●りきんでいないこともありますが、りきみが周期的なこともあります。りきまずに弱っている時は、動物病院へ早急に受診するべきです。 インコのメスが産卵するのは成鳥のあかしで、自然なことです。メスの単独飼育であっても、発情するとふ化することのない無精卵を産卵します。そのため、メスのインコが卵詰まりを発症する可能性は高く、飼い主の早期発見と対処が重要になります。, インコの卵詰まりに関しては、カルシウム不足が大きな原因とされています。 カルシウムは卵の殻を作る大切な栄養素です。インコは副食として必須のボレー粉などでカルシウムを補いますが、カルシウムを体内に吸収するためにはビタミンDが必要です。そのビタミンDは日光浴により体内で生成します。ボレー粉か日光浴か、どちらかが不足するとカルシウム不足となり、卵殻がうまく形成されずに、卵が軟化してしまいます。その結果卵がスムーズに排出されず、卵詰まりとなってしまいます。 メスのインコのお腹が膨らんで、元気がなかったら、それは卵詰まりかもしれません。卵詰まりは重症化することが多い、命に関わる怖い病気です。早期発見のポイントと対処法を覚えておきましょう。, メスの成鳥の卵が卵管内に詰まってしまい、出てこなくなる病気を「卵詰まり」といいます。お腹からお尻にかけて膨らみが見られ、食欲不振や元気がない、うずくまってじっとしている、呼吸が荒い、いきむ、水分を多く取るなどの症状が現れます。総排出口(直腸、排尿口、生殖口を兼ねた器官)から出かかった卵が見えている場合もあります。すぐに治療しないと命を落とす場合もある怖い病気です。 メスのインコのお腹が膨らんで、元気がなかったら、それは卵詰まりかもしれません。卵詰まりは重症化することが多い、命に関わる怖い病気です。早期発見のポイントと対処法を覚えておき … ●温度の目安は羽を膨らませなくなるまで上げますが、おおよそ30℃を目安にします。暑すぎると翼を浮かせ、口を開き、「ハァーハァー」します。状態によりますが、35℃くらいまで上げる場合もあります。 卵巣で作られた卵黄が卵管に排卵された後、卵白や卵殻ができて産卵するまでの時間は約24時間です。排卵後の24時間以内に産卵しない状況が卵詰まりです。多少産卵が遅れるケースもありますが、インコの体内に卵があって、元気がない場合は、卵詰まりを疑います。卵が詰まると排泄も一切できない状態になり、インコも衰弱していきます。 動物病院にすぐに行けない場合は応急処置を施します。ケージ内を28~31℃に保温し、カルシウムとビタミン剤を投与します。ただし、インコが卵詰まりを起こしている場合には、様子見をする時間的余裕はありません。応急処置を施しても、24時間以内には獣医の診察が必要です。 It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. セキセイインコは、つがいで飼っていなくても卵を産むことがあります。突然のことで驚く方も多いかと思いますが、無闇に産卵してしまうのも問題だと知っていましたか?産卵・抱卵は体力を消耗し、繁殖を望んでいない場合はただただ愛鳥に負担がかかるだけなん インコはおもに春と秋に繁殖期を迎えます。この時期は大切なインコが卵詰まりになることがないように、飼育環境に十分気を配り、カラダの変化や行動を観察しましょう。, 忙しいあなたに、公式アカウントから 小鳥 Birds 小鳥のお腹が腫れる(腹部膨満)腹部特に下のお腹が膨れてくる病気があります。特にセキセイインコの雌に多発します。セキセイインコの雌は、一年中良い環境では、エストロジェンという卵胞ホルモンを出して発情、産卵を繰返します。 ●メスのインコは一羽で飼育しても無精卵を産んでしまいます。順調に卵を産んでいたのに、突然産まなくなり、羽を膨らませて目を閉じてうずくまる症状が見られます。しかし、本当に卵づまりなのでしょうか?, ●可能であれば鳥を捕まえてお腹を触って下さい。丸くて硬いものが触れたら卵つまりの可能性が高いです。分からなかったら、無理をしないようにしましょう。長時間にわたり鳥を抑え込むと、鳥も抵抗して疲れてしまい、弱ってしまうことがあります。触りすぎて卵が割れてしまうようなこともあります。, ●インコは年に1~3回くらい産卵しますが、オスがいなくても発情をして、4~6個の卵を2日間隔で無精卵を産みます。過剰な産卵は卵管の病気を引き起こしたり、体のカルシウムが卵のために少なくなり(低カルシウム血症)、正常な産卵ができなくなります。 カルシウムは卵殻を形成するだけではなく、筋肉の収縮や神経伝達物質としての役割を担っています。カルシウム不足により筋肉と神経の働きが弱まると、子宮筋の収縮が不完全となって卵を押し出せない状態になり、卵詰まりを起こす場合があります。そのほか、親鳥の未成熟や高齢、運動不足、気温の低下による体調不良、運動不足なども原因となります。, 卵詰まりの疑いがみられたら、すぐに動物病院に連れて行きます。「そのうち産むかもしれないから、しばらく様子を見よう」と放置するのはとても危険です。病院での処置も、体力がある初期のうちであれば救命率が上がります。早期に発見できれば手術をしなくても、徒手で強制的に卵を摘出したり、カルシウムを注射することで産卵できたりすることもあります。 ●残念ながらインコが地面にうずくまってしまい、呼吸が早くなっていると、助からない可能性が高いです。この状態では、車での移動にも耐えられないでしょう。, ●卵づまりは色々な原因で起こります。卵管がおかしいのか?卵が変形しているのか?鳥の体力はあるのか?などの要因で上手く卵が産めることもあれば、そのまま死んでしまうこともあります。 Copyright (C) 2020 セキセイインコと生活の教科書 All Rights Reserved. ●昔は順調に産んでいましたが、最近、産む卵の数が減ってきませんでしたか?卵の形が変形していませんでしたか?産んだ卵の殻が柔らかくなっていませんか?このような現象が思いあたるようであれば、それが卵づまりの前現象だったのでしょう。, ●お尻の穴(総排泄孔)から、卵が見えていませんか?力んで卵が穴から見えたり、隠れたりすることもあります。, ●りきんでいるということは、卵を自らの力で産もうとしているのです。卵を産むのに相当の体力を使います。 ●卵づまりは物理的に突然起こることが多いので、怖い病気です。一番の予防は何よりも無駄な発情をさせないことです。, ●もしも卵が産めても、インコは数個の卵を産むために、翌日以降にまた卵を産むかもしれません。動物病院で診察は受けて、獣医師の診断や治療にしたがってください。 最新情報をお届けします, ShutterstockProfessional/Shutterstock.com. セキセイインコ 卵 お腹. 必見!専門獣医師が鳥の卵づまりの対応を解説します! 卵詰まりを予防するには、日頃から栄養バランスのいい餌を与え、十分な日光浴をさせることが肝心です。ボレー粉やビタミン豊富な青菜類を副食として与え、日光浴でビタミンDの生成を促します。人間もカルシウムが不足すると骨や歯が弱くなったり、神経過敏になったりします。インコも同様で、とくにメスのカルシウム不足は卵詰まりに直結します。 セキセイインコは卵がお腹にあるとき、お腹の状態はどの様になっているのか調べてみました。, セキセイインコの産卵は、生後6か月から始まり、産んでは包みながら育て、またすぐに発情し産卵をする、というのを繰り返し産卵期に入るそうです。, ですが、まれに2日以上経過しても産卵せずに卵が産道で詰まる病気になる場合もあるそうで、その様な場合は一度お腹を押してみて卵があるか確認したのちに病院へ診察をしてもらったほうがいいでしょう。, むやみに卵があるのにお腹を押さえつけてしまうとお腹の中で卵が破裂してしまい、母体に悪影響を及ぼす可能性があるそうです。, インコの体質や体調によっては48時間以上経過してから産卵する場合もあるそうなので一概には言えませんが、経過観察をしてみるのもいいでしょう。, 産み終わるタイミングの見分け方としては、産卵後しばらく様子を見て、糞が出れば産卵が終わるタイミングといっていいそうです。, 2日間に分けて産卵する場合もありますし、1日数個を時間をかけて産卵する場合もあります。, 産卵が終わったからといって、産卵場所から移動させたりすると、中にいる卵が割れてしまう恐れがあります。, 基本的には産卵が終わるタイミングで糞をするそうなので、糞が出れば産卵が終了した合図だと思っていいでしょう。, 鳥類は交接しなくても発情するだけで卵を宿してしまいますので、時期など関係なく産卵期に入ります。, 飼育される場合は、産卵しやすい環境づくりも視野に入れて飼育をするとインコ達も安心して産卵できると思います。, セキセイインコなどの鳥類は鶏卵と違って、発情するタイミングで卵を宿すのだと調べてみて解りました。, 今までは鶏卵と同じで餌を食べて過ごしていく中でオスとの間で交接期に入り、産卵期を迎えるものだと思っていましたが、メスだけでも卵を宿すし、1日数個近くの卵を産むのだと改めて実感できました。, 今後飼育する場合は、産卵についても詳しく調べておかなければインコ達の事を理解できないまま、産卵できない環境を作ってしまうところだと思いました。.