痛みを感じやすい人の特徴 医療脱毛の痛み、気になりますよね?痛みが原因で医療脱毛に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?今回は東京イセアクリニックの看護師が医療脱毛の痛みを詳しく解説。痛みを軽減させる方法も解説していきます。 痛みが強調されがちな医療レーザー脱毛ですが、痛みを理解し、正しい対処をすれば軽減することができます。クリニックの医師や施術スタッフは痛みも含めた医療レーザー脱毛のプロです。事前のカウンセリングで痛みについて相談し、痛みについての認識を共有しておくことで安心感が増しそうです。多くの人が医療レーザー脱毛の効果を得て快適な生活を送っていることを考えても過度に心配し過ぎず、信頼できるクリニックで施術を受けてみてはいかがでしょうか。, 「輪ゴムで弾かれたような痛み」などと表現される医療レーザー脱毛ですが、中には「痛気持ちいい程度だった」「痛くなかった」という声もあり、一概に痛みの強さを表現するのは難しいものです。そもそも痛みは感じやすい人と感じにくい人がいるように個人差があるものですが、医療レーザー脱毛の場合、脱毛する箇所や肌の状態などいくつかのポイントによって痛みの強さが異なります。, 医療レーザー脱毛で痛みを感じやすいと言われる箇所を理由と共に紹介します。体質には個人差があるため、痛みの原因は人によって違います。記事を参考に自分が痛みを感じやすいものなのか、参考にしてください。 0120-092-244. まず挙げられるのが乾燥肌の人です。医療レーザー脱毛は毛母細胞に直接働きかける脱毛方法ですが、肌へのダメージも多少なりともあります。乾燥肌は肌のバリア機能が弱まっている状態なので、さらに肌を刺激する脱毛は痛みを感じやすいと言えるでしょう。同じような理由で敏感肌の人も痛みを感じやすいです。また、無理なムダ毛処理を続けているとカミソリ負けで肌が荒れたり、色素沈着を起こしたりしがちです。このような肌トラブルがある人も注意しましょう。色素沈着を起こしている場合は、レーザーの出力を調整することで肌への刺激を少なくすることができますが、レーザーの出力を弱めると毛母細胞へ働きかけるパワーも弱くなり、思うような脱毛効果が得られないかもしれません。 毛量は半分くらいまで減ったが色は濃い : vio: 2019年にはじめて5回目。量が8割減った: ワキは6回でなくなった. 続いてよく行われているのが施術した箇所を冷やすことです。施術前に冷やすことで痛みを軽減することができるほか、施術中や施術後に冷やすことでヒリヒリとした感覚や炎症を抑えることができます。ただし冷やし方には注意が必要です。施術後すぐに肌を強力に冷やしてしまうと、毛根内の熱が冷めてしまいます。医療レーザー脱毛はレーザーをメラニン色素に当てることで発生する熱で脱毛を行っており、施術後も余熱が脱毛を促進しています。そのため、冷やすことは脱毛の効果を下げることに繋がりかねません。クリニック内で冷やすときにはスタッフや医師が適切な方法で冷やしてくれるはずですが、自宅で冷やす場合は保冷材を使わずに濡れタオルでじんわりと冷やす程度にすると良いです。ちなみに火傷が疑われる場合はこの限りではありません。しっかりと冷やし、クリニックに連絡をして診察してもらいましょう。 基本的なことかもしれませんが、体調が優れない場合も施術を避けた方が良いでしょう。体調不良の場合、医療レーザー脱毛を受けられないことが多いですが、高熱が出ているなど明らかな症状がない場合は「せっかく予約をしたのだから」と安易な気持ちで通院してしまう人もいるようです。「体がだるい」「疲れがたまっている」といった体調不良でも肌は敏感になっており、レーザーの痛みを感じやすいと言われています。施術を受けるときは睡眠を十分にとり、体調を万全に整えてから通院するようにしましょう。, 医療レーザー脱毛では痛みを感じる人が多いため、クリニックも痛みをなるべく感じさせないような施術を行っています。具体的な方法について紹介します。 対策すればあまり痛くない! 休診日:なし※年末年始、臨時休診日を除く, 女性専用クリニック、完全個室、駅近、きれいな内装 脱毛サロンの光脱毛では、永久脱毛はできません。, すべてのレーザー脱毛が光脱毛よりも痛みが強いとは言い切れませんが、傾向としては、永久脱毛ができる医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べると痛みが強いといえます。, 脱毛時に感じる痛みは、光やレーザーの照射の熱が黒い色素であるメラニンに反応しているため生じます。, 痛みがあるということは、毛根にアプローチできている証拠と言うこともできます。しかし、脱毛の痛みが効果につながるとは言い切れません。, 上記は医療脱毛クリニックのエミナルクリニックが全国の医師を対象に行った調査結果です。, 脱毛サロン・クリニックの施術が、痛ければ痛いほど効果が高いというのは「間違いである」と約65%の医師が回答しました。, 痛みの感じ方には個人差があり、脱毛方法によって痛みの程度も変わるため、自分に合った脱毛方法を選択する必要があります。, 痛みを例えると「輪ゴムで弾かれたような痛み」と表現されることが多いですが、濃くて太い毛が多く生えているVIOやワキなどの脱毛は痛みを強く感じやすいと言われています。, VIOやワキは毛が太いぶん、光やレーザーのメラニン色素への反応が強くなり、熱を一気に吸収することで、痛みが増すのです。, また、顔やひざ下など、皮膚が薄くて骨に近い部位も、光やレーザーを照射した際の衝撃が伝わりやすいため痛みを感じやすい部位です。, 毛が密集して生えている1回目の脱毛の施術時には、特に強い痛みを感じる傾向にあります。, 脱毛の痛みは、脱毛方法や脱毛部位によって異なることをご説明しましたが、加えて、肌の状態や体調によっても痛みを感じやすい場合があります。, 乾燥した肌は敏感な状態で肌のバリア機能が弱まっているため、光やレーザーなどの刺激に弱く、脱毛の施術時の痛みが増す原因になります。, また、乾燥肌は通常よりも肌トラブルが起きやすく、炎症を起こしてしまうこともあるので、十分な保湿が必要です。, 日焼けをしている場合、肌の表面のメラニンに光やレーザーが反応してしまい、痛みを強く感じることがあります。, さらに、日焼け肌の場合は、やけどなどのリスクが高くなるため、脱毛期間中は日焼け対策をしっかり行うようにしましょう。, 肌の色が黒い人は、メラニン色素に反応しない蓄熱式の脱毛方法を選ぶことで、痛みの少ない脱毛を受けることができます。, 生理やストレス、睡眠不足などによってホルモンバランスが乱れていると、脱毛時の痛みが増す原因となります。, 特に、生理前や生理中は肌が敏感な状態になり、普段よりも痛みを感じやすいため、痛みが気になる場合は生理前後の施術は避けましょう。, 脱毛の痛みは、完全にゼロにすることはできません。 医療レーザー脱毛を受ける人の中には、潜在意識の中に「脱毛は痛い」という強い意識があるために余計に痛みを感じてしまう人もいるようです。こうした気持ちを和らげ、痛みを紛らわすために、施術スタッフと会話をするのも良いでしょう。数多くの施術をこなしてきたスタッフなら、適切に対応してくれるはずです。「会話をして和ませてほしい」という気持ちをあらかじめ伝えておくことで、気がまぎれるかもしれません。もちろん「あまり喋らずに黙々と済ませてほしい」といった要望も伝えておくと良いでしょう。 土・日・祝:11:00~20:00 痛みを抑える方法として高い効果が期待できるのは麻酔を使うことです。医療レーザー脱毛は医師がいるクリニックで行われる施術のため、麻酔を使用することができます。麻酔には「麻酔クリーム」や「笑気麻酔」があります。麻酔クリームは皮膚麻酔とも呼ばれるもので、レーザーを当てる箇所に塗る麻酔薬です。塗ってから効果が表れるまでにある程度の時間がかかるため、自宅で塗ってから通院するように指示されることもあります。歯医者で塗布された経験がある人もいるかもしれません。笑気麻酔はガス麻酔とも呼ばれ、吸入することでお酒に酔ったような感覚になり、痛みを感じにくくなる麻酔です。過去には酸欠状態を引き起こす事故が起きたこともありますが、現在では事故数は激減しています。どちらの方法にも注意点はあるので、信頼できるクリニックを選び、十分なカウンセリングの元で使用する必要があります。 ・冷却や保湿などのアフターケアがある, 痛みが不安な方は、痛み対策を念入りに行っているクリニックを選ぶのがおすすめですよ。, さらに麻酔料も無料なので、痛みが心配な方にはとくにおすすめです。 噂では「脱毛は痛いほど効果がある」と聞くけど本当?痛みを感じるとしたらどのくらいの痛み?光脱毛や医療レーザーのメカニズム、脱毛で痛みを感じやすい部位、痛みを和らげる方法を詳しくご紹介! ・Iライン脱毛の範囲や痛みは?恥ずかしくない?後悔しないための知識を全解説, とはいえ無痛というわけではないので、少しでも痛みを軽減する方法を知っておきたいですよね。, 医療脱毛の痛みは少しずつ改善されているとはいえ、痛みに敏感な方は不安になってしまいますよね。, ①痛みを感じやすい部位は麻酔を使う ひざ下が痛みを感じやすいと言われる理由は毛質のほかに、ひざ下が骨に近く、脂肪が薄いことが理由とされています。レーザーの衝撃が骨に伝わりやすく、ズンと思い痛みを感じることが多いようです。うなじに痛みを感じるのも同じ理由です。, 痛みを感じやすい要因として肌の状態や体調が挙げられます。具体的にどのような状態の場合は注意したほうが良いのでしょうか。 q1.クリニックとサロンは何が違うの? q2.医療脱毛の痛みはどれくらい? q3.医療脱毛は何回くらいで終わるの? 5.まとめ ひざ下が痛みを感じやすいと言われる理由は毛質のほかに、ひざ下が骨に近く、脂肪が薄いことが理由とされています。レーザーの衝撃が骨に伝わりやすく、ズンと思い痛みを感じることが多いようです。うなじに痛みを感じるのも同じ理由です。 まだまだムダ毛が気になるため、医療脱毛を検討中。, つぎに、個室のカウンセリングルームに案内していただき、専門スタッフさんとのカウンセリングです。, 痛みについて質問したところ、まったく痛みがないとは言い切れないとのこと。ですが、麻酔も使用できるそうなので少しホッとしました。, ここでは、問診のほかにも「医療脱毛のリスク」など、事前に知っておきたい内容をしっかりと説明してもらえます。, クリニックには医師が常駐しているということで、万が一の時にも素早く対応してもらえるという安心感をもちました。, 施術室は完全個室になっており、外の目線や声が気になることもなくリラックスできる空間。, 施術室には、上記のようなタオル(バスタオル大)と紙ショーツの着替えが用意されています。 ・落ち着いた空間でリラックスできる, 施術体験から1週間経ちますが、心配していた肌トラブルは一切なく、毛がポロポロと抜けはじめています。, 医療脱毛はだいたい5回通えば完了するとのことで、これを機に今のうちから脱毛しようと決意しました!, ちなみに、レジーナクリニックは無料カウンセリング&テスト照射だけでもOKとのこと。 ②痛みを感じにくい肌状態に整える ③痛み対策を行ってくれるクリニックを選ぶ, といった部位は痛みを感じやすいと言われており、こうした部位には麻酔を検討するのもおすすめ。, 麻酔が使用できるのは、クリニック内に医師や看護師が常駐している医療脱毛ならではのメリットですよ。, 医療脱毛の痛みには個人差があり、実はその時の肌や体の状態によっても左右されるんです。, ・麻酔料が無料or安い 医療レーザー脱毛では痛みを感じる人が多いため、クリニックも痛みをなるべく感じさせないような施術を行っています。具体的な方法について紹介します。 医療レーザー脱毛で痛みを感じやすいと言われる箇所を理由と共に紹介します。体質には個人差があるため、痛みの原因は人によって違います。記事を参考に自分が痛みを感じやすいものなのか、参考にしてください。 ・背中 ・医療脱毛の効果|永久脱毛は可能?必要な回数やサロンとの違いを徹底解説, Q1.脱毛は痛いほうが効果的って本当? 脱毛経験:7年前にエステ脱毛を経験済み。 施術後に必ずすべき対策と言えば、保湿を外すことはできません。医療レーザー脱毛を受けた肌は、熱によって水分を奪われ乾燥した状態になっています。ダメージを受けた状態になっているので刺激の弱い保湿剤を選び忘れずに保湿してください。保湿剤や軟膏を処方してくれるクリニックもあるので、それらを使って肌をケアしましょう。 目次1 医療レーザー脱毛はどれくらい痛みを感じるもの?2 痛みを感じやすい箇所はどこ?3 痛みを感じやすい人の特徴4 痛みがつらいときの対策方法5 対策すればあまり痛くない! 医療レーザー脱毛はどれくらい痛みを感じるもの? 医療レーザー脱毛はどれくらい痛みを感じるもの? 「輪ゴムで弾かれたような痛み」などと表現される医療レーザー脱毛ですが、中には「痛気持ちいい程度だった」「痛くなかった」という声もあり、一概に痛みの強さを表現するのは難しいものです。  ...少しヒリヒリする程度でほぼ無痛, この中では「VIO」が一番痛かったのですが、一瞬で痛みが引くのでなんとか我慢できるレベル。, ですがI・Oラインには時々ピリッと深い痛みが走ることがあるため、痛みに敏感な方は麻酔を検討してみてもいいかもしれません。, 「ちょっとピリッとしますよ」など、看護師さんが常に声をかけてくれたので、リラックスできてありがたかったです。, レジーナクリニックには綺麗なパウダールームもあり、メイクなどをお直しすることができました。, ・思ったよりも痛みはない!  URL:https://reginaclinic.jp/clinic/omiya/, 関連記事:「レジーナクリニックの口コミ・評判は?5回の効果や予約の取りやすさを解説」, 医療脱毛の基礎知識やおすすめクリニックなど、ほかの脱毛記事もぜひ参考にしてみてください。, 【本音の口コミ】永久脱毛できると人気の医療脱毛ですが実際の効果は?いつから効果が出る?脱毛完了までの期間・VIOなど部位別に必要な回数・サロンとの違いを解説。効果が出ない時の対処法もご紹介します。, デリケートなVIOはクリニックの医療脱毛を選べば安心です。今回はアリシアや湘南など主要店を比較したおすすめクリニックを厳選。体験者のリアルな痛みや回数、経過もご紹介します。, ※本記事内の口コミは個人の感想であり、医療脱毛の効果・効能を証明するものではありません。. 医療レーザー脱毛を受ける人の中には、潜在意識の中に「脱毛は痛い」という強い意識があるために余計に痛みを感じてしまう人もいるようです。こうした気持ちを和らげ、痛みを紛らわすために、施術スタッフと会話をするのも良いでしょう。数多くの施術をこなしてきたスタッフなら、適切に対応してくれるはずです。「会話をして和ませてほしい」という気持ちをあらかじめ伝えておくことで、気がまぎれるかもしれません。もちろん「あまり喋らずに黙々と済ませてほしい」といった要望も伝えておくと良いでしょう。 ワキは以前は毎日剃るくらいのモジャモジャっぷりでしたが、医療脱毛を2ヶ月に1回あて、5回目くらいにはほとんど毛は見えない状態になっていました。 肘下は1回なので不明. ※本記事内の口コミは個人の感想であり、医療脱毛の効果・効能を証明するものではありません。, 短期間でツルスベ肌を目指せると話題の医療脱毛ですが、「施術時の痛みが強い」という口コミが多いのも事実。, 脱毛したい箇所:全身+VIO Copyright © ALETHEIA CLINIC All Rights Reserved. ・施術時の恥ずかしさもほとんどない 続いてよく行われているのが施術した箇所を冷やすことです。施術前に冷やすことで痛みを軽減することができるほか、施術中や施術後に冷やすことでヒリヒリとした感覚や炎症を抑えることができます。ただし冷やし方には注意が必要です。施術後すぐに肌を強力に冷やしてしまうと、毛根内の熱が冷めてしまいます。医療レーザー脱毛はレーザーをメラニン色素に当てることで発生する熱で脱毛を行っており、施術後も余熱が脱毛を促進しています。そのため、冷やすことは脱毛の効果を下げることに繋がりかねません。クリニック内で冷やすときにはスタッフや医師が適切な方法で冷やしてくれるはずですが、自宅で冷やす場合は保冷材を使わずに濡れタオルでじんわりと冷やす程度にすると良いです。ちなみに火傷が疑われる場合はこの限りではありません。しっかりと冷やし、クリニックに連絡をして診察してもらいましょう。