といったところ(4行) ディーラーでの定期点検でndロードスターのatに試乗した際の感想として、 オープンにさせて貰えなかったという点を差し引いても、 mtのデミオの方が面白いなと。 ただこれは、私が無類のmt好きということもあるかもしれない。 4.1 関連 欲しかった。 実際に試乗をすることをお勧めする。でも、MTの試乗車ってあんまりないんだよね…, いくつか不満はあるものの、総じて満足度は高い。 15MBはモータースポーツベース車という位置づけなのでシートは替えてケロという >>>関連記事:マツダ【デミオ新型】が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法!, ネットで具体的にいい車を安く買える方法を探していますが、なかなか出てきません!! (歴代4位)コンパクトなmt車の選択肢が少なく、試乗車も少ないことからネットで情報を探しておられる方が多い事の表れだろうか。今回のデミオ「13c」はフィアット500の楽しさを95%程度カバー出来ていると思っていい。 不思議になるくらい。 デミオは国産のコンパクトカーで唯一、ディーゼルエンジンとMTの組み合わせが選択できる車であり、運転するのがとても楽しい車です。, その洗練された外観はギュッと引き締まっており、塊感抜群でありながらコンパクトカーとは思えないほど美しく存在感のあるスタイリッシュなデザインです。, ディーラーでは30万円くらいで下取りされる車が、買取業者では80万円以上になることも多々あります。, あなたの車の買取価格を むしろ運転席周りが狭いというのが辛い。 15MBの地味な感じは好印象。 「今、自分が車を操っている」 抜けづらかったり、途中で引っかかったりということは一切ありません。, そしてMTならではの「車を自分が操っている!」という楽しさが溢れ、運転しながら思わずニヤニヤしてしまいました。, デミオディーゼルに用意されているMTは6速ですが、街乗りでは6速にはまず入りません。 楽しいのし、希少性は高いし。 もちろん自然吸気なので、回転数を上げればそれなりに速い。 3行で感想を書くと、 2014年にデビューした四代目マツダ・デミオがマイナーチェンジを受け、新たに「マツダ2」として再スタートを切った。同時に内外装のデザイン変更、そしてハード面の手直しも行われている。名前が変わっただけではない───そう言い切れる根拠をお伝えしよう。 >>>関連記事:【デミオ】ディーゼルの燃費は実際どう?MTの実燃費や、悪い評価も? 競ってくれるので、 軽自動車の割にトルクは結構あったように思う。 オープンにさせて貰えなかったという点を差し引いても、 5速を使うのも2車線以上の幹線道路くらいでしょうか。, 全部で20分くらいの非常に短い試乗時間でしたが、しっかりとMTの楽しさを堪能することができました。, 同じデミオ仲間から「ギア比の繋がりがよくない」といった評判もありましたが、私はそれほど気になりませんでした。, アクセルを踏めばいつでもスムーズに加速し、シフトフィールもとても気持ちよい車です。, たしかにデミオディーゼル(MT)はオールマイティではなく、ギアの特性に慣れてない段階ではシフトアップ、シフトダウンで回転が合わず、もたついたり少しギクシャクするシチュエーションもありました。, また1,000rpmくらいの低回転域では、加速力がイマイチ弱いのも間違いありません。, しかし大排気量のスポーツカーではなく、排気量わずか1.5Lのコンパクトカーと考えると、これは仕方のないことではないでしょうか。, 一番美味しいエンジンの回転数を意識しながら、ギアを選択し走る楽しさはMTならではの醍醐味です。, またパワーバンドに乗ったときのデミオの加速は、1.5Lのコンパクトカーとはまったく思えない気持ちのよい加速を味わわせてくれます。, 車の特性を把握してスムーズに走れた時、車を操る楽しさを存分に感じることができ、まさに「人馬一体感」を体験できます。, その点でデミオディーゼルのMTは、非常に優秀なドライビングカーだと自信をもってオススメできます。, デミオはスポーツカーではなくコンパクトカーであり、レースに勝つことを目的にして開発された車ではありません。, コンパクトカーであえてMTを選ぶということは、経済性や日ごろの使いやすさを優先しながらも、かつ車を運転する楽しさの両立を求めてこその欲張りな選択でしょう。, デミオディーゼルのMTは、街中をメインステージとしてに元気に気持ちよくキビキビと走れるということに、間違いはありません。, 車を操っている実感は本当にピカイチですし、市街地を普通に走っているだけでもワクワクする車です。, また、デミオディーゼルのMTには「燃料タンクが35LとATグレードと比べて少ないので、巡航距離が少ない」という批判もあります。, たしかに燃料タンクはATと比べ小さいですが、それでも満タンにすれば600キロ程度は燃料補給なしで走ることができるんです。, ディーゼルはガソリンと比べて販売価格も安いですし、これだけ走る楽しさを持ち合わせた車がワンタンクで500キロ以上も走れるということは、それでも充分に経済的な車と言えると考えます。, デミオディーゼル6MTは経済性と実用性、そしてなにより車を操る楽しさすべて両立させた、マルチで欲張りな車です。, MTにこだわりがある方にとって、ベストな選択肢の一つと言って間違いのない車でしょう。, >>>関連記事:デミオのディーゼルで不具合があったけど最近はどう?最新情報まとめ(2018年) 安い中古車は、大抵走り込まれたものばかり・・・。, 友人に相談しても、「どうせすぐに古くなるんだから安い方でいいじゃない?」とか、移動手段としか考えていない人たちばかり。, 「どうせ乗るならワクワクする車に乗りたいだよ!」と言っても理解してもらえません。 結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。 随分と長いこと転勤で各地を転戦しましたが、ようやく地元北海道に戻ってきました。 長時間運転すると疲れるというのも不満。 トルクが少ないと感じるのかもしれない。 ただ、MT車で一番面白いのは軽トラなのかもしれない。, 実は過給機無しというのは久しぶりな為に、 MTのデミオの方が面白いなと。 ホットハッチには興味があるけど、いかにも「スポーツ!!」というのは少し苦手なので、 現在はマツダ「ロ... [試乗インプレッション]マツダ・デミオ 13C (5MT) 念願成就 [ezoflat], フィアット500の5MT車「1.2SPORT」の試乗記をアップしたところ、当ブログでは大変な人気記事となっている。(歴代4位). これは利用しないと損です!, MT車(ミッション)に乗って最適なギアを選択しながら自分の思うままに車を操っている時、テンションが上がりとても楽しい瞬間です。, どれだけATの制御技術が進歩しても、あたかも自分の右足と車が直結しているかのようなダイレクトなアクセルフィールは、MT車に乗っている人だけの特権です。, そのため、MTを選ぶことのできない車種がたくさん存在しますが、コンパクトカーには比較的MTの選択肢が多く、以下の車はMTグレードが用意されています。, デミオの総重量は1,080kgと比較的軽量ですが、その軽いボディに搭載されている1.5Lディーゼルエンジンはまさに必要十分、見た目を裏切らない、ストレスのない走りを実現しています。, ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比べトルクが太いので、一般道であればスタートダッシュから周りの車をリードできるほど充分な動力性能がありますし、, 急な坂道でもグイグイとボディを引っ張ってくれるため、勾配がきつい山道であったとしても軽々と軽快に登ってくれます。, デミオのディーゼルグレードの排気量は1.5Lですから高性能スポーツカーのような絶対的なパワーはありません。, しかし、その分アクセルを存分に踏み込むことができますので、車が持っているパワーを存分に引き出したスポーティな運転を楽しむことができます。, エンジンの持っているパワーを最大限に生かしながら走れた時は、走り屋でなくてもドライブが好きな人にとってはとても気持ちよく、楽しいことでしょう。, 峠に持ち込んで、エンジンのパワーバンドを外さないように適切なシフト操作をしながら気持ちよくコーナーを旋回することができれば、まさに ただ、ロードスターはもっと狭かったので、これは最近のマツダの伝統なのかも。 cx-3もデミオと同じエンジンのようですが、そちらも同じく試乗車の用意が出来ないと言うことで、最悪at車のみの試乗で決断しなければなりません。 両方試乗された方、やはりat車とmt車の違いは大きい … 気になる自動車はいろいろとある。, vivi_oさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog これってすごいことですよね!さっそく感動です。, 乗ってみてまずはじめに思ったことが、ドライビングポジションが非常に取りやすいということ。, 自然に座った足の先にピッタリとペタルが配置されており、とてもスムーズにポジションが決まります。, そしてシートがまた秀逸、しっとりと体にフィットして、これまでのコンパクトカーのシートのイメージとはまったく異なります。, スポーツカーではないので、アクセルを踏むのを躊躇してしまう、というほどのパワーはありませんが、しっとり速いとでも言いましょうか。, 私の中で「デミオはコンパクトカーでしょ」と軽く考えていたところがあったのですが、一瞬で訂正しました!, シフトチェンジの時は少し左手の手首に力を入れるだけでスコッと抜けて、次のギヤにスッとスムーズに入ってくれます。 中低速のコーナーが続く峠を、エンジン回転数を維持しながら走るのは それだけで評価が上がる。, とは言え、どこでも評価の高いスイフトスポーツや、良いエンジンを積んでいそうな まぁそうぼやいたところで欲しい車が手に入るわけではないですが・・・。, ディーラーでは30万円の下取りされる車が >>>関連記事:【デミオ】ディーゼル中古車の相場・価格!AT・MT、4WDは高い?安い? とても楽しい。 クルマとカメラが大好きで布袋寅泰の音楽を愛聴するヤツです。 >>>関連記事:【デミオ】ディーゼルの加速性能や走行性能は実際どう?ガソリンとどっちがいい? もちろん荷室が狭いとか、後部座席が窮屈というのもあるけどそれは織り込み済みで、 買取業者では80万円以上になることも、多々あります。, あなたの車の買取価格を ・軽さは正義 現行モデルがデビューした時、コンパクトカーにディーゼルモデルが誕生して、マツダ『デミオ』が大いに脚光を浴びたのだが、一方でガソリンエンジンは?どうもいまいちパッとしない…と感じてしまった。 というか、そもそもディーゼルを遡及して売り出したクルマだからという側面があって、ガソリンエンジンは1.3リットルで、デビュー当初はディーゼル7割、ガソリン3割の販売比率だったので、やはり日陰者だった。勿論この比率はあくまでも2014年当時のもの。調べたわけではないけれど、結局のと … ただ、軽さとトレードオフなのかもしれないけど、乗り心地は少し悪い気がする。 あと、シートの作り自体は悪くないんだけど、背中上部と肩がほぼ固定されてないので、 MTは七難隠すと言うし、ロードスターもMTだったらデミオなんて足元にも及ばないかも。 競ってくれるので、 >>>関連記事:【デミオ】マイナーチェンジ情報2018!前と比較、試乗など評価は? メッセージなのかもしれないが、普通のドライブで不満が出ないくらいのシートは ただこれは、私が無類のMT好きということもあるかもしれない。 バイクを手放した今、風を感じたくなる度に気になるロードスターなど、 1 デミオディーゼル(mt)は楽しい! 2 デミオディーゼル(mt)を試乗した感想; 3 デミオディーゼル6mtの口コミは悪い? 4 デミオディーゼル(mt)の総評価. 新型シビック。 | ブログを報告する. 価格まで含めて考えると、絶賛される価値のあるクルマだと思います。ただ、乗って試す機会が極端に限られてしまうのが残念なところではないかと。乗ってみないとこの手の良さって伝わらないですよね。, 先代のアクセラで23SはATモデルだけですね。マツダスピードアクセラには乗りましたが....。, コンパクトカーに重くて高価なバッテリーや余計なモーターを搭載するのはナンセンスだと思います。レアメタルを消費しますしね。, 恐らく、外観は似ていても、マツダの中では「SKYACTIV」デミオとそれ以外は扱いが違うのでしょうね。まぁアイドリングストップ車に仕方が無く、DSCをつけているのが現実だと思います。, 「@(ご) 買い物の途中で支笏湖へ向かったのでチンクでした。本当に素晴らしい秋晴れでした(^o^)。」. 地面の凸部を乗り越えるとゆすられる感じがする。, 不満点の第一位は車内が狭いこと。 ・シフトチェンジが面白い ・パワーはそれなりに出る(低速トルクはもっとあっても良いよ) といったところ(4行), ディーラーでの定期点検でNDロードスターのATに試乗した際の感想として、 ちなみに、上記の不満点は、 (というか、前車のR1に比べれば広い) マツダ2(mt)の燃費や走りってどうなのか?また購入するならガソリンとディーゼルどっちが良いのか? 4代目のデミオ(マツダ2)のmtには今回からガソリンモデルに加えてディーゼルモデルも発売されています。車を自分で操るmtの楽しさを知っている方はmtの購入を考えているのではないで … スバルのVIVIOやR1は、スーパーチャージャーということもあるけど、 結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。, https://car-shitadori.net/wp-content/uploads/2018/07/demio-top1.jpg, 【デミオ評価】13cと13sを辛口評価?良い点、悪い点をまとめてみた!(2018). また、狭い舗装林道を走ることが多いので、5ナンバーサイズのデミオは と実感することができる、素晴らしい瞬間です。, デミオに搭載されている6MTのシフトフィールは素晴らしく、スコスコとスムーズで小気味よいシフト操作が可能です。, ペダルもオルガン式なのでヒール&トゥもやりやすく、自分の運転が上手になった気分になることでしょう。, 6MTの試乗車はあまりないので、事前にインターネットで確認してからディーラーに出かけました。, 事前にディーラーさんに連絡していたので、話はスムーズにすすみ、さっそく営業マンから鍵をお借りしてエンジンを掛けます。, ディーゼルということで、まず気になるのが独特の音ガラガラ音ですので、はじめにチェックしてみます。, しかしアイドリングの音を聞く限り、「ほんとにディーゼルなの?」と思ってしまうほど静かで、ガソリンエンジンと変わりません。, その少し前にBMW・3シリーズのディーゼルモデルも見に行きましたが、間違いなく静粛性は3シリーズより上です。 マツダ2はかつてのデミオだ、新世代マツダブランドを鮮明化するべく、車名を変更したという。搭載するエンジンは1496cc直列4気筒のガソリン・エンジンと、1498cc直列4気筒のディーゼル・エンジンがメ … そんなに低速トルクも悪くない。。。?)をキープしていれば、動力性能に不満を抱くことはないと思う。, 車重が軽いということは、加速減速コーナリング、全ての動作が軽やかになる。 3000回転以上(これは間違い。2500回転もだせば十分だった。ということは、 ・車内は狭い スムーズに発進するには、コツが要るという感じ。 私の身長が高い(182cm程)ということも関係するかもしれないので、 左足が中央コンソールに当たるのが最たる例だけど、全体的に足元が狭い。 デミオは、特に発進の際に気を使う。エンストをすることはないけど、 シフトレバーをカチャカチャしてるだけで何でこんなに楽しいのだろうと、 試乗車両は特別仕様車「15S Mist Maroon(ミストマルーン)」である。 >>国民車とは? まずはごく簡単にモデル概要を。デミオは1996年に初代が登場したマツダのコンパクトカーで、現行モデルは2014年9月デビューの4代目。