3 0 obj © 2020 Rina Yoshioka, All rights reserved. endobj 吹奏楽の活動及び演奏会等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン 2020年9 月2 日 全日本吹奏楽連盟 はじめに 本ガイドラインは8 月25 日現在、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、各団体が作成される感染 <>/ExtGState<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/Annots[ 27 0 R 35 0 R] /MediaBox[ 0 0 612 792] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> 2020/11/09 新型コロナウイルスの影響で窮地に追いやられている音楽活動を前に進めるためのプロジェクトが始まった。, 6月9日、日本管打・吹奏楽学会は、日本クラシック音楽事業協会とともに「#コロナ下の音楽文化を前に進めるプロジェクト」を立ち上げた。6月22日には、ヤマハミュージックジャパンや感染症専門医などをはじめとした複数の専門家らとともに、感染リスクを抑えながら安心して音楽活動を再開するためのプロジェクトチームの結成を発表した。, 「演奏会中、バックステージ(楽屋など)、練習活動、客席、開演前・休憩時間中・終演後のロ ビー、会場のお手洗いなどにおける感染リスクを洗い出し、専門家の指導下で感染リスクを低減する方法を考えます」(同プロジェクト・リリース参照), として、厳密な実験をもとに感染リスクを評価し、音楽性の追求・興行の成立とのバランスを考えた提言の策定を目指すとしている。, 日本では、中高で吹奏楽部や合唱部に入部してから、大人になるまで音楽を続ける人も多い。, そのため、深く呼吸することが避けられない楽器演奏や歌などの音楽活動は、一見するとリスクの高い活動のようにも見える。, ただし、少なくとも日本では、クラシック音楽や吹奏楽のコンサートなどにともなうクラスターの発生事例はこれまで報告されておらず、どの程度の音楽活動で感染のリスクが高まるのかも、正直なところよく分かっていないのが現状だ。, 「クラシック音楽の演奏を聴く人の周囲で、前後左右隣接する席の位置と、前後左右1席離れた席の位置で、飛沫等の測定量に差はあるか?」「楽器(各種)演奏者の周囲で、従来の距離で前後左右に隣接する奏者の位置と、ソーシャル・ディスタンスをとった奏者の位置で、飛沫等の測定量に差はあるか?」, プロジェクトが最初に取り組む課題。聴衆間や演奏者間でのソーシャル・ディスタンスには、新型コロナの感染を防ぐ効果はあるのだろうか。, 日本をはじめ、現状大きな流行が一段落している一部の国々では聴衆や演奏者の間に十分なソーシャル・ディスタンスを取りながら音楽活動を再開する動きが進んでいるという。, ただ、演奏会の座席数を制限してしまうと、その分チケットの売上が減少することは避けられない。プロフェッショナル・オーケストラ(以下、プロオケ)の中には、新型コロナウイルスの流行に伴い、演奏会のキャンセルが続発し、経済的に立ち行かなくなりつつある楽団も少なくない。一部のオーケストラでは、実際に大々的に寄付金を募っている状況もある。, 少なくとも、新型コロナウイルスの感染の広がりが年単位で継続することが予想される現状では、多くのプロオケの継続性という観点から考えても、一定のソーシャルディスタンスを保った状態での演奏会の開催を続けることは現実的とはいえない。, また、奏者間のソーシャル・ディスタンスについても、音楽性という意味で大きな問題がある。, 奏者は、演奏中に他の奏者と意思疎通を取りながらアンサンブルを行うため、ソーシャル・ディスタンスの導入によって演奏時の距離感が大きく変わってしまうと、オーケストラの響き自体が崩れてしまうことが懸念されているからだ。, これでは、仮に音楽活動が再開されたとしても、私たちの求める音楽活動が再開されたとは言い難い。, 同プロジェクトでは、コンサート中には基本的に会話は発生しないことや、マスクを着用しながらの鑑賞も可能であること。さらに、日本のクラシック音楽専用ホールには十分に換気できる能力があることから、クラシック音楽鑑賞中にソーシャル・ディスタンスを維持することの効果について疑問を示しているという(ただし、休憩時間中の談笑などは、感染リスクとなりうる)。, 「これまでの飛沫等の飛散を視覚化した実験結果からは、奏者間のソーシャル・ディスタンスを縮められる可能性も示唆されています。また、特に管楽器においては、遮蔽物を利用することで飛沫等の飛散を抑制できる可能性があり、それによっても奏者間のソーシャル・ディスタンスを縮められる可能性があります」(同プロジェクト), と指摘するなど、今回の検証によって、音楽を聴く側についても演奏する側についても、リスクを大きく上げない範囲でどこまで元の状態に近づけられるのか、判断材料を得ることが期待される。, だからこそ、感染のリスクを最大限抑えながら、通常時に近い形での音楽活動をどこまで再開できるのか検討するために、今回のような検証は必須といえる。, 仮に従来の距離とソーシャル・ディスタンスをとった場合と感染リスクに差がなければ、演奏会の形式を元に戻せる可能性が出てくるだろうし、差がある場合でもその程度に応じて対策を考えることが可能となる(当然、一つの実験結果だけから、感染リスクを正確に把握することはできない点にも注意したい)。, 日本では、プロオケはもちろんのこと、アマチュアの吹奏楽団や合唱団、中学・高校の吹奏楽部、合唱部をはじめ、音楽ファンは多い。とりわけ、活動期間が限られている学生のうちの濃厚な音楽活動の経験は、それ以降も音楽を続ける大きなきっかけとなる。, 新型コロナウイルスの流行による音楽活動の制限は、このような草の根的に音楽文化が定着する機会を奪いかねない。, 感染リスクを可能な範囲で抑えながら音楽活動を再開しなければ、日本の音楽文化が衰退してしまうことは免れないだろう。, 「2020年8月初旬までには必要な実験を終え、最終的には、プロフェッショナル・オーケストラや吹奏楽団はもちろん、アマチュアや学校の吹奏楽部など、日本中の音楽を愛する人たちが活動再開していくために必要な提言策定を行います」, FOXニュースへの復讐? トランプ大統領、ホワイトハウスを去った後はデジタルメディアを立ち上げか, 火星にいる宇宙飛行士とチャットするのは難しい…よくわかる動画をJAXAの惑星科学者が作成, 韓国「辛ラーメン」は「カップヌードル」「マルちゃん」を駆逐するのか。コロナ禍で見えてきた世界市場の行く先, 障害者福祉の実力者が10年超にわたりセクハラ・性暴力。 レイプ未遂や暴言に女性職員ら提訴, 発売開始の「iPhone 12 mini」がProとの“差”をほぼ感じない3つの理由…日常性能は十分高い, 【月曜朝に延期】野口さんも搭乗、イーロン・マスクの「民間宇宙船」が世界の期待を集める理由…そのあまりに苦闘の道のり, “第2のTikTok”はどれか。世界で過熱する「短尺動画アプリ」最新事情を深掘り…YouTube新機能からトリラーまで, 「ありがとう」からはじめる組織改善。ポジティブ・フィードバックでカルチャーを変える, 東大合格を目指すAI「東ロボくん」主導者が持つ危機感とは——現代人は「読解力」が足りない, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. ��"ɂ��=%l��+�ͬW*N����gm�8��♣��Ô�J�M Lr����V�!�=�dKT y������o�T~�����J�h� �v��q(��Ւ�I�b���x. 新型コロナウィルス感染防止対策をしっかりと行いながら活動しています。 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. http://www.musiconpaper.jp/. 吹奏楽部の活動を紹介します. |x6���>K���s��K�yv ��`��U�8�����ɏQ��G�: .����b�3��z��� 3ۓ4��iš��h7S��@��;��^�̃g#��Ǹ���+�y~J�5���T�p�ۇ\�+�.��~-�8�Gp�s ������f��Y�tȓٕH>B�\��B%�@�獰Kb���w`E-������F 7��T�]�$��g�_ endobj /��i��b,�iY��C�k����֘l���ܒDq�sض�(v�ז�*Q�NfU���T��� ��g:�Զb'e`e>�K��Ϡ�D[v�,a?^}x�~�p�e=��,�����Md��3��`������"7������&ֳ�hf���}_��CZ�w!� �,^i������ǩ 8�G��1B�M���;b��xj�`{��L��g0E�ds}��s|�9,s�TŮ���G�x7+��V+S��OF�~��O?k���tx�M٪���1t_�NSJݸI ��t�mP�~�U�`4�-�i���J�&M� �W��W�P��3kv � ʡ�X�’@M��"9�"A��mb�䧘�1]����O}�a�f�M�e��Quvǁ��b��-��_Ɂ�b� ϣ����k���PŁy%U,��)L§-^}��͖��zI���Y�77��jY4� �-OʲxR ތ�uYˡ ��O ���&��7��E�[AB�>[�(���Ι�0��`��9��5��9�8�9G:5,h�Ă~�c7������CeY@L���?`9�0G��a�،*��un���S����i�:u�^"u@��T�$��4^�Ƞ qx&VbQyXd��n� %���� �R/3�?f���J�+|��E����†%��#�j�p�6\,�,L��g6��_���O�w��ϩ�wI��W��oؕ&��1�7��6Jsc``W1�p��I�6G�� K����B��9�Y���&�1�p� �oM/s�RNwa��1g_X��r�E{��5��q�� U{���5�1-:�7Ƅ�L�ĩ' ��9XA`��DvHn��AH��̣Z�! �,�6�D���B�F�����z%�k�Bz���g�A@��X?X ���S����q��i��,�'1.����-��5�1�@?��,�,|t$I%�m�8n�X�$I���d�d� �i��sY;Y�%Pdi��t� ��r�/��)#f~�~� 7�)=�#H�iN�A�w�Q��Wߤ���+Z�y��/��'e�Wz���l�7��Ro�5JI0mt p�I�!£�R���^���2�'R�Uk���Y��3r�H���X�����E>�.�H;H��K�Kv�.����:=��F��@���8���_ K E�uV8�Ql)-�*��*�@q�'vm�VD8p stream *p'^�C�nnE��`����@���rżx՘_�F���*P�&]��s�rЊ�F�+O.lD����ڈOI���KC1}K��� 3分, みなさんこんばんは!部活動指導員3年目に入りました、吉岡です!都心に近く感染者数が多い区域ということもあり、残念ながら勤務先はまだ再開していません。学校それぞれだとは思いますが、どのように活動しているのか・どんなことに気を配ったら良さそうか、部活指導員目線で書いていきます。, 活動が大きく制限されるであろう吹奏楽部。ネットニュースで取り上げられたりガイドラインが策定されたり、部活指導員仲間と話し合ったりするうちに、情報が集まってきました。, 公立・私立、中学・高校、感染者数が違う都道府県で状況が大きく異なるようです。(7月4日追記:地方によっては県レベルの大会やイベントを開催するようです), 驚いたのは同じ市内でも学校ごとに方針が異なること。同市内の指導員仲間に話を聞いたところ、学校によって活動時間や対策、制限が大きく違っていて驚きました。, どのような対策をして活動再開するのか、まず保護者への説明が必要になるかと思います。とは言え、保護者会は出来ません。出来るとしても、保護者の役員2~3名と指導者による打ち合わせになるかと思います。市町村のガイドラインに従い、学校の実情に合わせた対策を具体的にまとめ、保護者へ配布することにしています。(絶賛まとめ中)また、新入生の保護者にも知ってもらう必要があります。「吹奏楽部は感染リスク高そうだから…」と吹奏楽部に入部してくれなくなったら悲しいです。部費に関しても例年通りにはいかないですよね。勤務校では3~6月半ばまで活動できなかった分3年生は減額、1・2年生は検討中です。できるかぎり透明性を持って、どう対策して活動しているのか伝えることが大切だと思います。誠実さと真摯な姿勢をもって向き合い、まずは保護者の不安を取り除くことが必要です。, 全国的に合奏は出来ていないようです。個人練習、対面しない形でのパート練習が中心になっています。歌練習もしくはハミングもマスク着用のようです。呼吸練習や挨拶練習も今まで通りにはできないかもしれません。, フェイスマスクをつけて吹いている学校もあります。※フェイスマスクは相手からの飛沫を防ぐためのものなので、指揮者もしくは最前列のお客さんへが着用することで効果を発揮します。(8月追記), 冷房が入ったとしても換気する必要もあり、夏は苦しくないか心配ですが…。マウスピース・頭部管のみの練習を禁止している場合もあります。教室などで練習するときは1教室に8人ぐらいまで、各自背中合わせになるようにして壁を向いて練習しているようです。管楽器の場合、自分の練習場所に新聞紙を敷いて周囲2メートルは間隔をあける、との指示もきています。パート練習は横一列になってやっているようです。しばらくは個人練習、アンサンブルの練習になるケースが多いようです。いずれにせよ、普段のような練習の質や交流は期待できません。7月末や8月に小規模のコンサートを企画またはイベントに参加する学校もあるようです。せめて目標があれば前向きに活動できると思うのですが…どこの学校も同じようにはなっていないと思います。夏で引退する3年生に何かイベントを用意したいところですが…7月末~8月頭に体育館などでミニコンサートを企画する、あるいは3月末に3年生も混ざって何かイベントやコンサートをやる、といった感じでしょうか。勤務先は夏コンサートが出来る見通しが立っていないので、毎年やっている3月末の定期演奏会を目標にやっていく感じになりそうです。再開したら、まずは3年生と話し合って方針を決めていきたいと思います。, 部室で楽器や必要なものを出すとき、ミーティングの時、カバンを置いたり取ったりするときなど。出入り口が少ない、物が多く部屋が狭い、部員が多いなど様々な理由が考えられます。どうしても密集を避けられない場合は時間をずらしたり時間を区切って、楽器だし・片付けをしたりしているようです。準備室や音楽室にドアが複数あれば、入口出口を決めて一方通行にする方法もあります。学校に合わせた、あたらしいルールを作り、共有・徹底する必要があります。, 仮入部も慎重に行う必要があります。どのようにして仮入部を行うのか、事前に新入生の保護者に伝えられると良さそうです。, 今のところ、マウスピースや頭部管は洗剤を使って洗い流すのが効果的なようです。(サックスやクラリネットのマウスピースはコルク部をぬらさないように注意!)下記にて新型コロナウイルスに一定の効果が認められた界面活性剤の種類が紹介されています。, 経済産業省・独立行政法人 製品評価技術基盤機構新型コロナウイルス対策ご家庭にある洗剤を使って身近なものの消毒をしましょう, 個人・パート練習と同様、教えるときも対面しないよう同じ方向を向いたり、教える2~3年生はマスク着用など。キーやピストンなど楽器を手で触れる部分も心配ですね。新入生には体験楽器を変えるごとに手洗い・消毒をしてもらうと良さそうです。一日に体験できる楽器を絞る、入部したとしても現時点で楽器は仮決定にしておき、後々融通をきかせられるようにしておく…などのアイデアも出ています。困ったのは1年生が入部したらすぐに3年生が引退してしまう問題。(コンクール前で引退する進学校では普通だと思いますが…)中学校にとっては深刻な問題だと思います。ポジティブにとらえれば2年生の成長の機会、ネガティブに考えるなら困難であり受難。とにかく、難題です。指導員仲間で話し合った時には、コンクールで使わなかった分の部費で例年よりも多く楽器講師を来てもらいレッスンしてもらう…との案が出ました。現状、ガイドライン上では外部講師は呼べませんが、事態が落ち着いてくれば効果的だと思う。, いつもと違う練習方法のほか、ドアノブやメトロノーム、スワブなどの消毒もやっていると思います。いつも以上にやることが多くなってしまいました。当たり前が当たり前ではなくなってしまいました。今までのよりも自由に使える時間が少なくなります。今までのように仲間と接することができなくなります。いつもと異なる生活様式と環境で不安になったりイライラしたり、自分を見失いそうになったり、部員も指導者も保護者もそれぞれの立場で悩むことが多いかもしれません。負の感情を仲間同士でぶつけ合ってしまっては悲しいです。嬉しいことも嫌なことも共有して、同じ目標に向かっていけたら素敵です。コロナショックのせいでバラバラにならないために。こんな時こそ、不安も不満も全部声に出して、お互い言葉をかけあってみてはどうでしょうか。以上、速報でした!!それでは、また!!!!, 埼玉県川越市・新座市を拠点に打楽器やったり曲作ったりガムランしてる人。alla(アラ)はイタリア語で「…のように」を意味します。しなやかに、たくましく、美しく、ミネラル豊富でおかずにもダシにもお茶にもラッコのお布団にもなる…そんな昆布に憧れます。って、欲張りすぎですね。当ブログは硬くなりすぎず、絶妙な歯ごたえと素朴な旨みでお送りしたいと思います。どうぞ、よしなに!, ・ミュージック オン ペーパー 4 0 obj endobj 野球部の夏の代替大会や8月22日にycc文化ホールで開催したサマフェス2020など. 秋田の相続は秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。 (当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田) 今日のお話しは、吹奏楽部のコロナ … 2020/06/15 2 0 obj 1 0 obj 新型コロナウイルスの影響で窮地に追いやられている音楽活動を前に進めるためのプロジェクトが始まった。6月9日、日本管打・吹奏楽学会は、日本クラシック音楽事業協会とともに「#コロナ下の音楽文化を前に進めるプロジェクト」を立ち上げた。6月22日 <>/Metadata 1899 0 R/ViewerPreferences 1900 0 R>> <> <> x��]K�#Gr�0���/��&�`�@=X^`m��A���,�{Xi-�a��;"3�Xdg0��1z��d�_FF�;"?��}��O��r������������8}�q��˗_�������~����?���_���/������Z��ˏ�=?��e>���wb�_��$N��Q�~����������޿��ʓ�u��~z�N���I��Ѓ�'+O�^��o�������͟O����wgx�z��m��h��>�|����y#/�h�I�A�9��0�N������xp��I�A�+�R�����v0!�T��~;�AKk���`�J5�rQN���8O^�n������b���ή"���S���rE������ _�~��������a�RMRL�ր^sί�&x����%�����_v:ɏ�����O~���_���A�� %PDF-1.7 「吹奏楽部は感染リスク高そうだから…」 と吹奏楽部に入部してくれなくなったら悲しいです。 部費に関しても例年通りにはいかないですよね。 勤務校では3~6月半ばまで活動できなかった分3年生は減額、1・2年生は検討中です。