憧れのポルシェを買うなら718ケイマンやボクスターがおすすめ!購入する際のポイントを紹介, 『D.J.Power:2018 Germany Vehicle Dependability Study』. All Rights Reserved. ©Copyright2020 外車のSUV・スポーツカー他諸々 『会社より外車ブログ』.All Rights Reserved. 家族からのブーイングは気にしない質です。, 「この車、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」. ©Copyright2020 FOUREL 【フォーエル】.All Rights Reserved. https://img.nextage.jp/stock_images/3024685/3024685_mdl_d620c61c.jpg外車であるプジョーは、日本車と比べて壊れやすいというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。実際は、日本車をもしのぐ壊れにくい車です。外車について正しく理解しマイナスイメージを払拭すれば、車選びの選択肢も大きく広がります。, そこでこの記事では、故障しやすい車のメーカーランキングに加えプジョーのおすすめ車種とその特徴を紹介します。壊れやすさが心配でプジョーに手が出なかったという方も安心できるでしょう。, ・プジョーが壊れやすいというのは勘違い!実際は国産車である日産、マツダをしのぐ壊れにくさ, ・プジョーは故障率が低いだけでなく、しなやかな足回りとスタイリッシュで官能的なデザインが人気を集めている, ・プジョーをお得に手に入れるなら中古車がおすすめ!中古車購入のポイントを押さえて自分にぴったりのプジョーを選ぼう, 外車は壊れやすいと敬遠されやすい傾向にありましたが、それは過去の話です。自動車製造の技術が進み、最近では日本車と遜色ないほどに故障が少ない外車も増えました。プジョーの詳しい解説の前に、故障が少ない車メーカーをランキングで紹介します。各メーカーについてもまとめたので、ぜひチェックしてください。, (参考: 『D.J.Power:2018 Germany Vehicle Dependability Study』), 最も故障が少ないという結果になったトヨタ自動車は、日本を代表する人気自動車メーカーです。1937年の設立から75年もの歴史を持っています。高級車のクラウンや電気自動車のプリウスなどを製造し、日本の自動車業界を長期にわたって牽引してきました。海外でも人気が高く、世界をまたにかけて自動車産業を展開するグローバルなメーカーです。, セアトはフォルクスワーゲングループに属するスペインの自動車メーカーです。日本ではセアト車の正規販売が行われていないため、認知度は低い傾向にあります。国内では中古車や並行輸入された車両しか購入できません。レオン、イピサ、アテカ、コルドバの4車種が代表的で、ドイツとスペイン両方の特性を生かした車造りをしています。, スウェーデンを代表する自動車メーカーであるボルボは、自動車製造だけでなく建設業や金融関連まで行っている大規模な企業です。「安全な車作り」に重点を置いており、北欧の厳しい自然環境でも安心して乗れる車を作り続けています。フラッグシップはセダンタイプのボルボS90ですが、ボルボV40やボルボV60も人気の高い車種です。, シュコダはチェコの自動車メーカーで、正式にはシュコダ・オートといいます。シュコダの車も日本では正規販売されていません。始まりは1895年とかなり古いですが、現在はフォルクスワーゲングループの一員です。ファビアやコディアック、スペルブなどが代表的NA車種で、ヨーロッパや中国の市場で人気があります。, 韓国を代表する大手自動車メーカーのヒュンダイは1967年に設立され、フォード社や三菱自動車から技術提供を受けながら発展してきました。現在では、グループ全体で世界第5位の大企業です。ヒュンダイ・グレンジャーやヒュンダイ・ヴェロスターなどが代表的な車種で、コストパフォーマンスの良さが評価されているメーカーといえます。, プジョーはフランスの歴史ある自動車メーカーです。始まりは1818年で、製鉄工場からのスタートでした。アルマン・プジョーがイギリスでエンジニアの技術を学んだのをきっかけに自動車開発へ転向し、プジョー205やプジョー306といった名車を生み出すにいたります。やわらかなサスペンションや独創的なデザインが特徴的です。, トヨタ自動車、ホンダ自動車に続く日本の大手自動車メーカーが日産自動車です。始まりは1911年で、解散や合併を経て現在にいたります。「技術の日産」といわれるほど開発技術が高いのが特徴です。現在では3つのブランドを持っており、海外にも展開しています。GT-Rやスカイライン、電気自動車のリーフなどが代表的な車種です。, ドイツに拠点を構えるベンツは世界的にも知名度の高い自動車メーカーです。「ベンツ」は正式な社名ではなく、日本法人はメルセデス・ベンツ日本、ドイツではダイムラーといいます。日本でも多くのユーザーを抱えており、CクラスやAクラス、Eクラスの人気が高い傾向です。ベンツ独特の高級感や、ドイツ車らしい重厚感が特徴といえます。, トヨタに次ぐ大手自動車メーカーのマツダは広島県で生まれました。ロータリーエンジンの実用化やスカイアクティブテクノロジーの開発は自動車業界においても大きな功績です。デザイン性の高い車造りが得意で、デミオやアクセラ、アテンザなどは国内外で高い評価を獲得しています。CX-3やCX-5、CX-8などSUVの人気も高い傾向です。, スマートはダイムラーが手がける、マイクロコンパクトカーの自動車メーカーです。時計メーカーのスウォッチとの共同事業でボディサイズは最小限に抑えつつ、最大限のパフォーマンスを持つ車造りを目指しています。フォーフォーをメインモデルに、フォーツーやフォーツーカブリオ、ロードスターなどを展開する小型車のパイオニア的存在です。, ランキングで6位に入ったプジョーですが、その魅力は故障のしにくさだけではありません。機能面やデザイン性など、日本車や他国の車とは異なる特徴を備えています。特に、スポーツカー好きの方は必見です。フランスというお国柄を見事に反映した足回りやフォルムなど、唯一無二のスタイルを詳しくチェックしましょう。, 前項のランキングにて、プジョーは7位の日産や9位のマツダを抜いて6位にランクインしています。世界的に壊れにくいと評価される日本車をしのぐだけでなく、ベンツよりも上位を獲得しています。昨今の技術力の進歩で、世界的に高い評価を得ているヒュンダイにも迫る結果となりました。, 日本で人気の高いBMWやアウディが10位以内に入っていないことを踏まえても、プジョーの信頼性が高いことが証明された証といえるでしょう。, フランスの車造りは、始めから石畳のような凹凸のある道を走ることを前提に開発・製造されてきました。そのためサスペンションがやわらかく調節されており、荒れた道の上を走行しても快適な乗り心地をキープできるでしょう。, 独特の足回りは「猫足」と表現され、滑らかなコーナリングにも生かされています。歴史ある入り組んだ道路をストレスなく走れる設計で、同じ欧州でも直線的なアウトバーンを疾走するドイツ車などとは明らかに違う印象です。, 「芸術の国」フランスの自動車メーカーだけあって、プジョーはデザイン性にもこだわっています。車体のシルエットはもちろん内装部分も計算しつくされた設計で、どんなシーンでも心地よく過ごせる車がコンセプトです。, ボディはスタイリッシュでありながら、官能的な印象を備えています。デザインの絶妙なバランスは、さすがフランス車らしい魅力です。スポーティさを取り入れ、より洗練された雰囲気を与えるモデルも展開しています。, 壊れやすいと勘違いされがちなプジョーですが、その原因は車に対する考え方や扱い方など車に関する文化の差にあります。プジョーはフランスの自動車メーカーの中でも抜きん出た技術を持ち、信頼性も高いのが特徴です。それにも関わらず、なぜプジョーが壊れやすいといわれてしまうのか要因を解説します。, 日本で車のメンテナンスというと、オイル交換や定期的な車検を思い浮かべる方が多いでしょう。そのため、それ以外の部品交換や軽度のトラブルを故障と位置づけてしまいがちです。ところが欧州では捉え方が異なり、車は「劣化した部品の交換やトラブルを修繕しながら維持するもの」と考えられています。, フランスではメンテナンスや修理で直る範囲は故障と捉えません。車の管理方法自体が違うことが、故障しやすいと錯覚を起こしてしまう要因といえます。, 日本の車と欧州の車は規格が違うことも忘れてはいけません。日本の車であれば湿度が高く四季の変化が激しい気候に対応するよう造られていますが、欧州の車はあくまで欧州規格です。外車に乗る際は、生産国の風土に合わせた仕様になっていることを念頭に置きましょう。, 道路状況も日本とは異なります。道路が変われば運転の際に負荷がかかるポイントも変わるので、想定外の環境で使用する際に多少劣化しやすくなるのは仕方がないと捉えましょう。, ここまで解説したように、プジョーは故障が少ない車です。日本の市場では高級車に位置付けられるプジョーを手に入れるなら、中古車を検討しない手はありません。信頼性の高いプジョーだからこそ、中古車でも安心して使用することができます。各車種の特徴を把握して、ぜひ欲しい1台を見つけましょう。, プジョー307の後続モデルとして発売されたプジョー308は、5ドアのハッチバックです。2013年にモデルチェンジを経てより力強いフォルムに変化しています。取り回しのよいコンパクトなボディにディーゼルエンジンとガソリンエンジンの2タイプをラインアップしました。, 新たなセーフティシステムとドライバー・アシスト機能も搭載し、充実した機能が体感できる1台です。中古車価格帯は200万円前後で、年式やグレードによりやや開きがあります。, SUVモデルのプジョー3008は、2017年に誕生した比較的新しい車種です。タフネスとエレガンスを両立させたエネルギッシュなデザインに、プジョー独自の「i-Cockpit」を採用しています。ガソリンとグリーンディーゼルの2種類のエンジンは、次世代オートマチック・トランスミッションと連携することで優れた走行性を発揮するでしょう。, ネクステージでは2020年3月31日現在在庫はありませんが、リリースから数年しか経っていないのでやや高額な傾向となっています。, プジョー5008は3列タイプのSUVで、プジョー3008をサイズアップしたモデルです。7席全てが独立したシートで構成され、広々としたラグジュアリーな空間が快適さを演出しています。それぞれに折りたたみや格納ができるので、使い方のアレンジも幅広いのが特徴です。, エンジンはもちろんガソリンとグリーンディーゼルの両方を用意しています。2017年にフルモデルチェンジを果たしているので、新型のタイプは中古車価格でも300万円前後と比較的高価です。, プジョー208はプジョー207の後継車で、2013年にリリースされました。モデルチェンジを機にシャープなクーペタイプから変化した、丸みを帯びたフレンチコンパクトスタイルが特徴です。ボディはコンパクトですがエンジンには3気筒ターボエンジンを搭載、小排気量でもパワフルな走りを実現した1台です。, 中古車価格帯は59万円~180万円と、ほかのモデルに比べて安価となっています。リリース自体が新しいので、中古車でも状態のよいものが見つかりやすいでしょう。, プジョーRCZはプジョー308をベースに設計された2ドアクーペで、2020年3月現在は販売終了している車種です。アーチ状で凹みのあるダブルバブルルーフが特徴で、後部座席は小さいですがトランクスペースが大きく設計されています。全体的にモータースポーツカーのような印象の1台です。, 中古車価格帯は200万円ほどで、新車が販売されていないことからもレアな車種といえます。日本ではガソリン車のみが販売されたので、ディーゼル車を入手するのは至難の業でしょう。, A.プジョーは、フランスに本社を置く自動車メーカーです。量産型の自動車メーカーとしては、世界最古の歴史を持つといわれています。後ろ足で立ち上がるライオンのエンブレムは、車に詳しくない方でもなじみのあるデザインでしょう。販売するモデルは全体的に丸みを帯びたフォルムが多く、柔らかい雰囲気を放つ点が特徴といえます。, A.プジョーは、世界中の自動車の中でも故障率が低いメーカーとして知られています。2018年の調査では10位以内にランクインしているため、日本車に安心感を抱く方も気軽に乗りやすいメーカーといえるでしょう。ただし、故障率の低さを発揮するためにはメンテナンスも大切です。日頃の定期的な手入れも、故障率を左右する要因となります。, A.かつて「外車は故障しやすい」ともいわれていましたが、現代では世界中の自動車メーカーが技術力を高めています。メーカーによって故障率に差はあるものの、「外車だからすぐに故障する」といった傾向は弱まっていると考えて良いでしょう。日本のトヨタやスウェーデンのボルボ、韓国のヒュンダイも故障率の低さを誇っています。, A.日本車とはひと味違った外車を安価で手に入れたい方は、中古車市場から選定するのもおすすめです。新車に比べて販売価格を抑えたものが多く、ハイグレードモデルを入手するためにも役立ちます。500万円を超える高級車も多数販売されていますが、中古車であれば予算に合った金額で豊富な選択肢から探せるでしょう。, プジョーは日本車と比較しても壊れにくく、信頼性の高い車です。欧州規格の車であることを理解し、プジョーに合ったメンテナンスを取り入れることで長く快適に使用できます。新車はやや高額なので、中古車販売店を利用して賢く購入することがおすすめです。, ネクステージでは、状態のよいプジョーの中古車を多数ご用意しています。独自の輸入車保証制度や、輸入車に対する豊富な知識でユーザーサポートも安心です。全国に2万台以上そろえた在庫を活用して、ぜひご自身にぴったりの1台を手に入れてください。, メルセデス・ベンツ CLSクラスCLS350 ブルーエフィシェンシーAMGスポーツパッケージ.