マツダのsuv、cx-5の内装は安っぽい?そんな噂を耳にしたことはありませんか?せっかく検討していたのに、そんな噂をきいたらゲンナリしますよね?そこで今回はcx-5の内装が本当に安っぽいのか?ライバル車フォレスターと比較しながら徹底的に調べてみました! 今回のモデルチェンジで新型フォレスターの内装について、後部座席が3列になるのではないかといわれています。また、それと同時に安っぽいパーツもおしゃれなものに変わるということもあります。今回はフォレスターの内装について、後部座席の3列化について書いていきます。, フォレスターはsh/sg/sjなどいくつかのモデルがありますがどのモデルも人気が高くまたパーツや内装をカスタムする人も少なくありません。今回はそんなフォレスターのカスタム例をモデルごと(sh/sg/sj)にご紹介!ぜひあなたのフォレスターもカスタムしてみては?, フォレスター第5世代の先行予約が開始されていますがフルモデルチェンジが行われる新型フォレスターに3列7人乗りのモデルが追加されるのではないかとの噂が!新型フォレスターは3列7人乗り・スライドドア付きとなるのだろうか?2018年新型フォレスターの価格などを紹介!, Copyright (C) First Style, All Rights Reserved, スバルのクロスカントリーSUVとしてデビューしたフォレスター。現在ではスバル特有の悪路の走破性の高さもあいまって、アウトドアやアクティビティにうってつけの車として非常に人気のある車です。そんなフォレスターが、今回のモデルチェンジではついに後部座席が3列化するのではないかといわれています。最近の都会向けクロスオーバーSUVがどんどん3列シート化されているという影響を受け、フォレスターも後を追うように3列化するのではないかと考える人も多いです。また、それ以外にも今まで内装が安っぽいといわれていた部分も、今回のモデルチェンジで大きく変わるのではという声も相次いでいます。, 引用: https://clicccar.com/wp-content/uploads/2018/04/001-20180410190414-800x533.jpg, 引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2018/03/2018NYAS_Forester_080_low.jpg, ではここからは、現時点でわかっている今回のフォレスターのモデルチェンジの変更点を内装を中心に紹介していきます。内装において最も重要な部分であるところはインパネです。運転する際にどうしても見る部分であるインパネ周りは、今回のモデルチェンジでかなり変わっています。ステアリングには3本スポークに数種類のファンクションスイッチが搭載されており、メーター部分にはマルチインフォメーションディスプレイが装備されています。全体的に黒を基調としており、余計なメーターなども無く非常にシンプルなデザインにまとまっています。スポーティーでありながらも非常に見やすいようになっています。, 引用: https://i0.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2018/03/interior_pict_1.jpg?resize=1024%2C467, 引用: https://i2.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/02/equipment01_pict01.jpg?w=518, センターのディスプレイ部分にも手が加えられています。センターには4.3インチの大きいディスプレイが装備されており、そこには燃費や時刻、さらにはフォレスターの特徴のひとつであるX-MODEの作動状況などの車両に関する情報が見られるようになっています。これらのディスプレイを操作するスイッチはセンターパネルに設置してあるため、助手席側からでも簡単に操作できます。また、助手席と運転席でそれぞれ別々に温度が調整できる左右独立温度調整機能付きフルオートエアコンが搭載されています。こちらもセンターパネルで操作できるため、乗る人の体調や温感に合わせて調節できるようになっています。, 引用: https://i2.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/02/equipment03_pict01.jpg?w=518, 引用: https://i1.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/02/equipment11_pict.jpg?resize=290%2C220, 今まではフォレスターの内装は安っぽいといわれてきていました。その安っぽさの原因のひとつとして内装の素材があります。今回のモデルチェンジでは、シートの素材が4種類用意されており、グレードやオプション装備によってお好きなものをチョイスすることが可能となっています。ラインナップとしてはファブリックだけでも撥水タイプや合皮と組み合わされているタイプなど、ファブリックだけで3種類存在し、それに加えて本革シートが用意されています。本革で高級感を求めてもよし、アウトドアなどをメインとする場合であれば撥水ファブリックでも良しと、さまざまなニーズに対応しています。, 引用: https://i1.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2018/01/interior_seat01.jpg?w=1000, 引用: https://i1.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2018/01/interior_seat04.jpg?w=1000, スバルは安全装備にも力を入れていますが、乗り心地などについても細かい部分までこだわっています。今回のモデルチェンジを控えているフォレスターもまた、シートにはさまざまなこだわりがこめられています。まず運転席ですが視点が高めに設定されています。それでいて乗り降りも非常にしやすく、運転席からのみやすさも非常に良いものです。クッションについても硬め低反発であるため、すわり心地がよく、ホールド性も高いため長時間座っていても疲れにくいです。また、シートの位置や高さなどを記憶するシートポジションのメモリー機能も最大4名まで記憶させることが出来、すばやくセッティングさせることが可能となります。, 引用: https://i0.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2018/01/interior_seat02.jpg?w=1000, 引用: https://i2.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/01/package_imgbox01_02_pict.jpg?w=450, 車を運転するにあたりかなり重要になってくるものが、運転席からの視界です。どうしても車の中には視界が狭くて運転がしづらいものがあります。特にSUVの場合、前方の視界は良くても、広報の視界が悪いため、駐車のときなど非常に大変な思いをしてしまいます。このフォレスターは、そんな運転席からの視界については前方はもちろん、広報の視界も非常に見やすくなっています。最近のコンパクトSUVはデザインを重視しすぎてどうしても広報の視界が悪くなってしまうものが多いです。これなら後方の安全確認もばっちりであり、駐車する際も負担が大きく減ることとなります。, 引用: https://i1.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/02/safety_imgbox01_01_01_pict01.jpg?w=450, 引用: https://i0.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/02/safety_imgbox01_01_01_pict02.jpg?w=450, 車の内装においてセンターコンソールは収納において非常に重要な部分です。新型フォレスターはこのコンソール部分にもしっかりこだわっています。きちんと収納スペースが確保されていることはもちろん、コンソールボックスを開けるとなんと、USB出力電源が2つと、電源ソケットが装備されています。うれしいことに、この装備は全グレードに標準装備されているため、非常に良いものです。今までは車内でスマホなどの充電をする際はどうしても別売りのグッズなどを購入しなければいけませんでしたが、こういうものが装備されていることで、余計な費用を抑えることも可能となっており、快適に旅をすることが可能となっています。, 引用: https://i2.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/02/package_imgbox02_05_pict05.jpg?w=609, 引用: https://i1.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/02/package_imgbox02_05_pict04.jpg?resize=290%2C220, 新型フォレスターは後部座席にもかなり力を入れています。後部座席のクッション性は非常に良く、さらには衝撃吸収性も優れており、非常に座り心地が良いです。また、他のライバルメーカーのSUVと比べても車内の広さがかなり広く、国内トップクラスの広さとも言われています。さらに、シートの前端部分にも工夫が施されており、足元の部分も非常に広くなっています。また、一部グレードには搭載されていないのですが、後部座席にもシートヒーターが搭載されており、快適性については本当に後部座席なのかと逆に疑いたくなるほどの快適性があります。そのほかにも小物が非常に充実しています。, 引用: https://i1.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2018/01/42ed2df98a8c188bbe12dacb1e4123c9.jpg?w=800, 引用: https://i2.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/01/photo18.jpg?resize=1024%2C576, SUVにおいて最も重要な部分であるトランクですが、これほどまでに後部座席が快適であってもトランクにあまり荷物詰め込むことが出来なければ意味がありません。しかしそこはさすがスバルです。トランクの容量については非常に多いです。もはやこれだけスペースが確保されているのであれば、ぜひともアウトドアを思いっきり楽しんでくださいといわんばかりのスペースです。また、開口部の高さも大きめに確保されているため、重い荷物を積むときも簡単に積み込めます。さらに、オプション装備としてパワーリアゲートも装備可能であるため、荷物や子供を抱っこしているときにも簡単に開けることができるようになっています。, 引用: https://i1.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2018/01/package_pict06.jpg?w=1000, 引用: https://i0.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/01/photo19.jpg?resize=1024%2C576, いかがでしたか、今回の新型フォレスターの内装は大きく変わっていることがわかったと思います。これだけ快適装備などにこだわっているのであれば、3列化はもはや当然の流れともいえます。今まで座席にこだわるものというのは、ベンツやレクサスなどの高級ブランドのフラッグシップモデルしか採用されませんでしたが、今回の新型フォレスターは積極的に採用しています。SUVはアクティビティを楽しむ上ではどうしてもラゲッジスペースは必要になりますが、それでも移動中は座っているものです。そのようなことも考えられているとなると非常に良いものです。, 引用: https://i0.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2018/01/interior_pict02.jpg?resize=1024%2C646, 引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/12056/16.jpg, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:インパネ, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:ディスプレイ周り, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:素材, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:シート, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:視界, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:収納, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:後部座席, モデルチェンジで安っぽいパーツはおしゃれなものへ?新型フォレスターの内装と後部座席の3列化:トランク. メインがウルトラスエード、サイドが合成皮革だ。, フォレスターでは、シートヒーターだけでなくTouring以外はステアリングヒーターまで全車採用とは!, ところで、「マルチファンクションディスプレイ」と「マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター」があるけど、ディスプレイ画面が2つもあるのね。, ざっくり言うと、「マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター」のディスプレイは走行状態に関する情報を表示する。, もう一方の「マルチファンクションディスプレイ」は、アイサイトやX-MODEなどフォレスターに装備された機能についての情報を表示する。, ご覧のとおり随所にX-BREAKを象徴するアクセントカラーとしてレッドオレンジの加飾がちりばめられている。, 下位グレードのTouringでも、他グレードと比較して内装(インパネ周り)が安っぽいということはないよ。, フォレスターでは、LEDなどで内装をおしゃれにカスタムできるドレスアップパーツがディーラーオプションとして販売されている。, フォレ―スターの収納はさほど多くはなく、これといった特徴もないが、このクラスの車両はどれも似たようなものだ。, 以下の画像のとおり、後席の荷室の設計からフォレスターはアウトドアユースを強く意識していることがわかるだろう。, 後部荷室は520Lの大容量であり、その下にはカーゴフロアマルチボックスも用意されている。, 以上がフォレスターの内装に関する情報になるけど、フォレスターを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。, 2020年新型インプレッサスポーツ/G4値引き価格相場の情報をレポート!値引きの限界や交渉の実例も, 2020年新型スバルXV/ハイブリッド値引き交渉の情報!新車値引き価格の相場や目標は?, 「2020年新型インプレッサスポーツ/G4値引き価格相場の情報をレポート!値引きの限界や交渉の実例も」, 執筆者 SUBARUスタンプラリー 【終了】SUBARU TOKYO MOTOR SHOW 2019 【終了】SUBARU 東京オー … スバル・フォレスターといえば、いまやスバルの看板モデルと言っていいほど人気が高いSUVだ。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施した。オーナーだからこそわかる燃費、長所、不満をみてみよう。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 【カーコンテンツライター】数多くの車情報サイトやメディアで記事を書いています。モットーは【車が大好き】なこと。世界中の車を愛し、世界中の新車情報をお届けしたいという思い出執筆しています。どんな車にもメーカーさんの愛が注がれています。車種が持つ魅力をお届けしいきますね。あなたの素敵な愛車が見つかりますように!!!, 新型フォレスター2018の内装を画像でレビュー!グレードによる違いをチェック。本革シートで安っぽいとは言わせない。.    情報ルートを持つ。. なめらかな手触りと豊かな風合いは見た目にも心地よく、また厚みのあるコンソールやドアなどにしつらえたやわらかな素材と相まって、包み込むような安心感でゲストをもてなします。, もっとスタイリッシュに使いこなすために。フォレスターをアップグレードする、安心の純正品質。, スマートなLED発光体を前席左右に配置。暗がりになりがちな足もとを適度な明るさで照らし、床に落とした物も見つけやすい安心アイテムです。, リング状に発光するLED間接照明をドリンクホルダー底部に採用。特にペットボトル使用時は、ボトル自体をイルミネーションとしてクールに演出します。, Ultrasuede®、ウルトラスエード®は東レ株式会社の登録商標です。写真はすべてオプション装着イメージです。アクセサリーについて ■商品の仕様・名称等は2019年6月現在。予告なく変更または販売を中止する場合があります。, 多彩なアクセサリーをご用意しています。詳しくは「アクセサリーカタログ」、「ナビ&オーディオカタログ」または「アクセサリー専用ホームページ」をご覧ください。, ●写真・イラストはすべてイメージです。●写真は撮影用に点灯しています。●撮影用の小物は商品には含まれません。●ディスプレイ装置の性質上、実際の色とは異なって見えることがあります。, 軽快な走りを実現する電動技術「e-BOXER」搭載。確かな基本性能を備えたスタンダードモデル。, 1.8L DOHC 直噴ターボ“DIT”搭載。伸びのよい加速感と上級装備が魅力のハイクオリティモデル。. お問合せ:こちら 新型フォレスター アドンバンスの本革シートはブラックとブラウンを選ぶ事ができます。ただ、ブラックとブラウンでは、内装の雰囲気がまたく異なります。この2つのカラーでは、どちらの内装色の方が良いのでしょうか?新型フォレスター アドバンスに用意されている2つの内装色のカラーを実車画像を使って、比較してみたいと思います。 今回新発売されたハイブリッド仕様アドバンス(Advance)の魅力の一つが、本革シート選択時の内装色のカラーです。, ガソリン車で用意された内装色はブラックのみですが、新しく設定されたハイブリッド車のアドバンス(Adbance)では、ブラックに加えてブラウンの内装色を選択できるようになっていました。, 先日、新型フォレスター(Forester)を試乗した際、ブラウンの内装色を見る事できたのですが、ブラックの内装色の時と車内の雰囲気が全く違う感じが…, この新型モデルに用意されているブラックとブラウンの内装色は、それぞれどのようなデザインだったのでしょか?また、ブラックとブラウン本革では、車内の雰囲気にどんな違いがあったのでしょうか?, 内装色によって、新型フォレスター(Forester)の車内の雰囲気がどれだけ変わるのか確認してきたので、紹介したいと思います。, メーカーオプション設定になっているブラックの本革シートを選択した時の新型フォレスター(Forester)のアドバンスの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。, このブラック本革を施した新型モデルの内装・インテリアを一言で表すと、モダンスタイリッシュ。, インパネやセンターコンソールのサイドの部分にあしらわれたシルバーの加飾との相性が良く、ビシっと引き締まったモダンテイストの内装・インテリアになっているように感じました。, そんな新型フォレスター(Forester)に用意されているブラック本革の内装・インテリアで特に良いと思ったのが、センターコンソールのサイドの部分です。, 一目見た時から、「5代目モデルの内装・インテリアは、先代モデルよりも良くなったが、センターコンソールは安っぽいな…。」と思っておりました。, また、標準仕様のセンターコンソールはザラザラとした肌触りになっており、運転中に、このセンターコンソールのサイドの部分に足が触れると、ちょっと痛いです。, しかし、メーカーオプションのブラック本革にすると、このセンターコンソール部分がゴムのような柔らかい素材に…。, このブラック本革のセンターコンソールには、ポツポツの穴のあいたパンチング加工が施されており、見た目もスタイリッシュなデザインに…。ワンポイントアクセントになっているシルバー加飾との相性も良いです。, また、ゴムのような柔らかい素材を採用しているため、運転中、左足がセンターコンソールに触れた時の感触が良いのも好印象でした。, このように細部までしっかりと作りこんでスタイリッシュさ・高級感を演出しているのが、新型フォレスター(Forester)のブラック本革の魅力だと思いました。, 一方、新型フォレスター(Forester)の最上位モデルに位置するハイブリッド車のアドバンス(Advance)のみに用意されているブラウン本革の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。, ブラック本革の内装・インテリアがスタイリッシュさを追求したデザインになっていたのに対し、ブラウン本革はオシャレな感じに…。, スバルのクルマとは思えない洗練されたデザインになっているように感じました。 後部座席のリクライニングはどのグレードも手動式で、座面ドア側に備わるストラップを引いて背もたれの角度を調整する方式です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); といっても、ミニバンや軽ハイトワゴンのような多彩なシートアレンジ機能はなく、6:4分割式の背もたれを左右独立で前に倒せるだけのシンプルな機能です。, 出典:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html, 操作方法は、背もたれ上部のロックノブを引き上げながら背もたれを倒せばOKなので、難しいことはありません。, この操作により荷室フロア長が908mmから1,547mmに拡大されるので、自転車やスノーボードなどの積載も可能になります。, また、後部中央席の背もたれに内蔵されたアームレストを引き出せばひじ掛けになるので、乗員2名がゆったりくつろげるはずです。, フォレスターはフルモデルチェンジされたばかりなので、内装をカスタムしたいと思っても社外のカスタマイズ商品があまり出回っていません。, そんな中、数少ない新型フォレスター用の社外内装パーツとして、「ウィンドウスイッチベースパネル4P」があげられます。, これは、純正のプラスチッキーなパワーウィンドウベースの上にかぶせ、上質感を演出するパーツです。, 仕上げは鏡面メッキ/サテンシルバーメッキ/カーボンの3タイプがあり、価格はいずれも6,980円です。, 純正アクセサリーから内装のカスタムパーツを選ぶなら、以下にあげる2点が良いでしょう。, 東レ製のスエード調人工皮革、ウルトラスエードを採用した「コンソールリッド」「コンソールオーナメント」「インパネパネル」の3点をセットにしたパッケージです。, 上質感や肌触りの良さを特徴とするウルトラスエード素材のアイテムに囲まれれば、良い気分になることでしょう。, それぞれを個別に購入することもできますが、どうせなら3点セットのパッケージを選びたいところです。, パッケージ価格は53,460円と少し贅沢なアイテムになりますが、それでも単品を3つ合わせた価格よりも6,000円近くお得になっています。, ツーリング/プレミアム/アドバンスで選ぶことができるアクセサリーで、ブロンズのカラーがコンソールボックスをお洒落に演出してくれます。.