The following two tabs change content below. 保育士や先生ならば、避けて通れないのが『参観日』です。いろんな親御さんがいらっしゃるので、トラブルなく終わらせたいものですね。 参観日に欠かせないのが、冒頭での挨拶。初っ端から失敗すると引きずりますので、前もって準備しておく事が大切ですね。 11月に発行する園だよりに使える例文とおたよりのアイデアをご紹介致します。11月の園だよりは、10月中旬あたりから準備を始め、10月末に配布する園が多いようです。気候の変化や、子ども達の様子に触れた内容で複数ご紹介します。勤務する園に合わせて内容をアレンジするなど、保育士さんの園だより作成のお手伝いができれば幸いです。, 園だよりの構成例については、過去の園だより記事冒頭にてご紹介をしています。あくまでも一例ですので正解はありませんが、是非チェックしてみてください。, <例文>登園、お帰りの時間は冷え込む日もあり、早いもので冬の訪れを感じる季節になりました。お散歩へ行くと、色づいた葉がたくさん落ちており、色とりどりの葉っぱに子どもたちは興味津々です。11月に入るとますます寒くなっていくことが予想されます。衣服での温度調整ができるよう、お子さんにはいつでも羽織れるような上着を持たせて頂くと助かります。また、インフルエンザの流行も始まる時期ですので、園とご家庭で、うがい・手洗いを徹底しお子さんを守っていきたいと思います。11月も沢山遊び、寒さに負けない体づくりをしていきましょう。, そのほかの書き出しアイデア・肌寒い季節となりました。一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みから晩秋の訪れを感じています。・どんぐりや落ち葉など、自然の落とし物をたくさん楽しめる季節になりました。・朝晩は冷え込むようになりましたが、日中は暖かい日が続いており、子どもたちは外で元気いっぱい遊んでいます。・10月が終わろうとしています。吹いてくる風が冷たくなりはじめ、体調を崩すお子さんが増えて参ります。昼間はしっかりと遊んでいますので、お家ではたっぷりと睡眠を取らせてあげてください。, 11月は以下のような行事・記念日があります。・文化の日・七五三・新嘗祭・勤労感謝の日, <例文>文化の日11月3日は文化の日です。既にお知らせしている通り、〇〇保育園では、前日の11月2日に文化の日にちなんだ読み聞かせを行う他、お子さんの日々の作品を大きな教室で展示する催しを実施します。保護者の皆さまも、お時間がございましたら是非お子さんの作品を見に来てあげてくださいね。11月3日は毎年文化勲章の授与式が行われていますので、テレビ中継などもあるかもしれません。どのような人がどうして勲章をもらえたのか、お子さんと予想すると楽しいですね。, 勤労感謝の日11月23日は勤労感謝の日です。名前から、「労働者の休日」だと捉えてしまいますが、実は働くことの大切さや収穫した食べ物、周りの人に感謝する日、というのが正しいようです。普段家族のために家事を行い、お仕事を頑張ってくださる保護者の皆さまに感謝する日であることを、〇〇園でもお子さんにお伝えする予定です。〇〇組では、職場訪問を予定しています。株式会社〇〇にお邪魔し、実際に働いている様子を見させて頂きます。子どもたちが「世の中にはどのような仕事があるか」を少しでも感じられる良い機会になればと思います。, それぞれの行事の由来や雑学を知ると、園だよりが充実するかもしれません。下記の記事にて行事由来をまとめていますので、是非こちらもご確認ください!, 10月の行事を振り返り、子どもたちの成長や楽しい様子が伝わるエピソードを交えて書いてみることもおすすめです。<例文>〇〇園の大イベントの一つである運動会が終わりました。保護者の皆さまのご協力のおかげで、大きなけがもなく楽しい日になりました。ありがとうございました。運動会のプログラムでは年の違うお子さん同士がペアになる機会もあり、年長クラスは一段とお兄さん、お姉さんに近づいたように感じます。11月も勤労感謝の日や餅つき大会など、周りへの感謝をテーマにイベントを実施していきます。色々な遊び、行事を通じさらに成長していってくれることを楽しみにしています。, お知らせや行事以外にも、おすすめの絵本の紹介をいれてみてはいかがでしょうか。1~2冊を目安に、すきまを埋めるようにいれると園だよりの充実感がアップします。, 「14ひきのあきまつり」 14ひきのネズミの家族が登場する人気のシリーズ絵本です。秋の色に染まった森の中をネズミ目線でお散歩している気分になれるお話です。, 「おちばいちば」 どんぐりの馬にのって不思議な「おちばいちば」に来たさっちゃんのお話です。木の実や落ち葉で作ったスカートやごちそうなど、子どもたちも思わず落ち葉を使ってマネしたくなるものが登場します。, 「どんぐりとんぽろりん」 りすとくまが秋の実りを味わうお話です。季節を感じるお話をリズミカルな言葉と絵で楽しめる絵本です。, 園だよりに載せる内容は園によって異なるため、園長や担任同士で話し合って決めることを推奨します。保健に関することや、上着、着替えなど、保護者の協力が必要な内容を中心に記載することが一般的なようです。, 11月の園だより例文やアイデアをご紹介しました。毎回季節のことばかり書いてマンネリに感じている方は、是非行事やお子さんの様子をテーマにしてみてください。いつもと違った書き出しにしたい時や、保護者にとって新しい発見になるような園だよりを作る際は、行事の由来や雑学を参考にしてみるといいかもしれません。, 勤労感謝の日の意味や由来は知らない方も多いため、園だよりの「ネタ」になるのではないでしょうか。. メールが届かない場合はこちらまでご連絡ください。, 12月に発行するおたよりの書き出しに参考になりそうな文例をご紹介◎ 冬の訪れや、子どもたちの姿、年末の挨拶に, 11月に発行するおたよりの書き出しに参考になりそうな文例をご紹介◎ 深まる秋や冬の訪れ、子どもたちの姿に触れ, 「せんせい、いたい~」と泣いてやってくる子ども。目を凝らしてみると、ちいさなとげが!なんてこと、経験あり, 「やじろべい」に「どんぐりごま」、「どんぐり人形」に「どんぐりすごろく」。どんぐりを使ったゲーム遊びや、, 室内遊びのレパートリーを広げたい時に。フルーツバスケットやハンカチ落としなど広く親しまれている遊びから、, 12月は、クリスマスを中心に、おもわず口ずさんでしまうような楽しい歌が盛りだくさん!うたったり楽器を鳴らし, がしっと何かを掴んでみたり、引っ張ってみたり、投げてみたり。指先でつまんだり、入れたり出したり、手を振っ, クリスマスにお正月、いろんな行事がすぐそこまでやってきている時期…そわそわワクワク、同時にどんどん寒くな, 手作りゲーム遊びに手品、工作、実験遊び…なかなか外に遊びに出れない時に、おうちなど、身近にある素材や廃材, 秋のお散歩の楽しみといえば、どんぐり拾い。たくさん拾ってきたのはいいけれど、放置して気づいた時には虫がう, ほいくるを運営している編集メンバー。 保育園や幼稚園で実施される保育参観。その場で、保護者同士が初めて顔をあわせることもあるでしょう。保育参観の主役は子どもたちですが、マナーとして保護者同士や先生への挨拶もしておきたいですよね。保育参観後には保護者会や懇談会がある場合が多いです。 11月に発行するおたよりの書き出しに参考になりそうな文例をご紹介 深まる秋や冬の訪れ、子どもたちの姿に触れた書き出しなどなど。 組み合わせたり文言を調整したりして、自分ならではのおたより文の … ラボメンバーから生まれたアイディアや、コドモガラクタラボを通して生まれた遊びなどをカタチにしながら、企画・運営しています。, 室内遊び・室内ゲーム遊びアイディア大集合!〜幼児さんにおすすめの安全に配慮して楽しみやすい遊び, 乳児さんが楽しめそうな手作りおもちゃアイディア集〜0、1、2歳頃の興味関心・発達に合わせた手作. 11月のおたより文例〜園だよりやクラスだよりの書き出し文例アイディア〜 11月に発行するおたよりの書き出しに参考になりそうな文例をご紹介 深まる秋や冬の訪れ、子どもたちの姿に触れ ドキドキの保育参観。保育者にとっては普段の生活をお披露目したり、保護者の皆さんにがっかりさせたりしないようにする配慮を考えたりなど不安もある行事ですよね。そんな行事で保護者の皆様にどのようなことに気を付けたら良いのか間単にご説明したいと思い 毎月作成する保護者向けの園だより、内容がマンネリ化しがちでお困りの保育士さんも多いのではないでしょうか。今回は、行事や夏の気候に関連した内容を中心に、8月の園だよりアイデアをご紹介致します。勤務する園に合わせて例文をアレンジするなど、おたより作成の... 保育士なら知っておきたい雑学や由来が丸わかり!2020年11月の行事・イベント紹介. 過ごしやすい秋の気候から、寒い冬へと移り変わる11月。祝日や記念日など、保育園で使える雑学や由来をご紹介します。園だよりや園児とのコミュニケーションにもご活用頂ける記事ですので、是非最後までチェックしてみてください。立冬(りっとう)2020年は11月7日/... 勤労感謝の日を保育園の行事や活動にとり入れるなら、まず保育士が「祝日の由来や意味」をしっかりと把握する必要があります。子どもたちに分かりやすく伝えるためには、どのように表現すれば良いのでしょうか。今回は、保育園で勤労感謝の日に何をすれば良いのか、... kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!, COPYRIGHT MODE PLANNING JAPAN CORPORATION. 10月末に配布する予定のおたよりを「11月のお便り」として紹介します。 園庭の木の葉も、少しずつ赤色や黄色に色付き始めました。 11月の園だよりに使える例文をご紹介しています。文章やアイデアはそのまま使って頂いても、園に合わせてアレンジして頂いても構いません。いつもの季節に合わせた文章から、行事に絡めた内容等、様々なテーマで参考にして頂ける内容となっております。 11月に発行するおたよりの書き出しに参考になりそうな文例をご紹介◎深まる秋や冬の訪れ、子どもたちの姿に触れた書き出しなどなど。組み合わせたり文言を調整したりして、自分ならではのおたより文の参考に!, ・公園の落ち葉が赤や黄、オレンジへと姿を変え、お散歩が一段と楽しい季節になりました。・ますます深まる秋を感じながら、自然との触れ合いを楽しんでいる子どもたち。・肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。・日中のぽかぽかとしたお日さまがより温かく感じられる程、朝晩の冷え込みに晩秋の気配が深まる頃となりました。・一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みが晩秋の訪れを感じさせてくれます。・足元を踊る色とりどりの落ち葉や風の冷たさに、晩秋を感じる季節となりました。・園内に戻る頃には汗をにじませる程、寒さを吹き飛ばして戸外遊びを楽しんでいる子どもたち。・肌に感じられる風も涼しさから冷たさに変わり、少しずつ冬の訪れを感じる頃…・昼夜の寒暖の差もだんだんと大きくなり、少しずつ冬の訪れを感じる頃となりました。・足元でサクサクと音を鳴らす落ち葉や木枯らしの寒さに、冬の訪れを感じるこの頃…・様々な色の落ち葉が舞い落ち、秋も深まる頃となりました。子どもたちは、それを嬉しそうに集めたりちぎったりして、それぞれの遊びを見つけ楽しんでいます。・色とりどりの落ち葉やドングリなど、秋の自然は子どもたちにとって宝の山。今月は、身近な自然に触れる楽しさをより感じられる月にしたいと思っています。・どんぐりやまつぼっくり、落ち葉集めに夢中な子どもたち。すっかりと秋も深まり、少しずつ冬の訪れを感じる頃となりました。・秋から冬へと変わりゆくこの頃。衣服をこまめに調整しながら、これから一段と寒くなる季節に負けず、元気いっぱいに戸外遊びを楽しんでいきたいと思います。・吐く息がだんだんと白くなっていき、少しずつ冬が近づくこの頃…子どもたちは、寒さを吹き飛ばすかのように元気いっぱいに戸外遊びを楽しんでいます。, HoiClueを通していつの間にかこどもの姿を思い浮かべておもわずニンマリしてしまうような、「まぁ、いっか。」と、大人の都合を後回しにしていっしょに楽しめちゃうような、そんな瞬間を生み出していきたいなぁと、こだわり強く運営中。, こどもと共鳴した時の、あのなんとも言えない瞬間がたまらなくすき!\noteはじめました/https://note.mu/m_ame, メールに記載されているURLをクリックして本登録を完了してください。 11月のお便り例文を紹介します。よかったら参考になさってください。 11月のおたより. 保育園や幼稚園で実施される保育参観。その場で、保護者同士が初めて顔をあわせることもあるでしょう。保育参観の主役は子どもたちですが、マナーとして保護者同士や先生への挨拶もしておきたいですよね。保育参観後には保護者会や懇談会がある場合が多いです。そこでの自己紹介の例などもまじえて、みてみましょう。, 小学校の英語教育が始まるとともに、子どもに小さな頃から英語を習わせたいと、習い事や園を考える方も多いと思います。今回、英語中心の園生活を通じて、子どもが英語を身につけることができる「インターナショナルプリスクール」の一つを取材してきました。. 体を動かすことが大好きな子どもたちは、ダンスも大好き。テレビのCMやアニメを見ながら突然踊りだすこともあるかと思います。最近では、ママたちもダン... 我が子になにかスポーツをさせてみたい、と考えているパパママ、幼児期の子どもに人気のスポーツがどんなものなのか、気になりますよね。幼児期のスポーツ... もちもちだった赤ちゃんの手が、気がつけばカサカサになっていることがあります。「乾燥しているのかな?」「もしかして病気?」と心配するママもいるでし... 赤ちゃんがなんでも口に入れてしまうので、心配で目が離せないというママも多いでしょう。衛生面や誤飲など気になる点がたくさんあります。そこで今回は、... 子どもが通う保育園での初めての個人面談。どんなことを聞かれたり話したりするのか気になりますよね。また、面談の日に先生へのお礼を渡したいと考えてい... 小学校の英語教育が始まるとともに、子どもに小さな頃から英語を習わせたいと、習い事や園を考える方も多いと思います。今回、英語中心の園生活を通じて、... これから産まれてくる赤ちゃんのための出産準備。そこで欠かせないのが、新生児ウェアです。1日に何回も繰り返す着替えやおむつ替えだからこそ、赤ちゃん... 一生で一度の大きな買い物のマイホーム。「おしゃれなお家」「子どもとコミュニケーションが取りやすい間取り」「低予算で納得できるお家」など様々な思い... テニテオ読者の中には、これから「一生の住まい」を考えるママも多いのでは?一生ものだからこそ、デザインや機能性、安心して暮らせる快適空間にこだわり... 就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン Copyright © 2019 TENITEO inc. 子どもが新しい環境や生活に慣れたころ、保育参観が実施されることが多いですよね。どの保護者も、自分の子どもが集団生活ですごしている姿を見ることができる機会ですし、楽しみにしていることでしょう。, ママ同士で挨拶をして気分を盛り上げていきたいところですが、中には、無視されることがあるかもしれません。こちらとしては、悲しい気持ちですが、相手にとっては理由があるかもしれませんね。, ここ数年、幼稚園や保育園のママ同士による「ママ友付き合い」が話題になることもありますね。ママ友をテーマにしたドラマの影響などから、中にはママ同士でコミュニケーションを取ることに消極的なママがいるかもしれません。, 保護者同士の挨拶と同じように、担任の先生への挨拶も忘れずにしましょう。たくさん園児がいる中、毎日のように園児と向き合って保育してくださる先生には感謝したいですよね。, 保育参観が終わると、先生に時間的にも精神的にも余裕が出てくるのではないでしょうか。そのタイミングで先生へお礼の挨拶ができるとよいですね。, 保育参観の当日は、準備や片付け、または参観後の保護者会などの準備で先生も忙しくされているかと思います。そのような場合は、後日挨拶しましょう。, 園によって違いますが、保育参観の後に保護者会や懇談会があることが多いです。普段、なかなか会う機会が少ないママたちと時間を共有するチャンスなので、ぜひ参加したいですよね。.