I’d compensate you by fully funding your dig…for a further three years. T-REX(ティラノサウルス)、トリケラトプス、ブラキオサウルスとい・・・. ・・・, ち。何があるのかを知らされていなかった彼らの前に、生きて動く巨大なブロントサウルスが登場する。信じられない光景に、驚きを隠せないグラントとサトラーにかけるハモンドの言葉。 !”)、, 年々、このジュラシックシリーズはおかしな方向に向かっているようで残念でなりません。, 「ジュラシックパーク」シリーズは全3作とも非常に良くできていて(当時の予告編も超秀逸!)ドキドキわくわく感がたまらなかったのですが、, 「ジュラシックワールド」シリーズに関しては、一体どうしてしまったんだという印象です。, 第一作の「ジュラシックワールド」で使われたネタの焼き直しシーンも散見されるのですが(終盤の屋内で恐竜から逃れるシーンなど)、, 登場人物の感情の推移に連続性がなく唐突な描写が多くて全く感情移入できないことが多いんですよ。, 昔はもっとそれぞれのキャラクターにしっかりとしたキャラ設定や行動原理が映像の中で巧みに表現される作品が非常に多かったように思います。, 流れの必然性や情緒もへったくれもなく、ビジネス感が強すぎて観客はいつも置いてけぼり状態です。, 映画におけるエンターテイメント作品は矢継ぎ早なシーン展開でごまかさず(なんとなく楽しいそうな感じを醸すだけで錯覚させるのではなく)、, キャラクター造形にもシナリオ展開の流れにもちゃんと観客が感情移入できるよう演出に必然性を持たせてほしい、というのが僕の考えです。, 男の人が“Am I dead”と言うシーンがあって日本語では「俺死んでる?」という意味で、, 現実世界ではまず言うことはありませんが、こういうパニック映画でよく出てくるお決まりフレーズなので、知っておくとバチっと聞き取れます(笑), 2018年の夏はトムクルーズ主演「ミッションインポッシブル フォールアウト」に期待したいと思います。, レプリカズ~キアヌ・リーヴスが犯す4つのタブー(死者の蘇生・クローン人間・命の選別・記憶の操作)~, Done is better than perfect~マークザッカーバーグの名言に学ぶ完了主義のススメ~, 味を表す形容詞(味覚と食感の表現)~ネイティブはこう使う!マンガでわかる形容詞・副詞~. ・・・, に横に別のラプトルがいた。その時のマルドゥーンの一言。この後、マルドゥーンはラプトルに襲いかかられる。ちなみに、1匹がおとりとなり、もう1匹が獲物を狙う習性は、恐竜見学ツアーのナレーションが語られていた。 いままでに見たこともない凄い光景を目にして弁護士ロナルドは「このテーマパークならひと財産作れる。」という感じで口にしたセリフです。, アランたちは牛が何かの檻に運ばれるところを目にする。ヴェロキラプトルという恐竜の餌付けを査察することになったアランたちは牛が檻に降ろされるや、姿は見えないが凄まじく獰猛な何かが牛に襲い掛かっている様子だけが伝わってくる。, ハモンド社長はヴェロキラプトルの管理は万全だと主張するが、アランはヴェロキラプトルは全滅させるべきだという恐竜監視官のマルドゥーン にラプトルについて質問してみる。, 聞けば、その凶暴さ、学習能力の高さは非常に危険で人間では管理できないというほどのもの。. 今日の『あの映画のセリフ』は『ジュラシック・パーク』(Jurassic Park)です。1990年に出版されたマイケル・クライトンによる小説を原作にして1993年に製作されたSF映画です。ジャンルとしてはバイオテクノロジーを駆使して蘇らせた恐竜たちによる惨劇を描くパニック・サスペンスですが、作品を通してその背景には「生命倫理」「科学技術の進歩と過信」に対する疑問の投げかけがされている様に感じます。2020年代の今、AI開発によって生じる人間の役割とは何か、またゲノム編集技術によって生まれる遺伝子を編集された動物や人間の誕生が許容されるべきか否か、など科学と倫理の間で大きな論争が起こっていますが、まだ遺伝子工学が今ほど発展する前の90年代前半に今起こっている問題を提示してくれていたのだと捉える事ができます。, なお、作中に登場するジャングルリバーライドはユニバーサルスタジオのアトラクションである「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」として再現されていて実際に楽しむ事ができます。私も乗った事がありますが、まさにジュラシック・パークに訪れた感覚を味わう事のできるアトラクションでした。, ここで紹介するのは古生物学者のグラントとサトラー研究助手を含めた一行が初めてジュラシック・パークを訪れ、初めて生きた恐竜を目にして研究者として興奮を隠せないでいる、そんなシーンです。. ・・・, ックスがラプトルを襲う隙になんとか外に逃げ出し、ハモンドの運転する車に乗り込む時のグラントのセリフ。多くのトラブルを起こしたにもかかわらず、開園への意思を曲げてこなかったハモンドも、ついにグラントの意見に同意する。 They are totally wrong. When she looks at you, you can see she’s working things out. マルドゥーンが言わんとするのは、ラプトルがこちらを見ているのは何かを企んでいるという事を伝えようとしてworking things outを使っています。, ヴェロキラプトルは撮影前は人間より小さいサイズだというのが定説でした。それが撮影中にユタの発掘現場で新しい化石が発見され、定説より2倍大きいということが分かったんですってー #ラプトル #恐竜 #ジュラシックパーク #来週はジュラシックワールド初放送 #ジュラシック祭り pic.twitter.com/b3EDmR1K9a, マルコム博士はテクノロジーの進化で突然恐竜を復活させることは危険であり、よく調べ研究してきたものでもない「生命」と言うものに対してテクノロジーを使って簡単に手に入れられたとしても、その使い方を誤れば自身を破壊してしまうと警告します。. Oh Ellie, we could just tear up the rule book on cold-bloodedness. ・・・, の裏切りもあり、恐竜たちが人間を襲う最悪の事態が発生してしまった。だが、ネドリーの裏切りがなくても、システムには不備があった。そもそも、ふ化した卵が森の中にあったことから、メスだけを生み出して繁殖をコントロールするという考えも間違っていた。・・・, 話。Tレックスに襲われるという体験から一夜明け、仲良く口げんかをするくらいの元気を取り戻している。 セリフ・名言 5 ジュラシック・パーク マルコム「”絶滅”だろ?」 0:23:30頃 グラントとサトラーは古生物学者と古植物学者で、恐竜時代の化石発 ・・・ 掘を仕事としている。 実際に生きた恐竜で研究できるのであれば、あえて化石を発掘して研究する必要はない。 After careful consideration, I’ve decided not to endorse your park. Hey, you start your new life tomorrow. 映画「ジュラシック・パーク」はマイケル・クラントンによる小説で、スティーブン・スピルバーグ監督により1993年に映画化されました。, 全世界興行収入9億1469万ドルという数字は、当時の世界歴代第1位の興行成績だったのは有名な話です。, できない理由を考える部下はネガティブ思考で、できる方法を考える部下はポジティブ思考であると。, 私自身過去、組織の中でできない理由を並べ一向に行動しない部下に苛立ちをおぼえた経験もあります。, 「できない理由ばかり考えず、できる方法を考えてやれ」と特に中小規模の経営者や経営幹部は部下に叱責に近い指示命令を出します。, 経営者、特に創業者である場合、「自分の考え=過去の成功体験」に多くの場合なっています。, しかしその是々非々ではなく、新規事業であったり新規開発であったり、仮に些細な案件であっても、, 「知恵と工夫でできないことはないが、それは本当にすべきかどうか」を検討したり、議論ができる環境が大切です。, 「本当にすべきかどうか」も議論されず、「結果が良い場合には自分の手柄で、結果が悪い場合には他人のせいにする」という社風であったり、経営者自身がそれを行った瞬間に人心は離れてしまいます。, 業績好調のご褒美は経営者自身に、従業員たちは猛烈に働くでは、今は順調に見えても決して永続的な会社にはなりません。, ※「共創戦略研究所」とは、NPCが福岡市で運営するプロジェクト支援事業で、NPCとはネクスト・プラクティス・コンサルティングの略です。.