Follow @mikitakanamono !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? イヤホンの世界にはリケーブルという言葉があります。着脱式のイヤホンが多く発売されよく使われるようになった言葉なのですが、何のことだかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、リケーブルについてご紹介いたします! イヤホンに付属するリケーブルから他社製のリケーブルに変えると様々な変化があります。リケーブルを選ぶ上で大事な4つのポイントと、SHUREやJVC、finalなどMMCX端子を採用したイヤホンにおすすめのリケーブルを専門店が10種類ご紹介! 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); 【B&W P7】ヘッドホンケーブル自作してリケーブルしたら高音質化&取り回しやすくなった, 【かんすぴ】2160円のスピーカーを改造したら驚くほど高音質になった【P800-E】, FOSTEX数量限定「FE88-Sol」が発売されるけど買っちゃおうかな…【8.5cmフルレンジスピーカーユニット】. イヤホンにさらなる音質向上を求めるならリケーブルはおすすめのアイテムです。今回はそのリケーブルのおすすめを、MMCX端子を中心に音質、Bluetooth、コネクターなど様々な観点から紹介します。イヤホンケーブル(リケーブル・MMCX)のおすすめをご覧ください。 このケーブルを交換することをリケーブルといいます。今回はmmcx ... 4本を並べて固定し、四つ編み ... 実は簡単!lanケーブルの作り方. 4 mmcxイヤホンリケーブル ... スミチューブ、スリーブなし、ネジネジ編み ... ケーブルはなるべく細い方が良いと言うことなので、左右をそれぞれネジネジして、さらにそれをネジネジに編みました。 従来は4本編み(4本の電線を使った編み込む)リケーブルが基本構成でしたが、 イヤホンドライバの高性能化に伴い、電線を 2倍 使用した 8本編みリケーブル の需要が増えてきました。 【これ、過去最高音質 】#12【8本編み】精密導体102SSC撚線リケーブル【オヤイデ店舗オリジナル... 訳あってケーブルの自作をお考えのそこのあなた!ケーブルの自作は実はそんなに難しくありません!. オヤイデ電気直営店の「クレジットカード払い」でより便利に! 電話注文・FAX注文の際、 「銀行振り込み」「代金引換」の他に 「クレジットカード払い」 がご利用頂けるようになりました。 ※ただしメールアドレスの提示が必要になります。 *************... _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/, 超広域に渡ってフラットな特性を生かし「精密導体102SSC撚り線 19/0.08」をリケーブル用に開発。, ★オヤイデ電気で最もロングセラーである"純銀線"を柔らかく取り回ししやすくした「4N純銀撚り線 0.1sq」. 4 mmcxイヤホンリケーブル ... ケーブルはなるべく細い方が良いと言うことなので、左右をそれぞれネジネジして、さらにそれをネジネジに編みました。 12月も後半になりまして、非常に寒い日が続いています。外を出歩くと特に頭や耳周りが冷えるんですよねえ・・・, なので、1ヶ月ほど前から出かける際にはB&Wの「P7」というヘッドホンを使って音楽を聞くついでに耳周りの寒さをしのいでいます。, これ、以前から音質的に気に入っていてめっちゃ欲しかったヘッドホンなのですが、実はすでに生産終了品になってしまったそうです。そんな感じのタイミングで某専門店でセールをしていたのを見かけまして、定価よりもかなりお安く売られていまして・・・そんなわけで、勢いで買ってしまった代物なのでございます。, さて、このヘッドホン非常に気に入って使っているわけなのですが、一つだけ不満点があります。それは付属ケーブルが長過ぎることです。長さを計ったら130cmほどありました。いつもポケットにプレイヤーを入れてP7を使っている身長168cmの僕にとってはケーブルが余る余る!, 満員電車とかに乗っていると、びろーんとはみ出たケーブルが他の乗客に引っかかりそうになるんですよね。駅でダッシュするOLのお姉さんにケーブルがばっちんばっちんと当たって怖い思いをしたこともあります。, P7を作っているB&W(Bowers & Wilkins)はイギリスのオーディオブランドなので、ヘッドホンのケーブルのサイズも欧米人仕様なのかもしれません。そりゃあ、図体のでかい欧米の人にとってはそのくらいの長さを必要ですよねえ。しかし日本人としても決して高身長とは言えない僕は、このヘッドホンを使い始めた日から付属ケーブルを交換したいと思い続けていました。, また、このP7というヘッドホンはネット上ではリケーブルをすると音質もアップする!という報告もよく目にします。, てなわけで、①取り回し改善と②音質アップ。この2つの目的のために、今回はこのヘッドホンのケーブルを自作してリケーブルをしてみようと思い立ったというわけです。, このP7というヘッドホンの特徴の1つとしてリケーブルが可能であるということがあげられます。, ヘッドホン側の接続端子は、普通の3.5mmのプラグではなく2.5mmのプラグなので更に小型のミニプラグです。これがイヤーカップの内側の部分に刺さっています。このへんのデザインはホントよく出来ているなあと思います。無駄がないし見た目的にもかっこ良い構造だと思います。, このヘッドホンは音質も良くて非常に人気のあるヘッドホンなのですが、残念ながら現在は生産終了品です。(ワイヤレスバージョンのP7は今でも普通に売られていますが。), でも、今でも普通にこのヘッドホンの交換ケーブルはアマゾンなどでも購入することが可能です。自分で作るのが面倒だったり、道具が家に揃っていない人は、既製品を何処かで買ってしまったほうがコストがかからなくて良いかもしれません。, 今回使用する主な材料であるプラグとケーブルはオヤイデ電気さんのオンラインショップで買いました。, プラグは3極のヘッドホン側の2.5mmとプレイヤー側の3.5mmのものを一本ずつです。コンパクトに仕上げたかったので、なるべく小型のプラグを選びました。, ケーブルはヘッドホンのケーブルとしてちょうど良さげだった「HPC-24W V2 ヘッドフォン用2芯シールドケーブル」というケーブルを選びました。太さが3.5mmのケーブルですね。(余談ですが、ケーブルはいつかまた何かに使うだろう!ということでちょっと多めに5mも買っちゃいました。), P7の付属ケーブルの太さはノギスで計ってみたら3mmほどだったので、それよりも一回りほど太めのケーブルということになります。, 固さも少し硬めです。個人的には硬いケーブルは好きですね。丈夫で断線に対する安心感もあるし、音質的にも良さそうな気がするので。, このケーブルをちょうどよい長さにカットします。どのくらいの長さにするか迷いましたが、自分の使い勝手等を検討した結果、今回は90cmにカットにしてみました。, 2.5mmのプラグのカバーは使わないので外してしまいます。カバーを付けた状態ではP7のあの細い溝には太すぎて刺さりません。, なので出っ張った部分をヤスリで削りました。プラグそのものが非常に細かいのでヤスリの扱いに慣れない人には少し難しい作業かもしれません。余計な場所まで削らないように気をつけてください。「スリ板」という彫金用の道具を使うとやりやすいです。(細かいものにヤスリを使うと指先とか怪我することも多いので注意です。), 最終的にはこれをホットボンドで補強したり熱収縮チューブをかぶせたりして仕上げる予定です。, 今回作るP7のケーブルは片方の太さは細いですが、それ以外は基本的には普通のmini-miniケーブルと作り方は一緒です。, ↑この図だとわかりにくいかもしれないですが、図のように、両端のプラグの同じ箇所にハンダ付けすればOKです。両端のプラグのR(右)、L(左)、G(グランド)の該当する箇所同士をつなげていくイメージですね。, ですので、グランドはケーブルのシールドの銅線を使って、右と左は同じ色の被覆のケーブル同士を両端のプラグの同じ部分にハンダ付けするって言う感じです。考え方としては非常にシンプルなので、左右を間違えにくいので気持ち的には楽です。, ハンダは昔買ったオーディオ用のハンダを使用します。オヤイデ電気のSS-47というハンダです。, まず、ケーブルの被覆を剥きます。ケーブルストリッパーを使うと楽なんですけど、カッターとかでも普通に出来ます。(内部の導線は傷つけないように注意しなくちゃならないけど。), シールドの銅線は一箇所にまとめて少し短めに切っておきます。RとLの線もプラグに合わせて長さを調整しておくと、この後の作業が非常にスムーズです。, プラグにハンダ付けをする前に予備ハンダをします。予め少量のハンダを線に流しておいて、プラグを軽く温めるとそれだけで簡単にハンダ付けを完了することが出来ます。, プラグ側にも予備ハンダをしといても良いですが、経験上、こちらはハンダの量が多すぎると変なところが短絡したりするので、やるなら少なめのハンダを使用した方が良いです。, 卓上万力にプラグを挟んで、サクッとハンダ付けします。くっつける部分を軽く温めながらハンダを流し込むようなイメージでやるとうまくいくと思います。, で、もう片方のハンダ付けをしていきたいところですが、その前に、プラグのカバーや固定用の熱収縮チューブなどを忘れずに通しておきます。これを忘れてしまうと最初からやり直しなので、マジで気をつけて!(これ、やってみるとわかると思うけど本当に忘れやすいです。今までケーブルを作ってきて何度作り直ししたことか・・・), 準備OKならば、3.5mmの方も同じようにハンダ付けしてしまいます。ハンダ付けに時間をかけすぎると、ハンダが枯れたりプラグの絶縁体が溶けたりとかして良いことは何もないので、手早く作業を完了させます。, 念のために両端のプラグをハンダ付けしたら、固定する前にテスターで導通チェックしました。どこかが短絡していて完成後に音が出なかったりすることもありますので・・・, 今回は特に問題なかったけども、ケーブル製作は配線ミスがあることも多いので、こまめにテスターは使った方が良いと思います。(この段階で問題なくてもカバーを閉じた後に短絡している部分ができちゃったりすることもあります。), さて、これで一応ブラグをヘッドホンとプレイヤーに挿せば音は出る状態になりました。ここからは先は仕上げです。プラグの補強などをして、実際にヘッドホンケーブルとして使っても問題ないような状態にしていきます。, 2.5mmのプラグにハンダ付けした隙間にホットボンドを流し込みます。適当な量をつけたら、柔らかいうちに指で摘んで形を整えます。(これ、なかなか完璧にキレイな感じにはならないし、隠れてしまう部分なので適当で良いです。), 熱収縮チューブは温めると縮む特殊なチューブなのですが、ヒーティングガンで温めると失敗すること無く楽に縮めることができるのでおすすめです。, この黒い熱収縮チューブだけでも十分だとは思ったのですが、実際にヘッドホンに接続するとほんの少し(0.5mm以下)だけ隙間ができているように見えました。, 3.5mmプラグの方も同じようにホットボンドで補強します。少しホットボンドがはみ出してしまったので、その部分はニッパで切り取って形を整えました。こちら側はプラグのカバーを被せなくてはならないので、余計な部分が残っているとカバーを被せることができなくなってしまいます。, ↑プラグカバーをつける直前の状態。透明な短いストローみたいなのは、プラグに元々付いていた絶縁?のためのカバーみたいなやつです。赤い熱収縮チューブは、最も断線しやすいケーブルの根本の補強のために使ってみました。, ↑プラグカバーはネジみたいになっているので、回せばピッタリとプラグに装着できます。, 見た目で気にはシンプルな雰囲気のケーブルに仕上がってよかったと思います。普段使っていても人目が気にならなそう。, ヘッドホン側の2.5mmのプラグは、追加で熱収縮チューブをかぶせたので少しきつめになってしまいました。, まあ、おそらく少しきつめなくらいの方が、使用時に思いがけない力がケーブルにかかったときも、すっぽ抜けたりしないだろうから良いと思います。, まだ、使いはじめたばかりですが、このP7用の自作ヘッドホンケーブルでリケーブルをした感想も少し書いておこうと思います。, まず、わかりやすいところで言うと取り回しが良くなりました。今までが自分の身長としては長すぎたというのもあるけれども、使用時にケーブルが余らないので不意に変な所に引っかかりそうになることはなくなりました。, 音質も一聴してすぐに分かるくらいに印象が変わりました。まだ自分の中で感想が固まってない部分もあるのですが、明らかに違う音のヘッドホンに変化した気がします。, 付属ケーブルと比べて最もわかりやすいのが、輪郭がくっきりしたような音になったような印象です。このヘッドホン、元々空間の表現力がいい感じだと思っていたんですけど、その部分の良さがさらに際立ったようなかんじです。, てな感じで、少しだけレベルアップした音が外出時に楽しめるようになったというわけです。, 今後使い込んでいって、取り回しや音質などで気づいたことがあれば、追記していこうと思います。, 特にオーディオ系のDIYは良いですね。きちんと音が出た瞬間は脳内で何らかの汁が出ます。, ヘッドホンのリケーブルは今までもずっと興味を持っていたのですが、残念ながらリケーブルが簡単にできるヘッドホンの機種を所有していなかったので経験できていませんでした。(実はリケーブルできないヘッドホンを、無理やりリケーブルしようとして1個ヘッドホンをぶっ壊したことがある。5000円くらいのだから良かったけど。), その点、B&WのP7というヘッドホンは、多少ヘッドホン側のプラグを削らなくてはならない点を除けば製作難度は低い方だと感じました。材料も専門店であればネットなどで普通に買うことができるものですし、作り方の基本は3.5mmの普通のmini-miniケーブルを作るのとほとんど同じなので。, リケーブルの効果も感じやすい機種だと思うので、プロが作った交換ケーブルを購入してリケーブルするのも良いけれど、思い切って自作してしまうのも良いのではないでしょうか。, 【国内正規品】Bowers & Wilkins P7 モバイルヘッドフォン P7/B. 新製品『 オーグライン USBデジタルケーブル 』を使って、 USBケーブルの作り方 をご紹介していくブログでございます。 日本初の【オーディオ用高品質USBケーブル】切り売り販売を実現しました。しかも 世界でオヤイデ電気のみが販売している特注仕様 です! 100c... こんにちは! 『週刊サンデン』 ブログ です。 今週は,最近ジムにドハマりしている 柳沢がお送りします。 ここ最近というか,以前から 僕のブログの内容は、自作系アイテムやD.I.Yが多く、 それは、自分で何かを作り、その自作した... ごきげんよう、オヤイデ電気です。ケーブル、高いですよね。オーディオ用ケーブルなんて考えられない位高いのありますもんね。今日はそんなあなたに朗報!という程の事でもないのですが、ケーブルの自作のご提案をさせて頂こうかと考えております。 そもそもまずケーブルに金をかけるなんてナンセ... 2.5mm4極プラグ の L型 を作る 裏技 、 ご紹介致します! お客様より教えて頂き、実際に試してみたところ かなりしっかりと作れたのでご紹介致します! *************** 使用する部材はこちら!  部材代は約1... 意外と簡単? 充電/給電用USBケーブル の製作例をご紹介! 「スマホやタブレットの充電したいのにケーブルが足りない!」 なんてことはありませんか?そんな時に1本用意してあると意外と助かる、そんなケーブルです。 さらに 「断線してしまったUSBケーブルを復活させ... 皆さん、こんにちは! 産業系の電材にスポットを当てたブログ、週刊サンデン。 今回は、いつもと趣向を変えて、 電源用延長ケーブルの自作です。 週刊サンデン以外のオーディオ系のブログなんかでは よく出てくる電源ケーブルの自作ですが、 ここでは、そういった、嗜好... オヤイデ電気って、オーディオもやってて、楽器もやってて、産業系の電線もやっているわけですが、以前販売してたのに、色んな事情で作れなくなってしまったケーブルがたくさんあるんですよね。作れば売れるんじゃないか?といったものも多いんですが・・・。 今週の「週刊サンデン」は、過去に大... 『Beldenに偽物があるって本当?』 『オヤイデで売ってるベルデンは本物?』 この疑問を100%解決するべく、遂にオヤイデ電気が言及します! 偽物の情報源は? 1902年、イリノイ州シカゴでジョセフC.ベルデンによって設立され、100年以上の歴... 先日、あのソニーがドローン事業に参入!というニュースが流れてきました。 https://www.sony.net/SonyInfo/airpeak/?j-short=airpeak 映像クリエイター向けのコンデジをリリースする中、遂にドローンにも手を出したか!と驚く一方、ドローン... 先日、お客様からカールコードについてのお問い合わせをいただきました。 「なるべく細いケーブルのカールコードって、どんなのありますかか?」と。 オヤイデ電気で在庫しているカールコードで一番細いものをご紹介したのですが、 もう少し細いものが必要とのことでした。 特注で... https://oyaideshop.blogspot.com/2018/07/blog-post_2.html, 【これ、過去最高音質 】#13【8本編み】4N純銀撚線リケーブル【オヤイデ店舗オリジナル・リケーブル】. 12月も後半になりまして、非常に寒い日が続いています。外を出歩くと特に頭や耳周りが冷えるんですよねえ・・・ なので、1ヶ月ほど前から出かける際にはb&wの「p7」というヘッドホンを使って音楽を聞くついでに耳周りの寒さをしのいでいます。