schwalbe pro one(シュワルベプロワンtle)のスペック 新しくなったschwalbe pro one(シュワルベプロワンtle)の特徴. Tern Surgeを買ってデフォルトタイヤから最初に交換したのがシュワルベワン451でした。購入するにあたりかなりのサイトのレビューを見て購入を決意しましたが、実際に履いてみると他のインプレでの評価ほど感動がありませんでした。, ボクがかなりの鈍感で違いがわからない男なのかもしれません。しかし、前回シュワルベワンの後輪がダメージを負ってストックしてあるデュラノに履き替えてみると違いがはっきりわかったので改めてシュワルベワンとデュラノを比較をしてみることに。といいますか、シュワルベワンの良さのインプレになると思います。, ワンスタートリプルコンパウンドが抜群の転がり性能と最高の耐久性を実現!転がり抵抗の低さ、グリップ性能、耐久性を兼ね備えたポリマーベース(化学合成)のワンスタートリプルコンパウンドを採用。センター部分はスピード重視のラバーを、またショルダー部分はグリップ性の高いラバーを、 そして内部にもベース層を設け、走行中のあらゆる状況において最適な転がり性能を実現しています。さらに、トレッド下には軽量素材で耐パンクレベル5を誇るVガードを装備し、荒れた路面などでのパンクリスクを最小限に抑えます。 信頼性の高い確かな性能は、レースシーンにおいても大きなアドバンテージとなりライダーの走りに貢献します。, “耐久性”の意味を持つ、ロングライドモデルのデュラノ。優れた耐久性を誇ることから、Mile eater(マイルイーター)の異名を持つモデルです。(商品名DURANOはDurability=耐久性が語源) タイヤセンターは快適な直進性、ショルダーは濡れた路面であっても良好なグリップが得られるデュアルコンパウンドを採用。また、耐パンクベルトにナイロン素材をダブルに施したレースガードを装備し、軽量でありながら高い耐パンク性能も実現しています。ロングライドでは様々な路面においても安心して走れて長持ちするタイヤが必須。デュラノは寒冷な季節の一部濡れた路面であっても、 快適な走行と良好なグリップをお約束します。, 価格帯が違う商品を比べること自体間違っているかもしれませんが、両者を比較した場合、特に感じたのは、転がり抵抗がぜんぜん違うことです。デュラノは惰性で進む距離が少なく止まってしまう感じだけど、シュワルベワンは惰性でもスーーーッとどこまでも転がる。ペダルの重さも本当にギア1枚違う感じがする。, 価格差は約2倍違うので、もちろん価格の高いシュワルベワンのほうが全てにおいて優れているのはわかりきっている。先程のシュワルベワンのメリットを2倍の価格差を払ってまで価値があるのかどうかですが、ボクは大いにありだと思う。まだ1本デュラノのストックが残っているのでそれを使い切ったら今後はシュワルベワン1択になるだろう。(デュラノが悪いという意味ではなくシュワルベワンが良すぎるということです。), 最後に、そのモノの良さはアップグレードしたときより、ダウングレードしたときのほうが、はっきりと違いがわかることに気づいた。, SCHWALBE ONE シュワルベワン 20×1.00(25-451) フォールディングビード クリンチャータイヤ (ブラック) [並行輸入品], デュラノは廃盤になったので同価格帯、同性能のシュワルベワンTUBEをおすすめします。, 現在ボクのTern Surge2018モデルは105(R7000)の11速化しています。11速化するタイミングでホイールも11速対応のものに変えたので[…], 特に今使っているBBで不満はないですが、なんとなく軽量化したい!最近BB交換用のツールを買ったので、BBをチタン製の軽量タイプにすることに!今回はイン[…], Tern Surgeを購入3ヶ月後(2018年10月)にハンドルをカーボンに変えました。80km程度のポタリングをした際に、どうしても手のしびれが気に[…], 1年ぶりにフロントをダブルからシングルに変更。 変更した経緯はフロントディレイラーの台座が変形し、正常にFDが装着できず、プロショップにてワッシャーな[…], 昨年の10月にハンドルを交換した際に合わせてブレーキも交換しました。ハンドル交換の記事はこちらから。もともとクロスバイクではVブレーキということもあり[…], http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=16&item_category_id=7, Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】, Claris(クラリス)8速フロントシングル化!Race Faceナローワイドをインストール. シュワルベワンを約2ヶ月間実走して使い込みました。 距離にして約300キロ程です。 その際のインプレッションを書いていきますね。 この記事を読む事でこれらの事を知る事が出来ます . スポーツバイクにおいては、どんなタイヤを選ぶかによって走りなどのパフォーマンスが大きく変化します。数あるスポーツタイプのタ... マビック社が提供するロードバイク用パーツ「キシリウム」は、高性能なエンデュランス系ホイールです。キシリウム、キシリウムエリ... ライダーたちの間で現在注目を集めているPrime(プライム)のホイールですが、一般的なホイールとどう違うのでしょうか。ここ... ロードバイクを乗り続けて必ず交換する消耗品、クリンチャータイヤ。ただの消耗品としてではなく、グレードの高いタイヤに変えるこ... 自転車のタイヤには「クリンチャー」と呼ばれるものと「チューブラー」と呼ばれるものがあります。これらはなじみのない言葉なので... 現在多くのロードバイクのホビーレーサー間ではクリンチャータイヤが主流ですが、チューブラータイヤも人気が高まりつつあり、おす... ロードバイクの世界では有名パーツブランドとして知られるボントレガー。そのボントレガーがホイールも展開していることはご存知で... ホイールの中ではなかなか選択肢の種類に挙がることの少ないボントレガー。ですが主力製品のAeolusシリーズは、その性能とコ... ロードバイクのタイヤのなかのひとつにチューブラータイヤがあります。チューブラータイヤにはクリンチャータイヤにはない多くのメ... アレックスリムは、台湾のホイール製造の会社です。コストパフォーマンスが抜群で、そのホイールのクオリティは、レースにも使用で... ロードバイクでサイクリングをしている方なら、シュワルベというメーカーを耳にしたことがあると思います。そのシュワルベから発売... フルクラムレーシング3は、完成車に装着されていたホイールからランクアップしたいといった人に特におすすめです。手頃な価格で性... ロードバイクのタイヤは、唯一路面に接している部分で、安全面に関しては非常に重要になるパーツです。そのようなタイヤも他のパー... 初めてスポーツ自転車を購入し、空気をいれようとしたら、今持っている種類の空気入れではバルブが合わず入れられなかった! とい... チューブレスレディは、クリンチャータイヤとしても使える優秀なタイヤです。チューブレスレディのタイヤとチューブレスタイヤとの... 自転車のホイールにはさまざまな種類があります。その中でもカーボンリムのホイールは人気が高いです。カーボンリムのホイールとそ... 小径車用20インチタイヤと一口に言っても、「451」と「406」の二種類があり、いずれもETRTOという規格で定められてい... 自転車のブレーキには、ディスクブレーキタイプのものがあります。ディスクブレーキはリムブレーキとは違った構造をしており、さま... チューブを換えてもパンクを連発した経験はありませんか?その場合は、リムテープの劣化が原因かもしれません。今回はリムテープの... ママチャリなどの自転車のタイヤは26インチや27インチが一般的ですが、スポーツバイクのタイヤサイズは「700c」が大半を占... 2020年現在で流通しているロードバイクのタイヤは、23C、25C、28Cが主なものとなっています。タイヤの太さにもトレン... ロードバイクのタイヤとして、もっともおすすめのタイヤであるチューブレスの特徴は知っていますか?ロードバイクに乗っているけど... ロードバイクの中華カーボンホイールの特徴、驚きの安さの理由、タイヤの修理、ホイールとタイヤの選び方、インプレ、おすすめブラ... スポーツバイクの走りは、タイヤ性能によって大きく左右されます。数ある自転車用タイヤの中で、シュワルベワンは、スポーツバイク... チューブレスタイヤを装着するときに必ず必要になるのがチューブレスバルブ。タイヤメーカーやパーツメーカーからさまざまな種類の... ロードバイクにしばらく乗っていると、より早く走るためにパーツを交換したくなるものです。そんなときに最も効果が実感できるのが... 自転車のタイヤサイズは、スポーツバイクからミニベロ用まで含めると40種類以上あり、タイヤサイズの表記方法はかなりややこしい... シュワルベワンってどんなタイヤ?その性能・特徴やインプレを紹介!のページです。CYCLE NOTE(サイクルノート)では、自転車やロードバイクにかかわる情報を発信しております。, 出典: http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=16&item_category_id=7. スポーツバイクの走りは、タイヤ性能によって大きく左右されます。数ある自転車用タイヤの中で、シュワルベワンは、スポーツバイク用タイヤブランド シュワルベのフラッグシップモデルです。シュワルベワンの性能や特徴、またインプレの評判はどうなのでしょうか。 サイトに真っ先に書かれてあるのが 「チューブラータイヤの感触を備えたチューブレスタイヤ」 。. 「シュワルベワン」のミニベロ用ラインナップは、レーシングタイヤ「アルトレモ」に代わるかたちで、2014年末頃に登場しました。 先に発売されたロードバイク用のシュワルベワンが定評を得ていて、そこへ20インチ(406と451)のミニベロ用サイズが追加されたという流れ。 ◎参考:20インチの406・451とは? シュワルベが同社のハイエンドタイヤに据えるPRO ONE TUBELESS EASY(プロワン・チューブレスイージー)をインプレッション。「Souplesse(スープレス=しなやかさ)」を開発キーワードに、チューブラーのような走り心地を目指したというチューブレスタイヤをテストした。