他の病気と違い、判断するのが難しい。 日常的な身の回りの出来事から、世界を揺るがすニュースまで、本が扱うテーマは森羅万象。四季折々の年間イベント、仕事、暮らし、遊び、生きること、死ぬこと……。さまざまなテーマに沿う本の扉をご用意しました。扉を開くと読書の興味がどこにあるのか見えてきます。, 〈とんぼの本〉は、1983年の創刊。 美術、工芸、建築、写真、文学、歴史、旅、暮らしをテーマにしたビジュアルブック・シリーズです。, 一冊の本には、他のいろいろな本とつながる接点が隠れています。100年前の物語や、世界の果ての出来事と、実は意外な関係があるのかもしれません。本から本へ、思いがけない出会いの旅にでてみませんか。どのルートを選ぶかは、あなた次第です。, アルコールが一滴もないはずの閉鎖病棟で泥酔を繰り返す人気小説家。キックボクシングのタイトルマッチ、勝利の瞬間にリングで死亡した王者。かたや厳重な警備の病院で、こなた千人以上の観客が見守る中で。まるで神様が魔法を使ったかのような奇妙な「密室」事件、その陰に隠れた思いもよらぬ「病」とは? 天才女医・天久鷹央が不可能犯罪に挑む。現役医師による本格医療ミステリ!, なかなかに愉しく読める本格ミステリである。 「2020年 『文庫 崩れる脳を抱きしめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」. 天久鷹央の推理カルテ 新潮文庫nexで大人気の新感覚メディカル・ミステリ、待望のコミック化! 天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が不可思議事件の謎を“診断”する! [月刊コミック@バンチ連載作品:2016年4月~2018年3月] 普段、深く知ることのない「精神科」の世界。たとえ興味本位であったとしても知っておくに越したことはない。 第三話「傷の証言」 高校中退後、自宅に引きこもっていた沢井一也は、姉を刺し逮捕された。影山たちが鑑定に赴くが、支離滅裂な発言をし恐慌状態に陥ってしまう。 精神異常者の話し故に理解不能。 犯罪者の精神鑑定はその判断によって起訴、不起訴が 引用元:Google アナリティクス サービス利用規約, 映画やアメコミが好きなmaxken110が運営する、アメコミや映画、マンガなど、サブカルチャーを追及していくブログです。, ときには、maxken110の知識や経験を活かした、スペイン語やラテンアメリカに関する、多くの人に知っておいてほしいことについても紹介していきます。, なお、本ブログで使用している画像については、「引用」、ならびに「出典」と記していない場合、自分で撮った写真、もしくはフリー画像を使用しています。, 日本トップ4(レトルト、キヨ。、牛沢、ガッチマン)徹底解剖!(Youtuber応援ブログ). 『ムゲンのi』『ひとつむぎの手』『崩れる脳を抱きしめて』で 天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイ… 知念 実希人; 登録 3865. 真の鑑定が、少しでも関係する人たちの心の軽減に、背負った十字架の軽減に繋がれば良いな。, 現役医師でもある著者による医療ミステリ。 刑法39条にはこうある。 本を登録する. 天久鷹央の推理カルテII―ファントムの病棟― 2015/03/01. 今春映画化の『仮面病棟』でも話題沸騰! 693円. 誰の中にもあるもの、でも誰もその存在を確認できない。あるに違いないものだけど、目に見えないし説明もできない。どこにあるのか。あるいは「心」と「精神」の違いって何?わからないことだらけの「心」。 上司の影山は精神鑑定の第一人者である。冷静で物静かであり、滅多に感情を表に表わさない。精神鑑定は、日本では学問的な業績としてはほとんど認められず、金銭的な見返りも少なく、「割に合わない」仕事だという。それでも鑑定を学びたいという凛の強い意志に押され、影山は凛を助手に使うことにする。 いいね もっと読む. 心にその重石を抱えながら、親友の事件の闇に迫ろうと、凛は精神鑑定医を目指していた。 天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex) 知念 実希人; 登録 7924. 五十嵐 律人; 登録. 現在、毎週土曜日の午後9時にBSテレ東でドラマ『神酒クリニックで乾杯を』を放送しています。 クリニックのメンバーには天久鷹央の兄である、天久翼も登場しています。 12日に放送された第1話はネットもテレ東またはTVerでご覧になれます。 法廷遊戯. ぜひシリーズ化してほしいです。, 心って何だろう。 冷静に見極めなければというプレッシャーは相当だろう 『仮面病棟 (実業之日本社文庫)』や『優しい死神の飼い方 (光文社文庫)』や『時限病棟 (実業之日本社文庫)』など知念実希人の全208作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。.  さらに注目すべきは「バッカスの病室」の酔漢である。彼は人気推理作家という設定で、彼の妻や見舞客の編集者を通じて語られるミステリ作家の心境や出版界の状況も興味深い。また、鷹央と小鳥遊が『占星術殺人事件』や『十角館の殺人』などについて語る場面も愉しく読める。ちなみに知念実希人は、『占星術殺人事件』の著者である島田荘司が選者の「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」でデビューした作家だ。そんな著者のミステリ語りという興趣も添えられたこの一冊から《天久鷹央》シリーズに入り、水のない密室での溺死事件をはじめとする謎の数々に親しんでいくのも悪くない――というか積極的にお薦めしたい。シリーズ読者の方は、「神のハンマー」で鷹央が小鳥遊に与える“試練”をお愉しみに。, 1978(昭和53)年、沖縄県生れ。東京慈恵会医科大学卒業。2004(平成16)年から医師として勤務。2011年、「レゾン・デートル」で島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。2012年、同作を『誰がための刃』と改題し、デビュー。2018年、『崩れる脳を抱きしめて』で広島本大賞、沖縄書店大賞を受賞。同作で本屋大賞にノミネートされる。他の著書に「天久鷹央」シリーズ、『螺旋の手術室』『ひとつむぎの手』『仮面病棟』『時限病棟』『ムゲンのi』『優しい死神の飼い方』などがある。, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. 精神科医が数ある科の中から精神科を選ぶのはなぜか。いろいろな理由はあるだろうけど、その中にはこの小説の主人公たる凛のようにどうしても「とある患者の心」を知りたいというのもあるだろう。 1978年、沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で作家デビュー。15年、『仮面病棟』が大ヒット。人気の「天久鷹央」シリーズをはじめ、『ブラッドライン』『優しい死神の飼い方』『改貌屋 天才美容外科医・柊貴之の事件カルテ』『あなたのための誘拐』など著書多数。最注目の医療ミステリー作家。 最近、本屋で見かけた『神話の密室天久鷹央の医療カルテ』というシリーズ本の1冊を買ったのですが、調べたところ第10巻らしく・・・・・・ 第1巻から読んだ方がいいですか?第10巻から読んでも楽しめ … それぞれの事件の容疑者たち。表面的には彼らは心をあるいは精神を病んでいるようだ。彼らに必要なのは「罰」か「治療」か。もしも「罰」を与えるべきではないとしたら、その「罪」はだれが背負うべきなのか。傷ついた人たちの十字架はだれが背負うべきなのか。 いつ、私が、あるいは身近な誰かが、心を、精神を病むかもしれないのだから。, 精神科医、大変なお仕事ですね。 心の深い深い場所、見落とされがちな真の闇の場所を炙り出していく過程は一種の頭脳戦を思わせ緊張感と共にひきこまれた。 一、心神喪失者の行為は、罰しない。二、心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する 決まってしまうので特に難しいと思います。 もっと見る. 最後の精神鑑定が肝である。 幻影の手術室: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex) 923 人. 今後、鷹央とワトソン役の小鳥遊 と、引っかき廻し役の鴻ノ池の人間 関係に進展があるとよいのではな いだろうか? 知念実希人『天久』シリーズ 1巻 神話の密室』が出た。知念作品の全体像は、別の号で書くつ う。 《天久鷹央の事件カルテ・シリーズ》  というところで「バッカスの病室」の紹介は一休みして、「神のハンマー」を紹介するとしよう。  こちらの舞台は、キックボクシングの日本タイトルマッチのリングだ。約千人の観客の視線が注がれているだけでなく、映像としても記録されていた。そんな場所で、挑戦者である早坂翔馬は、勝利を収めた直後に倒れ、搬送先の天医会総合病院で死亡したのである。だが、その死因が不明だった。格闘技の試合後に心停止に至る場合、頭蓋内に大量の出血があるのが通常だが、早坂をCTで検査してもその痕跡はなかった。さらに、早坂の妻からは、彼が「自分は殺されるかもしれない」と言っていたとの情報ももたらされる……。 精神鑑定医、影山司(かげやま つかさ)と、新米医師、弓削凛(ゆげ りん)のコンビが事件に取り組む連作集である。 天久鷹央の推理カルテ. 医療ミステリーの最先端を行く著者の最新作。 第五話「闇の貌」 同僚を刺殺した桜庭瑠香子。過去にも殺人事件を起こしていた瑠香子だが、解離性同一性障害、すなわち多重人格と診断され不起訴となっていた。 医学の知識もちりばめられていて、なるほどと参考になる点もあるのだが、どちらかといえば、良くも悪くもエンタメ寄りだろう。専門的なことはよくわからないのだが、ちょっと気になったのは最終話。凛の心の傷にも関わる中編で、おそらく著者も力を入れた作品なのだと思う。が、解離性同一性障害、いわゆる多重人格というのは、その人の心の中にいくつもの異なる人格が存在するものだと思うのだが、本作だと死んだ人の人格が犯人に宿る形になっている。そんなことありうるのかな・・・? 実際にそういう症例があるのかどうか知らないが、これを読んだだけでは何だかいきなり死者が憑りついたようで、医療ミステリというよりホラーのように感じる。 「天久鷹央」シリーズ累計130万部突破、 第三話「傷の証言」。引きこもりの青年が姉を刺したとして捕まった。青年が統合失調症を患っているのは明らかに見えたが、事件にはいささか腑に落ちない点があった。 ただ、『天久鷹央の推理カルテ』と『天久鷹央の事件カルテ』の2種類があるので、最初に購入しようと思った際には、時系列がわかりにくいかもしれません。 そこで今回は、『天久鷹央』シリーズの時系列通りの順番を紹介しておきます。 スポンサーリンク 印象に残った文章 正確な鑑定のためにはあらゆる手を尽くす――日本有数の精神鑑定医・影山司の助手に志願した新人医師・弓削凛は、犯罪者の心の闇に対峙していく。究極の頭脳戦の果てに、影山が見据える未来とは。そして凛が精神鑑定を学ばねばならない理由とは……。 主人公は精神鑑定医!, 深い深い、一冊。 全10件を表示. 2014/10/01. レビューを読む. 天久鷹央の推理カルテ 新潮文庫nexで大人気の新感覚メディカル・ミステリ、待望のコミック化! 天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が不可思議事件の謎を“診断”する! [月刊コミック@バンチ連載作品:2016年4月~2018年3月] 事件に絡む精神鑑定とは、要は罪を犯したものにその責任があるかを問うものである。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『天久鷹央の推理カルテ』シリーズは3つの短編から構成されており、『天久鷹央の事件カルテ』シリーズは一つの長編です。, 天久鷹央と小鳥遊優の出会いから、「宇宙人に命令された男」が引き起こした殺人事件を解決するまでの2か月間の話。, 「池に出たカッパ」や「深夜の病棟に出る人魂」、「目に見えない胎児」、そして「オーダーメイドの毒薬」といった謎を、鷹央が見事に解き明かしていきます。, シリーズの開始早々、鷹央と小鳥先生が所属する「統括診断部」存続の危機に陥るという展開も見どころの一つです。, 「コーラに毒が盛られたと訴える男」や「血を盗む吸血鬼」、そして「病棟に現れる天使」の謎を解明していきます。, 「呪いの動画を観て線路に転落した女子高生」や「男性に触れると肌が荒れる女性」、そして「密室で溺れた男」の謎を解明していきます。, 「密室で溺れた男」の謎を解かないと小鳥先生が「統括診断部」にいられなくなるという、少しシリアスな展開にもなりました。, 「元カレの呪いに苦しむ女性」、「ゴミ屋敷の宝」、そして「瞬間移動した死体」の謎を解明していく話です。, いつもは鷹央がずば抜けた推理力で事件を解決していきますが、今作は小鳥先生が事件を「解決」に導くという展開が待っています。, そこには亡くなった麻酔科医と患者である鴻ノ池舞(鷹央と小鳥先生の同僚)しかおらず、警察は鴻ノ池舞を容疑者として捜査を進めていきます。, ただ、オペルームのカメラを観ていた人たちは、亡くなった麻酔科医は「見えない何か」と取っ組み合っているような感じだったと証言しました。, 「透明人間による事件」の全容を暴き鴻ノ池舞の容疑を晴らすため、鷹央と小鳥先生が謎に挑みます。, 「人込みで体が腐る男」、「整体師の治療で若返った女」、そして「聖痕が現れる男」の謎を解いていきます。, 都内の女性が連続で殺害されるという事件が発生し、事件現場には犯人のものと思われるDNAが残されていました。, 平安時代の陰陽師の墓を発掘していた大学の准教授が焼死した事件を皮切りに、一緒に発掘を行っていた共同研究者たちの身にも、「陰陽師の呪い」が降りかかってきます。, 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。