PowerDirector シリーズを愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。, 動画素材やBGM素材、写真素材など様々な素材をはめ込んで組み込んで1つの動画を作ります。, 動画編集を行う際には、必ず目的に合わせて『縦横比:アスペクト比』を指定しなくてはなりません。, Youtubeで指定されている『16:9』の縦横比にしなければピッタリ枠にハマる動画ができないからです。, PowerDirectorの編集画面からも変更することができますのでご安心ください。, ※FPSという略語は3つほどありますが、ここではFrame Percent Secondのことを指しています, 『FPS:フレームレート』というのは、1秒間の動画で見せる静止画の枚数=コマ数のことです。, つまり30FPSというのは1秒間に30枚の静止画を連続で表示させた動画ということになり, 60FPSというと1秒間に60枚の静止画を連続で表示させた動画ということになります。, FPSは高ければ高いほど静止画:コマの枚数が増えるので動画を滑らかにすることができます。, PowerDirector上の『タイムラインフレームレート』と編集する動画の『FPS』があっているかどうかということです。, PowerDirector上の『歯車マーク』をクリック→『全般タブ』からタイムラインフレームレートを確認することができます。, そして、ここで指定した『タイムラインフレームレート』以上のFPSできちんと出力できるかどうかというのは保証しかねます。, ※例えば『タイムラインフレームレート』を30FPSで指定、編集したのにエンコード時に60FPSで書き出そうとした、等, ここがもし『タイムラインフレームレート』が60FPSで編集した動画も60FPSであったならば, 出力時に60FPSで書き出そうが30FPSで書き出そうが上手くいくというわけです。, なので、PowerDirector上の『タイムラインフレームレート』と編集する動画のFPSは合わせておいてほしいということです。, 『名前をつけて保存』し、以降はキリのいいところで随時保存していくクセをつけておきましょう, なので動画を見ながらここはいらないなと思うところを選択してカットしていくイメージです。, それではまず、カットをする前に『動画素材を取り込む:インポート』から説明いたします。, PowerDirectorでは左上のウィンドウの『メディアルーム』に素材を取り込むことでインポートすることができます。, 一度エンコードソフトなどで『エンコード』を掛けて固定レート化させてから取り込むのが一般的です。, ※PowerDirectorは可変フレームレートでも無理やり読み込ませることもできますが、そもそも『VFR or VBR』を読み込んでくれない動画編集ソフトも多いです, 2.『Video』タブで『Video Codec』と『Framerate』を最適なものを選択、そして『Constant Framerate』をチェックします, そうするとその位置の前後で素材が分割されますので不要な部分をDELETEキーで削除することができます。, クリップというのは、「素材」のことです。例えば動画素材のことを『動画クリップ』と呼んだりします。, 複数のトラックがあるおかげで複数の素材を同時に共存させて表示させることができるというわけです。, トリミングもカットとよくにているのですが、 未編集の動画の必要な部分だけを残し切り出すことをトリミングといいます。, これは主に未編集の動画のどこを残すか、どこを使用するかが明確に決まっている場合に使用します。, 例えば動画の大部分は不要で1シーンだけ必要といった場合にそのシーンだけを残すようにトリミングしたりするイメージです。, 青いバーが出てきますので、このバーを動かしながら『始点』と『終点』を決めてOKを押すと, 動画編集では、動画にBGMをつけて編集することが多いですがそのやり方を説明します。, ですがまずBGMを説明する前に動画編集における「トラック」という用語の説明をいたします。, もう1つの音声トラックを用意してそこにBGMを入れてあげると、動画とBGMが重なってくれるというわけです。, 1つの『BGM』に対して動画の音声が大きすぎないか小さすぎないかといった2つの音声のバランスを調整する作業です。, 不要な部分を分割してカットしたり、あるいはトリミングで必要な部分だけを残したりという感じです。, そして『選択したクリップを分割』でBGMを再生バーのラインで前後に分割することができます。, まず『BGM素材』を選択し、『選択したクリップから不要部分をトリミング』を押します。, 使い方は『再生』ボタンを押してBGMを再生させながら残す部分の『始点』と『終点』を決めるだけです。, 無音から徐々に大きくなっていくことをフェードイン、徐々に無音になっていくのがフェードアウトです。, 横着な手法:PowerDirectorに備わっている音声トランジションを使ってお手軽に設定する方法. 削除し、作成したm2tsでディスクを作成し、 私のブログがお役に立てたようで嬉しく思います! PowerDirectorは日本で一番売れている動画編集ソフトです。そのため、無料で使いたい人も多いんですよね。ただ、PowerDirectorを無料で利用するには、体験版しかありません。さらに、体験版にはエフェクトなどの制限もあります。今回は、PowerDirectorの無料体験版について、詳しく紹介して行きます。, 日本で一番売れているということは、みんなお金を出して買っているということです。PowerDirectorが日本で人気の理由はいくつかあります。, 動画編集をしたいと思っている人が最初に買っても損しないのが、PowerDirectorの立ち位置でしょう。動画編集初心者には、なかなかおすすめの動画編集ソフトです。, PowerDirectorに無料版はありませんが、体験版を利用すれば無料で利用することが可能です。もちろん体験版なので、期間や機能に制限がかかるのがデメリットですが、もしPowerDirectorの購入を考えているなら一度体験版を利用してみるのがおすすめですよ。, 最初に注意しておきたいポイントとして、そもそもWindowsユーザーのみが利用できる動画編集ソフトであることを覚えておきましょう。Macを利用している人はPowerDirectorを使うことはできないので、Premiere Proなどの他の動画編集ソフトを調べてみてください。, ここからPowerDirectorの無料体験版の制限などについて紹介していきます。まず最初、, もっとも気になる期間に関してですが、30日間のみPowerDirectorの無料体験版を利用可能です。, ちなみに、PowerDirectorには買い切り型と定期契約型の2種類があります。注意したいのは定期契約型で30日以内に解除しないと購入したことになってしまいますよ。, どのソフトでも無料体験版には制限がかけられることが多いです。制限とは使えるエフェクトや機能が限られているということで、「こんな表現をしたいなぁ」と思っても、思い通りのエフェクトが使えないこともあります。, PowerDirectorの無料体験版では、作った動画の冒頭5秒にロゴが入ってしまいます。ロゴが入ることで、動画を見た人に「PowerDirectorで編集したんだな」と知名度アップにもつながります。, しかし、ロゴが原因で思い通りのかっこいい動画を作ることはできません。そのため、無料体験版では動画編集をするというよりも、PowerDirectorの機能を理解するための30日の期間だと思った方が良いでしょう。, 最初にも伝えた通り解除を忘れてしまうと、購入したことになってしまい、次の月からお金が取られてしまいます。これは定期契約版でのみの話ですので、定期契約の体験版を利用したときには注意が必要です。, PowerDirectorを買うかどうか迷っている方に、実はおすすめしたい動画編集ソフトがあります。それがPremiere Proです。日本で一番売れている動画編集ソフトがPowerDirectorなら、世界で一番売れているのがPremiere Proになります。, PowerDirectorを買う前に、Premiere Proがおすすめの理由を以下並べてみました。, わたしがPremiere Proをおすすめする主な理由は、この4つです。購入しようとしている人がもし初心者なら一番最初につまずくのは、ソフトの使い方ですよね。疑問に思ったことをググって、すぐに解決できるのが理想です。, Premiere Proは世界中で利用されているソフトなので、ググれば簡単に悩みを解決できます。また、最近ではYouTubeにもチュートリアルが落ちているので、動画編集スキルをネットの情報だけで伸ばすことも可能です。, そして、多くのプロ映像クリエイターが使用しているソフトでもあります。理由は機能性の豊富さが理由でしょう。プロの映像クリエイターはこだわるポイントがたくさんあります。その細かなところまで手が届くのがPremiere Proのメリットとも言えるのです。, Premiere Proは、IllustratorやAfter Effectsなどを販売しているAdobe社のソフトです。そのため、Adobe社のソフトとは連携がとてもしやすくなっています。特にAfter Effects(動画に特殊効果を加えるソフト)との連携で、より高度な動画制作をすることも可能ですよ。. このページはPowerDirectorに備わっているタイトルルームの説明になります。     タイトルルームでは、テロップやアニメーション ... 動画編集ではプロジェクト上で動画が完成した後に最適な動画ファイルに書き出すことを『出力:エンコード』といいます。, 特にこだわりがない場合、たとえば古い再生機材で再生させたい!とかがないのであれば『プロファイル分析ツール』が最適です。, これをクリックすると使用している動画素材などに合わせて最適なプロファイル設定にしてくれます。, それぞれの出力コーデック(H.264やh.265など)によってデータ効率が異なりますので, ビットレート値を高くすればそれだけ画質などがよくなりますが、高くしすぎるには注意が必要です。, ビットレートが大きいとPC上で再生する際に重くてスムーズに再生されないなどの不具合が生じることがあるためです。, 例えば、iphoneやアンドロイドなどのスマホデバイスで再生したい!というのであれば, XboxなどのMicrosoft製品などの目的に応じたデバイスがある場合はこれらを選ばれるのがいいかと思います。, そして、オンラインタブではYoutubeやニコニコ動画といったオンライン動画サイトに最適なプロファイルのプリセットも用意してあります。, なので、これらも目的に応じたモノがあれば、簡単にプロファイルを選ぶことができます。, 一度エンコードしたのを確認してからアップロードしたい場合は、オンラインではない標準 2Dでプロファイルを設定しなければなりません。, というわけで一般的に使用する頻度が多い『標準 2D』について簡単に説明いたします。, 『使用頻度の低いマイナーな設定』から『使用頻度の高いメジャーな設定』まで様々なプロファイル設定が用意されています。, まず、『AVI』ですが、これは今よく目にする拡張子だけのなんちゃってAVIではなく, あくまでもPCで再生する場合、あるいはDVDで保存する場合に適していると思ってもらえればと思います。, これはWindowsを搭載しているPCではごくごく一般的なデータ形式のプロファイルです。, 次にXAVCSですがこれはソニーが提唱している4K世代の次世代映像フォーマットです。, 特にこだわりがなければ『H.264』の4Kプロファイルでもいけるのかなと思っています。, 出力した後、ソニー製品のレコーダーなどに取り込みたい場合などには、XAVCS形式がいいかもしれません。, 『H.264』は先程説明した『MPEG-2』よりも圧縮率が2倍すぐれているファイル形式の動画コーデックです。, これは『ビットレート:bps』という1秒あたりに割り当てられるデータ量を示す数値なのですが, MPEG-2とH.264のビットレートが同じ数値だった場合、H.264のほうが2倍データ効率がいいので画質が2倍綺麗になるということなのです。, 元動画のビットレート値よりも大きい値にしても画質が元の動画より綺麗になるということはありませんので, 単純に動画ファイルを出力するのであれば、H.264は拡張子がmp4として使いやすいということもあるので, h.264のビットレートが4万であれば、H.265なら半分の2万程度で同等程度の画質を要するということになります。, 普通のレコーダーなどで再生できるようにDVDやブルーレイに焼くには、これらの通常の出力ではなく, このビットレートの値というのは、それぞれのコーデック + 解像度 + FPSによって最適な数値が変わります。, 基本的には録画した元動画のコーデックとビットレート値にしておけば特に問題ありません。, 元の動画のビットレートよりも低い場合は、元動画よりもブロックノイズが発生しやすくなります, 元の動画のビットレートよりも値を大きくしたとしても元の動画より綺麗になることはありません。, おまけとして簡単にですが、PowerDirectorで装飾することができるポイントというのをざっくり説明したいと思います。, PowerDirectorの強みは、トランジション(場面転換)アニメーションを手軽に使えたり, 一般的なイメージとしてはフェードというと緩やかに次の場面に移り変わっていく場面転換がイメージしやすいかなと思います, 単体のクリップに差し込む方法と2つ並べられたクリップを繋げるようにして使う方法があります。. パパハック , ですから、BDMV形式の標準プロファイルとは合致してないわけです。 コメントありがとうございます。 ブランクのブルーレイディスクをセットし、[2Dで書き込み]をクリックし書き込む, - ・60i(29.97fpsインターレース) だそうです。 上映用のファイルは、 ・H.264 ・MP4 ・1920 * 1080 ・60p. PowerDirector15の使い方(5) トランジションの挿入方法 動画編集ソフト パワーディレクター入門 掲載・更新日 2020/09/23 こんにちは! 参考いただけたようで嬉しく思います。, コメント失礼いたします。 2020/10/31. これはプログレッシブ=p、インターレース=iという意味で、それぞれの頭文字を取って表しています。 プログレッシブとインターレースとは? 1080にpとiの二つがあるのはどうしてか? それはアナログテレビの規格が続いてしまっている事が理由です。 ブルーレイへの焼き方って結構クセがあるというか条件があるんですよね。 お子様の部活先輩への卒業記念とは素晴らしいですね! いや~、そうなってしまうと作り直すしかないですね。 自分でやるには aviutilなら30fpsのまま, インターレース解除に2重化を指定します. [contact-form-7 id="701" title="Contact form 1"]. (機会があれば見てみたいですw) なぜなら, これが上に挙げた方法の中で (パワー的に無理なプログレッシブ60fpsを除けば) ただ一つ, 何も判定しなくて良いオートマチックな方法だからです. パワーディレクターで作れる!『半沢直樹:オープニング動画作成セット』 PowerDirector. 2020/09/24. document.write(''); 【初心者向け】Shotcutの使い方を丁寧に解説!字幕入れ・書き出しをマスターしよう!, Final Cut ProとPremiere Proの違いは?【動画編集ソフト比較】, Final Cut Proで使える無料テンプレートをカテゴリ別に紹介!使い方も教えます, Final Cut Proの無料ダウンロード方法!体験版を使い続けることはできる?. パワーディレクター 使い方 動画編集は、①タイムラインに横に並べる結合・②タイムラインの縦に並べる合成・③できたデータの出力。ができると、基本的な編集スキルをマスターしたと言ってもよいで … 一部のBDプレーヤーはこの形式に対応していません」, その理由は、オーサリングのソースファイルを上映で流したMP4ファイルを指定したため。, どうやら、こいつをソースファイルとしてオーサリングは、Blu-ray対応機器でも再生できないリスクがあるようです。, Blu-rayには、BDMV形式とBDAV形式があって、汎用的な形式なのはBDMV形式らしいです。, つまり、BDMV形式でオーサリングすれば、Blu-ray再生対応の機械であればまず再生できるわけです。, だから、上映用のファイルをソースファイルとして指定したときに、先の警告が出てしまったわけです。, ですので、BDMV形式のBru-rayでオーサリングするために、改めてソースファイルを作成することに。, 上の画面のパラメータで作成したM2TS形式のファイルを使ってオーサリングを実行します。, ④-3.