備忘録的に書く。 跳ねるのを無視 Arduinoのサンプルに「debounce」というわけのわからないサンプルコードがあった。 Arduino - Debounce bounce は「跳ねる」って意味。 de-bounce は「跳ねを防ぐ」もしくは「跳ねるのを無視する」みたいな意味。 なんのこっちゃと思ってじっくり読ん… Aside from only needing to be scanned once instead of multiple times, we put a lot of effort into perfectly optimizing the response time to be faster than any other by connecting the analog to digital converter directly to the keyboard's main chip for lightspeed processing. This is 100% not malware and/or virus since I've tried it before. | 2. just add it to your data() then. To summarize, we used the Hall Effect technology to eliminate input lag in three ways: These factors add up to a never-before-seen 0.7ms response time, which is over 8x faster than the traditional mechanical switch, 5x faster than the human eye can percieve. to ignore noise). A full scan of all keys happens every 700 millionths of a second. The second half of the OmniPoint's speed boost has to do with actually processing the analog signal that the sensor gathers. Glorious PC Gaming Raceの新作ゲーミングマウス「Model O Minus (Model O-)」の使用感をレビューしていきます。, 今回レビューするModel O-は、同メーカーがすでに発売しているModel Oというマウスの小さいバージョンです。なので、基本的なスペックはModel Oと全く一緒。, どれぐらい小さくなったのか実際にModel Oと比べてみたり、手に持った時にどんな感じなのかを写真で分かりやすくレビューしていきます。購入を検討している方は参考にしてみて下さい。, Model O Minus(Model O-)は、同メーカーのModel Oというマウスを一回り小さくしたモデルです。, どう考えても、finalmouseのUltralight 2を意識して作られたマウスですね(笑), 本当に何のひねりもない「Model Oの小型版」なので、内部スペックはModel Oと全く同じ。, とはいえ、ライバルのfinalmouse Ultralight2が14,000円もすることを考えると、小さいというだけでも十分に魅力的ですね!, Model Oという文字がModel O-に変わったことを除けば、箱のデザインもModel Oと全く一緒!, マウスのサイズはこんな感じで、ゲーミングマウスの中でもかなり小さい部類に入りますね。, ぼくが使っているXtrfy B1というマウスバンジーでは問題なく使えましたが、マウスバンジーの機種によってはケーブルが太すぎて使えない可能性もありますね。, まずはかぶせ持ちをしてみましたが、マウスが薄っぺらいので安定感はイマイチですね。手のひらをマウスにペタっと乗せると、薬指と小指がもれなくマウスパッドに触れてしまいます。, かぶせ持ちと比べたらいくらかマシですが、もっとつかみ持ちしやすいマウスはいくらでもあるかな…という印象です。, ぼくの手の大きさだと、何も考えずに手を載せるだけでめちゃくちゃ自然につまみ持ちをすることができます。, 持ちやすい上にマウス自体に角ばっている部分がないので、長時間使っても手が痛くならないのもいいですね。, 小さくてつまみ持ちにめちゃくちゃ向いている分、そのほかの持ち方にはとことん向いてないという印象ですね。, マウスのDPI等を設定するときは、Glorious Model O Softwareというソフトを使います。, 上記の画像はModel O-を接続した状態でソフトを起動した場面ですが、マウス名は「Model O」として認識されました(笑)内部的にModel Oと全く同じなんでしょう…。, ソフトの使い心地は、競合メーカーのドライバーソフトと比較してもかなり細かい部分まで設定できるほうだと思います。, Debounce Timeは、クリックを「カチッ」と押してから実際に「クリックした」と判定されるまでの遅延を設定する項目。, 普通のマウスはチャタリング防止のためにクリックの反応速度をあえて少し遅めに設定してあるんですが、その安全措置をあえて解除して最速のクリック反応速度を手に入れることも出来るんです。, 当然そのぶんチャタリングが発生するリスクは高まりますが、リスクを冒してでも反応速度を高めたいコアなゲーマーにとっては嬉しい機能ですよね。, マウスのセンサー性能を検証するソフト「MouseTester」を使い、Model O-のセンサー性能を検証してみました。上記のGIF動画のように、マウスを左右に高速でフリフリしたときのセンサー挙動を見ていきます。, 上記がMouseTesterでセンサーを計測した結果です。見方としては、青い点が波線から大きく逸脱していなければ、センサー性能はおおむね良好 という感じです。, 計測結果を見た感じだと青い点が大きくバラけている部分もなく、非常に安定した性能を発揮していると感じました。Model O-に搭載されているPMW3360というセンサーは安定性が高いのが特徴なので、センサー性能を懸念する必要はないでしょうね。, 古いゲームをプレイするときにはポーリングレートを下げないといけない場面もあるかと思いますが、そういう場面でもModel O-は安心して使えるマウスですね。, finalmouseのマウスはいくらなんでも高すぎるLEDで光るマウスのほうが好き, という方にはピッタリのマウスですね!ややこしいネーミングを除けば、ぼくも非常に気に入っているマウスです。, ぼくは公式サイトから注文しましたが、いずれ日本でも発売されると思います。発売日等が決まり次第、ぼくのTwitterなどでも告知していきますね!, 2019年10月18日に、国内発売が開始されました。7700円前後で出品されているものが、国内正規品になります。, それより高い出品の場合、正規品の在庫切れの可能性が高いです。(Amazonは同じ商品ページに複数の出品者が登録されている), あっほんとですね。直しておきます。 throttleとdebounceといきなり言われてピンとくる人もそうでない人も、ここらでおさらいしませんか? という回です。これらが何なのか、どう使うのか、どう実装するのかを今一度確認していきましょう。, throttleとdebounceとは、簡単に言うと間引き処理の一種です。連続して大量に繰り返される処理を間引いて負荷を軽減させたりするときに使います。, 連続して大量に繰り返される処理を一定感覚で間引くものです。 なるほど…とても参考になりました^^ 送料とか関税とかは、荷物を受け取った時に支払うのでしょうか? Mechanical switches are comprised of metal contact points that touch when a key is pressed, thus instantly completeing a circuit and registering a keypress. This is the time it takes between physically pressing a key, and a signal being sent. To put 6ms in perspective, the blink of an eye takes around 100ms. 備忘録的に書く。 跳ねるのを無視 Arduinoのサンプルに「debounce」というわけのわからないサンプルコードがあった。 Arduino - Debounce bounce は「跳ねる」って意味。 de-bounce は「跳ねを防ぐ」もしくは「跳ねるのを無視する」みたいな意味。 なんのこっちゃと思ってじっくり読ん… because of a push-button press), the output pin is toggled from LOW to HIGH or HIGH to LOW. その場合、どれくらい費用がかかったのか…目安でいいので教えて頂けると助かります。, コメントありがとうございます。 Special thanks to Reddit user stratoscope for helping to fix some of the initial code in this article. (which seems it is). If you change the debounce time to increase your clicks per second, it is not allowed, The program is called "X-Mouse Button Control" It's a program to control your mouse.