No.744, 27 Oct. 1970, subject: Release of a Portion of Land at Camp Asaka, FAC 3048, approved by the Joint Committee on 9 Nov. 1970. http://6thofthe31st.com/bb/viewtopic.php?t=1833, http://www.city.asaka.lg.jp/soshiki/2/kitiatotiriyou.html, 戦争で消えた幻の「朝霞大仏」 東武鉄道元社長の初代・根津嘉一郎氏の先見性に思いをはせる, 1st Cavalry Division History - Occupation of Japan 1945-1950, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=キャンプ・ドレイク&oldid=80227641, 北足立南部地区労働組合協議会編 著『武蔵の国 にひくら』朝霞・志木・新座・和光に働く人々 いちい書房 1987年, 中條克俊 著『君たちに伝えたい 朝霞、そこは基地の街だった。』梨の木舎 2006年, 神山健吉 他著『目で見る 朝霞・志木・新座・和光の100年』 郷土出版社 2007年7月27日. “AFN programming, including NFL, among affected services for overseas military families”, https://www.stripes.com/news/europe/afn-programming-including-nfl-among-affected-services-for-overseas-military-families-1.507687, “AFN dropping analog broadcasts in Japan”, http://edition.pagesuite-professional.co.uk/digitaleditions.aspx?tab=0&eid=3699f5e1-001e-4c6e-94d2-ffe07a8312aa, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=AFN&oldid=79632997, AFN Tokyo Today One Minute Update(AFN Tokyoのみ), エクストリーム・メイクオーバー:ホーム・エディション(Extreme Makeover:Home Edition), AFN Spectrum(ディスカバリーチャンネルやヒストリーチャンネルを流している), Legacy(60〜80年代のClassic Rockが中心)24/7フォーマット. Authority:Facilities Subcommittee Memorandum FSUS-376-1913K(AF), 19 Feb. 1976, Subject:Partial release of North Camp Asaka, FAC 3048. 【基地の街・朝霞】朝霞市にあった米軍基地「キャンプ・ドレイク」の痕跡と廃れた盛り場 2011/2/6 2018/4/17 朝霞市 キャンプ・ドレイク」跡地が返還後も長らく手付かずのままになっていたりと、色々ミリタリー臭の濃ゆい街である。 x��W�k�H~7���� 띙� �`Y�q�Z��&M�<4��q��߬$'�eIsP�X����曙�j�|x���=�����p��~���nV���W�~ܭ���������Z�V��bU�T���(�����Z���|_.����.7o���j��rQ�˪z�U�������}��_�E��@%�b��:��*t����r����\tvO���ڹ��1��l0����ɦ�Ç���_��cK��g��m+�Y���Wo�������(���1^� ���%�($�-JI�F�(F+D�1�W��^E���~� ��g�tAr�ϊ��X�7��f)��\�+D��s͍A{�QMUXI���d�4� �2��L�s�`�3Y'}ze�%�� e�yn��3�A����m0���kg�-M5W@ ”Provisional Transfer of Property, FAC 3048 (Addition), Camp Asaka", Tokyo DFAB, 21 Jan 1966. AFN Tokyo(第10報道分遣隊) :東京都:横田基地 AM 810kHz 出力50kW "Eagle 810" 。 送信所は埼玉県 和光市の理化学研究所和光本所に南接。 アンテナは2本あり、米軍基地や米軍用住宅地区が多い神奈川方面に指向性を持たせるためか230°(西南西)を向いている。; AFN Misawa(第12報道分遣隊):青 … 有限会社アンテナ 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-22-36 まきしガーデンビル3f [営業時間]月~金曜日(土日祝休業) / 9:00~17:00 米軍アンテナ基地. AFN(エイエフエヌ[† 1]、英: American Forces Network、米軍放送網)は、世界各地の米軍が駐留する地に設けられた基地関係者とその家族向けのラテ兼営放送局(ラジオ部門、テレビ部門、ニュース制作部門の3つから成る)であり、米軍の商標である。日本でのサービスは、1997年までFEN(エフイーエヌ、Far East Network、極東放送網[† 2])と呼ばれていた。. %���� ‚éB, u•ÄŒR‚ªŽg‚¤‚±‚Æ‚à‚ ‚鎩‰q‘à‚ÌŠî’nv‚ƁuÝ“ú•ÄŒRŠî’nv‚̈Ⴂ‚Í–¾”’‚¾B‰º‚̎ʐ^‚̂悤‚ɁA•ÄŒR‚ªŽg‚¤‚±‚Æ‚ª‚ ‚Á‚Ä‚àŽ©‰q‘àŠî’n‚ÌŠÇ—ŽÒ‚ÍŽ©‰q‘à‚Å‚ ‚èAÝ“ú•ÄŒRŠî’n‚Ƃ͈قȂéB, ‘‰ï‰ï‹c˜^‚𒲂ׂé‚ƁA‘½‚­‚̍‘–±‘åb‚ªuÝ“ú•ÄŒRŽ{ÝE‹æˆæ‚Ì75“i74%j‚ª‰«“ê‚ɏW’†v‚Æ“š•Ù‚µ‚Ä‚¢‚éB Authority:Facilities Subcommittee Memorandum No.1634, 17 June 1982, Subject:Partial release of Camp Asaka, FAC 3048, and Fuchu Communications Station, FAC 3016, which was approved by the Joint Committee on 1 July 1982. The following two tabs change content below. 3 0 obj %PDF-1.5 和光市駅前の電界強度は-58.9dBm(50cm長のホイップアンテナで,主に垂直偏波成分を受信). 一方,送信機室内は-67.7dBm.我が家では-68dBm前後なので,ほぼ我が家並みの電界強度です. endobj キャンプ・ドレイク(英: CAMP DRAKE)は、埼玉県の和光市・朝霞市・新座市、東京都練馬区にまたがる、アメリカ陸軍第8軍団[1]隷下部隊や第一騎兵師団(en:ウィリアム・チェイス将軍)が駐屯していた基地の名称である。旧米軍朝霞(あさか)キャンプ。施設番号はFAC 3048。, キャンプは「キャンプ・ノース(英: CAMP North)」「キャンプ・サウス(英: CAMP South)」から成る南北2つのエリアで構成されている。基地面積は約4.5平方キロ。一部地域を除き返還済みである。なおドレイクとは、1945年(昭和20年)マニラの戦いにて戦死した同騎兵師団大佐であったロイス・A・ドレイクに因む。[2], キャンプ・ノース・ドレイク(CAMP North Drake)ノースキャンプ。埼玉県朝霞市内に存在する国道254号(川越街道)[10]より北側、朝霞市役所手前までの敷地を指す。一般にキャンプドレイクと呼ばれているのは、このノースドレイク跡地の事を指したものである。帝国陸軍被服廠(ひふくしょう)跡地。[11][12], 東邦電気研究所、銃器弾薬を生産した中央工業 新倉工場、計算尺を生産した逸見製作所 白子工場、風船爆弾の気球部分である和紙を製作した共和航空、同じく風船爆弾の高度保持装置フレームを製作した中外火工品 白子精機工場、菱興金属工業、日本鋳物工業、東京部品工場、山本螺子、松本興業、昭和食品、興和製作所など町工場が現在の和光朝霞地域に多くあり、中島飛行機ラジエター製作所である「皇国3002工場」と呼ばれた伸銅工場などもすでに操業しており、東武東上本線や幹線道路など輸送に適した立地であったことや都心から離隔してはいるが比較的近い場所にあることから、陸軍の白羽の矢が立つこととなる。, 当初、赤羽から陸軍被服本廠の一部機能が移転、その後、陸軍により買収され10万坪に及ぶ大規模軍需工場である陸軍被服本廠朝霞出張所の建設が開始され1941年(昭和16年)に正式操業を開始。工場の本格操業に合わせ1940年(昭和15年)に朝霞駅近くから被服本廠朝霞出張所までの引き込み線が作られている。[13], 昭和20年4月21日、朝霞出張所は東京陸軍被服支廠に昇格したが、その約4か月後に終戦を迎えた。, 米軍資料から南地区を含む被服廠地域を爆撃目標から外すなど戦後政策が考慮されていた。[14], ノースドレイク敷地内にはリトルペンタゴンと呼ばれる第500情報団本部や米陸軍戦略陸軍通信隊(STARCOM)の主要中継局舎が作られ、これに付随した送信アンテナは桃手地区(現:和光市 南地区)に建設。名称もFEN東京となる。輸送隊、憲兵隊、補給隊が駐屯。これに纏わる隊員宿舎やバーなども建設され、1952年(昭和27年)には米軍極東指令部(ダグラス・マッカーサー司令)が置かれ朝鮮戦争時には諜略撹乱放送なども行われている。[15]また基地に従事していた日本人は4000人に及んだ。, 朝鮮戦争時には、駐屯していた第一騎兵師団から1万5000人もの兵士が前線へと送られることとなる。この派兵は3ヶ月交代であり、朝霞は帰休兵の休暇場となる。この時期に基地内に戦車を修理するための修理工場なども作られている。基地周辺では様々な人種が絡む殺人、暴力事件や窃盗、買売春などが発生し治安が悪化。埼玉の「上海」と呼ばれるようになった。[16]この治安悪化により浦和警察署管内であったが、治安対策のため1947年(昭和22年)に朝霞警察署が建設されている。[17]戦死者が多く、辛うじて帰還した兵士も精神を病んでしまうことが多かったため、これが機縁したとも言われている。, ベトナム戦争時には、傷病兵治療のための野戦病院「米陸軍第249総合病院」を北キャンプ内に建設し、それに伴うヘリポートも併設される。[18]完成当初、延べ床数は200床であったが、ベトナム戦争が泥沼化するにつれその数は2000床を超え、テト攻勢時には傷病兵が入れ替わり運ばれていた。また戦死者の死後処理は日本人に委託されていたとも言われている。[19][20]担架に乗せられた傷病兵や遺体袋がフェンス越しに見えることによる精神的影響、伝染病などの衛生面での問題や搬送ヘリコプターが飛来するたびに、付近の朝霞第6小学校の授業がその騒音のため中断されることなどが問題視された。この時期には朝霞基地問題がマスメディアなどで取り上げられることが多くなり、大規模基地返還「野戦病院さよなら運動」へ繋がるきっかけとなる。1968年(昭和43年)には、活発に行われていた学生運動家による野戦病院反対デモ隊と警察機動隊が市内にて衝突している。[21], キャンプ・サウス・ドレイク(CAMP South Drake)サウスキャンプ。国道254号川越街道より南側を指す。東京ゴルフ倶楽部、帝国陸軍予科士官学校跡地。[28][29], 東京ゴルフ倶楽部[30](東京ゴルフ株式会社1914年(大正3年)創業)は、東京駒沢にて「駒沢ゴルフ場」として営業していたが、手狭になり近郊で候補地を探していた。現在の朝霞市、当時の膝折村(ひざおりむら)に土地を見つけ移転する。また早い段階から移設準備を始めており、1930年(昭和5年)5月には民有地19万2200坪を買収し登記を完了していた[31]。このゴルフ場はチャールズ・ヒュー・アリソンによって設計された[32]。場内にはクラブハウスが設けられ、室内にはサロン室、婦人室などを完備し傍には25mプールもあるなど当時としては豪華な施設であった。また、設計にあたり京都への庭園見学を実施しこれを反映させたとも言われている。[33], 一部未完成地域が残ってはいたが、1932年(昭和7年)5月1日に「東京ゴルフ倶楽部」膝折ゴルフ場として開場し、朝香宮鳩彦王による始球式が行なわれている。1934年(昭和9年)11月6日には日米野球で来日していたベーブ・ルース、フランク・オドールと外交官であるジョセフ・グルーが来場している。このゴルフ場で日本オープンが開催された実績などもある。その後、陸軍により買収され閉園。1941年(昭和16年)3月15日にはお別れ競技会が開かれている。ゴルフ場は狭山に転居し「秩父カントリークラブ」と合併。現在、埼玉県狭山市において「東京ゴルフ倶楽部」となっている。1941年(昭和16年)10月に市ヶ谷より陸軍予科士官学校が移転する。, 1933年(昭和8年)膝折上の原の地(現:武蔵大学グランド、自衛隊演習地)に根津公園計画が立案される。東上鉄道社長であった根津嘉一郎が5万坪(約16万平方メートル)を購入し計画した一大レジャーランド施設である。1935年(昭和10年)には購入した根津公園内に梵鐘、大仏用台座を製作する鋳造工場を建て梵鐘製作が始まる[34]。京都の梵鐘技師である高橋才次郎を招き鋳造された。この梵鐘は、高さ3m90cm、重さ6750キロで日本第3位の大きさを誇った。またこの年、武蔵の原には大仏用の鉄骨造り30mの作業所が建設され、この作業所に於いて彫刻家、内藤仲による大仏原型の作成が行われ、1937年(昭和12年)には130万円もの巨費を投じた高さ58尺(19.1m)、仏身39尺(12.8m)、蓮台9尺(2.9m)大仏の原型が完成している。[35], 大仏設計者である斎藤歳次郎は「昭和の大仏として永久に残るもので、精神をこめてつくり、見て自然と頭が下がるものにしたい」と語っている。なお大仏の本完成を前に根津公園には記念碑が建立されている。, この年に日中戦争が勃発。その後の太平洋戦争時に陸軍予科士官学校や近隣地区に存在した大和田通信所の目標になるとされ計画は中止、完成していた大仏の原型は破壊されている。梵鐘は金属提供され[34]軍需物資へと成り変わった。近年この大仏計画に纏わる大燈籠のひとつが、東京多磨霊園に残っていることが判明している。, 日中戦争の拡大、対米関係緊迫などの事情から士官学校入学者が激増し、市ヶ谷のみでは対応しきれなくなる。 This is the Far East Network, an affiliate of the Armed Forces Radio and Television Service. 1 0 obj of easement for telephone line will be retained. endobj 9月1日、AFN Tokyoは平成18年度東京都・足立区合同総合防災訓練の一環として東京都との協定に基づき英語による地震情報をラジオで放送した。以後、毎年東京都主催の合同総合防災訓練に参加し英語による地震災害情報を放送している。, 2006年のシーズンを最後にラジオでのMLBワールドシリーズ、NBAファイナル、カレッジスポーツなどのスポーツ中継が終了。NFLスーパーボウルは2007年2月をもって中継終了(2012年、2020年は中継をしている。)。全て米国発のTV放送に移行。, 2007年1月、AFN Okinawaの中波(648kHz)の送信所が定期メンテナンス中に破損し、2008年2月18日まで放送休止した。[1], 2012年日本国内のAFNと韓国内のAFNが統合されAFN Pacificとなる。各局の活動はこれまで通り。, 2013年AFN Pacificを通じてAFN Pacific内の各局のラジオローカル放送と衛星配信よる音声番組のインターネット配信が始まる。, 2018年、米国政府機関閉鎖の影響により、日本では1月20日14時より通常放送を中断し、エンドレスでピアノ曲の放送を行っていたが[2]、AFN Tokyoは翌21日午後にラジオ放送を再開した[3]。, 日本国内のAFN各局は、Defense Media Activity(DMA)の管理下にある。2008年9月まではAir Force News Agencyの指揮下にあったが米軍の再編計画BRAC2005の一環として陸海空軍の放送部隊はDMAの管理下におかれる事となった。また、AFN KoreaやAFN Europeと異なり日本国内のAFNをまとめる司令部は存在しない。ベリカードの発行はしていない。, AFN各局はそれぞれの基地での出来事や所属部隊の日常訓練や海外での演習の取材を行う。報道機関としての独立性を保つためか、基地司令の指揮下には入っていない。, AFN Tokyoは横田基地が日本の首都東京にあるため、駐日アメリカ合衆国大使やアメリカ合衆国連邦政府要人、アメリカ合衆国議会の政治家が東京を訪れた際には、単独インタビューを行う事がある。また、太平洋地域のニュースセンターとなっているため、AFNの無いタイ、シンガポール、フィリピンやハワイ、アラスカなどのアメリカインド太平洋軍責任エリアで、米軍と同盟国や友好国との軍事演習などが行われる場合に従軍記者として取材もおこなう。米海軍横須賀基地内に横須賀基地や同基地を事実上の母港とする第7艦隊所属艦艇を取材対象とするニュース制作の支局を持つ。, 基本的に基地内向けケーブル放送と基地の外に向けて中波放送を行うが、AFN OkinawaのみFM放送もしており、FM放送は主に沖縄本島中南部で明瞭に聴取可能である。ラジオ放送は各AFN局で制作される番組と、AFRTSから通信衛星で配信される番組の2種類である。, 以下の部隊名称は2008年10月以前のものである。以後変更になっている場合がある。, 中波放送は、日本がITU第3地域に含まれているので、10kHz間隔のアメリカ本土(ハワイを含む)と異なり9kHz間隔である。 矢臼別演習場で米軍との共同軍事演習の際に臨時的に放送する。, 各局で制作される番組は、平日のリスナーからリクエストを受付ける音楽番組がメインである。50年代から最近のヒット曲、ロックからカントリー、ソウルなどかかる曲は幅広い。基地を慰問に訪れた芸能人やプロスポーツ選手らがゲストとして出演することもある。, また、各基地の部隊の動向に関するニュース番組(事後報告が大半である)や基地司令官や上級曹長が、基地内でのルールや施設の運営時間などの説明や、福利厚生制度の利用の仕方をアドバイスする番組も制作されている。そのほか為替レート(基地内 Military Banking Facility の円/ドルレート)や気象情報が流れる。, 気象情報は、日本の気象庁や気象予報士ではなく、各基地の気象部隊によるものである。そのため、気温は摂氏ではなく華氏である。基地が友好祭などで一般開放される際には、会場からの生中継を行い、主催者やブースなどの出展者や来場者へのインタビューを行う。, 平日夜間や休日は、AFRTSから配信される番組が放送されている。また大統領が行う重要な演説や、年頭に行われる議会での一般教書演説は中継される。, FEN当時は「This is the Far East Network.」のアナウンス後に“ポーン”の音で時報を流していた。時報以外では「This is the Far East Network, an affiliate of the Armed Forces Radio and Television Service.」と局名をアナウンスをしていた。改称後は、「This is AFN.」「This is American Forces Network.」「You are listening to AFN.」「This is Eagle 810.」などのアナウンスが正時前に流れる事がある。毎時0分から3分間ABC、AP、FOX、CNN USA Radio Network Newsなどのニュースが放送され、その後 FOX Sports News、IRN USA Radio Network Sports、YAHOO SPORTS REPORTのスポーツニュースが1分間放送される。, いわゆる商用コマーシャルは少なく(配信される番組の中にはそのままコマーシャルが流れたり、DJがスポンサーとなっている企業の話をしたりする事もある。)、代わりに「アメリカ合衆国を代表する米兵としての心構え」や「日本生活における注意点」「飲酒運転がもたらすリスク」のような啓蒙メッセージ、アメリカ合衆国の歴史や名誉勲章受章者をたたえるミニストーリー、各種相談窓口の案内、フリーマーケットや映画の上映スケジュールを初めとする福利厚生イベント情報などのパブリックサービスアナウンスメントが放送される。, 機器メンテナンスや機材交換のために日中に停波することもある。大規模な機材交換の場合、停波が数ヶ月に及ぶ。, 過去に短波放送を行っていたことがある。現在は短波はSSB(モードはUSB、受信には通信型受信機が必要)で送信している。日本で受信できるAFNの主要局はグアムにある。これは上記の中波放送とは番組内容が全く異なる。番組編成などはmy AFNのページから参照できる。, 台風接近・通過時に米軍が定める Tropical Cyclone Condition Of Readiness (TCCOR)と呼ばれる4段階の警戒態勢に移行すると「現在○レベルの警戒状態です。**への準備を怠らないようにしましょう」といったメッセージが放送されるようになるほか、軍人への緊急通達(災害保安対応や一斉召集)が放送される。このような緊急性が高いメッセージを放送する際にはアナウンス前に“長点1回・長点2回・長点2回・長点2回”のブザー音で告知する。台風接近時の最も高い警戒レベル TCCOR-1 になると通常の番組を休止し、各基地・施設の運用状況を伝える番組が TCCOR-1 が解除されるまで放送されることがある。, 稀に日本語でメッセージが放送されることもある。台風や大雪などで、通勤に支障が予想される場合や、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の直後に、在日米軍基地に勤務する日本人従業員への連絡のため、出勤時間や基地業務関連などに関する放送を一部日本語で行った。ベース内には英語が通じない日本人従業員もいるため、連絡を徹底させるためであると推測される。, 2013年12月より、先行していたAFN Europeに続き、日本と韓国のAFN局から放送されるラジオ番組と衛星より配信される音声番組を、アメリカ軍駐留国に限ったインターネット配信サービスAFN 360 Internet Radioでの配信放送が始まる。これらサービスはAndroidやiOSの端末でも楽しむことができる。, AFN 360 Internet Radioで聞くことのできる衛星番組はAFNのチャンネル一覧の音声のみを参照されたい。, AFN Okinawa、AFN Misawa及びAFN Iwakuniでは地上アナログテレビ放送も行われていたが、Okinawa及びIwakuniは2011年6月30日、Misawaは同年7月1日に終了し[4]、現在はケーブルでの放送と、米軍人や軍属向けに基地内で販売されている専用のデコーダとパラボラアンテナを購入することで視聴できる衛星放送がある。 <>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> 2 0 obj 理化学研究所近く 公園かな?と思い覗くと何やら大きいアンテナが2本 看板を見ると在日米軍基地だと! キャンプドレイクの跡地で、自衛隊朝霞駐屯地などほとんどは返還されているが、 ここアンテナ基地、米軍通信基地(AFN Tokyo送信所)は残っているようだ。 送信所は埼玉県 和光市の理化学研究所和光本所に南接。アンテナは2本あり、米軍基地や米軍用住宅地区が多い神奈川方面に指向性を持たせるためか230°(西南西)を向いている。 AFN Misawa(第12報道分遣隊):青森県:三沢基地 AM 1575kHz 出力1kW "The Source 1575" 埼玉県、狭山市、朝霞市、川越市、所沢市、飯能市、 入間市、和光市、新座市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、 ふじみ野市、毛呂山町、越生町 . Ú‚µ‚­‚Í‚±‚±‚ðƒNƒŠƒbƒN, @@ëŠt–â‘è‚̃y[ƒW‚Ö @@–k•û—Ì“y–â‘è‚̃y[ƒW‚Ö @@’|“‡–â‘è‚̃y[ƒW‚Ö, ‰é‚̂悤‚ÈŒR—p‹@‚ª‚ЂÁ‚«‚è‚È‚µ‚É—£’…—¤‚µ‚Ä‚¢‚é. キャンプ・ドレイク(英: camp drake )は、埼玉県の和光市・朝霞市・新座市、東京都 練馬区にまたがる、アメリカ陸軍第8軍団 隷下部隊や第一騎兵師団(en:ウィリアム・チェイス将軍)が駐屯していた基地の名称である。 旧米軍朝霞(あさか)キャンプ。 施設番号はfac 3048。 Authority: Facilities Subcommittee Memo. AFNってどんなラジオ局. 埼玉県朝霞市から和光市にまたがるあたりには、米軍基地キャンプドレイクがあった。すでに、ほとんどは、日本に返還されている。今、残るのは、アンテナ基地・米軍通信基地(AFN Tokyo送信所)のみ。 AFNの任務は海外基地在住の軍人軍属とその家族向へテレビとラジオを通した情報やエンターテイメントの提供であり、モットーはWe Bring You Home. <> stream �f���fO��@f����u�^#��+�����ut��F93���a�V�>;s�q���D�ҡcc�)� �S����,q'��!�' ��Bb�$K.