私が行ったのは以下の内容です。, この分野は100%出るのが分かっているので、本番直前でもやはり重点的に勉強しました。 大学受験物理の記述対策!答案の書き方・おすすめの参考書・問題集; 化学の記述・論述問題で高得点を取るための書き方と、おすすめ参考書; 大学受験勉強の効率upにボイスレコーダーはおすすめ!使い方と … これまで行ってきたことの復習などを中心に、自分の知識をさらに強固なものにしましょう。, 私は直前は論述問題ばかりを解いていました。 特に2次型の生物が好きで、駿台全国模試で偏差値70を超えたり、割と難しめの年の阪大2次本番で7割取れました。 →ここが一番大事です。とにかく量をこなして処理能力を高めて下さい。1セット解き終わる毎に必ずミスの傾向分析や時間配分の反省などを行いましょう。, ④弱点の補強、得意分野の強化 「化学記述・論述問題の完全対策」は「東大・京大・医学部志望で、化学の記述・論述対策をより重点的に行っておきたい場合」におすすめの問題集です。 記述・論述対策に絞って編集されている化学の参考書・問題集は、これ以外にありません。 この続きはこちらから!. またこの分野は少し融合問題気味であったりして、難易度が高い場合が多いです。, の2種類に分かれますが、基本的には①メインで行いました。 生物は知識勝負なので、自分の中で事象を関連付けて体系的に理解する必要があります。 記述論述問題の完全対策もいいな 鬼のように記述問題が載ってるw 8 : 大学への名無しさん :2012/06/27(水) 17:40:56.37 ID:8C6Ge5JH0 化学の記述問題はこれでばっちり対応 二次試験で化学の記述問題を解く受験生向けです。内容がヘビーなので、春休みや夏休みなど、まとまった時間が取れる時期に取り組むと良いでしょう。後期試験対策にも役立てることができます。 化学的な思考を学べ! 時々難易度が高い問題が入っているので、学習中期としては8~9割程度の理解度を目途に学習すればいいです。, その他、『遺伝』は旧帝大2次で超頻出の重要単元なので、入念に対策を行いました。 そのために参考書をよく読み込むのです。, そして、問題演習も並行して行います。 リンに関連して、化合物の構造や反応、電池反応など、幅広く問われた。問エ、オの計算がやや手間ではあるが、比較的取り組みやすい問題である。, ●問題の内容・分析 ヨウ素滴定に関する問題。実験中に希釈を何度か行うため、問ウやエで立式時に反映するのを忘れると正解できない。問オは実験誤差に関する問題であり、思考力が必要である。, ●問題の内容・分析 教科書を読んでもイマイチ頭に入らなかったので、まずは知識ということで、生物語句を書き込む形式の”ノート系参考書”を使い基礎知識を頭に入れました。, 生物はまずは難しいことはやらなくていいです。 私もその膨大さにかなり苦労しました。, 結局、受験生物はその膨大な知識をいかに要領よく修得するかというところに尽きます。 問題 有機化合物を完全に燃焼させて元素分析を行う際に、燃焼によって生成した混合気体を、はじめに塩化カルシウム管に通し、次にソーダ石灰管に通して吸収させる。このとき混合気体を通す順序を逆にしてはいけない理由は? 問題 ベンゼンを空気中で点火すると、多量のススが出る理由は 阪大レベルだと難しい年は本当に難しいので、手が出なかったりしましたが、それを踏まえて理解が足りていなかった分野の対策や、強化するべき分野の把握などを行いました。, 本番直前にまでなると、今更ジタバタしてもあまり意味内です。 そうなる前に、事前に対策しておく必要があります。, 私の場合は阪大でしたが、阪大はかなりハイレベルな遺伝子関連の問題が特徴でした。 ここ2年ほど難化傾向です。東大としては易しめ~標準的な内容が中心ですが、ところどころに思考力を要する小問や煩雑な計算を必要とする小問が散りばめられています。また、分量も、実質中問6題構成だった頃に近づいてきています。, ●問題の内容・分析 黄銅鉱の製錬・精錬を題材として、金属イオンの性質を中心に問われた。問サのように一部に煩雑な計算もあるが、標準的な知識で解答できる問題がほとんどであり、得点を積み重ねたい問題である。, ●問題の内容・分析 田部本は割と簡潔にわかりやすくまとめられていて、図もあるので学習効果は高いです。, ある程度、基礎が固まり始めたら、基礎から標準レベルの参考書・問題集を使用しました。, 生物は基本的には『分野別』の学習で大丈夫なので、例えば「細胞とエネルギー」という分野の『光合成』という単元を語句ノートで学んだら、すぐに学習中期に移ってもOKです。 学習初期では飛ばしていた、少し複雑な内容の理解に努めました。, 基礎を学び終えた後は、より深く単元を読み込み、自分でノートに図を描いたり文章でまとめるなどを行いました。 語句だけでなく選択問題や記述問題など、より高度な問題にチャレンジ。 理由は、本番で絶対に出題されると言うことと、論述問題を解くことで、生物の総合的な復習にもなるためです。 「理系で東大を目指しているが、化学に対してどう対策をしたら良いかわからない」「地方に住んでいて東大対策の情報が入ってこない」といった悩みを抱えてはいませんか? この記事では、今年東大に合格した理系東大生の筆者が東大化学の対策法を紹介します! 東大入試に向けて、それ相応の対策を行う必要があります。このページでは、東大化学を攻略するための勉強法、また勉強をしていく時にオススメの参考書や問題集を1つ1つ紹介していきます。 ... 化学記述・論述問題の完全対策. 分析第1弾では、まず2019年度の東大化学の出題傾向を概観します。さらに、受験生の答案をもとに、どの大問が合否を分けたのかを検証。合否を分けた「差がつく一問」を選定しました。 内容・分析でも述べましたが、加える試薬が伏せられている箇所が多いため、一つでも理解できない反応があると、全貌を把握するのが難しく、大崩れしかねない問題です。最終生成物の構造式から、「Aはヒドロキシ基のパラ位に置換基が入る」と気づくことが最初の突破口になるでしょう。そのうえで、高校化学で学んだことを応用して、粘り強く順に考えていけば,得点を積み重ねることができるでしょう。, 実際に東大を受験したZ会員の先輩が、「再現答案」を作ってくれました! さらに、その答案をZ会が添削。過去問演習を効果的に進めていただくために、以下のポイントを解説します。, 東大対策のプロであるZ会の科目担当者が徹底分析。合格への戦略が立てられます。 「理系で東大を目指しているが、化学に対してどう対策をしたら良いかわからない」「地方に住んでいて東大対策の情報が入ってこない」といった悩みを抱えてはいませんか?, まず東大化学全体の形式と特徴を説明し、そこから導き出される注意点について説明します。, →題材は高校化学の範囲から満遍なく出題されるので、典型問題ならどの分野から出題されても解けるようにする事を心がけましょう。, →実戦演習をする時は必ず物理と一緒に行い、自分に合った時間配分を身につける事が重要です。物理と化学のどちらの処理能力向上に注力したほうが効率良いかという分析がバランス良くできますし(これ以外と大事!)、どちらかに時間かけ過ぎたというミスをした時の対処も訓練できます。, →一瞬投げ出しくなる気持ちを一旦はぐっと堪え、実は簡単なのか本当の難問なのかを見極められるようにする事が超重要です。自分の知っている知識で解けるはずだと強く意識しながら考える習慣を日頃からつけて下さい。, →苦手な友達に教える、または脳内授業をする習慣があるととても良いです。自分の理解が曖昧な点もあぶり出せます。, 構造決定の問題が圧倒的に多いです。この手の問題は演習を積めばできるようになるので、必ず得点源にするべきです。, 頭の中がこんがらがりがちですが、僕は①分子式(特に炭素数)と炭素骨格②官能基、③官能基の位置の3種類に情報を分け、また実験の流れを図示して整理する事を心がけると上手くいきました。, 例えば、元素分析や分子量測定、反応前後の質量変化の情報からは分子式に関する情報が得られるので①に分類できます。また、原子が反応の途中で消える事がないという事実と分子式とを意識すると(特に炭素数について)、実は炭素骨格が一意に定まる等して構造決定を素早く行える事が多いです。簡単な例をあげると、分解前は炭素数が7の化合物で、分解後片方はフマル酸で炭素数は4だから、もう片方は炭素数が3だから炭素骨格はこれしかないじゃん!という具合です。, 不飽和度や検出反応に関する情報は②になります。特に不飽和度を考える時、二重結合やカルボキシ基は大丈夫な人が多いですが、環や三重結合、アゾ化合物が盲点になる人が多いようです。, ヒドロキシ基の酸化や二重結合の開裂の後の情報や幾何異性体、不斉炭素原子に関する情報は③に分類していました。不斉炭素原子が1つある構造を考えるとこの位置にヒドロキシ基がくるしかない!といった具合です。また、辞書的に候補を数え上げる力も大事です。, 反応式を書かせる問題がほぼ毎年出題されているのは見逃せません。ここは必ず得点しましょう。出題された反応は酸塩基、酸化還元、沈殿、錯イオン生成、分解の5つに分類されます。, 基礎的な知識問題も出るので、その時は確実に答えを合わせましょう。模試やテストの度に暗記事項を詰めるという作業を繰り返していたら知らぬ間に知識が定着していたという人を割と見かけます。また、数学とは違って化学はセンター対策(多分共通テストも)にガッツリ取り組む事が2次試験にも良い影響をもたらします。, 数値計算が大変だったり難しかったりする問題も割とあります。そういう問題も配点は簡単な問題と変わらないように思われるので、捨てる勇気も必要です。, 典型問題は解けるようする事と、日頃からたくましく計算して数値を合わせきる練習をする事が肝要です。有効数字に気を配る習慣もつけて下さい。, 全ての基礎です。付属の問題集を解いて(セミナーとか?)手を動かしながら理解しましょう。付属の問題集は全てやる必要はありません。, 写真やイラスト、図などの視覚的な情報ともに教科書を読むと定着が早くなります。特に無機化学の知識の暗記の際に重宝します。, 高校化学の辞書です。分からなかったり、詳しく知りたいと思ったりしたら該当箇所を読んでみるという使い方をしましょう。隅々まで読み通してやると意気込む人や、分厚いから居眠りする時の枕にしようとする人をちらほら見かけますが、僕の知る限りではそのような人はみんな学習内容が身についていないのでどちらの使い方も推奨しません。一部内容が微妙に間違っているみたいですが、大学受験の勉強にあたっては問題ありません。, 基礎的な計算や教科書レベルの知識を完璧に定着させるのに役立ちます。非常におすすめです。, 内容は改訂されつつも、何十年も前から受験生のバイブルとして存在し続けている問題集です。難易度は標準レベルです。解説がやや不親切な箇所が散見されるので、身近に質問できる人がいると安心です。これ一冊を4〜5周しただけで、化学で40点以上取って理3に現役合格した人を知っています。, 難関校を目指す人の定番ですね。周りの東大合格者もたくさん使っています。僕はやった事がないのですが、難易度は標準〜発展のようです。, 使った人曰く、有効数字が間違っていたり、無機の問題がマニアックすぎたりという欠点があるようなのでそこは知っておきましょう。分量は多いですが、やり切れば典型問題の網羅という目標は十二分に達成できるようです。, ・典型問題を一通り訓練する問題として、個人的に一番おすすめです。難易度は標準〜発展です。有機化学がやや手薄ですが、後の演習で補えば良いと思います。, 新演習が331問もあるのに対してこちらは102問と必要十分な量ですし、重要問題集と違って解説が非常に丁寧な上に考え方や知識のまとめもあります。, 鉄緑会東大化学問題集 資料・問題篇/解答篇2011-2020 2021年度用 /KADOKAWA/鉄緑会化学科, ・問題演習ならまずはこれをやりましょう。直前まで残しておく人がよくいますが、それは全くお勧めしません。過去問という最高の演習素材をこなし切れないまま受験を終えてしまう現象がよく見られるからです(私も笑)。, 僕は鉄緑会が売っている10年分のものを買いました。とても良かったですが、赤本でも良いと思います。, 駿台の東大実戦模試や河合の東大オープンの過去問は3年分くらいがまとめて市販されています。特に秋のものは、量・難易度共に本試よりレベルが高くなりがちですが、練習になります。, 自分で好きな問題を集めて作成した東大形式のセットを解くのはすごく楽しかったし、ためにもなりました。特に、自分が今まで解いてきた問題で、間違えた問題や学びの多かった問題を集めて作るのはおすすめです。, 理論化学を強化したい方にはとてもおすすめです。化学の計算問題が体系立って整理されていて、理論化学の問題辞典のようになっています。, 有機化学の演習を積みたいなら東北大学の過去問が良いです。東大よりも難しいと思います。数年分をやり込んで実力がすごく向上したのを実感しました。, その名の通り、記述問題を強化するのに役立ちます。余裕がある人向けです。自分で演習セットを作る際に、記述問題をここからとってくるという使い方もありです。, 化学用語の語源や日常生活で使える高校化学の知識、ちょっと高度で深い内容などがメインで載っている参考書です。その代わり、高校化学で習う事項を網羅して解説している訳ではありません。, 一通り受験化学ができるようになった人におすすめです。とても面白く、点数よりもモチベ向上に役立ちます。受験が終わってからでも読みたくなります。, 僕はやっていませんが、京大医学部に受かった子に聞くと8割良問、2割はただただ重いだけだそうです。難問も解けるようにしたい人におすすめです。一応紹介しましたが、ミス対策を考えて演習を積む方が得点向上につながると思います。, 知る人ぞ知る難問集です。もう絶版ですが、中古のものが少しまだ流通しています。東大と京大の過去問を中心に、良問かつ難問である入試問題と筆者のオリジナル問題(超難しい)が、高校化学の内容を網羅できるように集められています。, 非常に完成度が高いです。全体的に難易度が高く、特に最終章の気体や化学平衡の問題は完全に異次元の難しさです。人間が解く事を想定していません。化学マニアの人もいるかと思って紹介しましたが、東大に合格したいだけならやらなくていいです。, ①まず教科書を理解する。 学校の進捗が遅い場合は、自分で教科書を読みながら、ドンドン進めていってください。, ちなみに私が参考にした参考書は田部本です。↓ この表から、第1問の得点率の差が最も大きく、合格者と不合格者を分けた問題といえます。 ムズカシイと感じたら、また戻って基礎を復習しました。, 理系標準問題集では、旧帝大レベルの内容を網羅できているといは言い難いので、これに加えて『生物重要問題集』も使用しました。理系標準問題集より少しレベルが上がります。, この本の良い所は、グラフ・計算問題、実験考察問題、論述問題と言われるタイプの問題の、典型問題がかなり網羅されているところです。, この問題集も良い問題集です。トコトンやり込みましょう。 弊社では、対面で授業を行う「東大家庭教師友の会」、オンラインで授業を行う「東大家庭教師友の会 オンライン」の柔軟な受講形式で授業を行なっております。, 家庭教師による授業は自宅での受講が可能です。外出する必要がなく、感染リスクが大幅に減少します。当会の教師は、対面授業でも万全の対策を行なっておりますので安心してご利用いただけます。, 新学期延期で学習環境などにお悩みをお持ちの方へ、入会金無料で短期コースも開講しております。, ★共通テストが導入される2021年からも、高い得点率が必要となることが推測されます。東京都市大学は、1次試験の配点が高い傾向にありますが、2次試験対策にも計画的に取り組みましょう。, 現代文の内1問は説明問題の他、漢字や適切な接続詞を解答する問題です。古文は現代語訳や文法問題、説明問題から主語となる人物を当てる問題や筆者の主張に関する論述問題が出題されます。, また、東京都立大学の現代文の特徴として、大論述問題が挙げられます。与えられた文章を読んで自分の考えを400字以内で論述する、小論文のような問題が大問として出題されるので、対策が必要です。, 知識だけで解答できる漢字や古文の文法問題はきっちり抑えておきましょう。現代文・古文に限らず、全体的に記述させる問題が多いため、制限字数内で解答を収める練習が必要です。その際、ただ単に字数内に収めるだけでなく必要事項をきっちり盛り込み、意味するところのわかりやすい文章を書くように心がけましょう。, 400字の論述は小論文としては文字数が少ないため、通常よりも主張を絞って書く必要があります。字数が多くなるほど、自分で添削して改善点を見出すのが難しく時間もかかるため、学校の先生などの第三者に添削指導をしてもらうとよいでしょう。, 例年文系数学は大問4題、理系数学は例年大問3題で構成されています。数理科学科のみ、理系数学3題に加え専門問題3題の計6題が出題されます。, 難易度は文系数学ではやや易しめ~標準的、理系分野では標準的なレベルで、計算もそこまで複雑ではありませんが、数理科学科の専門問題では、やや難しい問題も出題されます。, 文系数学では確率、理系数学では数列やベクトルなどの数学Bや数学Ⅲの微積分が頻出ではあるものの、全体的にあらゆる分野から満遍なく出題される傾向にあります。, また、近年は証明問題の頻度も高くなってきています。新課程に移行してからは複素数平面を絡めた問題も出題されているので注意が必要でしょう。, 標準的な問題が多いので、まずは教科書や学校で使うような問題集で基礎を固めてから標準的な入試対策用の問題集を1~2冊きちんと仕上げることを目指しましょう。有名な問題や公式の導出も押さえ、初歩の初歩から勉強することが合格につながります。, 基本的にはMARCHレベルの問題が解ければ十分ですが、数理学科を受ける人はやや応用レベルの問題にも取り組んでおきましょう。, 幅広い分野から出題される傾向にあるため、どの分野が出ても対応できるように苦手分野は確実に潰しておきましょう。また、苦手分野が克服できない背景には基本事項が押さえられていないという場合もあるので、適宜振り返って復習することも学習計画に盛り込むとよいでしょう。, 例年大問5題で、古代、中世、近世、近代、現代から幅広く出題されます。標準的な難易度ですが、短文論述問題が多く、用語の暗記だけでなくその内容や通史との関連についての理解が求められます。, 論述問題の中には、論述内容が問題に書かれておらず、自分自身で何を書くか判断しなければならない問題が出題されることもあります。史料問題も頻出なので、きっちりと勉強しておきたいところです。, 単なる用語の暗記では太刀打ちできないので、教科書や参考書を読み込みながら用語の背景にある内容や歴史の流れについて押さえておきましょう。古代から現代まで幅広く問題が出題されるため極端に手薄となっている分野があると致命的になりかねません。幅広くあらゆる時代について満遍なく勉強しましょう。, 論述問題は、知識をつけるとともに知識を体系的に文章に起こしていくアウトプットの練習が必要です。字数制限内で必要なことを過不足なく書く訓練をしましょう。また、出題者の意図を考えて解くことが重要なので、復習や添削を通して意図が汲み取れているかを確認しながら演習を重ねましょう。, 例年大問4題で、時代や地域を問わず出題されます。問題形式は穴埋め問題、単答問題、30~200字程度の論述問題が中心となっています。, 穴埋め問題や単答問題は標準的なレベルでの出題です。論述問題も標準レベルが中心ですが、中には字数制限が厳しかったり、指定語句の使いどころが難しかったりと、解答に苦労する問題もあります。, 東京都立大学の世界史攻略には、通史の理解が欠かせません。問題集に取り掛かる前に、教科書や参考書をしっかりと読み込み、内容理解を深めることで、論述に必要な視点も身につきます。, 教科書や参考書を隅々まで押さえておけば、穴埋め問題や単答問題の対策の基礎は問題なく、残りは標準レベルの問題集の演習を1冊すると良いでしょう。, 論述問題は問題の意図を理解した上で、制限字数内でわかりやすく書く必要があります。論述問題は積み重ねがものをいうので、問題集や過去問で様々な問題に触れましょう。論述した文章は可能な範囲で添削してもらうとより効果的な演習となります。, 例年大問3題構成で、100~200字の論述問題を中心として、単答問題や作図問題が出題される傾向にあります。出題は自然環境や産業に関する内容が多いです。, 東京都立大学の地理で特徴的なのが統計資料や地形図を与え、それをもとに論述させる問題が多いことです。大量の資料が与えられるため、素早くかつ正確に資料の分析ができるようにならなければなりません。, 基礎的な力がなければ解くことが困難な問題が多いため、まずはセンター試験レベルまで地理の知識を引き上げましょう。自然環境の分野が頻出なので。気候や地形といった自然地理分野の知識はしっかり深めておくと良いです。, 基礎知識がある程度深まったら、過去問や問題集で資料を用いた論述の演習を進めて論述力をつけます。できあがった論述文は先生に添削してもらい、フィードバックを受けて改善していきましょう。, 例年大問3題構成で、1題は力学、1題は電磁気から出題される傾向にあります。残り1題は近年熱力学が多いですが、波動が出題される頻度も低くないため、どの分野から出題されてもおかしくありません。, 大問3題の中に中問2題があり、片方波動、片方熱力学というトリッキーな形式で出題される年度もあるので注意が必要です。, 全体的に国公立大学の中でも標準的なレベルであり、奇問の類もあまりありませんが、若干計算量は多いでしょう。近年は実験を題材とした問題、グラフに関する問題が頻出です。, 年度によっては力学、電磁気、熱力学、波動の4分野が登場するというパターンもあり、苦手な分野を持ってしまうと焦ることもあります。自分の弱点となりそうな分野はきちんと対策しておくことが必要です。対策としては、教科書から段階を踏んで力をつけていくのが確実でしょう。, 問題演習には問題集や東京都立大学の過去問だけでなく、筑波大学や千葉大学の過去問も有効です。やや複雑な考察を求められる問題も登場しますが、標準的な問題が多いので基礎を固めることが第一です。, 例年大問3題構成で、理論化学・無機化学と有機化学が2:1の割合で出題される傾向にあります。記述形式の問題が中心で、標準からやや難レベルの問題が多いです。, 時間的な制限は厳しくないものの、理論化学分野の問題の内、一部は難易度が高めの問題でしょう。論述問題や構造式や反応式の問題、計算過程を書くことを求められる計算問題が出題されています。, 計算過程を書くことを求められる計算問題があることから、問題演習では実際に手を動かして計算をおこない、正確な計算力をつけることが合格への近道です。計算過程の記述でも論述問題でも大事な部分を押さえ、過不足なくわかりやすく解答することが求められます。, 論述問題は部分点がもらえるため、難しい問題でも採点ポイントを想定し解答することで点数アップにつながります。日頃から添削指導を受け、「減点されない」「部分点がとれる」答案作成力を身に付けましょう。, 例年大問3題構成で、幅広い分野から出題され、分野を跨いだ融合問題も見られます。難易度は標準からやや難で、問題内容は実験考察問題が中心で初めて見る実験や図、グラフと出くわすこともあるでしょう。, 論述問題がメインで、字数制限はないものの必要とする分量は多い問題が出題される傾向にあり、じっくりと問題に取り組む必要があります。さらに設問数が少ないことも加わって受験生の実力差がはっきりと表れる問題構成でしょう。, 分類や進化といった一般的に出題の少ない分野も含めて、幅広い分野から出題されるため満遍なく勉強をしておく必要があります。まずは教科書や資料集を隅々まで勉強し、知識をインプットしましょう。, 学習時は、重要な図やグラフには必ず目を通しておき、その意味を理解しておくことが大切です。また、実験考察問題には読解力と考察力が欠かせないため、初見の実験も自分の持つ知識をフルに活かして分析できるように訓練しておくことが重要でしょう。, 佐々木先生(東京都立大学在籍) 【担当科目】 英語/文系数学/理系数学/物理/生物/地理, 生徒様の目線に寄り添った、丁寧な指導を心がけさせていただきます。一緒に頑張りましょう。, 川原先生(東京大学在籍) 【担当科目】 英語/現代文/古文/漢文/文系数学/日本史/世界史, どこが分かっていてどこが分かっていないのか、生徒様の理解状況に寄り添いながら指導していきたいです。, 梅田先生(東京大学在籍) 【担当科目】 英語/現代文/古文/漢文/文系数学/理系数学/物理/化学, 東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を排出しております。, ※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+500円が適用されます。, ※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。, 首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。, 入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。, トモノカイは、成長を通じ、『次の時代の価値を創り出す人間を輩出』していくことを理念としています。日本中の世界中の"成長したいと願っている人"や"学びたいと思っている人"に、たくさんの成長機会を創出していきます。.