12番線:東海道線(川崎・横浜・小田原・伊東方面) 駅名をクリックすると、各駅の歴史や特色、所在地、駅施設および駅構内図(主要駅)をご覧いただけます。 印刷用路線図; 駅情報を探す. 徒歩5分圏内の周辺施設. © 2020 駅からmap All rights reserved. 5番線:京浜東北線(大井町・大森・蒲田・横浜・大船) 6番線:上野東京ライン(宇都宮線・高崎線) 新幹線で品川駅へ到着。これから京急へ乗り換えたいけど、どう行けばいい?また、お手洗いの場所はどこにあるの?乗り継ぎ時間でランチやお茶をするなら、お土産を選ぶなら、どこに行くのが一番いい?そんな疑問にお答えします!構内をしっかり把握さえできれば、そこまで複雑でもありません。迷わないよう下調べをきちんとして、スムーズに進んでいきましょうね。 (関連記事)もうすぐお盆休み!こちらもどうぞ! ※日持ちする、東京の帰省土産を知りたい!, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 未経験から異業種/IT業界へ!転職保証のWEBCAMP PRO内容や口コミをレビュー, Copyright (C) 2020 チキニュー chiki news All Rights Reserved.情報の口コミ・評判検証。色々な商品の効果を徹底解析, All Rights Reserved.情報の口コミ・評判検証。色々な商品の効果を徹底解析, http://www.ecute.jp/shinagawa/shop/search?s[cd]=15&s[id]=#seachTable. 11番線:東海道線(川崎・横浜・小田原方面) jr東日本品川駅構内のご案内をいたします。 当ページでは、JavaScriptを使用しております。 ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。 駅構内で迷って混乱するパターンは、 新幹線で品川に来たけど、、空港へ行くのに京急はどっち? 3番線:京浜東北線(東京・上野・大宮方面) 東海道新幹線 高輪口 15番線:横須賀線(鎌倉・逗子・久里浜方面), 番号が増える番線が新幹線乗り場(東側)に近く、番号が減ると京急線(西側)に近くなります。, JR線同士の乗り換えは、改札階のコンコースの横移動になりますが、さすがに8つもホームが並んでいると、路線によっては横に移動するだけでも大変です。, 品川駅は「駅ナカ」エリアが混雑している駅なので、JR線同士のコンコースの横移動は苦労するかもです。, 中央改札の内側のコンコースエリアは、エキュート品川のテナントが半分を占めていて、人の行き来、人だかりで渋滞しています。, とくに「エキュート品川サウス」と京急の乗り換え専用口のあたりが異常に混雑していますね。, 空港と行き来する京急線からの人の流れと、新幹線利用者がこのあたりでぶつかるようです。呆然と立ち尽くす外人さんが多いです。, 新幹線に乗り慣れていない人は、「改札出口」と「乗り換え専用の改札」を間違いないように注意です。, 人が出入りするゲートを見つけて出てみたら、そこは出口ではなく、在来線への乗り換え口だったという。。, ちなみに、新幹線で品川駅に来て、品川プリンスホテルに泊まる予定の人は、新幹線乗り場からだと、ちょい歩く距離です。, 品川プリンスは新幹線の改札とは逆側の高輪口(西側)なので徒歩で4分ぐらいは歩くことになります。, ※京急線の2Fは、JR線と並んでいてJRと相互に連絡口はありますが、外に出たいなら1Fの改札に降りる必要があります。, 外に出ようと思い、、出口かと思って入ったら、京急線に乗り換えちゃった?!みたいな事が頻発しているようです。。, なんか天井が高くて、開けた雰囲気が、外に出られる出口なのか?と感じさせるのかもですね。。, ※何度もいいますが、2Fにあるのは出口でなくて、JR線への「乗り換え口」になりますので注意です。, 京急の高輪口改札を出ると、品川プリンスホテル、品川グースは目の前なのでとっても便利です。, ですが・・ストリングスホテル、品川インターシティに向かう人は、逆側なんですよ。。西側の京急高輪口改札から港南口に出るには290m、4分程度歩く必要があります。, 品川プリンスホテル郡のあるのがこちらです。アクアパーク品川、ステラボール、T-JOY、ハプナはコッチ側です。, ほとんどの人の流れが集中するJR線の中央改札からだと、この東口(港南口)までは地味に歩く距離です。, 最も西側に位置している新幹線の改札出口からなら、港南口は近いのですが、東側に位置するJR線、京急線からは結構歩くことになるので注意です。, 在来線は、品川駅のメインストリート(中央通路)につながる2つ(北改札と中央改札)だけというシンプルさ。, 新幹線もメインストリートにつながる2つ(北口改札と南口改札)のみ。※在来線と「のりかえ口」というのが改札とは別にあります。, 中央通路を目指せばよいというのは、周辺施設へ行くときなど実は楽です。北だったり、東だったりと改札がいろんな方向に向いているわけではないです。, 「JR線と京急線」が隣接するエリアと「在来線と新幹線」が隣接するエリアにはのりかえ口が設置されていて、外にでる改札出口なのか、別の路線に乗り換えるための、のりかえ口なのか、ちょっと分かりにくいかなというのが本音ですね。, 品川駅、在来線の改札は2つ(中央改札と北改札)しかなく、どっちからでても中央通路に出る事になります。, 横浜駅なんかだと、中央改札から出るところを、間違えて北改札から出ちゃったりすると、とんでもない別方向の通路に出てしまい、目的地からすんごい遠ざかるなんてことがありますが、、, 新幹線に乗り慣れていない人は迷うかもですが、改札出口と乗換口の区別がしにくいですよね。。, ・新幹線のりば(北口/南口)・・・と書いてあれば、そこは駅の外に出ることができる出口です。, ・新幹線のりば(北のりかえ口/南のりかえ口)・・・と書いてあるなら、その方向は在来線に乗り換えるためのゲートです。, ゲートがあるだけで、「外に出る出口だ~」と思いきや、JRから京急線に乗り換えるための乗り換え専用改札です。, 天井の高くて大きな通路、初めて品川駅に行った人はだいたい印象に残っているのはこの通路の天井なんですよね。, だいたい大きめのターミナル駅だと、中央に通路あり、北にも通路があり、それが不規則な形でつながっていて、さらに地下鉄を無理やり接続していたりするので、駅で迷う要因になることが多いんです。, ですが品川駅は改札もすべて中央通路に集約するというどっちかというと分かりやすい部類になってます。, 個人的に好きなのが、待ち合わせ場所も基本的には、この中央通路の真ん中にある「時計台」のみ!, よくいろんな種類のオブジェが沢山あって、なんか色んな所に待ち合わせている人がいたりすると、混乱しないですか、、たまにびゅうプラザで待っているひともいますけど、、第2候補はびゅうプラザ, 電車が発着するホームとは別フロアの改札階は、本来乗り換え移動するための通路だと思うのですが、、, その通路にたくさんお店(駅ナカと称して、、)をテナントを並べ過ぎてるもんだから、、人の流れがスムーズではないんです。。, 加えて、並列するJR各線を乗り換え移動するためのコンコースエリアでもあるので、行き来する人の流れ(鳴門の渦潮的な)がガチガチぶつかってる感じがあります。, 京急線で空港に向かう人(から来る人)と新幹線利用者がこのあたりで、交差するんですよね。。しかもスーツケースを引っ張りながら。, 「エキュート品川」は吹き抜けのある2層構造になってる方です。どっちかというとお土産、お菓子系のテナントが多いです。, 「エキュート品川サウス」は、本屋さんのある方です。どっちかというとレストランメインですね。, 私は、エキュート品川のお菓子系エリアにあるカフェがいつもがらんとしているのでそっちに寄り道することが多いですね。, あと個人的には「エキュート品川」が2層構造になっているのはちょいびっくりしました。, だいたいどこの駅ビルも同じですが、駅ナカには景色のいいカフェとかレストランが駅のどうしても少ないです。(多分駅のホームと隣接しているから、窓とか作りにくいんでしょうか。。), でも唯一、ここのエキュートにある「PAUL」は景色が見れる立地なので、奥まった所にあるのに、いつも混雑してますね。, 品川駅構内エキュート品川には、いち早く、AIのナビ(pepperくん)を導入するようです?, 北の端っこと南の端っこに固まってあるので、不便は場所ではありますが、端っこにあることさえ覚えていれば、目安にはなるかと。, 北改札に向かった人は、北側ロッカー郡は探しやすいところにありますが、中央改札に向かった人は、南側のロッカー郡は探しにくいかも。, エキュート品川サウス(本屋がある方のエキュートエリア)の奥の壁にロッカー郡がありますね。, 品川駅構内の改札の外だと西側と東側それぞれあります。どちらもタクシー乗り場のど真ん前なので嬉しいですね。, 品川駅の改札の外にあるロッカーでも港南口のロッカーは特に分かりにくい場所にあります。, 港南口タクシー乗り場に向かえば、乗り場の前にあるとは気づけるでしょうけど、港南口(東口)の駅構内にはどのあたりにロッカーが設置されているとかナビ看板は一切なしです。, 港南口の屋根が途切れるちょっと手前のアトレ入り口横に、下りエスカレーターがあります。(下の赤枠), タクシーとロッカーのマークもアトレの支柱の上のほうに見えますね。(普通に歩いている目線では気づきにくいですけど。。), 臨時で荷物預かり所が設けられることがあります。Web予約もできたりするようですね。 JR線 JR線 品川駅(京急本線)羽田空港第1・第2ターミナル・三崎口方面の時刻表情報です。出口、設備などの構内情報や、時刻表、路線情報を紹介。品川駅周辺の地図やグルメ、天気も提供しています。 駅構内のロッカーmap 新幹線 中央通路 10番線:上野東京ライン(常磐線)(東京・上野・松戸・取手・高萩方面) 新幹線で品川駅に来た人はプリンスホテルは逆側の高輪口(西側)なので地味に歩く距離だったりしますが、 空港から京急線経由で品川駅に到着した人は西側(高輪口)の品川プリンスホテルは目と鼻の先で楽ちんです。 JR線は駅敷地の中心なので、乗り換えも単なる横移動で楽と思いきや、エキュートがコンコースにあってその人混みで身動きがとれないこと多しです。 改札外 新幹線で品川駅へ到着。これから京急へ乗り換えたいけど、どう行けばいい?また、お手洗いの場所はどこにあるの?乗り継ぎ時間でランチやお茶をするなら、お土産を選ぶなら、どこに行くのが一番いい?そんな疑問にお答えします!構内をし・・・ 品川駅の駅情報はこちら 最新の情報は各社提供の駅案内図を併せてご覧ください。 東日本旅客鉄道(JR東日本) 東海旅客鉄道(JR東海) また品川駅では、京急蒲田方面が日中21本、平日朝24本、泉岳寺方面は朝 - 日中がおおむね12本、夜間9本となっている。 最高速度と所要時間. 品川駅の構内図を、わかりやすいシンプル版(2020年の最新版)でご紹介。品川駅の3つのポイントや、エキュート・スタバ(ラチ内店)・お土産売り場・飲食店・新幹線の喫煙所もご案内。新幹線・在来線・京急線の乗り換えもご紹介。 6月21日で、神奈川県~東京都~千葉県が結ばれて50年 京急×都営交通×京成「相互直通50周年記念」キャンペーン実施 「成田山号」「城ヶ島・マリンパーク号」復刻運行や記念乗車券の発売! 逆に空港から来た人が新幹線乗り場はどっちだ?, 新幹線で品川駅に来た人はプリンスホテルは逆側の高輪口(西側)なので地味に歩く距離だったりしますが、, 空港から京急線経由で品川駅に到着した人は西側(高輪口)の品川プリンスホテルは目と鼻の先で楽ちんです。, JR線は駅敷地の中心なので、乗り換えも単なる横移動で楽と思いきや、エキュートがコンコースにあってその人混みで身動きがとれないこと多しです。, 1番線:山手線(内回り)(東京・上野・駒込方面) なお、品川方面から逗子・葉山駅まで運行する列車は設定されていない。, 2010年(平成22年)5月15日まで運行されていた「急行」から列車種別名を変更したものである。, 列車種別名を改称した理由は、京急蒲田駅 - 新逗子駅(現:逗子・葉山駅)間においても新たにエアポート急行を設定するにあたり、かつて同区間を運行していた「急行」とは停車駅が異なることから、「急行」と「エアポート急行」は別の種別であることを位置付ける目的があり、既存の羽田空港駅(現:羽田空港第1・第2ターミナル駅) - 京急蒲田駅 - 泉岳寺方面間の急行と合わせて種別名の統一を図ったものである。, 2012年10月21日のダイヤ改正から、日中と土休日夜間のエアポート急行については、快特へ格上げされたため[28]、これらの時間は運行されない。, 朝ラッシュ時間帯においては、品川方面からの列車が増発されたが、2010年5月15日まで空港線内のみの運用である急行が毎時3本運行されていたが廃止され、同時間帯はすべての列車が本線直通列車となった[注 8]。, 大多数の列車は、泉岳寺駅から先の都営浅草線と京成押上線を介して京成本線成田空港駅、芝山鉄道芝山千代田駅および北総線印旛日本医大駅まで相互直通運転を行っている。このため、北側のエアポート急行は乗り入れ先の車両で運用されていることが多い。, 羽田空港行きの列車は、都営浅草線内においては従来通り「急行」と案内されている。原則として後続の横浜方面行きの快特(または特急)には追い抜かれない。, 泉岳寺方面行きは京急蒲田駅で横浜方面からの快特からの接続をうける。鮫洲駅で普通列車を追い抜くのは朝夕の一部のみ設定されている。, 横浜方面から羽田空港へのアクセス向上を向上させ、他社線との乗り換え駅において相互間利用で利便性向上を図るために、2010年(平成22年)5月16日に新設された。, この区間にはかつて「急行」が存在したことは前記したが、1999年(平成11年)7月31日に実施されたダイヤ改正により廃止された[17]ため、今回の「エアポート急行」は約10年ぶりとなる事実上の急行の復活である。ただし、当時の急行とは停車駅が異なっており、かつて急行停車駅であった鶴見市場駅[注 9]・花月園前駅(現:花月総持寺駅)[注 10]・生麦駅・子安駅・黄金町駅・京急富岡駅は通過駅となり、逆に急行が通過していた仲木戸駅(現:京急東神奈川駅)・井土ヶ谷駅・弘明寺駅・杉田駅・能見台駅[注 11]がエアポート急行の停車駅となった。, 日中を中心に10分間隔(1時間に6本)、8両編成または6両編成[注 12]での運行であり[18]、ほとんどの列車が逗子・葉山駅 - 羽田空港方面間を運行するが、途中駅である京急川崎駅・神奈川新町駅・横浜駅(始発のみ)・金沢文庫駅を始発・終着とする列車も存在する。運行時間帯は平日ダイヤでは主に日中と夕ラッシュ時、土休日ダイヤではほぼ終日である。エアポート急行が運行されていない時間帯には、羽田空港方面発着の快特・特急・普通が運行される。ほとんどの列車は羽田空港駅 - 逗子・葉山駅での運転であるが、一部列車は神奈川新町駅・金沢文庫駅発着または京急川崎駅終着となる。平日夕ラッシュ時の下りの一部には、イブニング・ウィング号を介し、横浜駅 - 京急久里浜駅方面の先着列車となるパターンも存在する[注 13]。, なお、京急新子安駅も京浜東北線新子安駅に隣接しているが、こちらはエアポート急行停車駅ではない。, 普通は全線を運行し各駅に停車する。ただし、現行ダイヤでは主に運行されるのは品川駅以南の区間となる。品川駅 - 泉岳寺駅間には途中駅はないが、この区間を走る列車の多くは京急線内品川駅以南(横浜・羽田空港方面)の区間で急行以上の速達列車として運転されてきたものが直通する形となっている。このため、品川駅を境に以北・以南ともに普通列車として運転するものはほとんどなく、土休日ダイヤに浦賀発泉岳寺行とその折り返しとなる泉岳寺発京急川崎行き1本が設定されているのみとなっている[34][注 15]。, 日中は、品川駅 - 京急蒲田駅間で5 - 10分間隔(1時間に9本)、京急蒲田駅 - 浦賀駅間で9 - 11分間隔(1時間に6本)で運転される[35]。速達列車は多くが8両または12両編成であるのに対し、ほとんどの列車が4・6両編成である[18]。ただし、速達列車の折り返し運用などで例外的に8両編成の列車も存在する[18][注 16]。現在のダイヤでは品川駅 - 浦賀駅間の運転がほとんどだが、品川、羽田空港、京急川崎、神奈川新町、金沢文庫、堀ノ内発着で京急蒲田、羽田空港(発のみ)、京急川崎、神奈川新町、横浜(発のみ)、上大岡、金沢文庫、逗子・葉山、堀ノ内(発のみ)、浦賀、京急久里浜各駅発着の列車が設定されている。また本線(品川駅 - 泉岳寺駅間を除く)を走る列車はほぼすべての列車が京急車で運転されるが平日夜上りの逗子・葉山発金沢文庫行き1本のみ都営車で運転されている。2017年10月28日以降は土休日の夜にも同じく1本設定される。, 2010年5月16日のダイヤ改正では「エアポート急行」が新設されたことにより減便され、2011年4月の節電対策ダイヤでさらに減便されたが、2012年10月21日のダイヤ改正では日中に運転されていた品川駅 - 羽田空港方面間のエアポート急行を快特へ格上げしたことに伴い、エアポート急行停車駅である青物横丁駅・立会川駅・平和島駅の利便性確保のため、品川駅 - 京急蒲田駅間の区間運転列車が新規に設定されている[36]。, 前述のように他社との競争の観点から、伝統的に速達列車の本数が多く[37]、早朝深夜を除くと、ほとんどの待避駅で通過待ち・接続待ちを行う。接続待ちによって、速達列車通過駅から主要駅までの利便性が確保されている反面、「普通」だけで主要駅間を乗り通すとかなり時間がかかる[37]。例えば日中ダイヤの場合、品川駅 - 堀ノ内駅間52.3kmを快特は上下とも47分で運転するところを、普通は下りが1時間52 - 53分、上りが1時間42分かけて走っており、所要時間差は実に1時間ほどとなっている。また途中で上りが快特6本・エアポート急行2本、下りが快特7本・エアポート急行3本に追い抜かれる。, ほとんどの普通が、京急線内のみの運行であり、そのうち泉岳寺駅始発・終着の普通は土休日に1往復存在するのみである[31]。しかし、ごく少数ながら品川駅を始発・終着とする都営浅草線や京成線方面直通の普通も存在する。, 毎年大晦日から翌年の元日にかけては、横浜駅 - 品川駅・泉岳寺駅・東京都心方面間で終夜運転を行っているが、その際は普通列車のみの運転となる[38]。, このほか、都営浅草線・京成線直通列車は泉岳寺駅ではなく、品川駅で列車種別の表示・案内を京成線の種別に変更するので、これらの表示・案内を見ることもでき、品川駅 - 泉岳寺駅間の上り列車に限りこれらの種別を名乗って運行する列車が存在する[39]。これまでは品川駅における案内上の措置に過ぎなかったが、現在では駅や車内に掲載されている京急の路線図においても、泉岳寺駅 - 品川駅間において、「アクセス特急」「通勤特急」「快速」「急行」の表記がなされるようになった。反対に、京成線方面からの京急線直通列車は押上駅で京急線の種別に変更する。「エアポート快特」は京急線の種別であるが、都営浅草線の種別でもあり、同線のみで「エアポート快特」となる列車(主に京急線内「エアポート急行」)もある。「快速特急」は正式種別としては「快特」だが、京成線での案内に合わせて「快速特急」と案内される。「急行」は京急線内の「エアポート急行」と同一だが、都営浅草線内は単に「急行」とされる。「エアポート快特」を除き、いずれの種別も都営浅草線内は各駅に停車する。都営浅草線内の駅が終点の場合は「エアポート快特」を除き、「普通」と表示・案内される。泉岳寺行きの場合は、種別は変更せずに運行される。朝ラッシュ時、品川から「普通」京成高砂駅行きとなる列車の一部は京成高砂駅で行先・種別変更して運行を継続する列車がある。, 1981年6月22日のダイヤ改正より、品川駅・京浜川崎駅(現:京急川崎駅)のホーム12両延伸、京浜鶴見駅(現:京急鶴見駅)上りホーム待避設備完成により、それまで平日朝に運転されていた線内特急(C特急・8両編成)を金沢文庫駅以北を快速特急停車駅・12両編成で運転する種別として登場した[40]。平日朝の上り及びそれの送り込み用の下りが運転され、横浜駅以南では特急停車駅、以北では登場当時の快速特急停車駅に停車する[41]。車両の種別幕は快速特急同様緑色で、縦に「通勤」横に「快特」と表示されていた。また、列車種別表示灯は「通勤快特」を表す表示はなく、上大岡駅以南は「特急」、横浜駅以北は「快速特急」として扱われていた。「快特」と異なり、本線の全線に乗り入れる。支線へは久里浜線以外及び都営浅草線へは乗り入れない。, 1995年7月24日より京急蒲田にも停車するようになった。このときから、停車駅路線図での種別色に紫色が使用され、「快速特急」と「特急」から独立するようになった。尚前記したが、この種別色は公式ホームページの時刻表にてB快特(B特急)の種別色として使用されている。1998年11月18日ダイヤ改正から上り1本が泉岳寺駅まで延長された。この列車には2100形が充当され、同形初の泉岳寺駅乗り入れとなっている[42]。, 1999年7月に名称廃止となり、現在は同じ形態の列車が金沢文庫駅以南を特急として扱う快特という形で運転されている[17]。設定時より通勤快特が正式種別名であり、通勤快速特急とは称さない。しかし、株式会社協和企画発行の『京浜急行電車全駅時刻表』(平成7年度版)には「通勤快速特急」の記載がある。, なお、運行開始は1981年だが、車両の前面に掲げる種別板(サボ)は、それよりも以前から用意されていた。, 京成本線の京成高砂駅・青砥駅と羽田空港を結ぶ列車。京成高砂駅で、京成上野駅 - 成田空港駅間の「エアポート特急」と接続していた。京急線内では特急、都営浅草線内ではエアポート快特、京成線内では特急(現在の快速特急)と同じ駅に停車しており、途中の平和島駅にて快速特急の通過待避を行っていた。詳細は「エアポート快特」の項目を参照。, 1950年4月1日に登場した京急初の特急列車。ハイキング回数乗車券を持つ乗客だけが乗れる定員制列車だった。当初は品川駅 - 浦賀駅間を94分で結び、途中9駅に停車した。この時の表定速度は35.5km/hだった。当初の愛称には「三笠」「剣崎」「房総」「三崎」「灯台」「鷹取」が存在した。, 運行パターンは大きく3種類に分けられる。これらは原則として、途中停車駅は京浜川崎駅と横浜駅のみである[44]。, 1952年春のダイヤ改正で学校裏駅(現・平和島駅)、子安駅、上大岡駅の3駅での待避線の使用が開始されると「三崎」と新設された「城ヶ島」が品川駅 - 浦賀駅間をノンストップ運転で65分で結んだ。この時の表定速度は51km/hだった。また、品川駅 - 浦賀駅間では「灯台」と新設された「大島」「鋸山」「第一房総」「第二房総」が京浜川崎駅と横浜駅に停車して69分で結んだ。そのほか、逗子線方面では逗子海岸駅行きの「油壺」と神武寺行きの「鷹取」があった。1953年秋からはノンストップ運転の列車は「第二房総」と「城ヶ島」の2本に増え、3分短縮の62分運転となった。, 1954年春から「第二房総」は房総半島への日帰りハイキングが楽しめることから人気が集中したため6両編成に増強し、秋には4分短縮の58分運転となった[注 18]。「第二房総」は1956年秋には表定速度68km/hで走行し、品川駅 - 浦賀駅間48分運転となった。ハイキング特急はこの頃が最盛期となり、浦賀駅行きの「第三房総」、京浜久里浜駅行きの「白秋」も設定され、最大で9本が運行されるときもあった。しかしマイカーによる道路混雑が始まると連絡バスが上りハイキング特急の発車時刻までに到着しない事態が発生し、1965年秋をもってハイキング特急は廃止された。, 廃止後はその代替として休日の定期特急の一部に「房総」「三浦」などの愛称名をつけて運転し、のちに快速特急「マリンパーク号」となった。, 1956年3月より、大島・金谷航路接続を目的として品川駅 - 浦賀駅間に設定された特急列車。途中停車駅は京浜川崎駅、横浜駅、金沢文庫駅、横須賀中央駅の4駅だった。品川駅12時40分発の列車には「ラ・メール号」(フランス語で「海」の意)、13時40分発の列車には「パルラータ」(イタリア語で「甘き語らい」の意)の名称が与えられた。ハイキング特急とは異なり定員制ではなかった。しかし、沿線人口の増加と通勤需要の増大に加え、伊豆大島へのメインルートが東海道新幹線の開業後、熱海駅・熱海港経由に移行したことなどにより、1968年6月8日に快速特急(現・快特)へと発展的に解消した。, 1958年に金沢八景駅のホーム延伸により、それまでの逗子海岸駅発着の週末特急を改称したもの。略称は「海特」[注 19]。停車駅は品川駅・京浜川崎駅・子安駅・横浜駅・上大岡駅・金沢文庫駅・金沢八景駅・湘南逗子駅・逗子海岸駅であった。1959年には子安駅・上大岡駅が通過になった。1962年には京浜久里浜駅発着も運行された。1968年に快速特急が運転されたが、休日ダイヤのみ三浦海岸駅発着の海水浴特急が残ると当時に停車駅が見直され、当時の快速特急が通過する京浜蒲田駅・金沢八景駅・堀ノ内駅に停車するという若干異なるものの現在の快特停車駅に近い停車駅となった。これらの列車も1973年に名称が消え、不定期の快速特急として運行されるようになった。, 1925年頃、平日の通勤時間帯に運行していた[46]。現在では品川駅で、京成線に直通する「通勤特急」を見ることができる。, 急行は、2010年5月15日まで運行されていた種別である。空港線の羽田空港駅(現在の羽田空港第1・第2ターミナル駅)から京急本線を経由して都営浅草線・京成押上線を介して京成本線京成成田駅および北総線印旛日本医大駅までを結んでいた。, 1999年7月30日までは京急蒲田駅 - 逗子線新逗子駅(現:逗子・葉山駅)間においても運行されていたが、翌31日に実施されたダイヤ改正により廃止された[12]。この区間における急行は、主に新逗子駅 - 京急川崎駅間のみの運転であったが、平日朝ラッシュ時間帯に限り設定されていた新逗子駅発の都営浅草線方面へ直通する急行は、金沢八景駅で通勤快特の連絡後、平和島駅まで先行し、同駅で後続の特急を待ち合わせていた。, ただし、京急蒲田駅以南の急行が廃止された後も、毎年正月に開催される箱根駅伝に協力するため、選手が京急蒲田駅付近にある第一京浜の踏切を通過する予定時間帯に限り、空港線の運転規制により京急川崎駅発着の急行が設定されていた。, 2010年5月16日に実施されたダイヤ改正に伴い、種別名を「エアポート急行」に改称する形で廃止した。現在のエアポート急行の運行形態は、急行をそのまま踏襲している。, 新逗子駅発着の急行は、基本的に上り列車は子安駅で、下り列車は神奈川新町駅で後続の特急や快特に通過で追い抜かれるが、平日・土休日共に日中の列車は神奈川新町駅 - 新逗子駅間の運転のため優等列車通過待ちは存在しなかった。普通列車とは上下線共に金沢文庫駅、上大岡駅、神奈川新町駅で接続、平日朝上り列車に限り京急富岡駅と神奈川新町駅で普通列車と接続していた。都営浅草線方面へ直通する列車と京急川崎駅発着の急行は、平和島駅で後続の快特の通過待ちを行っていたが、1998年11月18日の羽田空港駅開業後、本線と空港線との直通列車の増発に伴い、日中時間帯における平和島駅での待避は廃止され、平日朝ラッシュ時間帯や夜間に限り京急ウィング号・快特・特急のいずれかに追い抜かれる列車が設定されていた。, また、浦賀・久里浜方面に設定されていた時期もある。当初は金沢文庫駅以南で現在の特急とほぼ同じく金沢八景駅、追浜駅、横須賀中央駅、堀ノ内駅、馬堀海岸駅、浦賀駅に停車したが、1957年3月からは金沢文庫駅以南各駅停車となった。1970年6月にすべての急行が逗子線直通となり消滅した。, このほか、1957年から1972年までは大師線にも直通しており、大師線内の停車駅は川崎大師駅のみであった。しかし1966年のみ、京浜川崎駅の高架化工事のため休止された。, 1957年3月17日に登場し、平日朝に運転された。金沢文庫駅以南各駅停車となった急行の一部を従来のまま残し名称変更したもので、1958年9月7日には特急増発に代えて消滅した。, 1950年4月1日のダイヤ改正より急行運転再開と共に登場した種別。1954年7月7日のダイヤ改正で消滅。, ハイキング特急や週末特急以外の一般の特急・快特や急行にも愛称がついている列車が存在し、中には定員制の列車も存在した。, 都営線・京成線への乗り入れ開始の翌年である1969年より三浦海岸駅から成田駅間に2往復の夜行直通特急「招運号」が運転を開始した[47]。以降毎年運転されていたが1973年 - 1974年の運転が東京都からの終夜運転中止の通告に伴い中止、そのまま運転されることなく廃止となった[48]。, 1970年より1月、4月末 - 5月、9月 - 10月に成田駅 - 三浦海岸駅間で運転された臨時直通電車(京急線内快速特急・京成線内特急)。列車名は京成成田駅行きは「成田山号」、三浦海岸駅行きは「城ケ島・マリンパーク号」に統一されていた。午前・午後に2往復ずつの計4往復が運転され、車両は午前の「成田山号」と午後の「城ケ島・マリンパーク号」は京急が、午前の「城ケ島・マリンパーク号」と午後「成田山号」には京成の電車がそれぞれ用いられた。のちに運転期間が1月のみとなり1978年に廃止[49]。, 2018年7月7日・8日と8月18日・19日には、3社局直通運転開始50周年を記念して復活運転が実施された[50][51]。, 車両は初日の「成田山号」及び延長運転する列車が関係する久里浜線内ローカル運用は京急1500形1707編成が、「城ケ島・マリンパーク号」は京成3000形3038編成が用いられ、2日目はその逆で「成田山号」と関係運用に京成3000形3038編成、「城ケ島・マリンパーク号」に京急1500形1707編成が運用された[52]。このため、久里浜線ローカル運用2本も京成車が代走している[53]。, 1970年の夏季ダイヤより夏季のみ京成成田駅 - 逗子海岸駅間(ただし京成成田駅行きのうち午前中の2本がそれぞれ久里浜駅発と浦賀駅発、逗子海岸駅行きの1本は京成津田沼駅始発で運転)で運転された直通特急。「城ケ島・マリンパーク」「成田山」と同じく列車の方向で列車名が統一されており、パシフィックが京成成田駅行き、逗子が逗子海岸駅行きであった。午前・午後3往復ずつ計6往復が運転され、車両の受け持ちも「城ケ島・マリンパーク」「成田山」と似ており午前の「パシフィック」と午後の「逗子」は京急が、午前の「逗子」と午後「パシフィック」には京成の電車がそれぞれ用いられた[54]。, 1970年7月11日から8月15日までの間に実施された夏季休日ダイヤで「みうらビーチ」が3往復、7月18日から8月8日までの平日に1往復納涼特急「ハワイアン」が運転された。これらの列車は定員制で「みうらビーチ」は往復で100円であった。これらの列車に使用された600形(2代)のうちの1編成のみは車内の蛍光灯がすべて濃いブルーに交換されていてまたそのまま通勤列車にも充当されていた[55]。, 「ハワイアン」の運転は1970年夏季限りであったが「みうらビーチ」は1972年に1往復のみになるものの運転が継続された。ただし、愛称が変わった時期もあり、「みうらビーチ・ビバハッピー」(1974年)や「ハッピー1240」(1975年)の愛称で運転された後、1976年は再び「みうらビーチ」に戻ったものの、翌年から再度改称され「ミュージックトレイン」(1977年-1980年)、「アメリカンエクスプレス」(1981年)など、様々な愛称での運転となっていたが、1982年からは1990年まで再び「ミュージックトレイン」として運転されていた。その後1991年より最後の1994年までは三たび「みうらビーチ」に戻った[56][57]。なお、夏季休日ダイヤ最後の年となった1995年には列車の設定がなくなった(同年夏季休日ダイヤでは「みうらビーチ」の運転をせず、一般の快速特急の増発と延長運転、京急蒲田駅への臨時停車のみとなった)。また、翌1996年以降は夏季休日ダイヤそのものが消滅した。, 使用車両は最初の1970年のみは全列車600形(2代)、1971年に2往復が1000形(初代)、1往復が600形(2代)の冷房改造車、1972年より1000形のみで運転され、1983年より下りのみ、翌1984年からは上下とも2000形での運転となっている。ロングシートの1000形で運転されている期間・列車も定員制であり、一時期の横須賀中央以南での乗車を除いて座席券が必要であった[58]。, 1968年9月より休日にも快速特急が運行されるようになり、快速特急3往復に「マリンパーク」という愛称をつけて運転を開始した。その後1972年より愛称を1往復ずつ変更し「南房総」「城ケ島」「油壺マリンパーク」の3つの列車名で運転されるようになった。また、この時土曜日に運転されていた後ろ2両のみ座席指定とした快速特急にも同時に「南房総」という愛称がつけられた。その後の記録は十分では無く、これらの愛称がいつ無くなったのかは不明であるが、1977年には「南房総」と名乗る列車が品川駅から平日・休日ともに1本(平日は特急・休日は快速特急)運転されていた[59]。, 京急油壺マリンパークが沖縄国際海洋博覧会(海洋博、1975 - 1976年)のサブ会場となったことから[60]、1973年4月末から10月末までのおよそ半年、平日休日ともに1往復「海洋博」という愛称がつけられた快速特急が運転された[60]。, 1983年7月24日に快速特急「マリンパーク」が復活[注 20]した。「マリンパーク」として運転されるときは愛称板取り付けが困難な2000形および3代目600形を除き前面に丸いイルカの愛称板を取り付け運転された。また、同年10月1日より都営線からの特急にも1往復快速特急と同じ愛称板を付け「マリンパーク」として運転した。これらの列車は羽田空港駅(現:羽田空港第1・第2ターミナル駅)開業に伴うダイヤ改正で愛称が廃止された[61][注 21]。, 1949年には休日運転で、愛称付きの急行も運転されていた。愛称には「銀鱗」「大島」「房総」「剣崎」「三崎」「灯台」「鷹取」などが使用され、上記のハイキング特急の前身ともいえる列車であった。, 横浜駅に7時29分から8時30分までに到着する金沢文庫駅から快特品川行きとなる上り特急6本については品川寄りの先頭車を「女性専用車」としている[62][63]。, 本路線は、川崎大師への参詣鉄道を開業していた大師電気鉄道が、京浜間の連絡鉄道の開業を目標に、京浜電気鉄道と社名を変更した上で、東京都南部・川崎市付近に軌道線を開業したのがおこりである。, その後、軌道線を順次延伸し、明治時代末には東京と横浜を結ぶ都市間路線を形成した。東京方への乗り入れに際しては、東京市電への乗り入れを見込んで標準軌 (1,435mm) で開業していた本路線を、東京市電の馬車軌間 (1,372mm) に改軌し、北品川駅、高輪駅を介して市電品川線への乗り入れを行った。, 他方、市電への乗り入れと同じ頃、京浜電気鉄道は、横浜と横須賀を結ぶ郊外路線の開業を企図しながら関東大震災で打撃を受けていた湘南電気鉄道に対し、資本参加を行った。京浜電気鉄道の出資により経営危機を乗り越えた湘南電気鉄道は、昭和期に入って、黄金町駅 - 浦賀駅間、および金沢八景駅 - 湘南逗子駅間といった現在の京急本線と京急逗子線の一部に相当する路線を開業した。その後、横浜で京浜電気鉄道線と湘南電気鉄道線を接続し、直通運転を行うことが計画されたが、京浜電気鉄道線が馬車軌間に改軌していた一方、湘南電気鉄道線は標準軌で開業しており、直通するためには、どちらかの路線を改軌せねばならなかった。しかし、地方鉄道法によって開業していた湘南電気鉄道線は、地方鉄道法が馬車軌間の敷設を認めていなかったために、馬車軌間に改軌することができなかった。結果として、京浜電気鉄道線側が標準軌に改軌することで、湘南電気鉄道線への乗り入れを果たし、他方標準軌への改軌により東京市電への乗り入れは中止され、それに伴って高輪駅も廃止された。代わる東京都心側のターミナルとして、京浜電気鉄道は、国鉄品川駅前への延伸を果たした。こうして、昭和初期になって、現在に至る路線の概形が完成した。, なお、東京市電乗り入れ中止に代わる都心乗り入れ案として、京浜電気鉄道は、日本初の地下鉄を開業していた東京地下鉄道、湘南電気鉄道と合弁して、京浜地下鉄道を設立。既に浅草駅 - 新橋駅間を開業していた東京地下鉄道線の延伸線を、新橋から品川まで建設することで、浅草 - 浦賀間の直通運転を計画した。ところが、新橋駅を介し、東京地下鉄道線への直通をもくろんでいた東京高速鉄道は、この京浜地下鉄道設立の動きを問題視し、東京地下鉄道と京浜電気鉄道の株を買い集め、京浜電気鉄道は東京高速鉄道の傘下に入ることとなった。東京の鉄道網を揺るがす事態に政府が仲裁に入り、地下鉄網の延伸は棚上げとなったが、京浜電気鉄道は依然、東京高速鉄道傘下のままに収まった。これが前史となって、東京高速鉄道社長である五島慶太が京浜電気鉄道社長に就任。第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)には、五島が他に経営していた東京横浜電鉄、小田急電鉄と合併することとなり、当路線も大東急の一角をなすこととなった。, 大東急時代の1943年(昭和18年)に旧京浜電気鉄道の品川線と旧湘南電気鉄道の湘南線が統合されて東急湘南線となり[注 22]、京浜急行電鉄発足後に本線と改称されたが、都市計画の上では湘南線の呼称が残っているものもある[67]。, 戦後は設備の改良によって輸送力増強や所要時間短縮を図り、直通先の多様化などを経て現在に至っている。, 平均駅間距離は、都市部では700m前後、路線全体でも1.2km弱[94]で、並行するJR各線よりこまめに駅を設けている。また緩急接続を頻繁に行なうため、おおむね3 - 7駅ごとという頻度で待避可能駅を配置している。全て有人駅であり、自動改札機・自動券売機を備える。また2006年には全駅にAEDが設置された。, 各駅のホーム有効長は停車種別により異なり、品川駅 - 金沢文庫駅の特急停車駅は12両(品川駅3番線及び、神奈川新町駅下りホームのみ8両)、その他の特急・エアポート急行停車駅(以前の運転区間を含む)は8両、普通列車のみ停車する駅は6両編成に対応する。ホーム番線は下り線側から1番線、2番線とされている。, 頭に社名(京急)や金沢が付く駅や神奈川新町駅などは、冒頭部分を省略して「川崎」「新町」「文庫」「八景」などと略記されることもある。以前は列車の方向幕や時刻表でも省略形が多く見られた[95]。, この区間はおおむね国道15号(第一京浜)と並行し、北北東から南南西へと線路が延びる。並行する東海道本線より東京湾側を通り、臨海部の工業地域にも近い。, 海岸線近くの平地を進むが、京急川崎以南では高架区間と地上区間が入り混じるため、その行き来のため急勾配となる箇所も複数存在する。路面電車を源流とする区間であるが[注 27][99]、立会川駅以南では大きな速度制限を受ける曲線はない。京急線としては高架区間の比率が高いが、一部では地上を走行している。, 都営浅草線に接続する泉岳寺駅と高架駅である品川駅の間には下り線33‰、上り線38‰の急勾配が存在し、品川駅の南側では最小半径160m[注 28][100]の急曲線で左に折れて JR各線を乗り越えており、速度も25km/hに制限される。直後に八ツ山通り・旧東海道の踏切を過ぎると北品川駅である。同駅先の踏切を過ぎると25‰の勾配で高架に駆け上がり、この先は六郷土手駅付近まで続く高架区間となる。, 京急蒲田駅では空港線が分岐する。六郷土手駅を過ぎると多摩川を渡って神奈川県川崎市へ入り、京急川崎駅では高架上の本線から大師線への連絡線が分かれる。横浜市に入ると鶴見線や東海道貨物支線などと交差し、高架区間と地上区間を行き来しながら東海道本線と並行して進む。子安駅手前で東海道本線と離れると間もなく子安駅に着く。子安駅 - 神奈川新町駅は上り線が2線ある3線区間となっており、神奈川新町駅には新町検車区が隣接する。盛り土となっている京急東神奈川駅を超えると東海道本線と並行し、神奈川駅を通過して首都高速三ツ沢線金港JCTをくぐると横浜駅に到着する。, 横浜以南では線路を南に向け、おおむね国道16号と並行する。横浜駅以北とは一転して丘陵地帯を縫うように進み、山岳トンネルも現れるようになる。沿線は拠点駅周辺を除くと住宅地となっている区間が多い。日ノ出町駅以南はかつて湘南電気鉄道により地方鉄道線として敷設された区間だが[101]、断続的に曲線区間が現れる。, 横浜駅の南側では急曲線で根岸線をくぐり、野毛山をトンネルで抜けると日ノ出町駅へ。ここから井土ヶ谷駅付近までは鉄道省が建設を計画していた京浜線(現:京浜東北線)延長区間の用地が転用されており(詳細は「湘南電気鉄道#路線に関して」を参照)、また、黄金町駅 - 上大岡駅間は横浜市営地下鉄ブルーラインがおおむね南に並行する。その区間を抜けると南へ進路を変え、杉田付近で再び根岸線をくぐる。運行上の拠点である金沢文庫駅と金沢八景駅の間は複々線化されており、東に金沢検車区、西側には総合車両製作所横浜事業所が立地する。, 三浦半島へと入り、沿線は海岸近くまで山が迫る地形となる。そのためトンネルが連続し、谷となる箇所に駅が設けられている。曲線区間や勾配のある区間が多い。山がちな地形のため沿線の平地は密集した住宅地・商業地となっており、傾斜が急な箇所にも住宅地が造成されている。, 金沢八景駅では追浜方で逗子線が平面交差して右手へ分岐する。横須賀市に入ると横須賀線が接近し、京急田浦駅 - 安針塚駅、逸見駅 - 汐入駅の両区間で京急本線が乗り越す。短いトンネルを抜けると横須賀市の中心市街地に位置する横須賀中央駅を通過する。, 堀ノ内駅からは久里浜線が分岐し、快特や特急のほとんどは久里浜方面へ直通する。馬堀海岸から観音崎の付け根をトンネルで抜けると、黒船来航の町としても知られる終点の浦賀となる。, 東京都は、泉岳寺駅 - 新馬場駅間において連続立体交差事業の事業化を進めていた[102][67]。2020年4月1日に国土交通省から都市計画事業の認可を取得[93]。2029年度に事業完了予定[93]。, 通勤形・近郊形車両による一般列車に関して、同じ首都圏ではつくばエクスプレス、JR東日本で130km/h、京成で120km/h、, 横須賀中央駅の下りホームには平日の本線下りの終電である特急京急久里浜駅行きを「深夜特急」と案内する掲示が存在している。, 品川駅で上り最終とすれ違うと金沢文庫駅まで一切他の営業列車とのすれ違い・追い抜き等がない。, ただし井土ヶ谷、弘明寺、能見台の各駅は通勤時間帯に急行が臨時停車していた実績がある。, 特急列車の運転のない概ね横浜駅発20時以降の一部列車。上大岡駅または金沢文庫駅でイブニング・ウィング号に接続する。, 12両編成の快特・特急が京急川崎で分割・併合をし、付属編成4両編成が京急川崎駅 - 羽田空港間において「特急」として運行していた, ただし、京急線品川以南の区間で速達列車でも都営浅草線内に直通する列車の多くは浅草線内は普通列車として運転され、種別の変更は品川駅で行われるために、それを含めると同区間の普通は多いとも言える。また、早朝・深夜に品川駅を始発・終着とする浅草線直通の普通列車の設定がある。, 普通のみが停車する駅の多くは、ホームの有効長が6両編成分しかないため、本線で8両編成の普通が走るのは金沢文庫駅 - 金沢八景駅間と堀ノ内駅 - 浦賀駅間および前述の品川駅 - 泉岳寺駅間に限られる。前者2区間は速達列車の折り返し運用、後者は都営浅草線に直通する運用のため8両編成が用いられる。, 読み方には「かいとく」と「うみとく」がある。これは快速特急の略称である「快特(かいとく)」と同一の読み方になってしまうためである。ただし、海水浴特急が登場した当時、快速特急はまだ存在していなかったため、略称の読み方が同じになるという懸念はなかった。, 1995年に京浜急行電鉄が限定発売した前面展望ビデオ『快走!KEIKYU 海をめざして風になる』では所定の2000形での運用を3代目600形の第1編成に差し替えて収録をしているが、この3代目600形で代走したマリンパーク号ではヘッドマークステーが2000形と同様設置されていなかったため、, 東京急行電鉄が1943年(昭和18年)7月14日に神奈川県土木部に提出した「総未第三十六号 軌道ヲ地方鉄道ニ変更実施ノ件」による。これによれば、同年6月1日に実施した軌道から地方鉄道に変更した際に品川線の呼称をやめ、品川営業局管内の全線を湘南線と呼称することとしたと記載されている。また、『京浜急行八十年史』では1943年(昭和18年)に品川線と湘南線が統合され品川 - 浦賀間を湘南線としたとする記述があるが, 1956年の改良まで京急で最後の併用軌道が残っており当時の最小半径は50mであった, 道平隆「京急のスピードアップと2灯明滅信号」『鉄道と電気技術』8巻4号(一般社団法人日本鉄道電気技術協会、1997年4月)61-63頁。ISSN 0915-9231, 『鉄道ピクトリアル』1998年7月号臨時増刊号(通算656号) pp.104 電気車研究会, 座れる通勤列車「モーニング・ウィング号」増発!「ウィング・シート」サービスも提供開始, 成田スカイアクセス線開業にともない7月17日(土)から羽田空港駅⇔成田空港駅直通電車を運行いたします, 品川⇔羽田国際線12分! 10月21日(日)ダイヤ改正で,羽田へ都心方面からも さらに速く, https://www.nicovideo.jp/watch/sm10134805, https://web.archive.org/web/20141108024500/http://www.keikyu.co.jp/company/20120731%EF%BC%A8%EF%BC%B0%E3%80%8010%E6%9C%8821%E6%97%A5%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E6%94%B9%E6%AD%A3.pdf, “品川⇔羽田国際線12分! 10月21日(日)ダイヤ改正で、羽田へ都心方面からも さらに速く”, https://web.archive.org/web/20141108024500/http://www.keikyu.co.jp/company/20120919HP%E3%80%8010%E6%9C%8821%E6%97%A5%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E6%94%B9%E6%AD%A3%EF%BC%88%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E6%A6%82%E8%A6%81%EF%BC%89.pdf, https://web.archive.org/web/20110408205127/http://www.keikyu.co.jp/company/cms_pdf/%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E3%81%AE%E9%81%8B%E8%BB%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.pdf.