この原因は繊維の目が粗いことから来ています。, ぬるま湯を使うことで、多少は防げるのですが..、それでもやっぱり注意が必要なんです。, 対処法はあるので、ご安心を! その後1時間程つけ置きし、最後にすすいでから水気を取り、乾かしましょう。, たったこれだけで、ふんわりとした元の状態に復活します! まずは目立たないところで部分洗いをして、白い布を当ててみましょう。, それが汗や日光による変色です。 ぜひ覚えておいてくださいね!, そもそも麻(リネン)は色が付きにくい素材ということを知っていますか? 麻とは、数種類の植物から作られた繊維の総称を言います。大きく分けると、 ・リネン・・・アマ科の植物 ・ラミー・・・イラクサ科の植物 ・ヘンプ・・・アサ科の植物 このような3種類があります。 生えている植物の姿や形はバラバラですが、通気性がよく吸水性にすぐれているという特徴が共通しています。 麻(リネン)は、吸湿性と耐久性が非常に高く、繊維が伸びにくいという特徴があります。 また、肌に触れたときにひん … また、肌に触れたときにひんやりとした冷たさを感じられるため、気温が上昇する夏向きの素材だと言えるでしょう。 ウールなども同様に戻るので、すでに気になる服がある場合もお試しあれ♪, 夏に重宝する麻(リネン)は、しわになりやすかったり縮みやすかったりと意外と手入れが難しい素材。, 会社、学校などでいつも着ているワイシャツ。日常生活でもファッションアイテムとして使ってる方も多いのではないのでしょうか? そんなワイシャツですが、干し方などに気を配れば、自宅で洗濯した後の仕上がりにもずいぶんと差が出てく […], 洋服には、素材によってシワができやすい素材とできにくい素材があります。 シワができてしまうとせっかくの洋服も台無しですよね。 洋服のシワを取る方法はいろいろありますが、外出先でできたシワを取るには『シワ取りスプレー』が便 […], みなさん、普段のお洗濯でつけおき洗いをすることはありますか? つけおき洗いって少し手間がかかるし、面倒くさいなあ。 なんて思うかもしれませんが、とってもメリットが満載なんですよ♪ それではさっそくみなさんに、つけおき洗い […], みなさん、洗濯は好きですか? 「大好き!」なんていう人は少ないはず。毎日の家事の中で、ついつい面倒に思ってしまいがちです。 中でも、悩みが多いのが下着の洗濯。 洗濯しても黄ばみが取れなかった、生地がごわついた…なんてこと […], 夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […], 毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […], 洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […], 上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […], コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […], みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […], 洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […], 私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […], お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […], 今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […], 久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […], エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […], 湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […], 毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […], 洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […], お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […], 排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […], スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […], 干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […], いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […], 「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […], 白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […], 会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […], 新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […], 寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […], あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […], 帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […], 軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […], 日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […], ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […], 靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […], とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […], 急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […], もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […], どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […], スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […], お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […], 身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]. これだけ方法を知っているあなたは、すでに麻(リネン)マスターです!, 既に洗濯方法をいくつも紹介しましたが、濡れた状態で放置するのは厳禁です! ・ラミー・・・イラクサ科の植物 心当たりのある方は、色落ち以外の可能性も探ってみましょう!, それではまず、麻(リネン)の手洗い方法をご紹介します。 【2020年版】今回は、リネンの特徴をきちんと理解した洗濯、お手入れの方法についてご説明します。リネンのお手入れで悩んでいる方は特に参考にしてみてくださいね。 形が崩れたり色が落ちたりと、汚れを落とす以上にデメリットが多いのです。, 手洗いの場合も同じですが、基本的に短時間、手短に済ませるのがベスト。 帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う 使わないときは2つに折りたたんでしまっておきましょう。, ピンチハンガーの上を有効活用しましょう。外に干す時には、風に飛ばされないようにだけ注意してくださいね。服の下になった部分が乾くか心配な場合には、途中で裏返して干しましょう。, このハンガーは、クリーニングに出したジャケットが返ってくるときについてくるあれです。, 服をかけたハンガーの前後に1本ずつハンガーを用意し、それぞれに裾と袖2つをかけます。空飛ぶアンパンマンみたいな格好にになります。, 竿を使う方法はあまりおすすめできません。代用するにしても、ピンチハンガーの上や、ハンガーを使うことがおすすめです。, 脱水をしないぬれ干しという方法。 ただし、室内干しの場合は床にボトボト水が垂れてくるので、厚手のタオルを敷くなどして工夫をしましょう。, 麻(リネン)をアイロンがけする際、シャツやブラウスは半乾きの状態でかけるとしわやよれを伸ばしやすくなります。, もし完全に乾いている場合は、霧吹きで水をたっぷり与えながら高温で仕上げてください。また、濃い色合いの衣類は、当て布を置いてアイロンをかけましょう。, アイロンがけが終わり仕舞うときには、完全に乾かしてから収納するのがポイントです。衣類に水分が残っているままだと、しわやよれの原因となります。しばらくハンガーに干しておくのといいですよ。, さまざまな洗濯方法がありましたが、しっかりと学べましたか? 汗に含まれるさまざまな不純物が紫外線に反応し、色を変えてしまいます。, 特に麻(リネン)は吸水性に優れた素材。 形を整えた状態で干すことができるため、型崩れが防止できます。, この平干しには、専用のネットが販売されていますが、ピンチハンガー・ハンガー・竿で代用することもできます。, ピンチハンガーとは、洗濯ばさみがたくさんついてるハンガーのことです。つまんだり挟んだりすることを英語でピンチ(pinch)というので、この名前がついたんですね、きっと。, 一人暮らしを初めて、まだピンチハンガーを持っていない…。 脱水が終わったら洗濯ネットから衣類を取り出し、手で軽くしわを伸ばします。風通しの良いところに平たい台を用意し、上に洋服を置くだけです。 何年も美しい色を楽しむためにも、大切に扱いたいですよね♪, 対処に苦労するのは「縮みやすい」性質です。 あまりにもヒドイ汚れは、やはりクリーニングが無難ですね。, 最も気を付けなければならないのが、この色落ちです。 さらに、麻(リネン)は吸収した水分を外に逃がす特性があるため、高温多湿な日本の気候にもっとも適しています。, しかし、着用や洗濯を頻繁に繰り返すことにより、しわになりやすい、縮みやすいというデメリットがあります。濃い色合いの麻素材を着用した場合、摩擦や汗によって色移りしてしまうことも。アイロンがけもコツが必要となるため、手入れが難しいというマイナスの側面が潜んでいるんです。, 麻(リネン)を使った衣類には、シャツ、ブラウス、ストール、パンツ、スカート、帽子、カットソー、Tシャツ、靴下などがあります。, 気温が上がり汗をかきやすくなる春先や夏場に、一枚でサラリと着られるシャツやブラウスが多く販売されています。, 洗濯の仕方へ移る前に、麻(リネン)の注意点をしっかりと押さえておきましょう! 洗濯後はできるだけ早く、紹介した干し方を実践しましょう。, 搾りすぎた生地は、そのダメージがしわとして残ってしまうのです。 ■麻は吸湿性と耐久性が◎。シワになりやすいというデメリットも■麻(リネン)は裏返して洗濯し、平干しで干す■アイロンをかけるときは半乾きの状態で、仕舞うのは完全に乾いてから, そこで今回は、麻(リネン)の状態を保つ手洗いの方法や干し方、アイロンのかけ方についてご紹介します。, ・リネン・・・アマ科の植物 用意するものは「リンス」か「コンディショナー」です。, 繊維の目が詰まってしまうことが原因だと話しましたね? ドライクリーニングという水を使わない方法で、しっかりと洗濯してくれます。, 生地の性質上、家で洗うと繊維が傷みやすいなど不都合な点が多いというだけの話です。 ・汗ジミなどの部分的な黄ばみには、強力な粉末酸素系漂白剤で洗う, 今回、リネン素材の洗濯方法について紹介しました。覚えていただきたい点をまとめると、, ・もともと、しわになりやすい素材のため、変形した状態で長時間放置するとシワの形が残ってしまうので、注意が必要, 独特の質感・清涼感があり春夏の素材としてぴったりのリネン。洗濯や汚れの落とし方について悩んだ時は、この記事を参考にしてみてくださいね。, 【2020年版】ビジネスシーンで大活躍のワイシャツ。頻繁に着ていると襟汚れが気になってきますよね。そこでこの記事では自宅で簡単にワイシャツの襟汚れを落とす方法を紹介します。あわせて、ワイシャツの襟汚れを防ぐ方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。, 【2020年版】ワイシャツのアイロンがけを徹底解剖。アイロン台を使わない方法や、たたみ方まですべてご紹介しています。4つのポイントをおさえて、自分でクリーニング並の仕上がりに。, 【2020年版】ワイシャツの正しい洗濯方法をご存知ですか?ちょっとしたポイントを気をつけるだけで、しわの少ない洗い上がりを実現することが可能です。, 【2020年版】ワイシャツをクリーニングに出す時の疑問にお答えします。頻度は?どう出す?終わったらビニール袋は取る?など、これを見れば上手なクリーニングの利用方法が分かります。, 【2020年版】ポリエステル素材のワイシャツの縮みやニオイを落とす洗濯方法、ケア方法についてまとめた記事です。. 洗濯の方法としては、 手洗いがベスト です。 洗濯機で洗うと帽子の型崩れがおきてしまうから。 麦わら帽子の素材を確認することも大切。 天然素材のもの・ペーパー素材のもの・リネンなど、さまざまな素材で麦わら帽子はできています。 帽子の洗い方。麻100%の帽子を洗いたいのですが、キャップなどと違い洗い方が分からず困ってます。麻100%で洗濯表示は手洗い30×、エンノサラシ×、アイロンマークでアイロンに中って書いてて にドライって書いてるマークがあります。 暑い季節は特に帽子が大活躍。お気に入りの帽子をかぶり続けてくたびれていませんか。お洗濯マニアの筆者が、帽子の洗い方とお手洗い方法を紹介します。 麻を手洗いするには、押し洗いとふり洗いの2つの方法があります。, まず麻(リネン)素材の洋服は裏返しにたたみます。皮膚に直接触れている内側には、汗や皮脂よごれがついているからです。, 洗面器に水をため、洗剤を1〜2滴垂らします。使う洗剤は、おしゃれ着用中性洗剤がおすすめです。, ゴム手袋を装着しましょう。水と洗濯製剤を入れた洗面器の中にたたんだ衣類を入れます。衣類をしっかりと水に浸してください。 ・ヘンプ・・・アサ科の植物, 生えている植物の姿や形はバラバラですが、通気性がよく吸水性にすぐれているという特徴が共通しています。, 麻(リネン)は、吸湿性と耐久性が非常に高く、繊維が伸びにくいという特徴があります。 麻(リネン)を干す方法には、平干しとぬれ干しの2つあります。, 平たい場所に洗濯物を広げて干す方法です。 部分洗い程度であれば、家で済ませてしまうのもアリでしょう。, 麻(リネン)はその性質上、長時間の洗濯には向いていません。 ぬるま湯に縮んだ服を入れ、リンスを3プッシュ入れます。 そんな生活に身近な素材ですが、毛羽立ってチクチクする!洗濯すると縮んでしまうなど、お手入の仕方が何かと悩ましい素材ですよね。, リネンは天然素材の中でも特に実用性に優れている素材です。吸水性・発散性は綿の4倍以上と言われています。, また、丈夫であり、水に濡れるとさらに強度が約60%ほど高くなるため、洗濯機で強めに洗っても強度は保障されます。, 非常に実用性に富んでいるリネンですが、お手入れの際には幾つか気をつけるべき特徴がありますので、ここでご説明します。, 植物素材を元に作られたリネンは特に変形からの回復が弱く、シワが自然回復しづらいです。, 洗濯の際にもまれたり折り曲げられたりと変形し、変形した状態で時間を置いてしまうとシワになってしまいます。, リネンは繊維の目が粗いためその分洗うと縮むことがあり、リネン100%であると5%〜10%縮むと言われています。, 現在流通されているリネンは縮み防止の処理もされていますし、縮むことを想定して大きく作られていることも多いです。, リネンは繊維自体が丈夫という利点があるのですが、そのために繊維同士の隙間が大きくなり摩擦や折りまげることでシワができたり、毛羽立ちやすいという欠点があります。, 白い布が黄ばむのは、落としきれなかった皮脂などの汚れが、空気によって酸化してしまうためです。, 特に麻は織り目が粗いものが多いためその間に汚れや洗剤の残りかすが入り込み、酸化して黄ばむのです。, また、繊維が大きいため色物や柄物の色移りもありますので洗濯の際は、色物は分けて洗濯しましょう。, 中性洗剤は、アルカリ性に比べ洗浄時、素材に影響が少なく色落ちを防ぎ、風合いを保ってくれるためです。, 温度の高い水で洗濯してしまうと繊維の縮みを誘発してしまうので、水かぬるま湯で洗いましょう。温度は、30度以下が好ましいです。, シワがつく一番の原因は脱水です。水に浸けて、せっかくゆるくなった繊維を脱水によって「絞りジワ」をつけてしまうのです。, リネンは、速乾性が高いので脱水せずともしっかり乾かせますし、むしろ水の重さでシワを伸ばす「ぬれ干し」の方が効果的です。, リネンは、太陽に弱く生地が焼けやすい性質があるので、干すときは日陰か部屋干しにしましょう。, 太陽に当てないと乾いた気がしないという方もいると思いますが、リネンは速乾性が優れていますので日陰で風に当てるだけでも十分乾かせます。, 完全に乾くまで干しておくと、自然なリネンらしい、くたっとした風合いが出ますし、生乾きの状態の時にアイロンがけをすると、シャキッとしたシャツになります。, ブラシがある場合は生地を傷めないようにしながら、水を生地に染み込ませるイメージでブラッシングします。, ・太陽などで焼けて全体的に黄ばみが広がっている場合は、液体漂白剤に浸け置きする 帽子やキャップの洗濯方法について解説しています。手洗いできる帽子、手洗いできない帽子それぞれの素材や、洗濯機で洗える帽子の特徴を説明しているほか、洗濯できない帽子の手入れ方法や、クリーニングに帽子を出した時の値段についても調べました。 より詳しく理解できるよう、その原因についても解説します。, 特に色の濃い服、買ったばかりの服は色が落ちやすいですね。 問題を未然に防ぐことができれば、魅力だけを残せます。, 同じ麻(リネン)でも、洗えるものと洗えないものが在ります。 というあなたには、こちらがおすすめ。ピンチハンガーはとっても便利なのでおすすめです。, こちらは、耐久性も◎で折りたためるタイプ。 20〜30回衣類に体重をかけて押したり持ち上げたりして、汚れを掻き出します。, 洗面器に水だけをため、衣類をしっかりとすすいでください。洗面器の水が汚れてきたら、入れ替えて再度すすぎます。, すすぎ終わったらたたんだ状態のまま衣類をネットに入れ、再び30秒間脱水をかけて終了です。干し方については後ほど紹介します。, 「ふり洗い」とは、桶のなかで服の両端を持って、素早く振るように洗う手洗いの方法です。しゃぶしゃぶみたいなイメージですね。, 洗面器の中に洗濯洗剤1〜2滴と水を入れます。手が荒れる場合があるので、ゴム手袋をはめましょう。, 衣類を洗面器にためた水の中に浸します。両端(肩)を掴んで、前後左右にふり洗いをします。, すすぎ終わったらたたんだ状態のまま衣類をネットに入れ、再び30秒間脱水をかけて完了です。, 襟や袖などの汗染み、汚れが目立つ部分に部分洗い用洗剤をスプレーします。もしくは、原液の液体洗剤を塗っておくと、汚れが落ちやすくなります。, 衣類を裏返しにしてたたみ、洗濯ネットに入れます。肌に直接触れている衣類の内側は、タンパク汚れや皮脂汚れが付いてるのです。このとき、ボタンやファスナーはきちんと留めておきましょう。, 衣類の表示に合わせてコースを選択し、洗濯機を回します。手洗いコースが安心です!脱水の時間になったら、時間を測り30秒経ってから衣類を取り出しましょう。脱水をしすぎるとしわになりやすいため、30秒くらいが理想です。, 洗濯が終わったら干し方を見ていきましょう。 この時期に他の衣類と洗ってしまうと、色移りにつながるので避けましょう!, いきなり洗濯機で洗うのはリスクが大きいです。 そのため、特に色の濃い衣服は、その色が落ちやすいのです。, 他の服に色移りする心配がありませんし、手洗いはダメージも少ないのです。 これらを使うことで、髪の毛と同じように絡まった繊維を解きほぐしてくれるんです。, やり方もとっても簡単! 見分け方としては、安定の洗濯表示ですね。, 「水洗い不可」の表示がある場合は、クリーニング店にお任せしましょう。 ホコリをブラシで払い、大きなゴミをとります。 帽子内側にあるスベリ・ビン革(内側のテープ部分)のおでこが当たる部分にファンデーションなどがついている場合は歯ブラシのような硬めのブラシでとってあげるか、いつもの何十倍などすごく薄めた中性洗剤や水をつけたタオル(かたく絞ってください。)で叩くように拭き取ってあげるととれることがあります。(ゴシゴシとこすってはいけません。) 洗濯を何度もすると痛んだり色あせたりする帽子もあるので、洗濯ではなくこうしたメンテナンス …