葉っぱの部分は、水につけて水耕栽培してみることにしました。 それでもかわいい葉っぱが出てきましたよ♪ 長ネギの根元の部分を切り取って、水につけて水耕栽培をしてみました。 そうしたら、思っていた以上に、伸びが早くてびっくりしました。 どのくらいの期間で、どこまで育つのか、実験してみたいと思い … 家庭菜園や園芸を行うなかで、多くの方が抱える事柄の中に「カビの問題」が存在します。特に、水耕栽培のような水を多く使う栽培法は「いかにしてカビを生やさないか」が大きな課題となります。 そこで、今回は「水耕栽培のカビ対策」についてご紹介したいと思います。 ほんとかっ!笑 野菜を畑やプランターで栽培しよう!庭でイチゴやアスパラも, プランターの土に植えた2本のうち、根っこは出ているけど新芽が出ていない方は、結局生長しませんでした。, そこで、根っこもしっかりしている長ネギだし、左側の長ネギだけ、畑に植え替えようと思っています。, 室内の水耕栽培だと、ヒョロッと細長く生長するけど、やっぱり土に植えると太くて濃い緑色で、たくましくなるんですよね。, うちのお隣さんに教えてもらいましたが、植え替える時は、太陽が照っている暑い時だと弱っちゃうから、日が陰った夕方にやるといいそうです。, もちろんその後にすぐ水はかけていましたが、結構植え替えで植物をダメにしちゃうこともあったんですよね。, 前回の生長が止まっちゃった長ネギは、畑に植えてみましたが、結局葉っぱが枯れちゃいました。, 抜いちゃおうと思ったんですけど、意外と根っこはまだちゃんと張っている感じだったので、一応そのままにして様子をみようと思います。, そして、水耕栽培で順調に生長していた、最後の長ネギも、結局水につけている根元の部分が柔らかくなって傷んできました。, 水を多くしすぎないように、毎日水の量は慎重に調整していたんですが、今までの経験上だと連日痛みが進み始めるともうだめなので、畑に植えてみようと思います。, 生長が途中で止まっちゃった長ネギも、根元が痛み始めてから植えた長ネギも、両方とも結局は枯れてしまいました。, 唯一元気に育っているのは、一番最初に実験的に土に植えてみた、新芽がかなりいい具合に伸びていた、元気な状態の長ネギでした。, 本当なら捨ててしまうはずの長ネギの根元部分から、こんなに大きく生長するなんてすごいですよね!, 水耕栽培してから土に植えるためには、根っこと新芽の葉っぱを出させて、元気な状態で植えると成功する可能性が高いのかもしれませんね。, 私的には、いろいろな野菜の水耕栽培をやってみて、長ネギは比較的育てやすかったですし、変化も大きく分かりやすいので、再生栽培にはおすすめの野菜です。, 子どもたちは水耕栽培の長ネギを納豆に入れるのが、長ネギ特有の辛みやニオイもマイルドで、お気に入りです。, これからは畑への移行目的で、葉と根っこが出るまで、また再生栽培をしていこうかなと思っています。, その場合は、痛み始めない元気なうちに、タイミングをみて早めに畑に植えようと思います。, 忙しい毎日の中でも、無理なくできる、おいしい食事でつくる、ピュアライフについてご紹介しています。, 食や生活用品の安全基準がしっかりしている宅配を選べば、家族の健康にとっても、安心感がありますよ。, 子育て中、共働き、忙しいママでも無理なくできる、おいしく健康的な食事についてご紹介しています♪ 洗剤など体や環境に優しい日用品の選び方もご紹介しています。野菜の水耕栽培や家庭菜園もやってま~す!, ニンジンの水耕栽培をしています。 さ~て、大根の白い部分が生えてくるでしょうか!, 以前、大根の水耕栽培をして、つぼみらしきものができました! さて、今度はうまくいくでしょうか?, 食材宅配の「あいコープみやぎ」のチラシに載っていた、きれいな色の「アヤメカブ」 我が家の長ネギ栽培の様子について、お伝えします!, いろいろな野菜の水耕栽培をしているので、ホウレンソウも始めてみました。 お部屋の中で簡単に野菜や植物を栽培できる水耕栽培。趣味として始めている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際に水耕栽培を行っていると失敗してしまうことも少なくないもの。では水耕栽培の失敗はどのようなことが原因なのでしょうか。 春を代表する食材のたけのこは、日本では食用として認知されています。ですがたけのこを食べるのは、韓国や中国など、一部の国であ... らっきょうは独特の香りと辛み、歯ごたえのよい食感が特徴です。今回は初夏の時期に向けて、甘酢漬け・塩漬け・醤油漬けなどらっき... 青ネギに似た見た目と用途の野菜、アサツキ(浅葱)。育て方は簡単で、しかも数年間収穫できる野菜のため、家庭菜園初心者にもおす... ネギに似た野菜として知られているアサツキについてご紹介します。アサツキはネギの仲間ですが、どのような特徴をネギとの違いとし... 「エシャロット」という香味野菜はご存じですか?小さな玉ねぎのような形をした野菜のことです。このエシャロットの食べ方はもちろ... らっきょうは、カレーライスに福神漬けとともに添えられている野菜です。らっきょう漬けとして食べられることが多いですが、実は健... 辛くて苦みのあるネギの先端にできるまんまるでかわいらしいねぎぼうず。ネギの印象とはずいぶんと異なる存在です。ねぎぼうずって... ニラは、種まきの時期に乾燥させずに水をやり、肥料や温度も少し気をつけるだけで越冬し、毎年収穫できる栽培しやすい野菜です。ニ... ミョウガ(茗荷)は夏に収穫できて、美味しく健康にもよい食材です。本記事では、ミョウガの収穫のタイミングを見分ける方法や保存... リーキは西洋ネギやポロネギとも呼ばれる西洋野菜の一種です。肉や魚介、きのこなどの食材ともあわせやすく、海外ではさまざまな使... さまざまな料理の食材や薬味として食卓に並ぶことの多いネギ。そんなネギを家庭菜園で育ててみませんか。白ネギは生育期間が長く根... タマネギは種まきから収穫まで7~10ヶ月と生育期間が長い野菜です。そのなかで大切になってくるのが肥料です。元肥はもちろん、... 淡路島産玉ねぎは他の玉ねぎと比べて甘くて柔らかいのが特徴です。淡路島の温暖な気候に育まれた玉ねぎの魅力をたっぷりと解説しま... 玉ねぎと豚肉を使った料理はたくさんありますね。玉ねぎと豚肉の味わいの相性が抜群であるのは多くの人が知るところですが、栄養面... エシャロットはフランスやイタリアでよく食べられている香味野菜で、見た目はらっきょうに似ています。そのため日本では若採りらっ... 玉ねぎを長期保存するには、収穫時期を逃さず、上手に保存することが大切です。この記事では、玉ねぎの収穫時期において、いつ頃、... 玉ねぎは、煮物や炒め物、揚げ物やサラダなどさまざまな料理にアレンジできる人気の野菜です。保存期間が長いと、長ねぎによく似た... 身近な野菜の玉ねぎには、早春に収穫する「新玉ねぎ」と、収穫後1週間ほど置いてから市場に出回る普通の玉ねぎの2タイプがあり、... 旬のアスパラガスはみずみずしく、味は格別です。新鮮な太いアスパラガスが手に入ったら、サラダや和え物にすぐ使えるように、塩ゆ... スーパーでよく見かけるアスパラ。新鮮なものは栄養価も高く美味しいですよね。そんなアスパラの旬の季節や収穫から出回る時期につ... 長期保存できそうなイメージのあるにんにくですが、気づいたら芽が出ていたということはありませんか?芽が出たにんにくは食べても... 九条ネギの栽培・育て方!植え替え・株分けでの増やし方などを解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。. ネギが土の中から顔を出している光景は畑で良く目にします。ネギは泥がついて地中から掘り出すというのが大方のイメ-ジです。水耕栽培は根菜系の野菜はあまり得意としていません。ネギも地中で出来るものですので本来水耕栽培で育てることはほとんどないです 他の野菜は結構、葉っぱがぐんぐん伸びるのですが、ニンジンはそれに比べて伸びるスピードはゆっくりみたいです。 九条ネギは1度植え付けると、繰り返し収穫ができ、株分けをすることで数をどんどん増やすことができる野菜です。この記事では初心者の方でも簡単に栽培ができるよう、九条ネギの特徴や、種まき・株分けのやり方など、九条ネギの栽培方法をご紹介しています。 これからどうなっていくか、観察していきたいと思います!, 大根の葉っぱの部分を水につけておくと、葉っぱが伸びるという動画を見たので、私もやってみました。 うちの子は、水につけておくと、葉っぱじゃなくて、大根の白い部分がまた生えてくると思ったみたいです。 家で料理を作る際、少しネギが入るだけで彩りも良く、風味も栄養も増すことができます。薬味としてネギは結構万能な役割をしてくれるんですよね。いつでも新鮮なネギを食事に取り入れられるように、家庭で簡単にできるネギの栽培方法(再生野菜の水耕栽培)について書いています。 他にもパセリ、大根、長ネギなどいろいろな野菜の水栽培をしています。 ニンジンの再生栽培の様子についてお伝えします!, 長ネギを料理で使った時に、根元を少し長めに残しておいて、水耕栽培をしています。 九条ネギは1度植え付けると、繰り返し収穫ができ、株分けをすることで数をどんどん増やすことができる野菜です。この記事では初心者の方でも簡単に栽培ができるよう、九条ネギの特徴や、種まき・株分けのやり方など、九条ネギの栽培方法をご紹介しています。, 関西の人々には、とても馴染み深い九条ネギ。青ネギ(葉ネギ)の一種で、1300年の歴史を持ち、京都の伝統野菜のひとつに数えられています。この記事では、京都の伝統的な九条ネギの栽培方法を交えながら、初心者でも気軽に九条ネギの栽培ができるよう、種まきの仕方や植え方、増やし方など、九条ネギの特徴や育て方をわかりやすくご紹介しています。, 関西では馴染み深い九条ネギですが、九条ネギが浅黄系・黒種系の2系統あることを知る人は、意外と少ないようです。どちらの系統を選んでも、葉ネギに違いはありませんので、栽培場所に適したものを選ぶとよいでしょう。プランター栽培やキッチンのガーデニングにも取り入れやすい野菜です。, 浅黄系の九条ネギは、おもに薬味として使われる、葉が細い九条ネギです。夏の暑さにも強く、プランターでも簡単に育てることができます。地上部を10センチ程度残して切るだけで、繰り返し何度も収穫ができるため、家庭菜園だけでなく、庭やベランダガーデニングに取り入れておくと、すぐに使えて便利です。, 黒種系の九条ネギは、九条ふとネギ(太ネギ)とも呼ばれます。関東で馴染み深い「長ネギ」のように、土寄せをすることで白い部分(軟白部分)が伸びるため、鍋料理やすき焼きなどに利用されるのが特徴です。葉の部分を入れると90センチ近くになり、もともとは1本の苗だったものが、収穫時には10本近くに分けつします。土寄せができる家庭菜園におすすめです。, 九条ネギは(一般地の場合)春から秋にかけて種まきができます。ただ、ネギの発芽温度は20度前後なので、真夏の種まきでは、育苗ポットや育苗トレーを使い、涼しい場所で管理するようにしましょう。また、古い種は発芽が揃わなかったり、発芽しなかったりすることもあるため、できるだけ新しい種を使うことが大切です。, ネギは嫌光性種子のため、発芽に光を必要としません。種を直播する場合は、条まき(すじまき)にし、種の上から軽く覆土します。たっぷりと水を与え、乾燥防止のために、もみ殻などをかけておくとよいでしょう。気温が高い真夏は発芽率が落ちるため、直播の場合は春や秋に種をまくとよいでしょう。, 育苗トレーや育苗ポットに種まきをし、苗が20センチほど成長した時点で、植え替えを行う方法もあります。気温が低い春先や、気温が高い夏の種まきでは、温度管理がしやすいため、おすすめです。植え替えを行うときは、浅植えにし、成長点が土に埋もれないように注意しましょう。, 九条ねぎの本場、京都では、昔は秋に種をまいていました。寒い冬を越えた九条ネギの苗は、春に仮植えをし、夏にはいったん掘り上げ、干しネギにしてから定植をしていたのです。九条ねぎの旬は寒さが厳しい12月から2月頃。葉ネギでありながら、じつに1年以上の手間暇をかけて栽培されていたのです。, 九条ネギの需要が増え、ハウス栽培などの農業技術も進み、現在では周年栽培が行われている京都の九条ネギ。しかし、1300年の歴史を持つ九条ネギは、農業技術が進んだ今でも、昔ながらの伝統的な育て方は、しっかりと守り続けられています。, 九条ネギを種から発芽させた場合、苗が20センチほどになると仮植えをしましょう。仮植えは成長点が土に埋もれないよう、浅く植え付けるのがポイントです。浅黄系の九条ネギの場合は、この時点で定植しても問題ありません。ベランダなどのガーデニングとして、プランターの片隅に植え付けておくと、薬味が欲しいときに、すぐに使えて便利です。, 九条ネギの苗は、春には育苗ポットに入った苗が販売されるほか、関西では夏の終わり頃から、九条ネギを干した「干しネギ苗」が販売されます。お店で苗が手に入りにくい場合は、ネット通販での購入も可能です。また、スーパーで売っている九条ネギに根がついていれば、プランターにさしているだけで、新しい芽が伸びてきますので、苗として活用することができます。, 干しネギとは6月下旬頃から7月初旬にかけて、苗を一度、土から掘り上げ、1か月ほど干したネギのことをいいます。九条ネギ栽培では、大きな特徴のひとつといえるでしょう。九条ネギは干すことにより、病気にも強く、分けつする数も増えると言われ、九条ネギの栽培農家では、必ず行っている大切な栽培工程のひとつです。, 干しネギを作るには、風通しが良く、雨の当たらない場所にネギを干しておけばよいだけです。九条ネギは1か月近く水を与えず、カラカラに乾燥していても、再度、植え付ければ芽が出てきます。ただ、湿気の多い場所ではカビがはえたり、腐ったりするため、干しネギづくりは湿気の少ない場所で行いましょう。.