パナソニックのディーガでは sdカードを映像を取り込めますが MP4のファイルは取り込めますか パソコンでは見れるのですが sdカードの取り込み内容は ドライブレコーダーなので 保存したいのですが パソコンでも sdカード … 持ち出し方法と画質(ファイル形式)の注意点 「SD/USB経由もしくはネットワーク経由」 「作成する」を押す ただし、アプリを使わずに直接SDカードへ移動した場合、スマホの標準アプリでファイル形式が対応しないケースもありますので再生できない場合はネットワーク経由を試してみる。それでもダメならパナソニック純正アプリを使う(パケ代が要りますが)という選択肢になるかと。, 1つはディーガ専用のスマホアプリ「メディアアクセス」を使って外出先から直接HDDの録画番組を再生する方法、もうひとつはSDカードに番組を保存しスマホの動画アプリで再生する『番組持ち出し』のどちらかになります。, 専用アプリを使う場合は、SDカードなどが不要で録画番組のダビング作業もないので便利ですが外出先でネット環境が必要になり、もちろんパケット通信量も増えます。, ディーガで録画した番組をスマホ(SDカード)に転送・保存するためには、『持ち出し番組』のファイル形式を作成する必要があります。, これは、録画する時に設定しておくこともできますし、録画した後でも作成することが可能です。, 予約録画をする時に、あらかじめ持ち出し番組ファイルの作成を設定しておく方法です。すぐに転送・ダビングができるので便利ですが、ファイルを作成した分HDD容量は減るのでその点は注意が必要です。, ワンセグ画質は録画と同時に作成されますが、それ以外は録画後(本体電源[切]後)に作成されます。作成には時間がかかるのですぐに持ち出しできない場合もあります。, 録画した番組からでも作成することは可能ですので、時間があればこちらの方法が無駄にハードディスクを消耗しないのでおすすめです。, 作成時に気をつけないといけないのが『画質』設定で、それぞれのファイル形式で持ち出し方法が変わります。(持ち出しできないファイル形式があります), また、再生するスマホ・携帯端末とアプリによってもそれぞれのファイル形式に対応するものしないものがあります。, コピーワンス(1回のみダビング可)の番組は、持ち出し番組を作成すると元データはHDDから削除(SDへ移動)されます。, ハードディスクの容量が少ないと持ち出し番組を作成することができない場合もあります。, DLNA対応のスマホ・携帯端末であれば、ディーガのネットワーク機能(お部屋ジャンプリンク)を使って無線LANで転送が可能です。その際の持ち出し操作は、おもにスマホアプリで行うことになります。, パナソニック推奨のアプリとしては、『DiXiM(for Android/for iOS)』などがあり、公式サイトでディーガからスマホ(アンドロイド)への持ち出し方法を動画で解説されてます。, SDカードをディーガに直接差し込むかスマホとディーガをUSBケーブルで接続します。, SDカード用のメニュー画面から「持ち出し番組のかんたん転送」もしくは「持ち出し番組を転送する」を選んで転送を開始します。, SD/USB 経由で持ち出した番組はディーガ本体で管理ができ、確認・削除も本体から行えます。, ただし、アプリを使わずに直接SDカードへ移動した場合、スマホの標準アプリでファイル形式が対応しないケースもありますので再生できない場合はネットワーク経由を試してみる。それでもダメならパナソニック純正アプリを使う(パケ代が要りますが)という選択肢になるかと。. HDD(ハードディスク)残量が少ない場合 SD/USB経由で持ち出し また、再生するスマホ・携帯端末とアプリによってもそれぞれのファイル形式に対応するものしないものがあります。 ディーガで録画した番組をスマホ(SDカード)に転送・保存するためには、『持ち出し番組』のファイル形式を作成する必要があります。 もしくはディーガ用の外付けHDDを追加して容量を確保しておくのもおすすめです。 SDカードをディーガに直接差し込むかスマホとディーガをUSBケーブルで接続します。 パナソニックのブルーレイレコーダーを購入する前に知っておきたい レビュー・クチコミ・性能比較・最安値など ディーガ録画番組の持ち出し方法-スマホ[SDカード]に保存/再生 2016/4/6 機能・評価 DIGAに録画した番組を、SDに保存して外出先でもスマホで見れるべんりな『ディーガ … ネットワーク経由 録画した番組にコピーガードがある場合 ディーガ用外付けHDD対応機種・価格一覧 このアンケートでは個別のご質問・お問合せはお受けしておりません。. ディーガの録画番組をスマホで再生する方法 ネットワーク経由で持ち出し SD/USB 経由で持ち出し ‚®‚Ƀ`ƒFƒbƒN‚Å‚«‚éB, ŠOoæ‚©‚ç‚àƒeƒŒƒr”Ô‘g‚ªŠy‚µ‚ß‚éuŠO‚©‚ç‚Ç‚±‚Å‚àƒXƒ}ƒz‚ÅŽ‹’®v‹@”\A4KŽB‰e“®‰æ‚âƒnƒCƒŒƒ]‰¹Œ¹‚̍ж‚É‚à‘ΉžB. 持ち出し番組の各設定を選ぶ 持ち出し番組の画質 1つはディーガ専用のスマホアプリ「メディアアクセス」を使って外出先から直接HDDの録画番組を再生する方法、もうひとつはSDカードに番組を保存しスマホの動画アプリで再生する『番組持ち出し』のどちらかになります。 ディーガで録画した番組を外出先で見る方法としては、大きく2つに分かれます。 作成時に気をつけないといけないのが『画質』設定で、それぞれのファイル形式で持ち出し方法が変わります。(持ち出しできないファイル形式があります) 予約録画時に作成する 専用アプリを使う場合は、SDカードなどが不要で録画番組のダビング作業もないので便利ですが外出先でネット環境が必要になり、もちろんパケット通信量も増えます。 SDカード用のメニュー画面から「持ち出し番組のかんたん転送」もしくは「持ち出し番組を転送する」を選んで転送を開始します。 Android(アンドロイド)端末やiPhone/iPadなどのスマホへで視聴する場合は、  メディアアクセスで外からどこでも視聴をしたいページをご覧ください。, ◆端末機器(携帯電話など)で再生できる機能の画質を選んで、ディーガで持ち出し番組を作成します。, ディーガに録画した番組を「持ち出し番組」として携帯電話などに挿入したSDカードにUSB経由で転送し、 ワンセグ画質(QVGA)は非対応ハイビジョン画質はビデオカメラなどの取り込みデータのみ対応 持ち出し用のファイル形式を作成 これは、録画する時に設定しておくこともできますし、録画した後でも作成することが可能です。 先述したように持ち出し番組を作成するとデータ量が増えます。 『持ち出し番組』の作成方法 開始方法(すぐに/電源 [切] 後)を選ぶ 説明不足でした。Area61ダウンローダーにて、YouTubeの動画をMP4に変換しSDカードに保存してから、SDカードをディーガにセットしデータをHDに保存したいんですが「DIGAでは取り … 「番組予約へ」 コピー回数制限のある番組は、持ち出し番組を作成するとコピー回数が1つ減ります。 予約録画をする時に、あらかじめ持ち出し番組ファイルの作成を設定しておく方法です。すぐに転送・ダビングができるので便利ですが、ファイルを作成した分HDD容量は減るのでその点は注意が必要です。 持ち出し番組はこまめに管理して、不要なものは削除するようにしましょう。 その他~持ち出し番組作成の注意点 HDD容量は1TB、同時録画可能番組数は3番組。 番組表を開くと新番組をポップアップで知らせてくれる「新番組おしらせ」機能により、新番組を毎日すぐにチェックできる。 外出先からもテレビ番組が楽しめる「外からどこでもスマホで視聴」機能、4K撮影動画やハイレゾ音源の再生 … そこで今回はSDカードにコピーする『持ち出し』方法についてまとめています。 持ち出し番組をスマホ(SDカード)に転送する ワンセグ画質は録画と同時に作成されますが、それ以外は録画後(本体電源[切]後)に作成されます。作成には時間がかかるのですぐに持ち出しできない場合もあります。 録画一覧から作成したい番組を選び「緑」ボタンを押す 再生できる端末機器については、動作確認情報一覧のページ の「番組持ち出し(SD/USB) 動作確認機器一覧表」をご覧ください。 ディーガに録画した番組を「持ち出し番組」として携帯電話などに挿入したSDカード … 番組表などから録画したい番組を選ぶ DLNA対応のスマホ・携帯端末であれば、ディーガのネットワーク機能(お部屋ジャンプリンク)を使って無線LANで転送が可能です。その際の持ち出し操作は、おもにスマホアプリで行うことになります。 SD/USB 経由で持ち出した番組はディーガ本体で管理ができ、確認・削除も本体から行えます。 かんたん転送の登録 登録しておくとSDへ簡単に転送が可能 コピー・ダビング不可の番組は、持ち出し番組を作成できません。