私は車の運転をかれこれ22年ほどしてきました。その間ずっと通勤で運転してきたため、運転をしない日はほぼ無かったというほど毎日の様に車の運転をし続けてきました。, それで考えてみたんです。「ヒヤリハットを少なくして、もっと安全に運転する方法がないのかな?」って。, では車間距離はどのくらい開けるのが良いのか?一般道と高速では違うのか?車間距離の根拠は?などなど、気になる疑問をリサーチしてみました。ぜひ最後までお付き合いください!, 車間距離の目安は一般道と高速道路で異なりますので、まずは一般道の目安から説明していきます。, 秒数を数える時に時計を見るわけには行きませんので、感覚で数えることになります。するとほぼ全員が、実際の時間よりも速く数えてしまいます。かなりゆっくり「ゼロ、イチ、ニ」と数えるくらいがいいでしょう。, また、時速から15m引く時に距離の目安になるものに車線境界線があります。白線部分+線なしの部分のワンセットが10mですので、時速45kmで走行中には3セット分の距離を保持しましょう。, 車線が複数ない道路ではこの方法を使うことができません。慣れたドライバーなら感覚的に安全な車間距離が分かりますが、確実な方法としてはやはり「3秒の車間距離」と覚えておくのが良いですね。, 高速道路を走行する際の車間距離は「時速と同じ距離(メートル)」と覚えましょう。時速80kmまら80m、100kmなら100mです。, 一般道と異なりどこでも複数車線ですので、いつでも車線境界線で距離を測ることができます。白線部分+白線なし部分のワンセットが20mですので、時速80kmなら4セット分は間隔を取る必要があります。, 雨天時、アスファルトが濡れていたら最低でも上記の1.3倍の車間距離を取る必要があります。確実に安全を確保するのなら1.5倍は取りたいところ。, 数を数えるなら3秒。時速45kmの時に距離を測るなら45m(車間境界線4.5セット)になります。, 運転中に前方に異常を発見して急ブレーキを踏んだ時、安全に停止できるために乾燥路面で2秒必要だから、というのが上記の車間距離の根拠になります。, 車に急制動をかけた時、ドライバーが異常を認めてからブレーキを踏むまでに進む距離を空走距離、ブレーキを踏んでから停止するまでの距離を制動距離と呼び、停止距離=空走距離+制動距離という式が成り立ちます。, 雨で路面が濡れているときには路面とタイヤの間の摩擦係数が小さくなるため、概ねこの距離の1.3倍が停止距離になるわけですね。, 雨や雪でスリップするのを防止する運転方法についてはこちらの記事にまとめました。併せてご覧下さい。, また、雨の日の夜の運転で気をつけるべき事はこちらで詳しく解説しました。参考にぜひどうぞ。, さて、走行時だけでなくて停止時の車間距離というものも存在します。実はこの停止時車間距離を意識することにも大きな意味があったんです!, 信号待ちなど、停止時には前の車のタイヤが完全に見える位置を心がけましょう。この位置で前の車との距離は4~5m程度になります。ちょうど車1台分を空けることで追突防止に大いに効果を発揮します。, また、停止時の車間距離をとる事で発進もスムーズに行うことができ、運転のストレス軽減にもなるんです。試してみると面白いほどイラつき度合いが軽くなるのが分かりますよ!, ところで、実は車間距離を詰めて走行することに対するペナルティもちゃんと法律になっていることもわかりました。詳しく知りたくないですか?, 道交法第26条 (車間距離の保持) 第1項 その場合は、違反場所はもちろん、周囲の状況もよく見て駐停車する必要があります。 まず、題にもある 「停車」 というものが何なのかというと、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 徒歩、自転車などで頑張ってもらいたいものです。, するなら最小限、最低限にとどめた駐停車にしましょう。 信号が青になっても前の車が発進しない場合、発進を促すために警音器を鳴らしてはいけない。←この問題は誤だと思うのですが、実際の道路でも青だよ!と警音器鳴らさず、気が付くまで大人しく待つべきですか? 駐車場の出入り口から3m以内は駐車禁止というだけなので問題ありません。, 駐車が禁止されているだけですから。 ④交差点の前で停車していたら後ろの車③のような人からクラクションを鳴らされて前に進んで停車した人。 クラクションを鳴らした理由が「前詰めろ」という意味です、わけわかりませんね。 僕も④の人になった経験があります、渋滞で信号のない交差点に入る前で停車していたら、僕のす� 路上での路端停車という課題をやっている方もいることでしょう。, 交差点の前後5m以内や、横断歩道の前後5m以内などは駐車も停車も法令上禁止されています。, さぁ、それらを避けて停車しましょう!となりますが、駐車場の出入り口付近ってどうなんでしょうか?, 大丈夫かどうかの論点が、違反になるかどうかということになれば、 故障などの理由により継続的に車を停止させることです。, 5分以内の荷物の積み下ろしや、人の乗り降り、 停車をしているつもりが実は駐車に該当していて、 赤信号で停止する時にうっかり停止線をオーバーしてしまった経験をお持ちの方もいると思うが、やはり交通違反なのだろうか。実際に検挙される可能性も含めて詳細を調べてみたので、ぜひ最後までお読みいただきたい。 停車させている自動車を避けて通行している自動車には迷惑ですからね。, 避ける自動車たちは、本来であれば必要のないブレーキ、ハンドル操作を求められるわけですから。, 一番良いのは、駐停車しないことですが、どうしてもという時もあります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 皆さんが元気が出るような記事を提供したいと考えていますのでよろしくお願いします。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 停車(ていしゃ)は、車両等が一時的に停止すること。 基本的には車輪を用いた乗り物がどこかで一時的に停まることを指す。 日本の道路交通法においては、「車両等が停止することで駐車以外のものをいう。 」とされ、継続的な停止とされる駐車とは区別される。 店舗周辺の混雑が想像できてしまいますね。( ゚Д゚)停車は避けましょう。, 明らかに営業していない店舗の駐車場出入り口だったり、 停車させない方が良い!ということですな。, 都心部に行けば、大通りで停車どころか駐車をしているドライバーも多いですけど、 交差点では、正しいルールにのっとって停車しなければ大きな事故につながってしまったり違反になってしまったりする場合があることを知っていましたか?, 正しい知識を身に付けて事故を起こさないためだけでなく、自分が事故に巻き込まれることがないようにしましょう。, 今回の記事では、車やバイクを運転している人のために正しい交差点での停車についてのルール。. 駐車と停車の定義の違いってわかりますか?何となく感覚ではわかっていてもあらためて問われると、わからないもんですよね。この記事では、駐車・信号待ちなどでの停車の定義|路上駐車/バイク/自動車の停車の定義について紹介しました。, 記事に記載されている内容は2018年06月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 駐車での停車の定義は「人の乗り降りのための停車」「5分以内の貨物や荷物の積み下ろし」「法令の規定若しくは警察官の命令により、または危険を防止するための一時停止の場合」の3種類のみです。それ以外は、全て駐車となります。, 停車と駐車の定義の違いは、駐車が継続的に車両を止めることで停車は一時的に停止することです。道路交通法では、停車は「車両等が停止することで駐車以外のものをいう。」駐車は「客待ち、荷待ち、貨物の積み降ろし、故障などの理由による継続的な停止状態で貨物の積卸しのための停止で5分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く」と定義されています。駐車禁止の場所で駐車か停車かによって取締りの対象になるか否かが変わってきますので、特に車を運転する人にとっては、しっかり理解する必要があります。駐車と停車をあわせて駐停車といいます。, 人の乗り降りのための停車は、人が乗り降りする目的で停車している場合です。タクシーなどで客待ちをしている場合は、停車ではなく駐車になります。人の乗り降りの場合でも、運転者がトイレや打ち合わせなどで車両を離れてすぐに運転できない状態の場合は、停車ではなく駐車とみなされます。, 5分以内の貨物や荷物の積み下ろしの停車は、5分以内で終わる貨物の積み下ろしの目的で停車している場合です。5分を超える貨物や荷物の積み下ろしや荷待ちの場合は、停車ではなく駐車になります。5分以内の貨物や荷物の積み下ろしでも運転手が車両から離れて、すぐに運転できない状態の場合は、駐車になります。業務などで駐車禁止区域で停車して貨物の積み下ろしをするときは5分以内ですませて車から離れないように充分に注意します。, 法令の規定若しくは警察官の命令により、または危険を防止するための一時停止には、以下のようなものがあります。・衝突などの危険を予防防止して、危険を回避する・行き違いのための待ち合わせなど・赤信号や一時停止の道路標識、踏切の直前・歩道や路側帯を横断する場合のその直前・横断歩道などで駐停車している車の前方に出ようとする直前・横断歩道などの出入りや進路変更などで歩行者や優先車両に対して・乗降中の路面電車の後ろ・発進しようとしている車や進路変更の合図をだしている車に道を譲る・交差点付近で緊急車両に道を譲る・進入および停止の禁止の場所・歩道を通行する場合に歩行者に対して・身体障害者や老人・子供が通行・横断, 信号待ちによって車が止まっている場合にも道路交通法では、停車になります。道路が渋滞していて、赤信号で信号待ちしている場所がたまたま駐停車禁止の場所の場合はどうなるでしょうか。この場合は、信号待ちが優先されます。駐停車禁止だからといって無理やり進めても前に車がいれば、進むことはいけませんし、前に車がいない場合も「信号無視」の交通違反で危険な行為です。「信号無視」をして事故を起こしてしまうと重大な過失責任が問われてしまいます。これは、駐車禁止の場所で荷物の積み下ろしで5分近く経過してすぐに発車しないと停車が駐車になってしまう場合、たまたま歩行者が通りがかってすぐに発車すると歩行者に危険が及ぶ可能性がある場合は、歩行者が通り過ぎ安全になるのを待ちます。道路上では、常に安全を最優先する必要があります。, 道路交通法では、停車についての定義は、「車両等が停止することで、駐車以外のもの」で停止についての定義はありません。道路交通法では、停車は「車両等が停止することで駐車以外のものをいう。」と定義されています。停車の定義から停止は、停車と駐車を含んだものと解釈できます。, 路上駐車の停車の定義は、駐車にあたらない短時間の車の停止で貨物の積卸しのための停止で5分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止です。車を止めて5分以内でも、運転手が車から離れてすぐに車を運転できる状態にない場合は、停車ではなく駐車とみなされます。駐車禁止の場所での路上駐車は、駐車違反になるだけでなく他の車の車線変更を余儀なくさせたり、視界を狭くしたりして事故の原因にもなります。絶対にしないように心がけましょう。, 自動車の停車の定義は、駐車にあたらない短時間の車の停止です。「人の乗り降りのための停車」「5分以内の貨物や荷物の積み下ろし」「法令の規定若しくは警察官の命令により、または危険を防止するための一時停止」が自動車の停止になり、それ以外は、駐車になります。また、運転手から車から離れてすぐに車の運転をできない場合は駐車になります。, バイクの停車の定義は、自動車と同じく駐車にあたらない短時間の車の停止です。バイクは、道路交通法では、自動車と同じく車両と定義されています。バイクの停車に関する定義は、自動車と同様に考えるべきです。, 自転車の停車の定義は、自動車やバイクと同じく駐車にあたらない短時間の自転車の停止です。バイクは、道路交通法では、自転車は軽車両と定義され車両と同じ扱いです。自転車の停車に関する定義は、自動車と同様に考えるべきです, 駐停車禁止の場所に駐停車した場合に「駐停車違反」駐車禁止の場所に駐車した場合は、「放置駐車違反」となり処罰の対象となります。また、2006年より「放置駐車違反」の「放置駐車違反確認標章」を取り付けられた運転者が出頭しない場合に該当する車の所有者が責任を問われる「放置違反金」の制度ができています。, 駐停車禁止は、駐停車禁止の場所に違法駐車することです。駐停車違反の場合、放置駐車違反よりも罪が重く違反点数反則金共に高くなります。駐停車禁止の場所は、以下のとおりです。・交差点とその端から5m以内・道路の曲がり角から以内・横断歩道・自転車横断帯とその端から前後に5m以内・踏み切りとその端から前後に10m以内・安全地帯の左側とその前後に10m以内・バス・路面電車の停留所の標示板から10m以内・坂の頂上付近や勾配の急な坂・軌道敷内・トンネル, 放置駐車違反は、駐車禁止の場所に違法駐車することです。放置駐車違反は、以前は、警察が行っていてミニパトで婦警さんが白線を引いて取り締まっていました。現在は、警察から委託された「みどりのおじさん」と呼ばれる駐車監視員が主になっています。駐車監視員は、放置車両を確認して「放置駐車違反確認標章」を取り付けます。駐車監視員は、専業で駐車違反を取り締まるので、警察が直接やってたときよりも取り締まりを受ける確率が高くなっています。駐車禁止場所は、以下の通りです。・火災報知機から1m以内・駐車場・車庫などの自動車専用の出入り口から3m以内・道路工事の区域の端から5m以内・消防署などの出入り口から5m以内・消火栓・消防水利標識が設置されている場所から5m以内・駐車した車の右側に3.5m以上の余地がない, 停車の定義は、駐車との定義の違いが分かればさほど難しくありません。停車の定義をきちんと理解すれば、停車と駐車の定義の違いを知らなかったために「うっかり車から離れてしまった」「荷物の積み下ろしに5分をこえてしまった」などと駐車禁止の場所で放置駐車をしてしまうことを防ぐことができるでしょう。「車の荷物の積み下ろしが5分以内」という規定に微妙に違反してしまう場合や、車から離れる可能性がある場合は、停車のつもりでも駐車場に停めるのが確実です。停車の定義について駐車との違いがわかるようにしっかりと理解しましょう。, ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多いドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!, 車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法を紹介しています。サイドミラー自体のモーター故障から、サイドミラーごとの交換修理費は車種によります。部品・工賃を含めると、方側で3~4万程です。修理費用の安く済む方法を紹介しています。ご覧ください。, 高速道路で車両を駐停車を行う場合、原則禁止事項を守る必要があります。では、運転手は高速道路の路肩に車を停める場合にやるべきことは何かをご紹介します。さらに、高速道路の路肩に停める場合の注意点もお伝えしますので、是非、参考にしてみて下さい。, カックンブレーキは、初心者に多いと言われますが、上級者でも信号の変わり目にカックンするのを見かけます。車のシステムや運転の仕方でも起きてしまうカックンブレーキより、乗り心地がよくなるブレーキングを習得したいものです。ブレーキの踏み方を解説しています。, ドライバーの人材集めにもさまざまな方法があります。転職サイトを活用したり、紹介制度を取り入れることも大切ですがドライバーがメリットを感じることができなければ、効率的な人材集めはできません。自社のドライバーの意見を取り入れて人材集めの方法を考えてみましょう。, 新聞配達は学業などと両立しやすいバイトとも言われています。しかし、朝が早くて大変そうというイメージの方も多いのではないでしょうか。この記事では新聞配達バイトの勤務時間や仕事の流れまで紹介します。新聞配達のバイトに興味がある方はぜひご覧下さい。, 雨天時の車の運転は、運転がしづらく事故が発生する確率も高くなります。運転をする際は、晴天時よりも一段と注意しなければいけません。今回は、雨天時の安全運転のポイントと、雨天時のおすすめ商品をご紹介します。雨天時の安全で快適な運転に、お役立てください。.