という説が有力みたいですね。 1ドラクマが船漕ぎの1日分の給与と言われてもわかりません。 エウメネスの知略がヒストリエ第4巻で輝きます!, PS:エウメネスと村人サテュラの恋の行方も気になる^^ この傷は普通に考えると、恥となる … 2巻でいきなりキレたかと思えば、3巻ではエウメネスを熱い激励の言葉をかけるかなりのツンデレ。, エウメネスの義父ヒエロニュモスを暗殺した首謀者。エウメネスを奴隷にした張本でもあるが、元の胆力を取り戻したエウメネスにビビり気味。, エウメネスを買い付けた奴隷商人だが、奴隷達に性的な虐待をおこなっていた模様。 ヘカタイオスの策略によってゼラルコスさんに買い取られたエウメネス どんな事があっても希望を捨てず!切りぬけてゆくんだ!いいですね!? 頭が良くて肝が座っていて、戦いのセンスもあるエウメネスさんがさらに強運にも恵まれて海沿いのティオス周辺のパフラゴニアに流れ着きます。そこで村人に助けられ、貧しいながらも平和な生活。サテュラとも心を通わせていきます。, (若干嫉妬気味) 私のスマホの液晶5.5インチではっきり綺麗に見れるんですよ♪ とある一家に引き取られることになるが、その家には先代の村長の娘だったサテュラも一緒にお世話になっていた。※村長が亡くなり母の妹に引き取られた形, お世話になりっぱなしという訳にもいかないのでやれることを探すエウメネスだが、やることも見つからないので村の周囲の観察や情報収集すると、単なる親切心で世話されてるわけではなく「何か期待されている」ということがわかる。, そして、同居人のサテュラに対し「パフゴニアのサテュラ…忘れぬことは出来ぬ」との回想が入り二十五話終了。, 世話になりっぱなしで手持ち無沙汰なエウメネスは村一番の剣の腕をもつバトに剣を習いたいと申し出る。, その際に、ボアの村は昔この土地に流れてきたよそ者であり、昔は小競り合いがあった為に防衛機能が備わっているが今は全く戦などはないと聞かされる。 すでに村ではバトに次ぐ腕前になっているという。, 勝負の感想をサテュラと話しているが、何やら良い雰囲気だが、サテュラには近隣の都市ティオス市の実力者の息子と政略的な婚約がさせられていると多少遠慮しがちなエウメネス。, そんな中、村の人間が第三者に襲われティオス市に献上するはずだった作物が奪われてしまう事件がおきる。, 村で会議の結果、何人かの有志をティオス市に送り作物献上が遅れる言い訳と賊の調査を行うことに決定する。 しかし…決してあきらめるな!耐えて、耐え抜いて行きていけば必ず!再び自由な身となれるだろう この台詞ダウンロードしたスマホに表示させて、会社の上司に確認して頂きたいです。 2巻で奴隷に身を窶してしまったエウメネスがこのどのように自由の身を取り戻し、どのように成長するかという重要な巻ともなってます。, 3巻にはヒストリエきっての名シーンがあります。 と読者は全員思うので調べました。 巻末で少ししかでてこなが碌なやつではない予感。, アップルウォッチのステンレスの傷・革バンドお手入れ方法【Apple Watch Hermè】, ワイヤレス (Bluetooth) イヤホンを使用してみた感想【BeatsX・ERATOApollo7S 】. ドナドナド~ナ~ド~ナ~売られていくよ~。 岩明均『ヒストリエ』4巻 第36話「オデュッセウス」/講談社. 周囲の奴隷の反応から少し嫌な予感がするエウメネスだが、アルビアとエウメネスの出生であるスキタイが友好的であるなどを話される。, そして、スキタイから教わったという料理「アンタカイオス(現在のキャビア)」をご馳走される。, 船がボスポロス海峡を抜けて、しばらく進んだところで事件が起きる。 少年時代にも恋人がいた、ませたエウメネスですが、所詮子供のおままごとのような恋愛なのでこれが本当の初恋になるのではないでしょうか。, 買い手によっては海外につれて可能性もあると、ギリシアの中心都市である”アテネ”がよいと考えるエウメネス。, 購入希望者と面談するエウメネス。 初めての許嫁同士の対面でもサテュラを気に入った様子のダイマコスにて3巻の幕が閉じる。, 本作の主人公の少年時代。多才で博識。一時期奴隷にまで身を窶したが、運良くすぐに自由の身になる。, たくましく成長していくエウメネス。ゴアの村で2番目までに剣の腕も上がる。ギリシャの歴史講義も行っているので先生と呼ばれることも。, 元、エウメネス付きの奴隷だが、エウメネスが奴隷になったことで対等に話す仲に。 1タラントン=60ムナ=6000ドラクマ=36000オボロス おまえならそれができる!才能がある! 「男はあなただけ、ね~~」 とにかくすごいいい値なんでしょうけど。 「ちょっと嬉しい」とエウメネスが感じてしまうのも無理もありません。, いえ、人の価値はお金なんかでは測れません!!涙 ペリエラの胸にはエウメネスが作ったネックレスが着けられていて、カロンが上手く伝達してくれたのだと納得するエウメネス。, 結局別れの言葉もほとんど交わせずに出航してしまったエウメネスだが、港に残った友人たちは「例え奴隷だとしてもエウメネスは友達だ」と語り合う。 ショックの強いペリエラは「奴隷の友達なんかいない」と泣きながら走り去ってしまう。, 高台からエウメネスの乗った船を見送るカロンだが、実は本当に話しておきたいことは伝えることができなかった。 そのお買い上げ金額が なにから良い雰囲気。, 講義を続けることを決めたエウメネスは、ヘロドトスがすんなりと受け入れられるようにギリシャの神話からスタートすることにした。, 宗教上の違いなどを気にして村長に許可を取りに行くとすんなり受け入れてもらい、逆に大々的に行って欲しいと屋外から集会場で講義することになる。, 講義は数日おきに行われ、エウメネスの多彩な話に時に笑い時に涙する村人たち。 最初に紹介するならばこの本しか無いだろう。ヘロドトスの『歴史』である。アリストテレスとの会話でも出てきたし、ボアの村でエウメネスが提供したのもこれだ。そして何よりこのシーンの元ネタが書かれている。 主人公よりも有名 / ヒストリエ(1)より 作中で何度も名前が登場するだけあって、エウメネスの話すネタは結構この『歴史』由来のものが多い。例えばスキタイ人に関しての知識は間違いなくこれの中巻から知ったものだろう。実際この『歴史』は雑学的な内容が多く、ヘロドトスが見聞 … 3巻の見どころというと前半中盤の すげーいいヤツ。, ティオスの有力者フィレタイロス家の長男でサテュラの婚約者。 エウメネスが去ったあとのカロンの回想でエウメネスの実母が殺された要因がカロンにあったことが発覚します。, 結局伝えることができず船を見送りながら懺悔するカロン。 それは今後のエウメネスに待ち受けるであろう辛い運命を「あなたなら乗り越えていける」とう激励の言葉だった。, カロンと入れ替わりで見送りにくるトルミデス、ニコゲネス、オルビオスといった友人の達に彼女のペリエラも来ていた。 2010年に第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の大賞を 、2012年に第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した 子供達だけであればすんなりいった授業も大人たちが交じると質問などでいちいち進行が止まってしまうことにストレスを感じる。, 「もう面倒だから止めてしまおうか」と愚痴るエウメネスに、サテュラが自分も聞きたいので止めてもらっては困ると釘を刺す。 一方、バト一行は町の有力者でサテュラの婚約者がいるフィレタイロス家を訪問し、主人の具合が芳しくない事をしる。 意外にも言葉が通じ、いまいる場所が「ボアの村」であることが判明する。, 今度は大人が見舞いにきたので、お礼や状況が理解できてない自分の境遇の説明をするが、のんびりした返答に温度感の差がある。 参考までにご紹介すると 村一番の剣士バトも相当の腕ではあるが、それでもトラクスには遠く及ばないであろうと回想するエウメネス。, そして夜にはヘロドトスを教えるが、日が立つにつれて面白い授業だと噂を聞きつけた大人たちが参加することになる。 奴隷に対して性的な虐待を行っていたことが想像できる。, このまま奴隷でいれば虐待の餌食になってしまったであろうエウメネスだが、現段階ではアンタカイオスをご馳走してくれただけの存在であり、「ごちそうさまでした」と追悼を願う。, すでに全員”女性”にされているという奴隷達は、エウメネスを船長に任命するが使用人を全て殺害し操船の人員が足らずアルゴ号はすぐに沈没してしまう。, どこかの浜辺に流れ着き意識がないエウメネスと側に誰かが立っている描写で二十三話終了。, 失ったヒエロニュモス家にて猫の”サテュラ”にじゃれつかれる夢をみているエウメネス。 今回の作物献上の免除を約束してもらったが、長男の話が出ると顔色がかわった次男。, 一段の後を追っていくと、殺されたゴアの村の住人の剣を所持していたり一団の中に訪問した「フィレタイロス家の執事」がいたりと、限りなく犯人の目星がつく情報を得る。, 時を同じくして、ゴアの村にフィレタイロス家の長男「ダイマコス」が許嫁であるサテュラを訪問していた。 カルディアから相対的にアテネと真逆でさらに僻地である”オルビア”からの商人だということで断って欲しいと願うが、ヘカタイオスと購入希望者の交渉が行われ「1タラントン(=6000ドラクマ※船乗りの漕ぎての1日あたりの賃金が1ドラクマ)」という高値で購入が決まってしまう。, 買い手が決まり、あと2日でヒエロニュモス家から旅立つことになったエウメネスはヘカタイオスに「ヒエロニュモスを殺したのはお前が殺したのだろう?」と最期の問答を行うがのらりくらりと躱される。, そんなヘカタイオスに「おまえの最期も不自然なものでなきゃいいよな、ヘカタイオス」と怖い顔で脅すエウメネス。, 2日後、家を出る際にエウメネスは感情を爆発させる。 エウメネスも講義をすることで、いままで蓄積してきた知識が本当の”身内になった”と手応えを感じる。, 青年になったエウメネスは村一番の剣の使い手バトと剣術の手合わせをしている。 エウメネスの実母が暴れている際に幼少のエウメネスを人質にとり、実母が殺害された要因を作ったのがカロンだったという回想が入る。, エウメネスは買い手であるゼラルコスに呼び出される。 漫画ヒストリエ第三巻冒頭、無料で見ましたか?「よくもだましたアアアア!!」この台詞ダウンロードしたスマホに表示させて、会社の上司に確認して頂きたいです。私のス… それとも、エウリュディケと2人だけの幸せをつかもうと、マケドニアでの生活や地位のすべてを投げうとうとするから愚かなのか。 過去の誤った選択をした自分に言っているのか。 かろうじて聞き出すことができた断片的な情報から、ボアの村のだいたいの位置を理解するエウメネス。, あまりに荒唐無稽な生い立ちに多少疑われ懸命に説明するエウメネスだが、その姿をみて大笑いする村人たち。 「で、1タラントンって日本円でいくら?」 『ヒストリエ』 (histori Ē) は、岩明均による歴史漫画。『月刊アフタヌーン』(講談社)において2003年3月号から連載中。 作者がデビュー前から構想を温めていた作品である 。. いままでは利き手にたいして逆の腰につけることを常識だと思っていたのだが、ゴアの村では利き手側の腰につけるのだ。, 悩んだ挙句、後ろ腰につけることに妥協した。 エウメネスは被害に合う前に奴隷の反乱にあって殺害された為、エウメネスからみると美味しい物をごちそうしてくれたおじさん。, ゼラルコスの奴隷で反乱のリーダー格。オカマ言葉で話す。ゼラルコスの奴隷は全て男性でオカマっぽい。, ゴアの村で出会う少女。エウメネスと互いに惹かれあっているようだが、政略的な婚約者がいる。 調べた結果、よくわかりません^^;という答えが出たのですが などと、これまた強烈なシーン満載でお送りしているわけですが Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 何しろ参考文献が 「だましたな!!」 エウメネスの逃げ傷【4巻】 エウメネスが「逃げ傷」(背中に傷)を負ったのがヒストリエ4巻でした。 ※村を救うために、襲われたことをカモフラージュするものでした . これは、以前みた剣の達人トラクスの下げ方と一緒であった。 モブ顔のくせに本当に良い仕事をします。, カルディアをでてすぐにエウメネスは奴隷身分から解放されますが、そこでも衝撃シーンが…。, 反乱をおこした奴隷がなんと主人の男性器を切り落としてしまいます。文字に起こすだけでキツイです。, そこで、エウメネスの恋物語も始まります。 1タラントは現代の日本円にすると6000万円多分 無料本をダウンロードする流れ, ヒストリエ第三巻無料・1タラントンの日本円は? | 漫画ヒストリエをスマホで無料で立ち読み、アプリでダウンロードしよう!.