1 人数に合わせてコートを描く 2 2チームに分かれ、番号のついたビブスをつけ、番号の大きい2人を外野にし、あとは内野に入る 3 全部入れるまで投げるのもいいですが、入れた個数を競うルールも面白いのでオススメです。, あとは、チームごとにそれぞれ工夫して新聞紙でタワーを作ってもらいます。 そこで今回は、体力・知力など色々な能力を使って楽しめる遊びを12個用意しました。, の二つに分けて紹介しています。 ・相手の陣地の床に風船を落とせたらポイントが入る, 1.チームにわかれて縦に並びます。 2.全員、手を頭の上にあげます。 3.よーいドンで、前をむいたままボールを後ろの人に渡していきます。 4.後ろまで行ったら、今度は足の間からボールを受け取り前に渡していきます。 5.一番早くボールが前に戻ってきたチームの勝ち!, 1.音楽が鳴ったら、みんな適当に歩きます。 2.音楽が止まったら、近くにいる人とじゃんけんぽい! 3.負けた人は勝った人の後ろに並び肩を持ちます。 4.1~3を繰り返し、列車の一番先頭になった人の勝ち!, あまり長い時間やると負けて後ろにつながってる人がつまらなくなるので、いい所で切り上げましょう^^, 1.子供たちはグループに分かれます。 2.人が通れる十分な幅を等間隔で開けて一直線に並んで座ります。 3.よーいどんで、先頭の人が、並んでいる自分のチームの人の間をジグザグに走ります。 4.後ろまで走ったら、またジグザグしながら前に戻ってきて次の人にタッチします。  走ってきた子は、元の自分の位置に座ります。 5.全員が走り終えたら全員起立! 6.一番早く立てたチームの勝ち!, 1.新聞紙を体の全面に広げて持ちます。 2.よーいドンで新聞紙から手を放し、思いっきり走ります。  そうすると新聞紙が風で体にはりつくので、落とさないように! 3.次の人にタッチし、次の人も体に新聞紙がはりつくようにして走ります。, グループごとに練習をして、最後にどこのグループがたくさん飛べるかを競っても楽しいですよ。, ペアの子と足を結んで走るおなじみの二人三脚も、レクリエーションでやると楽しいですよ^^, リレーのグループは、学年混合でもいいですが、ペアになるのは同じくらいの学年通しでやるのがやりやすいです。, フラフープに2人で入って、一緒に走り、フラフープを次のペアにバトンタッチするリレーです。, 1.鬼を一人決めます。 2.他の人は一列に並び、前の人の肩に手を置いて蛇のようにつながります。 3.鬼は、列の先頭の人と向き合い合図で、列の一番後ろの人にタッチできるように動きます。 4.一番前の人は手を広げて、鬼が後ろにいくのを阻止しましょう! 5.もちろん、後ろの人たちもつながったまま鬼から逃げるようにしてください。 6.一番後ろの人が鬼にタッチされたら、タッチされた人が次は鬼して、鬼は、列の一番前にいきます。, つながったまま逃げるのは結構難しく、列が蛇のようにクネクネ動くので結構大変ですが、面白いです。, レクリエーションで低学年だけでやる場合は、こちらのルールが簡単な遊びもおすすめです!, 広い体育館でやると、しっかり走ることができますし、教室でやるより危なくないのでおすすめです。, 1.グループに分かれます。 2.円になって手をつなぎます。 3.円の中心にボールを置いて、みんなでボールを蹴りあいながら、ゴールに向かって移動します。 4.円からボールが出ないように先にゴールできたチームが勝ち!, 1.一人三枚のしっぽ(ハンカチやタオルでOK)をズボンの後ろにしっぽの様にはさんでおきます。 2.合図で、他の人のしっぽを取りに行きます。 3.多くしっぽを取れた人の勝ち!, それぞれ、ポーズがあります。 ・アリ→指で触覚が頭から生えているようなポーズ。 ・ペンギン→手のひらを下の向けて体にピタッとくっつけてペンギンのように歩きます。 ・ごりら→こぶしで胸を叩きながらドシドシ歩きましょう!, 1.はじめは全員、アリさん。 2.近くにいる人とじゃんけんして、勝ったら進化します。 3.2回目以降は、同じ動物の人を探してじゃんけんします。  ここで、負けたら退化(ぺんぎんならアリに戻る)、勝った進化を繰り返し人間になります。 4.時間内に人間になれた人の勝ち!, 1.鬼を数人決めて、通常通り鬼ごっこをします。 2.鬼にタッチされた人は、鬼と手をつなぎ自分も鬼になります。 3.最後まで残った子が勝ち!, 鬼は、作戦を立てて逃げる子を捕まえたり、ひたすら端の子について行ったり・・・結構大変。, 長くなって追いかけるのが大変な場合は、6人くらいになったら、3人に分裂するなどのルールにしてもいいでしょう。, 1.2~3チームにわかれます。 2.全員両足に風船をくくりつけて、敵チームの風船を踏んで割ります。 3.たくさん風船が残っていたチームの勝ち。, 低学年の子だと、風船を割るのが怖い子が多いかもしれないので、高学年くらいなら楽しめそうなゲームです。, 1.鬼チームと逃げるチームの2チームに分かれます。 2.鬼はボールを持っている時だけ、逃げるチームにタッチできます(ボールでタッチする) 3.鬼は、ボールを持っている時は一歩しか動けません。 4.ボールは鬼同士でパスし合います。 5.逃げるチームは鬼にタッチされたら、コートの外にでます。, ボールが複数になると、あっちもこっちも気を付けて逃げないといけないので難しいです。, 2チームに分かれて、それぞれ全員が背番号を付けます(番号つきビブスがあれば分かりやすいです), 1.背番号の一番大きい人と二番目に大きい人を外野にします。 2.後は、普通にドッチボールの要領で相手チームにボールを投げて当てます。 3.ボールを当てて、当てた相手が自分の番号よりも大きい番号をつけている場合は、その差分の人数をアウトにできます。, 例:3の番号の人が6の番号の人を当てたとします。 その場合は、「6-3=3」で、6番の人と同じチームの番号の小さい人2人(合計3人)が外野に出ます。, 当てた相手の番号が、自分より小さい、もしくは同じ場合は、当てられた人だけがアウトになり外野にでます。, ・ハンドベースボール ・キックベースボール ・ラケットベース ・バドミントン ・サッカー ・バスケット ・バレー ・卓球, このあたりも小学校の授業でもやられている事が多いものなので、ルールもよくわかっていると思います。, 今回は、小学生におすすめの体育館で体を動かして出来るレクリエーションをご紹介しました!, チーム戦のものが多く、みんなで協力しながら楽しく遊べる遊びばかりなので、ぜひやってみてくださいね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 家事&子育てをしながらブログを書いています。 ビブスの番号で外野に出でる人数がかわるドッジボールをアレンジしたあそび . 忙しい毎日を送っている方、たまには友人知人をたくさん集めて、今日紹介したような大人数での遊びをしてみてはどうでしょうか? 大人数の小学生と室内ゲームをやることになったら、あなたはどうしますか? どうしよう!何していいのか分からない!! そんなときのために 大人数の小学生が楽しめる室内ゲームについてまとめました。 そのために、ある程度のお金を徴収することの2点です。, 大人の遊びですので、ドンと奮発して一人1万円くらい出すと、参加者の人数によっては普段自分では手の届かないような豪華景品が用意できます。, あとは、見つけるチームと隠れるチームに分かれてジャンケンです。 大人数でチームビルディングを取り入れたレクリエーションができると、自然にコミュニケーションが生まれます。今回は、大人数での社内レクリエーションに使えるゲームと、メリット・デメリット、開催にあたっての注意点もお伝えします。 ・・・意外とイメージが浮かばないのではないでしょうか。, 今回は、何人で遊ぶことになっても安心の大人数での遊びを紹介していきます。 室内・屋外で簡単に遊べる面白い遊びのなかには、子どもから大人まで幅広い年代が楽しめる内容のものも多く、レクリエーションや暇つぶしにもおすすめです。そこで今回は、少人数・大人数でできる楽しいゲーム・遊びについてご紹介していきます。 歴史上の人物なら『織田信長』『真田幸村』『伊達政宗』といった具合です。, そして、その答えを見ることなく自分の額に貼り付けます。 次にその紙にテーマに沿ったものを一つ書きます。, 例えば料理なら『ハンバーグ』『肉じゃが』『うどん』等。 その方とは当たらないようにトーナメント票を決めるときに祈りましょう。, ただし、大人バージョンは一味違います。 チーム対抗レクリエーションゲーム5選 チーム対抗レク 腹ペコ人間カバゲーム. お金を使わない遊びを知っていると、金欠でも楽しく過ごせて人生が豊かになります。今回は、お金を使わずに遊べる方法をご紹介します!また関東にもあるお金を使わず... 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。 特に、ピンポン玉は床に落とすとはねてどんどん遠くに行ってしまうため一度落とすとタイムロスは必至です。, 高齢者の方は手指の運動やリハビリに。 タワーの形は一切関係ありません。, とにかく高いタワーを作り上げてチームの勝利!! ・持つのはダメ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめまして、岡山県在住ブロガーゆーだいと言います! !という取り決めをしておきましょう。, しゃべるたびに罰金箱に100円ずつ入れていきます。 ボール遊び . 体育館でのレクリエーション、体も動かせて、小学生の子供たちは大好きですよね。でも、企画する大人側は、どんなレクをしてあげたらいいのか・・・?と悩むと思います。そこで、今回は、小学校の体育館などで体を動かしてできるレクリエーション遊びをご紹介 しかし、大人数で遊ぶことにより他者との交流を行えますし、コミュニケーションも円滑に行えるようになっていきます。, たかが遊びと侮ってはいけません、 世代ごとに分けて遊びを紹介しているので、何歳の方であっても楽しんでもらえると思います。, 等、色々な面に注意しなければ参加者全員が楽しむことはできません。 その遊びがあるからこそ、私たちは日ごろのストレスを発散し、毎日を快適に過ごせるようになるのです。. 4 大人数でできる子供向けの遊び②屋外編8 ... が、ここではさらに面白いゲームができるグッズを紹介します。工夫次第でパーティーやレクリエーションが大盛り上がりするので、グッズを揃える際の参考にしてみてください。 ①トーエイライト 長なわ 団体用なわとび. また、高齢者や子供たちの場合には大人数での合唱などの場合が多いのではないでしょうか。, 『遊び』というのは、思ったよりも人間にとって重要な時間なのです。 大人数 [広さ]体育館 [レベル]★★★ . あらかじめ参加者一人ずつカードに罰ゲーム内容を書いて床に伏せておきましょう。, そして、ゲーム終了後、負けた人はそのカードから一枚を選び引きます。 大人数で盛り上がれる社内イベントを催したい、全社で交流を深められるようなレクリエーションをしたい、そんなお悩みをお持ちではありませんか?, 大人数でレクリエーションができると、普段関わらない他の部署の人員ともコミュニケーションが自然に生まれるなど、多数のメリットがあります。, 大きなイベントでの企画は、チームビルディングの要素を取り入れたレクリエーションがおすすめ。楽しみながら会社内やチームの団結力を高められます。, 今回は、大人数での社内レクリエーションに使えるゲームと、メリット・デメリット、開催にあたっての注意点もお伝えします。, ▼オンラインでレクリエーションを行いたい方は、こちらの記事もあわせてお読みください。, それでは、さっそく大人数で盛り上がれるレクリエーションについて、みていきましょう。, 一本の長いロープを使い、参加者全員が目隠し状態で行うゲームです。まずリーダーを1名決めて、残りのメンバーを複数チームに分けます。, チームメンバー全員両手でロープを持って正方形を作り、1/4を他チームの正方形と重ねればゴールです。, このゴールはリーダーにのみ伝えられ、メンバーは何も知らない状態でゲームが始まります。リーダーが、いかにゴールをメンバーに伝えられるかがこのゲームのポイントです。, 「目隠しを外した人は話せない」「目隠しをした人はしゃべれる」という追加のルールを設定し独自のアレンジを施すこともできます。, まずは参加者全員で手をつなぎ、輪を作ってもらいます。輪の一箇所の手を解いてフラフープを入れ、誰も手を離さずにフラフープを一周移動させ、そのタイムを計測。, その後、15分程度練習時間を取ります。15分の間には練習してもよいですし、練習せずに作戦を考えても構いません。15分後に再度タイムを図り、どれだけ縮められるかを目指します。, まずは2人1組になって向かい合わせに座ります。その後、手をつないでつま先を互いにつけ、一緒に立ち上がります。, 人数は2人から始まって4人、8人と増やしていき、最後はチーム全員で同時に立ち上がることを目指します。, レクリエーションの目的達成には参加者のコミュニケーションが必要不可欠。連携は意外に困難で、うまく立ち上がれない場合は発想の転換が必要です。, 参加者はそれぞれ自分のズボンから紐を出してぶら下げます。ゲームがスタートしたら、自分のしっぽを取られないようにしながら、自分以外の人のしっぽを取りましょう。戦略が重要になるためチームビルディングに効果的です。, ゲーム自体はシンプルですが、チームを複数に分けると戦略が複雑になり、盛り上がります。チーム同士の同盟や交渉などをアリにしてみても面白いでしょう。, まず川を想定して6m程度離してロープを2本設置。マシュマロに見立てたマットを使い、協力して川を渡るレクリエーションです。, マットは誰かの体の一部が触れていることが必須。ゲームの審判を1名選出しておき、ファシリテーターが1名いて、体から離れたマットを即座に回収します。, マットを体から離せないので、作戦の立て方が重要です。自然にチーム内に会話が生まれるので、コミュニケーションの促進に効果大です。, 複数回繰り返すなら、体を2か所マットに触れさせるなど、ルールをアレンジしてもよいでしょう。ロープの幅を調整することでも簡単に難易度調整ができます。, 用意する道具は新聞紙とガムテープ。ピンポン玉を頂上に乗せて5秒耐えられる一番高い塔を新聞紙で作れたチームが勝利です。チーム人数は3~4名がよいでしょう。複数チームをつくれれば大規模イベントでも盛り上がります。, 周囲を気にせず、自分たちが作る塔に集中することが勝利のポイントです。複数回実施して都度振り返りをすればチームビルディングとして効果的でしょう。, 運動会でもよく見かける、ピンポン玉を大きめのスプーンで運ぶレクリエーションです。参加者を少人数のチームに分けて玉をリレー形式でつなぎ、ゴールまでのタイムが短いチームの勝利です。, 野外やホールなどを借りて実施する場合は、複雑なコースを設けることで難易度が上がります。途中に障害物などを設けて作戦会議の機会を与えるのもいいでしょう。, 玉を落としたら罰ゲームをその場でうけるなど、工夫によってレクリエーションに面白さを出せます。, この他にも様々なゲームがあるので、目的やイベント内容によってゲームを選択できます。, 室内で実施するレクリエーションを知りたい方は、下記記事にまとめてありますので参考にしてください。, 大人数でレクリエーションを実施すると、どんなメリットがあるのでしょうか。順番にみていきましょう。, 大人数でゲームを実施すると、必然的に場が賑やかになります。あちこちで歓声があがることも。最初は乗り気でなかった人たちも、負けるのが悔しくてついついのめり込んでしまう…といったことが良くあります。, 特に趣味などを持っておらず、仕事や私生活などでのストレスを発散する場がないという人もいるものです。ゲームに参加して達成感を得ることで、チームビルディングと兼ねてストレス発散の効果も期待できます。, レクリエーション参加にあたっては戦略が求められるため、必然的に参加者でコミュニケーションをとる必要がでてきます。例えば複数部署の人員でレクリエーションのチーム構成をすると、接点がなかった人とコミュニケーションが取れます。, プロジェクトチームでレクリエーションに参加すると、チームのメンバー間でのコミュニケーションを促進できます。上司やチームメンバーと話しやすくなると、チームとしての仕事も円滑になるでしょう。, チームに溶け込みにくかった人も、レクリエーションをきっかけに溶け込めるようになることが多くあります。, ここでは反対に、大人数でのレクリエーション実施についてのデメリットを順番にみていきましょう。, 大人数でのレクリエーション実施は、必然的にイベントの規模を大きくせざるを得ません。大きな社内イベントを実施するには、当日だけではなく計画や準備にも相当の手間がかかります。, 業務の片手間で計画すると、中途半端なイベントになってしまうことがほとんど。チームビルディングの効果も期待したいならば、必ずイベントのプロジェクトを立ち上げましょう。, 大勢が集まるためには野外やホールなどで会場を準備する必要があり、会場の予約など計画的な対応が必要になってきます。, 社内イベントに出るくらいなら、家で休んでいたいという人も多いものです。場合によっては社内から実施に際して不満の声があがることもあります。イベント実施後のアンケートに不満が記載されてくることも。, こうした反発の声を避けるためには、イベントを休日などに開催せず、業務時間内でなるべく開催するようにしましょう。, 目的を踏まえたゲームを設定しても効果が出るとは限りません。乗り気な参加者が少なく、ゲームがもつ効果を発揮できないということもあり得ます。, 社内レクリエーションの効果を高めていくために、時には社内レクリエーションに特化した業者へ問い合わせをしてみることも必要です。, 最後に、社内レクリエーションゲームを実施する場合の注意点について、みていきましょう。, 大人数でのレクリエーション実施に限らず、イベントを催す際には目的を明確にしておきましょう。, 例えば、社内の交流促進や、愛社精神の醸成など。目的によって適したレクリエーションも変わってきます。まずは目的を明確にしたうえで、イベント内容やレクリエーションを決めていきましょう。, 大人数で実施するレクリエーションは、どうしても規模が大きめになってしまいます。そのため、多めの予算が必要になることは事実です。目的を決める際には、その目的を達成できる予算が割り当てられているのかを必ずチェックしましょう。, イベント内容と同様に重要なのが、参加者の募集です。予定を調整してもらえるように、少なくとも半年前には開催告知を出すようにしておきましょう。, 告知は重ねれば重ねるだけ認知が進んでいきます。社内の何かのイベントの折に告知タイムの挟み込むことや、社内掲示板への継続的な掲示など、できることは全て実施します。, 大人数で実施するレクリエーションは、盛り上がりやすく、チームビルディングの効果と合わせてストレス解消も期待できます。実施のメリットは十分にあるといえるでしょう。, しかしながら、企画の手間や社内の不満なども少なからず発生します。目的や予算、告知のタイミングなどに注意して対応していきましょう。, 社内イベントでお困りのことがあれば、ぜひ豊富なノウハウを持つIKUSAへ一度お問い合わせください。, ライター経験は2年程度。IT関連記事をメインに、さまざまなジャンルの記事を執筆している。兼業として10年程度システムエンジニアとして某メーカーで勤続中。業務の中で研修講師を務めることもあり、講師経験を活かして執筆している。. もちろん、世代が違うからと言ってその遊びをしてはいけないということは決してありません。, 子供の遊びを久しぶりにすると、大人でも案外楽しめるものです。 気づくと汗まみれになるくらい熱中してしまいます。, 身近な人の中に、信じられないほどジャンケンの強い人がたまにいますよね。 大人数で遊ぶことによってストレスを解消し、友達同士の友好を深める, 子供達は大人数で遊ぶことによって、集団行動とはどういったものなのかを楽しく学ぶことができます。, 高齢者の方たちは、仕事を引退した後などには他人と会う機会が激減してしまいます。 かといって、簡単すぎるゲームではみんなが飽きてしまうかも・・・, 大事なのは、事前に全員が楽しめるゲームは何かを考えておくことです。 複数人で分担しておけば, と一人ひとりが考え、みんながしっかりと自分のやるべき事をやってくれるようにもなります。, 当たり前のように聞こえますが、大人数になると意外と多いのが遅刻です。 大人数が集まるイベントや旅行など、普段とはちょっと違う環境で行うレクリエーションゲームは楽しいものです。今回はわたしが今まで体験した中で特に面白かった、超おすすめレクリエーションゲーム7選をご紹介します。 負けたチームはそのショッピングモールで相手チームにご飯をおごってあげましょう。, 負けた後に何を言うか決めていたらトラブルになったりグダグダになる元です。 クイズ問題をまとめました! また、子供たちは箸使いを覚えるためのいい練習にもなります。, 等問題の難易度を工夫していきましょう。 上の人はジャンプして、座布団を引き抜くのを助けてあげましょう。, 崩れたらもう一度最初からやり直しです。 高齢者の方、その家族の方達の日々の生活に役立つ情報やアイデアを皆さんに紹介していくブログです。少しでも皆さんの生活向上に貢献できたら幸いです。, 大人数での遊びって意外とアイデアが浮かばないものです。今回は、子供も、大人も、高齢者も…どの世代であっても楽しめる大人数での遊び12種類を紹介します。定番のゲームから、驚きの遊びまで盛りだくさんです。宴会などで困った幹事さんもぜひ目を通してみて下さい。, 大人数での遊びって、どんなものが浮かびますか? 特に、ラインなどで簡単に連絡が取れる現代社会では『遅刻』に関しての考え方がかなり軽いものとなっています。, それでは、大人数での遊びに適したゲームの紹介に移ります。 というシンプルですが盛り上がるゲームです。, やってみると驚くのですが、発想が自由な分案外子供のほうが上手に高いタワーを作るんです。 中学生は学校の行事として、大人数で遊ぶことも多いですよね。また、男女一緒に休み時間にレクレーション遊びをするのも楽しいですし、クラスの仲も深まります。今回は室内や外で遊べる楽しいレクレーション遊びをご紹介!クラスのあの子の意外な一面も見られるかも? 100人を超すようなこどもたち全員が一斉に楽しめる遊びをさがしています。30人程度までならいろいろと思いつくのですが、人数が増えるとなかなかみつかりません。なにかありましたら教えてください。大きな声が出せる場所なら聖徳太 今回は、大人数の遊び・ゲーム12種類を紹介していきました。, 大人数というと、ついついカラオケ・ボーリングとお決まりのコースに走ってしまいがち。