やはり皆さん回答されている通り、ないに等しいですね。 水平対向4気筒2.0L. クロススポーツには、合うと思います。 やはり皆さん回答されている通り、ないに等しいですね。 7万km走行なら 燃料タンクに ワコーズのフューエル1という 燃料系洗浄剤を燃料タンク1/3位になったらガススタ行って タンクへ入れて、満タン給油 *運転席まわり フォレスターのクロススポーツですが、よりストリート仕様になっておりローダウン化と標準エアロ、専用アルミがついています。 つまるところ無知なままで半端な組み合わせを選びたくありません。 普段は街乗りメインで、遠出してもエンジンはあまり回しません。 あとアライメントは割と簡単に狂いやすく狂ってしまうと車がまっすぐ進まない、 吸音スポンジも 効果が?ダンロップのロードノイズは煩いとか *7年前…この頃は大活躍でした 手に入れてしまいました。 走行距離7万kmです。 長野に住んでいたころはなんとなくでレガシィ(BG)のノンターボにのっていました。が、今思うとなかなかでした。 12年も乗るとそれなりのくたびれ方ですが、破けたり解れたりしたとこはありません。冬場はヒヤッ、夏場はペタッ?慣れるまで大変でした。でも、汚れはすぐ拭けば大丈夫のイージーケア。 地味な落ち着きのある外観に、ベージュの本革の豪華な内装も素晴らしいじゃないですか。, とうとう購入されたんですね、おめでとうございます。 SJフォレに慣れたので忘れつつありますが、SGは生活スタイルに合えばシンプルさが際立つ素敵な車。 ですがここにきて新たな問題が、 タイヤは YOKOHAMA グランドmapも良いですよ。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 軽自動車の四駆についてお教えください。ホンダN ONやワゴンRで四駆の設定ってありますが、これはスポ, 新潟市住みです。四駆か、後部座席カーテンエアバックか、どちらを優先するか悩んでいます。 1、二駆、後. 現在、車検を含めた金額の見積もり中ですが、 オンロード&オフロード走行に万能な性能をもつクロスオーバーSUV、スバルフォレスター。搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。2L 直列4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2.5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。駆動方式は、全車特性を考えたフルタイム4WDが組み合わされる。グレードは、レギュラーシリーズとなる「2.0X」、よりアウトドア志向のアメリカンブランド「L.L.Beanエディション」、大型ガラスサンルーフ、HDDナビをはじめ、室内を爽やかに保つフレッシュパッケージ、ファブリックと本革を組み合わせた専用シートなどを装備する「AIR BREAK(エアブレイク)」。ローダウンサスペンション採用の高いオンロード性能を持つ「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」シリーズは、2L SOHC「クロススポーツ2.0i」と2L DOHCターボの新設定「クロススポーツ2.0T スポーツ」の2タイプ。それにバケットタイプスポーティフロントシートに、STI製アルミホイール&フロントアンダースポイラーなどを装着するS-EDITIONパッケージを用意する。スペシャルチューニングモデルとして、「STIバージョン」(6速マニュアルのみ)を設定する。トランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。クロススポーツシリーズは、スポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。今回の一部改良は、新ボディ色の設定をはじめ、新デザインのステアリングホイールの採用、フロントドアポケットへのドリンクホルダーの新設、一部ヘッドランプの仕様変更など、質感や機能性を高めたものとなる。今回新たに設定するフォレスター発売10周年を記念した特別仕様車「10th ANNIVERSARY(アニバーサリー)」は、2L NAエンジン「2.0X」のAT車をベースに、17インチアルミホイール、HIDロービームランプなどを充実させた。, クロスオーバーSUVとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。今回発売する「CROSS SPORTS S-EDITION(クロススポーツ S-エディション)」は、専用のエクステリアやローダウンサスペンションなどを採用する「クロススポーツ2.0T」(AT車)をベースに、STI製の17インチアルミホイールやフロントアンダースポイラー、バケットタイプのフロントシートなどを装備し、スポーティなイメージを強調したモデルとなっている。スバル車をイメージする特別色WRブルー・マイカも選択可能。, クロスオーバーSUVとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。2L 直列4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2.5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。駆動方式は全車フルタイム4WD、VTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD]、アクティブトルクスプリットAWD、ビスカスLSD付センターデフ方式AWDの3タイプが組み合わされる。グレードは、ベースとなる「2.0X」、MOMO製本革巻ステアリングホイールや本革巻ATセレクトレバーorMTシフトノブ、ハンドブレーキレバー、17インチホイール装着となる「2.0XS」、よりアウトドア志向のアメリカンブランド「L.L.Beanエディション」、2Lターボ搭載は「2.0XT」を設定。L.L.Beanエディションは、ベージュ本革/アルカンターラシートや本革巻&ウッド製の操作系インテリアパーツ、それにセルフレベライザー内蔵リヤサスペンションを備える。オンロード志向の「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」シリーズは、2L SOHCの「クロススポーツ2.0i」と2L DOHCターボの「クロススポーツ2.0T」の2タイプ。専用フロントバンパー&グリル、17インチアルミ、ルーフスポイラー、濃色ガラス、ローダウンサスペンションを採用し最低地上高を30mm下げ、低重心化を図る。全高を1550㎜に抑え、立体駐車場の利用にも配慮している。それにピュアスポーツSUVを目指した「STIバージョン」は、6速マニュアルトランスミッション、18インチタイヤやブレンボ製ブレーキシステムを採用。専用フロントバンパー&グリルや、バケットシート、ローダウンした170mmの最低地上高としている。その他通常モデルのトランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。2.0XSと2.0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。今回の改良により、ヘッドランプレベライザーの標準装備や新外装色の設定に加え、サスペンション特性の変更などにより操縦安定性と乗り心地を高めた。NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。, 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。2L 4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2.5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。駆動方式はフルタイム4WD。フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。グレードは、ベースとなる「2.0X」、MOMO製本革巻ステアリングホイールや本革巻ATセレクトレバーorMTシフトノブ、ハンドブレーキレバー、17インチホイール装着となる「2.0XS」、よりアウトドア志向の「L.L.Beanエディション」、2Lターボ搭載は「2.0XT」を設定。L.L.Beanエディションは、1912年アメリカ合衆国に誕生したアウトドアブランド。ベージュ本革/アルカンターラシートや本革巻&ウッド製の操作系インテリアパーツ、それにセルフレベライザー内蔵リヤサスペンションを備える。新たに加わった「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」シリーズは、2L SOHCの「クロススポーツ2.0i」と2L DOHCターボの「クロススポーツ2.0T」の2タイプ。専用フロントバンパー&グリル、17インチアルミ、ルーフスポイラー、濃色ガラス、ローダウンサスペンションを採用し最低地上高を30mm下げ低重心化を図るとともに、タイヤ、サスペンションの仕様変更により、オンロードでの乗り味を向上。全高を1550㎜に抑え、立体駐車場の利用にも配慮している。ピュアスポーツSUVを目指した「STIバージョン」は、6速マニュアルトランスミッション、18インチタイヤやブレンボ製ブレーキシステムを採用。専用フロントバンパー&グリルや、バケットシート、ローダウンした170mmの最低地上高と合わせ、内外装ともにスポーティさを表現するデザインとなっている。その他モデルのトランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。2.0XSと2.0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。安全装備として全車に、デュアルエアバッグ、EBD付ABS、プリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステム、NA車にはブレーキアシストを標準で装着する。NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。, 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。今回、前後エクステリアデザインの変更やインテリアの質感向上が図られた。搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。2L 4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)の2ユニット。駆動方式はフルタイム4WD。フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。グレードは、ベースとなる「2.0X」、MOMO製本革巻ステアリングホイールや本革巻ATセレクトレバーorMTシフトノブ、ハンドブレーキレバー、17インチホイール装着となる「2.0XS」、よりアウトドア志向の「L.L.Beanエディション」、ターボ搭載は「2.0XT」を設定。L.L.Beanエディションは、1912年アメリカ合衆国に誕生したアウトドアブランド。ベージュ本革/アルカンターラシートや本革巻&ウッド製の操作系インテリアパーツ、それにセルフレベライザー内蔵リヤサスペンションを備える。トランスミッションはゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。2.0XSと2.0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。安全装備として全車に、デュアルエアバッグ、EBD付ABS、プリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステム、NA車にはブレーキアシストを標準で装着する。NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。, 「X20 タフパッケージ」は2L 水平対向4気筒SOHCエンジンを搭載する「X20」をベースに、傷や汚れに強い荷室ハードマット&リヤシートバックハードマットや、小さな荷物の散乱を防ぐカーゴネットシステムを装備しアウトドアでの使い勝手を高めたモデルである。また、専用16インチアルミホイール、サイドエアバッグ、2灯式HIDランプ等を装備した。, 今回発売する「WR-Limited 2004」は、WRCで活躍するWRカー「インプレッサWRC 2004」と同様に、WRブルーのボディカラーとゴールド塗装のアルミホイールを組み合わせるとともに、内装にも専用の仕様装備を施し、スポーツテイストをさらに高めたモデルである。2.0L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載する「XT」をベースに、専用のハイサポートタイプのシート、MOMO製本革巻ステアリング、アルミパッド付スポーツペダル、本革巻ATシフトレバー/MTシフトノブなどを採用しスポーティ感を高めるとともに、荷室およびリヤシートバックのハードマットを装備し、SUVとしての機能性を向上させた。, 今回発売する「CROSS SPORTS α」は2.0L水平対向4気筒SOHCエンジンを搭載する「クロススポーツ2.0i」をベースに、ルーフスポイラー、濃色ガラス、ソリッドフォースサウンドシステムなどを標準装備するとともに、インテリアはブラックとグレーの2トーン表皮の専用シート採用によりスポーティな仕様とした。また、メーカーオプションのDVDナビゲーションシステムを設定。, 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。2L 4気筒SOHC(137馬力)と同DOHCターボ(220馬力)、2.5L DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。トランスミッションはゲート式フロア4速AT、もしくは5速MT、6速MT。駆動方式はフルタイム4WD。フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。グレードは、X20と装備を厳選したX、ターボにはXT。X20とXTには、本格的なアウトドアモデルL.L.Beanエディションを設定。タウンスポーツユースモデルにクロススポーツ2.0T(2Lターボ)とクロススポーツ2.0i(2L)、ニューピュアスポーツモデルのSTiバージョン(2.5Lターボ)の計8バリエーション。クロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化、STiバージョンは6速マニュアル、18インチタイヤやブレンボブレーキシステムを採用し、オンロードでの走行性能をより高めたモデルとなる。安全装備として全車に、デュアルエアバッグ、ABS、プリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステム、ターボ車にはEBD、NA車にはブレーキアシストを標準で装着する。, 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。137馬力の2L 4気筒SOHCと220馬力の同DOHCインタークーラーターボの2ユニット。両ユニットとも「良-低排出ガス」認定を取得する環境性能を実現し、特にクロスオーバーターボと呼ばれる可変バルブタイミングAVCS付ターボは、最高出力は控えめにしながらも低中速トルクと燃費性能を一層重視している。トランスミッションはゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。駆動方式はフルタイム4WDに、AT車はアクティブトルクスプリット式、5MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式を採用する。フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。グレードは、「X20」と装備を厳選した受注生産モデルの「X」、それに撥水加工シート、カラードボディ、荷室/リヤシートバックハードマットなどを採用したレジャーユースの「バックパックエディション」、ターボには「XT」。それにタウンスポーツユースモデルの「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」はターボモデルとターボなし新設定2.0iをラインアップし、計6バリエーションとなる。クロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化とともによりオンロード重視としている。安全装備として全車に、デュアルエアバッグ、ABS、プリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステム、ターボ車にはEBD、NA車にはブレーキアシストを標準で装着する。, 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。137馬力の2L 4気筒OHCと220馬力の同DOHCインタークーラーターボの2ユニット。両ユニットとも「良-低排出ガス」認定を取得する環境性能を実現し、特にクロスオーバーターボと呼ばれる可変バルブタイミングAVCS付ターボは、最高出力は控えめにしながらも低中速トルクと燃費性能を一層重視している。トランスミッションはゲート式フロア4AT、もしくは5MT。駆動方式はフルタイム4WDに、AT車はアクティブトルクスプリット式、5MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式を採用する。フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。グレードは、X20と装備を厳選した受注生産モデルのX、それに撥水加工シート、カラードボディ、荷室/リヤシートバックハードマットなどを採用したレジャーユースのバックパックエディション、ターボにはXTとタウンスポーツユースモデルのCROSS SPORTS(クロススポーツ)の計5バリエーション。新たに加わったクロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化とともによりオンロード重視としている。安全装備として全車に、デュアルエアバッグ、ABS、プリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステム、ターボ車にはEBD、NA車にはブレーキアシストを標準で装着する。, 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。137馬力の2L 4気筒OHCと220馬力の同DOHCインタークーラーターボの2ユニット。両ユニットとも「良-低排出ガス」認定を取得する環境性能を実現し、特にクロスオーバーターボと呼ばれる可変バルブタイミングAVCS付ターボは、最高出力は控えめにしながらも低中速トルクと燃費性能を一層重視している。トランスミッションはゲート式フロア4AT、もしくは5MT。駆動方式はフルタイム4WDに、AT車はアクティブトルクスプリット式、5MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式を採用する。フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。グレードは、X20と装備を厳選した受注生産モデルのX、ターボにはXTとタウンスポーツユースモデルのCROSS SPORTS(クロススポーツ)の計4バリエーション。新たに加わったクロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化とともによりオンロード重視としている。安全装備として全車に、デュアルエアバッグ、ABS、プリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステム、ターボ車にはEBD、NA車にはブレーキアシストを標準で装着する。. 曲面で面白くまとめた後ろ姿が可愛いです。 但し、いわゆる「揺すられ感」は強まりますので、必ずしも万人向けとはいえません。 さらにはATとMTでは燃費はどれくらい変わるのか。 フォレスターvsレガシィワゴン / ターボvsNA / AT vs MT どれがオススメか教えて. ターボの加速ですが、おそらく一度味わってしまうとNAには戻れないかも?w 副変速機 … こいつはすごいメカだ (^_^;) レガシィより若干悪い気がします。 だと思います。なかなか自分の車の長所はわかりにくいものですが、私ならフォレの中古はあまりお勧めできません。 ホイール … 考え抜いてコレ。 ですので車両本体は130万程度でしょうか。 3.回答者様がフォレスターを選んだ理由やおすすめのグレード等ありましたらお願いします。 以外にもサイレント系タイヤだと言われてます  それでも、できる範囲で楽しむのが正解ですよ。 *エンケイ RPF1 16in. なかなか趣深い車だと思います。 急激なエンジン加熱で 熱膨張が局部的に起こり ヘッドの歪みなどから タペットシールカバーパッキンなどから漏れが起こります。 トルクって結局「エンジン内での爆発力」ですから、たくさんガソリンを燃やすしかないです。 お気に入りに登録すると、あなただけのお気に入りのクルマリストでいつでも簡単に比較ができるようになります。 カヤバのショックには各種のシリーズがありますから、確認が必要です。 まぁフォレなら程度のいいのが買えますね。w トーヨーなら DRBも スポーツ系長持ちタイヤとして売ってますが  私の場合、雪道を走ることが多いのでフルタイム四駆とある程度のパワーを要求したためレガシィかフォレを考えた結果、予算の都合でフォレにしました。 レガシィはインプレッサよりも直進安定性が高く落ち着いた乗り味にセッティングされていますので、 *デュアルレンジ…副変速機  ・吸気側のパイピング見直し(整流効果が向上できるレイアウトへ) 30km以上の通勤や 長距離走行の方が連続走行で エンジンには、優しいんです。 *画面は6.5型(展開時) オークションなのでも 需要が限られるので 競争率も低く 落札出来る可能性も高いです。 エアコンを切っていても送風口から微妙に温風が出ます。 エンジンオイルは、どれを入れてもとりあえず走りますが エンジンとの相性が有ります。 これは、スバルが誇れる、かなり貴重な作品だったと思います。 ですので車両本体は130万程度でしょうか。 タイヤは 一度履くと 減るまで交換できませんので よーく検討して見て下さい。 クロススポーツには、合うと思います。 乗り心地も固くは無かったです。 トーヨーなら DRBも スポーツ系長持ちタイヤとして売ってますが  だれか助けてください。 点火系 … やっぱり弄らなくちゃ(^^)/ 車についてはまったくの初心者なので詳しい説明があればうれしいです。お願いします。, 平成13年式フォレスターS/tb(AT)を1年落ちの中古車で購入して現在も所有しています。質問者様が何年式の購入を希望しているか判らないので参考になるかどうか判りませんが、燃費は街中6.5、高速10.5ぐらいでしょうか。 家族からのスキー要望によりスタッドレスを導入。これの都合でオリジナルアルミホイールは冬用へ。で、夏タイヤ用で導入したのが、このエンケイRPF1。当初、フォレスターに似合わないかなとも思ったが、実際はいい感じでした。相当軽くて、ノーマル比で2Kg位の違いがあります。 フォレスター マフラー ... 「馬力向上」「燃費改善」のp.b.s搭載マフラーの開発コンセプト等、ナレーション入りでわかりやすく説明しています。 ... フォレスター 車輌型式:ta-sg5・e/gf-sf5 適合年式:h14.2~h19.8 H9.8~h14.2 . 純正程度なら3000km位で交換が無難です。 タイヤ重量も軽いです 価格が安いのが 最大のメリット サイズも豊富です。 レガシィより若干悪い気がします。 従って、ゴツゴツ感はあまりないままに、初期ロールと揺り戻しを抑えますか...続きを読む, 走行距離10万キロを超えたフォレスターが先日オーバフローを起こしました。 オンロード&オフロード走行に万能な性能をもつクロスオーバーsuvのフォレスターsg5です。フォレスターsg5は、全車フルタイム4wdで、レギュラーシリーズとなる「2.0x」に、よりアウトドア志向のアメリカンブランド「l.l.beanエディション」とあります。 *スバル用品扱いのFCM-2000F2 しかも、Vベルトおよびタイミングベルトも交換時期。 *赤いのが永井のシリコン、ピンク色がSTI風のアーシングケーブル ◎考え方次第としか言いようがないでしょう。 ターボ仕様のエンジンを搭載しており、劇的な速さに多くのスバルファンが魅了されました!, その為、新型フォレスターにはターボ仕様車がない事にがっかりしたファンも多かったようですよ。, さて、ターボエンジンを搭載し劇的に速いという評価を受けているフォレスターXTですが馬力やトルク、加速性能はどの程度だったのでしょうか?, XTグレードは2代目フォレスターから採用されたモデルで、自然吸気(NA)エンジンとは異なりターボ仕様のグレードとなっています。, 2代目フォレスターではXTグレード以外にもX、X20というグレードが存在したのですが、XTグレードが一番の人気モデルとなり、発売2週間で売り上げた3000台のうち、約6割がXTグレードを注文していたそうです。, その後、3代目や4代目でもターボ仕様であるXTグレードは発売されており、桁外れの馬力と加速性能を有しているXTグレードは走りを追求するスバルファンの人達の間では無くてはならない車になっていきます。, それだけに5代目フォレスターでターボ仕様車が廃止された時はスバルファンの人達は本当にがっかりしたそうです。, 3代目フォレスター以降のXTグレードにはターボエンジン以外にも他のグレードとは異なる特徴がありました。, それは、スバル車に搭載されているSI-DRIVEに「S#」と呼ばれる第3のモードが存在した点です。, SI-DRIVEはスバルが開発したドライブアシスト機能であり、選択するモードによりエンジンの出力特性が変化します。, 自然吸気(NA)エンジンを搭載している他のグレードでは「I」「S」と呼ばれる2つのモードが用意されており、「I」は燃費を重視した走りを行いたい時に使用し、「S」はスポーツ走行を行うときに使用します。, ターボ仕様にのみ搭載されている「S#」はエンジンに直接連結しているようなレスポンスを体感でき、ターボエンジンのトルクを効率良く使用し、長い登り坂や高速道路の追い越しなどに適した走行モードです。, NAエンジンとは比べ物にならない馬力やトルクを持っているターボ仕様のXTグレードにはピッタリのモードですよね!, 「S#」という専用モードが存在するほどXTグレードはフォレスターにとって特別な存在だったんですね!, https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/573/158/html/Forester_018.jpg.htmlより引用, 加速性能に影響があると言われているのがトルクであり、エンジンが発生する回転力を示します!, 言い換えるとトルクはタイヤを回す力と表す事ができ、この値が大きいほど加速性能があがります。, また、馬力は一定時間内に決められた荷物をどこまで運んでいけるかを表した単位で、時間内における自動車のパワー総量を示す値となります。, 1馬力のパワーは、1秒間に75kgの重さのものを1m持ち上げた時のパワーとなり、1PSと表記され、トルクは瞬発的な力、馬力は持久力と表す指標になります。, 今回はターボ仕様車の中で最も新しい4代目フォレスター2.0XT EyeSightで調べてみました!, 自然吸気(NA)エンジンの馬力とトルクが148PS、196kgf・mという数字を考えるとターボ仕様のエンジンスペックがとても高い事がよく解りますよね!, トルクと馬力を調べた所で、今度はフォレスター2.0XT EyeSightの加速性能について考えてみましょう!, 仮に同じスペックのエンジンを搭載している場合は車体重量が軽い方が加速が良い事は明らかですよね。, カタログから求めた結果、フォレスター2.0XT EyeSightの車体重量は1610kgとなっています。, では、馬力:280PS、トルク:35.7kgf・m、車体重量:1610kgのフォレスター2.0XT EyeSightの加速性能はどの程度なのでしょうか?, その値はパワーウエイトレシオと言い、車の車体重に対する馬力の大きさのことを表し、古くからクルマの加速力の目安として算出された値です。, さて、パワーウエイトレシオが加速性能を評価し、車体重量と馬力より求められる値と聞いて少し疑問が湧いてきた人もいるのではないでしょうか?, 先ほど加速性能に最も関りがあるのはトルクと言いましたが、パワーウエイトレシオにはトルクの存在が無いように感じますよね!, しかし、実はトルクは馬力と関りがあり、トルク×回転数=馬力という計算式が成り立つんです!, この計算式を考えるとパワーウエイトレシオにトルクが関係しており、加速性能にも関わってきている事が解りますよね!, さて、こちらも前置きが長くなりましたが、フォレスター2.0XT EyeSightのパワーウエイトレシオを調べてみましょう!, パワーウエイトレシオは車体重量÷馬力という計算式で求める事が出来ますので、フォレスター2.0XT EyeSightのパワーウエイトレシオは1610kg÷280PSで5.75kg/PSという値になります。, 次に自然吸気(NA)エンジンのグレードの場合を見てみると、馬力:148PS、トルク:20.0kgf・m、車体重量:1510kgなのでパワーウエイトレシオは10.2kg/PSとなます。, パワーウエイトレシオは低い値ほど加速性能が良いとされていますので、当然の結果ですがターボ仕様の加速性能が上回っている事が解ります。, パワーウエイトレシオが倍近く違っている事からも、ターボ仕様のフォレスター2.0XTの加速性能がスゴイ事が良く解りますよね!, 4代目フォレスター2.0XT EyeSightのライバル車として当時よく取り上げられていたのはアウトランダーやエクストレイルですね。, フォレスター2.0XT EyeSightはライバル車と比較して、馬力やトルク、パワーウエイトレシオが圧倒的に高いですよね!, これだけ高いとフォレスター2.0XT EyeSightが劇的に早いと評価される事に納得するしかなさそうです!, フォレスター2.0XT EyeSightの加速性能を示す動画がありましたので載せておきますね!, エクストレイルは100km/hまで加速するのにかかる時間はおよそ9秒という事を考えるとフォレスター2.0XTの加速性能の高さが良く解る動画になっています。, さらに最高速度も189km/hを記録している事からも、SUVとしては早すぎる走行性能をもっている事がはっきりと解りますね!, さすがにこの速度を使用するような場所は無いでしょうけど、ここまで一気に加速できるフォレスター2.0XT EyeSightは物凄く速い車だと評価されている事には納得できます!!, 今回は最も新しいターボ仕様である4代目フォレスター2.0XT EyeSightを例に馬力やトルク、加速性能を調べてみました!, 調べた結果、4代目フォレスター2.0XT EyeSightの馬力やトルクは、馬力:280PS、トルク:35.7kgf・mとなっており、他のグレードである自然吸気(NA)エンジン搭載モデルの値である馬力:148PS、トルク:20.0kgf・mと比較すると倍近いエンジンスペックを持っている事が解ります!, 車体重量を加味した加速性能を表すパワーウエイトレシオもXTが5.75kg/PS、他のグレードが10.2kg/PSとなっています。, パワーウエイトレシオは低ければ低いほど加速性能が良い指標である事を考えると、ターボ仕様のXTグレードの加速性能は物凄い事が良く解りますね!, ライバル車と比較した場合もパワーウエイトレシオは約半分であり、ミドルサイズSUVでは随一の加速性能を持った車となっています。, 走りを求めるスバルファンがターボ仕様のXTグレードを高く評価するのが納得できました!, 5代目フォレスターへのフルモデルチェンジで、時代背景の影響によりターボ仕様車が採用されずに残念がる声が多く聞こえています!, もし走りを求めターボ仕様車の購入を考えている人がいるなら、中古車でXTグレードの購入を考えてみても良いかも知れませんね!, 「フォレスターXT(ターボ車)の燃費を調査!NAの差はどの位?ライバル車とは??」.