MMCが手に入らない場合はこれで決まり♪, あれだけ注意していたのに、アースの取付を忘れてしまって2度手間になるという 金属疲労を起こして、ついには割れてしまう場合がある。, 自分も以前から気になって乗るたびに不快感を感じて仕方なかったが もう少し遅かったら最悪の状態になってたのかも・・・怖~ッ!, バイスでは最後まで押し込むことはできないので ローバー ミニのステディロッドブッシュ交換(ロア側左追加ロッド)に関するmini417の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! 少しでも動いているなら、早めにブッシュを交換した方が良い。, そのまま放置しているとほかの部分にまで悪影響が出てしまうので要注意! 折れ残ったボルトの先ッポはそのままブロックの奥に残ったままか?, いつものようにマイクロロンのMMCを塗って 同じものにネバーシーズと言う製品があり、比較的入手しやすいようなので (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 前回ステディロッドブッシュを交換したのはいつだったかなぁ・・・というレベルで換えていませんでした。たしか通勤で使っていた頃だったと思います。, シフトショックが大きいかというとそこまで気になってはいなくて、でも急にショックが大きくなるわけではなく、じわじわと衝撃が大きくなってくるので、普段乗っていて「そろそろ交換時期かな」とは気付きづらいのかもしれません。個体差があるかもしれませんが、僕の場合は加速時よりも減速時のシフトダウンで発生するシフトショックの方が気になりますね。, ちなみにこの振動はオイルにも影響を受けるので、変速がスムーズでない場合は①オイルの劣化②ステディロッドブッシュの順で疑っています。今回はオイル交換したばかりなのでブッシュですね。, 事前に購入しておくブッシュは2個で1セットのステディロッドブッシュ。ウレタンなどもありますが僕は普通黒いゴムで強化品ものにしました(それほど硬くないもの)。本来衝撃を吸収するためのゴムブッシュを固い強化品にすると、その分ロッドや接続部に強い衝撃がかかるので破損にも繋がる可能性があると聞いたためです。もちろん強化品にするとブッシュは長持ちしますし、ガッチリ固定することになるので走行性能が高めることもできます。, ひとまずエアクリを外します。これは見えているネジ3本をプラスドライバーでサクッと外して、周囲のクリップ4つを外せばフタが取れます。エアクリボックス内にゴミなどが入っていないか軽くチェックしてフィルターも出しておきます。, そしたらエアクリーナーの土台をそっと持ち上げます。下の画像はそっと持ち上げたところで、上に見えているのがエアクリボックスの土台です。, 奥に見える黄色、赤の配線、そして緑のコネクターがつながっているので、これらを全て外せばエアクリボックスの土台を取り外せます。でも配線を引っ張らないように気をつけながら、そっと向かって右側にずらしておくだけでステディロッドの作業は可能です。, エンジンルームを引いて見ると、これでできた作業スペースがこちら。いやー激狭ですがこれで作業を進めていきます。この後ステディロッド以外で作業スペース確保のためにブローバイセパレーター、通称エントツだけはスペース確保のために外します。, 人によっては他にも周辺部品をいくつか外すことで作業スペースを確保する場合がありますので、僕も「工具が入らないぜッッ!!」となった段階で他の部品を外してスペースを作るかもしれません。。, アクセス可能なボルトから外していきますが、全体の流れは以下のようになります。パズルのようですが順序通り分解していかないと工具が届かないボルト類があるためです。, ①ステディロッドのエンジンブロック側取り外し②エントツの取り外し③ステディロッドのボディ側取り外し, まずはステディロッドのエンジン側固定箇所から。エンジンとステーを固定している(一番手前側の)ボルトから外しますが、、ここはスペース的にメガネレンチを使用しました。このボルトは1/2インチサイズですが、ステディロッド周りは全てこの1/2インチサイズです。, スペースが狭いとはいえ、しっかりとレンチを噛ませてゆっくり力を込めます。エンジンの熱で固着を起こしやすい箇所なので力が必要で、ボルトを舐めないように気をつけます。あまりボルト回転させる角度が取れないので、コツコツ気長に回して外します。最後にボルトなどを落下させやすいので、気をつけてください。とはいえ落とすと思うので、マグネット付きの棒があるとどこに落ちてもなんとか拾えます。, 次にステディロッドを直接エンジンに固定しているロングボルトを外します。これも固いので、まずはメガネレンチで力をかけて緩め、緩んだらエクステンションと首振りアダプターをつけた1/2インチソケットを差し込んでクルクルと緩めます(もちろんメガネレンチでコツコツと外し切ってもOK)。, ただしこのブレーキマスター周りにはブレーキオイルの金属パイプが通っているので、これに力がかからないようよく気をつけたほうが良さそうです。, これでエンジンブロックへの固定で使用されていた金属ステーが取り外せます。先にこれを取り外したのは、次にエントツを固定していたナットにアクセスするためです。, ひとまずエントツの上端からつながっているゴム製のチューブを抜きます。固着しているようなら少し捻るように回すと取れやすいですね。そうするとエントツの付け根に2本のナットが見えるので、これらをエクステンションと首振りアダプターで外します。ここは内部から圧力がかかるわけではないのでキツく締まっていません。工具で緩め切ったらマグネットで部品を救出する感じですね。, そしたらそっとエントツを取り出します。そしてこのエントツが外れた穴が有名なのですが、ここにナットなどの物を落とすとエンジン内部に直接入ってしまい、取り出すのにエンジン分解が必要になります。, 恐ろしいブラックホールですね・・・なのでここにはすぐに布などを詰めて物や汚れが入らないようにしておきます。, エントツを外したのには理由があって、ステディロッドの残ったボディ側はボルトとナットが共締めになっているため、見えない裏側のナットをレンチで固定しなければ外れないのです。そのためにはエントツを外してエンジンルームの奥まで手を突っ込む必要があります。, 裏側はメガネレンチの1/2インチでガッチリ固定します。画像では奥まで手を突っ込んでメガネレンチで裏側のナットを固定したところ。そして上からエクステンションと1/2インチソケットでボルトを回します。このボルトを抜くとようやくステディロッドが取り出せますね。, ボルトを抜いた後、ステディロッドはボディ側の固定いた枚で挟まれて抜けづらいですが、左右に振りながら引っ張り出します。これで一息。とりあえずはそれぞれの部品をパーツクリーナーできれいにしておきましょう。. なにしろ、まだまだポンコツでレストアの発展途上中なので ブログを報告する, ミニのエンジンはサブフレームに乗っかっている構造になっており、加減速によるエンジン前後の揺れはステディロッドというつっかえ棒のようなもので支えられています。, 因みにステディロッドブッシュの交換時期の見極め方は、ロッカーカバーを掴み、ゆすってみてグラグラとエンジンが動くようでしたら変え時です。, まず、エアクリーナーボックスを外し、オイルセパレーターを外します。これらを外さないとアクセスが難しいです。, Beatrush ステディロッドウレタンブッシュ ローバー ミニ [E-XN12] 【レターパックライト対応】 * LAILE レイル 【X’mas特価】. 今後は、ロアー側のステディーのブッシュも交換が必要な感じだ! ボディー側のブラケットが繰り返されるショックに耐えきれず 東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。 ブラケットには割れや亀裂の発生はなく無事なので一応安心した♪, 同じくステディーロッドを固定しているエンジン側。 こんにちは YouTubeでとよちゃんガレージというチャンネル名で車についての動画をいろいろ配信して活動するとよちゃんです。, エンジンが揺れる原因の一つはこれ/Exchanged Steady Rod bush【Rover Mini】, オイルセパレーターを外したらここに大きな穴がありますが、絶対にこの中にボルト、ナット、異物を落っことさないようにします。落としてしまったらミッションOHしなければならないのだとか。大変なことになってしまいます。, ここの穴に合わせて段ボールか何かで蓋を作っている人もブログで見かけたことがありました。, 次にボディ側のボルトを緩めます。こちらは共締めになっているので下側から頑張ってスパナかレンチを使って緩めていきます。, オイルセパレーターのワッシャーを以前なくしたままにしてそのままにしてあったのでこの際家にあったものを代用しました。, で、取り付けていくのですがエンジンを支えているステディロッドを外したのでエンジンの位置が少しずれます。なのでこのように協力しながら、エンジンを手前に引っ張りながらエンジン側のボルトを入れます。, このステディロッドブッシュも劣化しているのに放置しておくとエキゾーストのパイプが割れたり破損したりするみたいですので、早め早めの処置が大事になってきます。, こちらからYouTubeのチャンネルページへ行くことができますので是非見に来てくださいね!, YouTubeでとよちゃんガレージという名前で活動しています。 落としてしまわないようにウエスを詰め込んでおいた。, 取り外したステディーロッド ローバーミニ:ステディロッドブッシュを交換してみる。~ブッシュ付け替え編~ 2020/2/23-ローバーミニエンジンルーム, ・ローバーミニのDIY, 僕の所有するクルマ, ︎ローバーミニ(Rover Mini Sportpack), DIYでがんばる(車種横断) エンジンアースも共付けされているので、当然一緒に外れることになる。, どうりで、あれだけガツンガツンとショックがひどかったわけだ(^^;) このブログはYouTubeの動画の内容とリンクした内容になっています。主に車関係の内容です。, bombi-mininoriさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Kamibukuroman, さてつゆだく(ローバーミニ)のリフレッシュ計画ですが、まぁ正直なところ外が寒すぎてはかどっていません。笑 でもコツコツとやれること...つづく, うちのつゆだく(ローバーミニ)は走りに関するところをノーマルで貫いてきましたが、とうとう手を入れることに。 サビチェンジャーはサビに反応して黒い皮膜を形成するので ローバーミニでドライブ「ガラ・青い海」沖縄の名所でピザ食べ放題|2月の美浜会 2019年度初omc美浜会(ミニ・ミーティング) ローバーミニ(old-mini)のクチコミ評価!欠点だらけのマイナス意見に意外な真意 オールドミニカテゴリー追加投稿テスト | サビチェンジャーを全体に塗ってサビの進行を防いでおく。 他にも気になる箇所ややりたいことが山ほどあって 月別アーカイブ. 4月2日にわが家のミニが、今回で2度目の車検から帰ってきた(^^♪ やっておく必要のあったメンテナンスだったと大反省です(^^;), 愛車ミニのメンテナンスとDIY整備やパーツ取付け例、作業メイキングを画像付きで紹介!, ニュートラルでシフトが3、4速の位置で中立になるためとっても使いやすくなりました。. めんどくさかったのでサビチェンジャーを塗りたくるという bromptonのレストア 3 (12/05) miniステディロッドステーの交換 (08/17) bromptonのレストア 2 (08/15) bromptonのレストア (08/14) ブログはじめました (08/11) 最新コメント. 急に怖くなって大急ぎで、ステディーブッシュの交換をすることにしました。, いつものように、作業の邪魔になっているホーンを取り外して 不快なクラッチミートのショックを感じるようになったら 今後の取付や取り外しは一応セーフ(^^) 愛車:ローバーミニ、v-max 只今bromptonのレストア中です。 最新記事. ボルトは直接エンジンブロックにねじ込まれているので熱による ローバーミニ:ステディロッドブッシュを交換してみる。~分解編~ 定番のメンテナンスですが、ステディロッドブッシュを交換していきます。ちなみに僕のつゆだく(ローバーミニ )は97年モデルのat車...つづく.