【画像ギャラリー】トヨタが開発した最新の後付け安全装置 踏み間違い加速抑制システムIIの早期拡大に期待!! 大手下取り会社の最大 10 社が 家の中で待機していればいいだけ。, 手頃な価格帯と扱いやすい大きさでありながら機能性にも優れるという点が素晴らしい車なのですが、その安全装備(安全性能)や自動運転のレベルはどうでしょうか。, 今回は、新型シエンタの安全装備(安全性能)や自動運転について、最新情報を徹底調査しました!, 車における安全装備(安全性能)とは、ドライバーのサポートをすることで、ヒューマンエラーを減らすという役割を持ちます。, そのため、その前提にあるのは、ドライバー自身がしっかりと注意して運転をするということです。, どんなに安全装備が充実している車であろうと、手放しで適当に運転しても良いということではないのです。, ですが、安全装備(安全性能)があることによって、防げる事故や被害を軽減できることがあることも事実。, 新型シエンタでは、どのような安全装備(安全性能)によってドライバーをサポートしてくれるのでしょうか。, まず、その基準として、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発している「サポカー・サポカーS」という指標で見ていきましょう。, また、ワイドはペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載したものを指し、図のような3つの基準があります。, 主な違いとして、サポカーは後で詳しく説明するToyota Safety Sense搭載車、サポカーSワイドはToyota Safety Senseに加えてインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が装備されている車になります。, トヨタが現在各車両に積極的に導入を進めているのが、先進安全性能パッケージである「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」です。, レーザーレーダー+単眼カメラで先行車や歩行者を検知し、衝突の危険性があると判断した場合に警告ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせます。, そして、警告ブザー作動時にブレーキを踏んだ場合はブレーキアシストが作動して制動力をアップさせ、ブレーキを踏めなかった場合自動ブレーキによって衝突を回避、被害軽減に努めます。, 車線をセンサーが認知している状態で、インジケーター操作なしに車線を逸脱しそうになると判断された場合に、ブザー音とディスプレイ表示で警告してくれます。, ハイビームは、遠くまで照らせるというメリットがある一方、対向車にはまぶしくなりかえって危険になるなど、ローとハイを使い分ける必要があります。, 周囲の状況に合わせ、ロービームとハイビームを自動で切り替え、ドライバーが運転に集中できるようにしてくれます。, ここまでが、新型シエンタに搭載されているToyota Safety Senseの機能です。, 次に、Toyota Safety Senseの付帯機能について、ご紹介いたします。, この機能によって、先行車が約4m以上進んでかつ自車が発進していない場合に、ブザー音とディスプレイ表示で知らせてくれます。, 自動運転とは、読んで字のごとく、究極はドライバーの操作なしに車を運転する技術のことです。, もちろん、まだ完全に人間の操作を介在させない自動運転技術の実用化は難しいのが現状です。, しかし、限定的でも、運転支援という形で自動運転の技術というのは徐々に取り入れられているのです。, そして、2020年4月には、自動運転のレベル3が日本の公道で走れることが決まっています。, しかし、レーンデパーチャーアラートはあくまでアラート機能にとどまり、ステアリングアシストがありません。, Toyota Safety Senseというパッケージングのおかげで、一定のレベルの安全装備が担保され、ドライバーをサポートしてくれることがわかりました。, 一方、自動運転技術に関しては、支援システムも含めてないというのが現状で、これは同クラスのライバルであるホンダフリードなんかとは一歩遅れています。, このあたりは新型シエンタの伸びしろとも言えますし、今後確実に導入の方向には向かうはずです。, 現在搭載されている安全装備がどんな機能なのか、何ができて何ができないのか含め、しっかり理解した上でより安全なドライブを目指したいですね!, 「このミニバンがいいな、でも予算オーバー…」 ■データシステム/アクセル見守り隊(税抜2万8000円)& ペダルの見張り番II(オートバックス専売品), データシステムのアクセル見守り隊とペダルの見張り番IIは、停止中を含め前進と後退で10km/h以下での徐行中にアクセルペダルが急激に踏み込まれた際に暴走や急発進を抑制し、ブレーキによる停止はしないものの、ノロノロとした走行に抑える。, 仕組みはここ10年で登場したクルマであればほとんどのクルマが装着する、アクセルペダルと出力制御を行うスロットルバルブを機械的なケーブルで直接つなぐ機械式ではなく、電気信号で制御する電子制御スロットルを利用している。, 停止中と徐行中アクセルペダルが急激に踏み込まれた際にスロットルを戻すというものだ。, 付帯する機能にはアクセルペダルとブレーキペダルが同時に踏み込まれた際にはブレーキを優先するブレーキオーバーライド、急な登り坂や俊敏な加速が必要となることが多々ある右折などの際に使う一時的なオフ機能、急激なアクセル操作と判断するレベルの5段階調整機能も含まれる。, さらにオートバックス専売のペダルの見張り番IIには細い道からの本線合流や右折のため、停止状態や徐行状態からアクセルを深く踏んで素早く加速するに備えて、別売りでウインカーと連動したキャンセル機能が用意される。, ■トヨタ/踏み間違い加速抑制システム(税込5万6100円)■ダイハツ/つくつく防止(3万5200円)■スバル/ペダル踏み間違い時加速抑制装置(税込5万6100円)&つくつく防止(税込み3万5200円)■マツダ/ペダル踏み間違い加速抑制装置(税込み6万7100円), 具体的には前後にソナー(超音波センサー)を追加することで周囲の障害物を検知し、障害物を検知した上でアクセルペダルが急激に踏み込まれた際には注意喚起とデータシステムの商品同様にスロットルを戻し急加速を防ぐ、後退時のスピードを抑制するというのが主なものとなる。, 後着け可能な車種はトヨタが先代プリウスやアクア、現行プレミオ&アリオンなど12車種、ダイハツは先々代の2代目タント(2007~2013年)に初設定した後、合計8車種の軽自動車に拡大している。, スバルはペダル踏み間違い時加速抑制装置が先代インプレッサ、先代XV、つくつく防止がルクラ、先代ステラ、2代目プレオ、先代プレオプラスといったダイハツのOEMとなる軽自動車、マツダは先代デミオ、ベリーサにそれぞれ設定している。, これは前述の踏み間違い加速抑制システムに約30㎞/h以下のスピード域で速く強くアクセルを踏んだ時の加速を抑制する機能(加速を抑制している状態からアクセルペダルを5秒以上深く踏み続ける、アクセルペダルを早く強く踏み直した際には緩やかに加速する)を追加したものだ。, 後着け可能な車種は、現在2020年6月までに生産されたインテリジェントクリアランスソナー非装着の現行プリウスのみだが、2020年11月にSAI、2021年1月に先々代クラウンと最後のマークX用が加わる予定だ。, 現代のクルマはパソコンのようにソフトウェアを多数使っており、それは安全装備も同様だ。, 安全装備にはカメラやセンサー、横滑り防止装置といった基板となるハードウェアが装備されており、かつ合法的ならソフトウェアで機能を追加できるというものもある。, その一例が(1)ボルボXC90の2016年式と2017年式&S90、V90、V90クロスカントリーの2017年式、(2)XC90の2016年から2018年式& S90、V90、V90クロスカントリーの2017年式と2018年式だ。, ■路外から逸脱しそうなステアリング操作が行われた際に、ステアリング操作とブレーキ制御で元の車線に戻そうとするランオフロード・ミディケーション, ■斜め後方を監視するBLISの作動中に進路変更や自車線からの逸脱により隣接車線の走行車と衝突する可能性のある際にステアリングを修正し、危険回避をアシストするステアリングアシスト付BLIS, ■ドライバーが意図せず対向車線に進入し、衝突の危険が高い場合にステアリング操作を補って衝突回避をアシストするオンカミング・レーン・ミディケーション, ■対向車線から自車線に進入してきた対向車の接近を検知し、衝突を回避できない場合には緊急ブレーキを作動させ、被害を軽減するシティセーフティ対向車対応機能, 価格はそれぞれ工賃別、消費税込で9288円と、加わる内容と効果を考えれば非常にリーズナブルだ。, 自動車メーカー純正の車線逸脱警告や先行車への接近警告は自動ブレーキ&運転支援システムの情報源となるカメラやミリ波レーダーを利用したものである。, そのため「この種のことはドライブレコーダーのカメラでも応用可能」という点に着目したのだが、パイオニアのマルチドライブアシストユニット「ND-MA2」(オープン価格)と、トヨタ車のディーラーオプションに設定される「安心機能付きドライブレコーダー」だ。, 前者は対応したカーナビと組み合わせることで先行車との推定距離と推定距離を反映した接近警告、誤発進、車線内での片寄りなどをカーナビの画面に表示する。, 後者は車線逸脱やふらつき、先行車への接近、先行車の発進、進入禁止の標識をブザーでドライバーへ知らせる。, また、急発進防止装置を65歳以上のユーザーが購入する際には補助金の対象となるので、このことでも前向きに導入を考えたい。, 記事の内容と矛盾するようだが、2013年以降のレガシィやインプレッサといったスバル車、V40やS60といったボルボであれば現代の基準でも十分な性能を持つ自動ブレーキ&運転支援システムが装着されており、まだまだ使える中古車が100万円程度で流通している。, そのため、「つなぎ的なクルマが欲しい」という人や、予算によっては思い切ってこういった中古車に買い換えるという手もあるかもしれない。, 新型ジューク カローラクロス マツダ3ターボ…欲しい…!! 多くあるんです!, 一括査定サイトを使うことで、 下取り会社が競ってくれるので、 買取業者では 80 万円になることも ロービームとハイビームを自動で切り替え、ドライバーが運転に集中できるようにしてくれます, グランエースキャンピングカー(アーバンキャンパー)の内装は?サイズや価格も徹底調査!. 買取業者では 80 万円になることも 「ディーラーに売り込みされるのはイヤ…」, ディーラーでは 30 万円の下取りが、 トヨタ. RAV4 グローバル販売 1000万台 Toyota Safety Senseは、トヨタ自動車の予防安全パッケージである。「Toyota Safety Sense C」とその上位版である「Toyota Safety Sense P」そして2018年より「第2世代 Toyota Safety Sense」がある。予防安全パッケージが付いている機能が細かく違い知らない人からすると、付いているから「大丈夫」と思ってしまう人もいるだろう。購入後に後悔する可能性がある。そこで車種別に違いをまとめてみた。, Toyota Safety Sense Cでは「プリクラッシュセーフティ」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」「先行車発進告知機能」をパッケージしている。レーザーレーダーと単眼カメラを単体のコンパクトユニットに統合しフロントガラスに搭載。, Toyota Safety Sense C」のレーザーレーダーからミリ波レーダーに変更。「プリクラッシュセーフティ」「レーンディパーチャーアラート」「アダプティブハイビームシステムもしくはオートマチックハイビーム」「レーダークルーズコントロール」をパッケージとしている。フロントガラスに設置した単眼カメラとバンパーに設置されたミリ波レーダーを搭載。, 2018年から導入する第2世代の「Toyota Safety Sense」では、現在の「Toyota Safety Sense P」で採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、以下の進化により、事故の防止や交通事故死傷者の更なる低減と、ドライバーの負荷軽減を目指す。今までは夜間走行での「歩行者」「自転車運転者」に対しては対策されていなかったが今回の第2世代の「Toyota Safety Sense」からは可能。, トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点, 車体価格200万円までの車はToyota Safety Sense Cを多く採用しており、車体価格250万円以上の車種はToyota Safety Sense Pもしくは第2世代 Toyota Safety Senseとなる。現状、トヨタ車で安全装備を重視するならToyota Safety Sense Pもしくは第2世代 Toyota Safety Sense搭載車を選択したい。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。. 安全なコンパクトカーtop5をクルマ専門家が紹介。それぞれの安全性や最新の安全装備について比較。購入時に注意したいポイントもまとめました。2020年に安全&人気のコンパクトカーはどの車でしょうか? 進化する自動車安全技術、 4メーカーの違いは?…ホンダ、トヨタ、日産、スバル 比較解説 2018年11月2日(金)12時17分 大手下取り会社の最大 10 社が -オプション設定, トヨタ, ヤリスクロス, TOYOTA, 先進装備, 安全装備. 現在新車で購入できるクルマに付く自動ブレーキ&運転支援システムに代表される安全装備の進化は目覚ましい。, しかし、路上を走るクルマは新車から年数の経ったクルマのほうが圧倒的に多く、ペダルの踏み間違いによる暴走事故なども多いだけに、そういったクルマに後着けという形で安全装備をインストールするのも重要だ。, すべてのクルマに安全装備が後付けできるわけではないが、当記事では既存車に後着けできる安全装備を紹介していく。, 文:永田恵一/写真:DATASYSTEM 、TOYOTA、DAIHATSU、SUBARU、MAZDA、VOLVO. 現状、トヨタ車で安全装備を重視するならToyota Safety Sense Pもしくは第2世代 Toyota Safety Sense ... トヨタは新型「アクア」の特別仕様車 S“Style Black”に安全装備を追加し2020年6月3日に発売した。 新型アクア 特別仕様車 S“Style Black” ... 2020.06.03. トヨタの安全技術 対応車種が「予防」と「衝突」、 2つの安全で続々と高い評価を獲得しています。 交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、 トヨタができること。 トヨタの安全技術. 新型シエンタは機能性にも優れた車ですが、その安全装備(安全性能)や自動運転のレベルはどうでしょうか。最新情報を徹底調査していくと、新型シエンタの真の実力が見えてきます。今回は、新型シエンタの安全装備(安全性能)や自動運転について、最新情報を徹底調査しました! 「最安値で購入して、オプション付けたい・・・」 「ディーラーをいくつも回るのも面倒・・・」 外で査定をしている間は 交通事故による死傷者ゼロ。この究極の願いを、いつの日か実現するために。トヨタはこれからも安全運転をサポートする技術の進化、性能向上に取り組み続けます。, 死亡事故の約7割が「歩行者事故」「正面衝突・車線逸脱」そして「追突」に分類されることを、ご存知でしたか。これらの事故が起こりやすいシーンをカバーする先進の予防安全パッケージ、それが「Toyota Safety Sense」トヨタセーフティセンスです。衝突の回避や被害の軽減をサポートする。ドライバーのミスや疲れをカバーして、事故を未然に防ぐ。より多様なシーンでのリスクに応えるための性能向上や新しい機能を備え、「Toyota Safety Sense」は進化を続けています。, 踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)搭載車の場合、踏み間違い事故は、約7割減少したデータがあります。実際、駐車場で発生した事故*1*2の内、約2,500件の事故データを調査した結果、インテリジェントクリアランスソナーを搭載している場合、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故件数は約7割減少し、後退時事故件数については約4割減少という結果を得ることができました。, 「Toyota Safety Sense」と「踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)」を搭載したクルマは、追突事故を軽減したという結果が出ています。, スマートアシストとは、クルマに搭載したカメラが周囲の状況を確認しドライバーの運転をサポートするコンパクトカーに最適な、様々なシーンに適用した安全技術です。運転で感じる不安や緊張を減らし、事故被害や運転負荷の軽減するので毎日の運転がもっと楽になります。多様なシーンに対応した安全機能や運転支援機能があります。, 前方の障害物等はステレオカメラまたはソナーセンサー、後方はソナーセンサーを搭載。ドライバーをサポートする15の安全機能・運転支援機能で安全なドライブを実現します。, *1 アルファード、ヴェルファイア、プリウスについて2016年6月までの18カ月間に駐車場で発生した事故, *3 公益財団法人交通事故総合分析センター(ITARDA)が持つ日本における死傷事故データを基に算出。対象車種は、普及車種であるカローラ、プリウス、プレミオ、アリオン合計約68万台で、2015年1月~2017年12月までのToyota Safety Sense装着車・非装着車それそれの事故発生率を算出。その結果、装着車では、非装着車に比べて追突事故が約7割低減していることが分かりました。Toyota Safety Senseとインテリジェントクリアランスソナーの組み合わせによる追突事故約9割低減との結果も、同じ算出になります。, *4 装着内容は、プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ / ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付き)、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)。. トヨタの安全への取り組み. 買取価格の値段が吊り上るんです。, 自動車企業に20年以上勤めた経験と知識を活かし、『ミニバン』サイトを立ち上げました。, 自身も2人の子育て中であり、軽自動車→『ミニバン』に乗り換えてからはずっとミニバンに乗っています。, ミニバンに乗り換えたい!ミニバンをお得に購入したい!など、子育てママの愛車となるミニバン選びに当サイトをぜひお役立てください!!. 買取価格の値段が吊り上がります。, 下取り会社が自宅に来てくれて、 ヤリスクロス は、トヨタ ヤリスのクロスオーバーとしてデビュー!様々な特徴がり注目を集めていますが、Toyota Safety Sense(トヨタ セーフティセンス)第二世代を搭載する安全装備が充実。トヨタ初採用の安全装備まであるので、注目ですよ! 追記のため15点 あなたの車の買取価格を ヤリスクロス は、トヨタ ヤリスのクロスオーバーとしてデビュー!様々な特徴がり注目を集めていますが、Toyota Safety Sense(トヨタ セーフティセンス)第二世代を搭載する安全装備が充実。トヨタ初採用の安全装備まであるので、注目ですよ!追記のため15点, 前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波 レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとマルチインフォ メーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを 踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏 めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避 または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは 歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10~80km/hの 速度域で作動し、衝突回避または被害軽減をサポート。また、 車両に対しては自車が約10km/h以上で作動し、衝突回避または 被害軽減をサポートします。車両や歩行者に対しては昼夜で対応していて、昼間のみにになりますが自転車にも対応できているのは他のメーカーを見ても数は少なく、コンパクトSU Vのヤリスクロス にこれを搭載してくれるのは嬉しいですよね。, 自分の車の直前にいる歩行者、自転車をミリ波レーダーと単眼カメラで認識。前方に対象物がある状態で、停車上に 強く踏みまたは徐行状態からアクセルペダルが必要以込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポートします。10km以下は自動ブレーキは動作しないのですが、低速走行中にアクセルを強く踏み込んだ場合に衝突を回避する機能は搭載をしているということになります。, (コンパクトSUV初搭載)交差点右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向 方向から横断してくる歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで 検出。ブザーと表示で衝突の可能性を知らせ、その後 プリクラッシュブレーキを作動し、衝突回避または被害軽減を サポートします。, アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。車庫入れなどの時に壁などへの接近を表示とブザーで知らせる 「クリアランスソナー」に、壁などへの接触を回避、軽減する機能を追加。前後進行方向 にある壁などの静止物を検知している場合、発進時に出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキをかけます。, 駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる 車両をレーダーで検知。ドアミラー内のインジケーター点滅 とブザーによりドライバーに注意を喚起します。衝突の危険性 がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両と の衝突被害軽減を支援します。オプション設定で, パノラミックビューモニター(PVM)+ブラインドスポットモニター(BSM)+リヤクロストラフィックオートブレーキ(RCTAB) ¥77,000, セットオプションとなりますが、近年は、アルファードなど大きな車がゴロゴろと存在し、死角が多くが日常的に発生しがちです。人気オプションですので¥77,000なら選択しておくのおすすめです。, ブラインドスポットモニターとは、隣の車線を走る車両をレーダーで検知してドアミラーのLEDで存在を教える機能。ドアミラーでは確認しにくい死角のエリアに存在する車両と最大約60m後方まで監視を行い急接近してくる車両も検知します。また、LEDの点灯をしている状態でウインカーを出すと点滅し強く注意するようドライバーに促します。車線変更をする時は気をつけているつもりでも、長年運転をしているとヒヤッとするシーンがあります。また、LEDの点灯があることにより無理な車線変更をしなように自分を抑止することもできます。こちらも先ほど紹介した通りオプション設定となっています、人気装備ではありますね。, ディーラーで見積もりをもらいに愛車で行くと間違いなく聞かれることそれは、車は下取りにされますか?←大金が左右, ここでYESと回答するとディーラーは通常相場よりも低い価格で買取を行います。なぜかというと固定顧客が多いから、いつも安く下取りができてしまう。これを上質な中古車として販売を行い利益を出すのもディーラのビジネスです。, 私自身そうですし、周辺友人を含めてお決まりのパターンです。私が、以前所有していたマークxはディーラーでは、180万円の下取り金額。→買取業車による査定で220万円で決まり。→これを購入検討先の営業に伝えたら頑張ってくれて、買取金額を220万円に合わせてくれました。とても怖いです。知ってる人と、知らない人で数十万円の差が開くなんて。, はっきり言って車を高く売却するのって、マネーゲームなんです。相場の価格を知り、買取業車の価格を一声伝えれば大きく戦場は良好になります。私は、下記のサイトで4度査定をしています。, 即時に愛車の金額を確認することができるので、とても便利ですよ。わざわざ、買取店に出向く必要もなく電話をかける必要もなく便利な時代ですね。, ディーラーでは、安い下取り金額にしておきあとから、上乗せをして支払い金額を減らし値引きしているように見せかける手段も多くやられています。必ず、相場を確認してからディーラーへ行きましょう。, (8月改良のCH-Rに続き2台目での採用)。自車線内の歩行者と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合で、ドライバーの回避操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストし、車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与。簡単に言うと、車線の中に歩行者がいて、ドライバーが回避操作をすれば、車の挙動の安定と車線を維持できるようにアシルとをする機能ですね。これはハリアーとかでも搭載されていませんので、最新の安全技術となっています。, こちらは、雨や雪で滑りやすい路面などで横滑りが発生した時、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし、優れた車両安定性を実現。さらに、トヨタ初採用としてヤリスクロス に採用された横風対応抑制機能とは高速走行時の強い横風を検知して車線の逸脱を抑制するため逸脱反対側の車輪にブレーキをかける機能です。車高の高いSUVとなると、横風の影響は受けやすく私も以前高速道路を走行中に強風にハンドルをとられ、隣の車線まであっという間に動かされたことがあります。気をつけていても、強風は避けれない事故の原因となるので、この横風対応抑制機能は普及した欲しい装備ですね。しかもハリアーで装備されていないと言うことで、注目の安全装備ではないでしょうか。, 先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜道の視界を確保する機能です。普段は、切り替えが面倒くてロービームで走りがちなユーザーには良い機能ですね。このオートマチックハイビームは、全グレード標準装備なります。, アダプティブハイビームシステムとは、夜間の視界をより高いレベルで確保するライトシステムで、ハイビームをできる限り積極的に使用し、自動で対向車や歩行者のいるところだけライトを減光する機能です。非常に、夜間の視界確保で便利なものですが、こちらはZグレードのみに, とセットでのオプションとなっています。オートマチックハイビームよりこちらのアダプティブハイビームシステムの方が上位機能となり、ハイビームの使用時間が各段に長く確保できますので、標準装備を期待していましたが、オプション設定になちゃいましたね。, 車両を上から見たような映像をディスプレイオーディオに 表示する機能で、運転席から目視では見にくい車両周辺の状況 を映像によりカバーする機能です。運転に不安な方にとっては、安全運転を行うのに非常に有益な装備となります。駐車をする時だけでなく、左に幅寄せをする時などもフォローしてくれる機能で、, セットオプションとなり、内容を考えれば悪くない価格です。人気オプションにはなっていますね。, アドバンスト・パークとは、駐車を簡単に行うために、ステアリング、アクセル、ブレーキをクルマが制御する駐車支援システム。普段使いできるよう、素早く支援を行うことができるのが特徴。動作としては、駐車したいスペースの横に停車して、アドバンスト パーク スイッチを押して駐車位置*2を設定します。その後、、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリ ング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、自動で駐車操作を して駐車を完了させます(シフト操作は手動)。, アドバンストパーク+PVM+BSM+RCTAB(ハイブリッドのみでのセット)¥121,000, セットでのオプション設定。装備の追加情報になりますが、このオプション選択をした場合は、パノラミックビューモニター(PVM)+ブラインドスポットモニター(BSM)+リヤクロストラフィックオートブレーキ(RCTAB) ¥77,000 の方のパノラミックビューモニターの機能より、シー スルービューなどの表示機能が多くなります。, Toyota Sefety Senseにも使用をします単眼カメラで道路標識を 認識。中央のディスプレイやヘッドアップディスプレイに制限速度や、一時停止などの表示を行い、安全運転をサポートする機能です。また、走行中に制限速度を超えた場合は、ブザーで注意喚起を行います。, 信号などで停止をしていて、前の車が4m以上発進をしてもドライバーが前進操作を行おうとしない場合、インフォメーションディスプレイへの表示とブザーでドライバーにお知らせを行う機能です。自分を含めて普段やってしまいがちな方多いと思います。ボートしてて少し出遅れただけで、お知らせをしてくる動作になっています。, ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識。設定をした車速と車間距離を基本とし、車速に応じた車間距離を自動で調整、維持しながら追従走行を支援する機能。同じToyota Sefety Sense第二世代を搭載する新型ハリアーは、最新にアップデートをされた機能だけありアクセルやブレーキのフィーリングが自然で、速度調整が滑らかで進化に感動。従来だと、車の挙動が不安定で、家族を乗せている時はあまり使いたくないものでしたが、ヤリスクロス に搭載するものはハリアー同様最新のシステムになりますので、日常において活用できるものとなっています。もっと気になるぞと言う方は、新型ハリアーでToyota Sefety Sense第二世代の動作を詳しく検証した動画がありますので、説明蘭からご覧ください。(私のYouTubeチャンネルです。下にボタン有り), 車線の中央を走り続けることができるよう支援。また車線から逸脱しそうな場合はハンドル操作の支援とディスプレイ表示、ブザーで逸脱を防止します。また、白線が消えている時や、渋滞中で白線が認識しにくい環境では前の車についていくことでレーンキープを継続。さらに、アスファルトや縁石、雪の道中の環境でも逸脱しそうな場合、ハンドル支援を行います。こちらも、新型ハリアーでToyota Sefety Sense第二世代の動作を詳しく検証した動画がありますので、説明蘭からご覧ください。, エアバッグが事故などで受けた衝突を検知して作動したとき、自動的にブレーキと制動灯を制御することで、車両を減速させ二回目の衝突による被害の軽減をサポート。衝撃を受けてエアバックが作動した場合、ドライバーはブレーキのコントロールが困難になる可能性が高く、この状況では前にいる車にさらなる玉突き事故を起こしたり、歩道へ飛び出して被害を拡大する懸念があり、これの被害軽減をサポートする機能。, 今のうちに所有されている車がいくらで買取されるのか確認をしておきましょう。ディーラーでの下取りは買取業者と比較すると30万円から50万円も安いです。買取業者の査定金額を伝えるだけで、下取り金額が上がったり、値引き金額が大幅に変わることはよくある話です。丸裸の状態で、ディーラーに行くのはNG。, 買取業者を競争させた方が高値で売却できます。電話が面倒という方もいますが、数十万円も損をしたくないですよね。電話が来ると言っても、午前中に申し込んだらその日中に5件程度の買取業者から予約電話が入るだけです。相場を知りたい方も、30分程度ですので気軽にトライしましょう。, 私のブログを見てくれた方には、得する利益のある選択をしてもらい、また読みにきて欲しいのが願いです。下記は実際に使用したことのある買取一括査定のサイトです。, ↓↓は JADRI:日本自動車流通研究所  という一般社団法人が運営をしており、信頼が厚くユーザーを守ってくれるサービスまであります。, ↓公式LINE 本サイトから一括査定の申し込みをしてくれた方のみ不明な点の質問などサポートをさせていただきます。申し込み確認メールが届くと思いますので、確認へのご協力をお願いします。, ヤリスクロス については、既にライズとの比較動画など用意してあります。今後は、レビュー、試乗インプレッションを作成していき、自動車業界を盛り上げていければと思います。, 私は、消費者有利な自動車売買市場を目指して、YouTube、ブログ、Twitterで情報を発信しています。, 質問は、Twitter公開コメントでお問い合わせください。DMはNG←他の方にも有益な情報だからです。, -ヤリスクロス, CARレビュー, TOYOTA SUV