCばかりいじっているので、このノートPCのモッサリ感に相当なストレスを感じてしまうのです。, 用意したSSDは、 ・グラフィックス:4.4 というメニューですね。, リカバリー領域内のデータ自体は工場出荷時の状態だろうけど・・・SSDにクローンしちゃった後でも『工場出荷時の状態』に戻るのであろうか?(笑) あとは逆の手順で裏蓋を閉じて完了です。 ・プライマリハードディスク:7.6, プライマリハードディスクのスコアはSSDなので7.6となりました。 ⇒Gateway SSDに複製後、この『回復パーティション』を使ってリカバリーしちゃう魂胆です。, まぁ・・・本来であれば、リカバリーディスクは別に作っておくべきですし、容量の限られるSSDに『回復パーティション』を無理にコピーする必要はありません。, 普通であれば使える容量を確保するためにリカバリーディスクを別に作っておくことでしょう。, 動機としては『複製した回復パーティションを使ってリカバリーできるのか?』ってのをやってみたくなったという(笑) 手元にあまっていたのでコレを使うことにします。, ということで今回は、 を使いました。, 仕様は、 不用なファイルは他に移して、使っていないソフトはアンインストールしておきます。, ダイエット後は32GBほど使用している状態ですね。 設定アプリの やっぱりSSDは早いですね。この後は自動的に再起動します。 で、この画面で5分ほど待たされました。 ・ 無事にクローン(複製)からのリカバリー完了 トラブルもなく、2時間ほどでHDDからSSDへの換装とリカバリー完了です。 b:> bootrec /fixboot 回復→PCの起動をカスタマイズする「今すぐ再起動」→トラブルシューティング→詳細オプション の画面の項目が5個以上出ているか確認します。, もうひとつ、Cortanaの検索欄に「回復ドライブ 」と入力して出てくる回復ドライブの作成 を開いて、USBメディアの作成準備ができるか確認します。こちらは、メーカー製PCの場合、作成できなくなっている可能性もあります。, 最近のWindows10搭載メーカー製PCは、この回復ドライブ作成機能でリカバリーメディアを作成するようになっているケースが多いです。クローンディスクやディスクイメージバックアップソフトを利用する場合は、事前に回復ドライブを作成しておいたほうが良いでしょう。純粋な意味で、メーカー工場出荷時に戻すことができなくなる可能性があります。, 回復ドライブがあれば、回復の詳細オプションはUSBの回復ドライブから起動して選ぶことができます。つまりは、この記事の作業は不要かもしれません。, 富士通のWindows10搭載PCなどでは、WindowsREの場所をPartitionで指定しないと出てこない機種もありました。, 先にディスクを選ばないとパーティションを選択できません。例えば、内蔵ディスク0を選んで(ディスク番号は間違えないようにしてください。), パーティションリストを出して、回復パーティションのパーティションを選択します。例えば、パーティション4が回復パーティションの場合です。, あとは上記と同じ手順で設定できます。なぜか list volume では表示されない回復パーティションになっている場合もあるようです。list partition でしか出てこない可能性もあることを覚えておく必要があります。, Pinさん、その一つ前のコマンドで回復パーティションの指定が違っているのではないでしょうか。 いつもながらの安易な発想ですね。, ■『Samsung SSD 40 PRO ベーシックキット 128GB』をHDDケースに収納してクローンの準備, 500円ほどで購入した2.5インチHDD用のケース。 ってところですね。, クローニングソフトは、 ・システムで予約:100MB 次はフリーソフト「EaseUS Todo Backup Free」を使って、WindowsがインストールされているHDDのデータをまるごとSSDにクローンする方法について紹介します。, WindowsがインストールされているCドライブのあるHDDはシステムデータ等が動作しているため、通常の方法ではWindowsが起動している状態ですべてのデータをコピーをすることはできません。, しかし、Windowsデータを含めHDDをまるごと完全にコピーすることができるバックアップソフトを利用すればクローンSSDを作成することができます。, バックアップソフトで有名なものはいくつかありますが、今回はフリーソフトのEaseUS Todo Backup Freeを使ってクローンSSDを作成したいと思います。, 以下、インストール手順と使用方法について操作画像を提示して紹介していきますが、この記事は2016年に作成したものでバージョン9.1のものをWindows7で使用した際の説明となっています。, 最新版のバージョン11を使ってWindows10でSSDクローンを作成する手順の紹介は以下の記事で紹介していますので、Windows10パソコンでクローンSSDを作成する場合には以下をご参照ください。, まず、公式サイトからEaseUS Todo Backup Free 9.1をダウンロードします。窓の杜やVectorなどからもダウンロードすることができます。, ダウンロードした「tb_free.exe」をダブルクリックするとセットアップ画面が起動します。 『ノートパソコンのCPUを交換!とりあえずはcore i5 480Mから580Mに換装(Gateway ID59C H52D)』 元々は12.70GBのパーティションのようですが使用領域は8.8GBほどなので、クローン先は9.95GBとしました。 2.5インチHDDはバスパワーで駆動できるので、こういうチープなケースが大活躍ですね。, ■『EaseUS Todo Backup Free 8.2』をダウンロードしてインストール, ・『EaseUS Todo Backup Free 8.2』を窓の杜からダウンロード, ・無事に『EaseUS Todo Backup Free 8.2』のインストール完了, 新潟おてんとサンは、コレ以外のクローニングソフトを使ったことがないので『EaseUS Todo Backup Free』一拓ですね。, 僕にとって使いやすいソフトという以外に特筆することはありません。 ただね、なぜか0.1ポイント下がってしまうグラフィックスのスコア(笑), 何はともあれ、ネットブックとして使うには快適な部類のノートPCになったかと思います。, 以上、『自作太陽光発電が好き!かんたんDIYソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。, ・ノートPCの分解や性能アップ系の記事 左側のメニューの復元をクリックすると上記画面になります。, ・『Please wait a moment….』を眺めつつ待つ 今回は『PQSERVICE(回復パーティション)』もクローンに含めます。 ※ こういうケースでは、Windows Boot Manager 直接指定の起動以外では正常起動しない事があるため、念のためシャットダウンと再起動を繰り返してみた。, ここまでやった所で、今回の一件は「クローン先のディスク」を「別の仮想PC」で起動させようとしたために発生したのだと気が付いた。, 「別の仮想PC」を起動したのに、「クローン元の仮想PC」が認識している「クローン元のディスク」を探しに行ってしまい、「要求されたデバイスは接続されていないか、アクセスできません」というエラーが発生したのだ。この場合、BCD領域を読み込む前の段階でエラーが発生しているので、BCD領域だけを修正しても効果が出ないのだ。, 何らかの方法で、「クローン先のディスク」がブートディスクであるとPCに認識させてやらなければならない。, BCD の再作成と Windows Boot Manager の直接指定、両方が必要なケースもあるんだなあ。。。と変に納得してしまった。(この辺の勘所は あとで過去ページにも追記しておこう(^_^;), そしてこんなヘンテコリンなクローンを行っても、