endobj 4 <> 237 6 ), ( 25 日本では長らく未承認でしたが、2017年6月にヒドロモルフォン経口薬として、持続痛に対して定期服用する徐放性製剤(ナルサス ® )と、突出痛に対して臨時服用する即放性製剤(ナルラピド ® )が発売 … ), ( ), ( ), ( ). ), ( 9 ), ( 22 ), ( 10 111 ・ナルサス®錠2㎎1錠=経口モルヒネ10㎎相当。 ⇒低用量での使用が可能(添付文書上の開始量は4mg~24mg/Day) 作用 オピオイドμ受容体作動作用 代謝経路 グルクロン酸抱合 活性代謝物 ほぼなし * Proc West Pharmacol Soc.2001;44:81-2 各社IFより、発表者作成 5 経口モルヒネ : 経口ヒドロモルフォンナルラピド 、ナルサス c =1:5 タペンタドール (タペンタ) : 経口オキシコドン徐放錠オキシコンチン =1:5 経口モルヒネ : 貼付剤フェンタニル B放出量 Cフェントス テープ(1日製剤) C=1:100 Powered by, フェントステープの添付文書を見ると1㎎の投与時定常における吸収量は0.3mg/日となっており、経口モルヒネ30㎎×1/100=フェンタニル静注0.3㎎=フェントステープ1㎎となる。, 直腸内投与する場合、投与量はオピオイド1日投与量の10~20%を1回投与量とし、投与間隔は最高血中濃度到達時間(Tmax)から2時間, →モルヒネ塩酸塩錠・オプソは服用後10分程度で効果が表れ、1時間後には血中濃度が下がり始めるため、痛みが継続している場合、, →注射薬に関しては15~30分。PCAポンプのロックアウトタイムは10分とかが多いよう。, ( ���^~�3\:!��?p�I:� �~B�����'��sp�>���7�Oa�=. endobj 23 金原出版;2014.p169)を踏まえると、本薬即放錠を使用することが適切であり、本薬徐放錠は使用されないものと考える。, 効果不十分の際に行うオピオイドローテーションでは、即放性製剤への切り替えが推奨されています。もちろん、服薬コンプライアンス等の理由で、徐放性製剤を選択することもありますが…。, 「薬剤師は一生勉強です」わかってるけど、毎日忙しいし、やる気も出ない……。でも、そんなことでは、次々に登場する新薬や最新のエビデンスについていけません!あっという間に取り残されて、待っているのは「できない薬剤師」の烙印……。それだけは避けたいですよね。, m3.comは薬剤師のための医療サイトです。日常のスキマを利用して最新情報を入手できます。, 日々の積み重ねが「できる薬剤師」への第一歩です。勉強は大変だけど頑張った分だけ必ず自分に返ってきます(^ ^), m3.comに登録する x��]ݏ7�7����LY���@{�v/�;�I��!Np�����G��g�KRK]Ry��T�(��(rx���Ç�9��8�����0���7b�B�0 J?z3��jj�㗷o��O�oo߼��{=|�߷o`�r��`�+J�������7{�f8��03�p!��F��7v�f�DJ�A[�}y !��Di ��I�%F���o��{>�������[�O#�2�F���7��G ��1FF���ޙ �� h9�"j#=��-? ), ( 3 ), ( ), ( 11 24 モルヒネやオキシコンチンより少量から始められる (ナルサス®2㎎≒オキシコンチン® 6. 12 ), ( endobj }�������b�����x ^yz��Gň� М=ZG���� ��-_�V��"=qGӷ�̺Q��w���ۗ����ï� �+�����)����@b�f���:�q��Q�}�����ۗ��ߞ���w+8�� 66 ), ( ), ( ヒドロモルフォン ナルサス錠、ナルラピド錠 オキシコドン オキシコンチンtr錠、オキノーム散、 オキファスト注射 フェンタニル フェントステープ、アブストラル舌下錠 フェンタニル注射 タペンタドール タペンタ錠 4 医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬)とは? 4 0 obj 18 ), ( <> ), ( 3 0 obj ), ( ), ( 26 もちろん登録は無料です。貯まったポイントで参考書を購入すれば、成長スピードもUPします!今すぐスタートしましょう♪, 一方で強オピオイドは鎮痛効果に上限なし→副作用がコントロールされた範囲内であれば、増量すればするほど効果がアップ, どちらも剤型が錠剤なので区別がつきにくく、徐放性製剤と即放性製剤を飲み間違えてしまうリスクがある, オピオイドローテーション時、疼痛コントロールの状況によって使い分ける。良好→どちらもOK。不良→即放性製剤がbetter. 20 1 17 ), ( 8 ����<0�_��.���F�2�J�&F�AG @����k_������ƙ�n�Og �%�_���O_y�|�c��9my��b��� χ�� ナルサスは徐放性の製剤です。1日1回決まった時間に服用し、 ベースの痛みを緩和する ために用います。 一方でナルラピドは即効性があり、 突発的な痛みに対して使用する レスキュー薬という位置付けです。 2)中等度から高度の疼痛に使用 %���� 薬局薬剤師のブログ。薬局業務を円滑に進めるために必要な情報及び薬の疑問を解決した記録です。今後のため、少しでも参考になればと。目標は臨床薬局薬剤師。, copyright© 2017-2020 phamnote.com all rights reserved. ), ( ), ( stream <>/XObject<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 1239.96 1754.04] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> ), ( 1 0 obj 16 7 (ナルラピドはナルサスの1/4~1/6) ex)モルヒネ1日30㎎ならばレスキューは30×1/6=5mg これはガイドラインの推奨通りに計算した場合(30㎎×0.1~0.2=3~6㎎)となり、範囲内に収まる。