ga('send', 'pageview'); 猫と暮らす方の中には、夜になると突然暴れ始める猫に手もつけられず、途方に暮れている方も多いのではないでしょうか。なぜ猫は突然暴れるのか、そのとき飼い主はどう対処すれば良いのか、今回はそんな疑問にお答えします。, 暴れる猫に手を焼いている飼い主は意外に多く、インターネットやペット雑誌には、どうすれば暴れるのを止められるかという相談がよく見られます。しかし、猫はもともと夜行性。つまり、夜が彼らの活動時間なのです。猫が狩りをする時間帯は夜中の23~24時、そして早朝の5~6時頃といわれています。飼い猫であっても本能的に、夜になると落ち着かなくなってしまうのかもしれません。また、運動不足によりエネルギーがあり余っているのも、猫が突然暴れる原因の1つと考えられます。体の中に蓄積されたエネルギーを発散するために、突然攻撃的になったり暴れたりするのです。, 猫がこのような原因で暴れているのであれば、きちんとした対処によって状況を改善することができます。, しかし問題なのは、まれに病気が原因で暴れる猫がいることです。痛みや不調を飼い主に訴えるため、威嚇するような行動を見せる場合もあります。もし食欲や元気がないのに、よく暴れる様子が見られる場合は、1度病院で診察を受けチェックしてもらいましょう。, たくさん運動して疲れれば、自然とぐっすり眠ってくれます。猫の持久力は15分程度だといわれています。15分ほどじっくり遊ばせて、猫が自然と眠くなるようにリードしてあげましょう。就寝前にたっぷり遊ぶ習慣をつけることで、生活リズムを覚えてくれます。, おすすめの遊びは、猫が持つ狩りの習性を利用することです。ロープの先におもちゃをつけて垂らしたり、懐中電灯の光を壁や床に当てたりする追いかけっこなら、猫も心ゆくまで遊んでくれるでしょう。, 光と追いかけっこをするときは、くれぐれも猫の目を痛めることのないように注意してください。レーザーポインターの中には、おもちゃとして使うには照射力が強すぎるものがあります。ペット用のおもちゃとして販売されているものは最も弱いレベルの光ですが、それならば「直接ずっと見ない限りは問題ない」とされています。, 他にも、キャットタワーやキャットウォークを使った運動もおすすめです。室内にいる猫にとって上下運動ができる場所は貴重で、しかもジャンプは程よく負荷のかかる運動だからです。キャットタワーなどを設ける場合は、周囲に危険がないか必ず確認しましょう。, 猫は日中ずっと飼い主の帰りを待ちながら過ごしています。家に帰ってきたら、運動を伴う遊び以外にも、なでるなどのスキンシップをとることをおすすめします。飼い主と心ゆくまで遊ぶことで体力を発散し、精神的にも安心できれば、猫もゆっくり寝てくれるかもしれません。, 猫が暴れて手がつけられず苛立っても、叩いたり怒鳴ったりしてはいけません。猫にとっては不快感と恐怖心しか残らず、飼い主のことを警戒するようになります。その結果、もっと攻撃性が強まる恐れがあります。, 感情にまかせて怒鳴るのではなく、天罰作戦をおすすめします。猫が悪さをしたら、背後から霧吹きで水を吹きかけるのです。飼い主の仕業だとばれないよう、背後から吹きかけるのがポイントです。猫は体がぬれるのを嫌うため、何度か繰り返すと「その行動をすると天罰が下る(=体がぬれる)」と覚えて、悪さをしなくなります。根気よく取り組んでください。, 猫をなだめようとおやつをあげると「暴れると良いものがもらえる」と勘違いしてしまいます。猫はとても賢いので、おやつ欲しさに何度も暴れてしまいかねません。人間の子供の場合、おやつやおもちゃで釣るようなしつけは好ましくないといわれますが、それは猫も同じことです。, 猫が毎晩大暴れすると気分が休まらず、飼い主としてはうんざりしてしまうかもしれません。しかし、それも猫が元気な証拠。いつしか猫も大人になり、この騒がしさを懐かしく思い出す日が来るかもしれません。また病気が原因で暴れてしまうこともあるため、心配な場合はかかりつけの獣医師に相談してみることをおすすめします。, 私の家でかっている猫が昼間になると暴れだしますが、教えていただいた方法で頑張ります(`・ω・´)ゝ, わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。. ga('create', 'UA-75905789-1', 'auto', {'allowLinker': true}); ga('require', 'linker'); ga('linker:autoLink', ['matsunami-shop.com','c18.future-shop.jp']); ga('require', 'displayfeatures'); (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), 可愛い子猫を飼ったのは良いものの、普段は大人しくて可愛らしいのに突然気が狂ったかの様に暴れまわったりして、疲れたら寝てしまうというような行動をすることがあるようです。, 子猫が突然暴れ出すのは、自分が知らないことや興味がある物を発見すると、それに対して執着することがあるからです。, 人間の子供と同じで興味があれば何でもやってみようと思うので、とても好奇心旺盛な時期でもあります。, 思いっきり遊んでいる姿が暴れているように感じますが、子猫が力いっぱい遊んでいると考えられます。, すぐに眠たくて充電切れしてしまいますが、猫は夜中でも暴れ回ることがあるので、ある意味本能のままに生きていると言っても良いでしょう。, 本来ならば親猫からいろいろと学ばなければならないことを、子猫は全部独学で覚えなければなりません。, 暴れることに関しては、人間の子供も思いっきりはしゃぎ過ぎて親に怒られることがあるでしょう。, しかし、子猫の場合には誰にも怒られることがないので、暴れているのが悪いという認識もありません。, 子猫が暴れる原因には、その行為が悪いことだと教わっていないということがあるのです。, 子猫も兄弟や親猫から受けるストレスを少なくとも感じていますし、部屋が狭ければ走り回ることもできません。, 子猫なので本来は親猫がいるのが当たり前ですが、誰にも甘えることができないので大きなストレスとなるでしょう。, 暴れるというのは、走り回ったりどこかをひっかいたりすることですが、それでストレスを発散させているのかもしれません。, 古い時代から続いている猫と人間の関係ですが、猫の本能はやはり狩りをする獰猛な生き物です。, 野生の本能が今でも残っているので、走り回ったりすることが当たり前だと考えているのでしょう。, 子猫は1日の大半を寝て過ごしますが、もちろん野生の本能は残っているので、本能のままに走り回ったり暴れたりすることがあります。, 猫は本来夜行性の生き物ですが、人間に飼われることでだんだんと昼間の時間帯にも活動をしていることが多いです。, しかし、昼間は大半が寝ている猫を目にすると思いますが、子猫は特に1日の大半を寝て過ごしていることが多いです。, 子猫の時には1日15時間くらい寝ていることもありますから、昼間飼い主とたくさん遊べばそれだけ夜は疲れて眠ってしまうでしょう。, 人間でも昼と夜の生活が逆になると調子が悪くなる人がいますが、子猫も同じように調子が狂ってしまうことがあるようです。, 大きくなれば夜に自由に動き回ることができますが、子猫の場合にはそれもまだできないので、昼間に思いっきり暴れることでストレスを溜めないようにもしているようです。, 子猫が突然暴れ出すのはストレスを感じているか、遊び足りないのでその感情表現が上手くできないので暴れているのかもしれません。, 多頭飼いならば猫同士のルールがありますが、単独で飼っている子猫は特に遊び相手や甘える親猫がいないので、ストレスを感じてしまうのかもしれません。. …(4時に起きる仕事はしていない…(´・ω・`)…) 起きたのね?!じゃぁ私たち猫が朝に暴れる理由と対策を話すわ!(ドタタタ…) (二度寝しちゃダメなのかな) なぜ?早朝に暴れるネコ、噛んで・鳴いて … m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) 猫が突然暴れる原因は?猫が攻撃的になったときの落ち着かせ方やしつけ方法をご紹介します。松波動物メディカルはペットの健康管理に必要な動物病院お薦めの商品をご提供いたします。 子猫には子猫のストレスを感じることがあります。 猫の多頭飼いや1匹だけを飼っていることでも、大きく環境は変わってきます。 また病気が原因で暴れてしまうこともあるため、心配な場合はかかりつけの獣医師に相談してみることをおすすめします。. 記載されている内容は2019年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 猫は人気の高い生き物のため、家で飼っているという人も多いです。しかし、子猫から飼育始めると、その子猫が元気すぎて、暴れて困ってしまうという飼い主もいます。子猫が暴れることには原因があるため、その原因に合わせた対処方法が必要となります。, 猫は人気の高い生き物のため、家で飼っているという人も多いです。しかし、子猫から飼育始めると、その子猫に元気がありすぎて、困ってしまう飼い主もいます。, 子猫が暴れてしまうからと、ケージの中で飼育をする人もいます。しかし、これは逆効果となってしまうこともあります。, 先に述べた通り、子猫が家の中で暴れるのは、狩猟本能が原因の場合もあります。狩猟本能はブリーダーやペットショップなどで今まで生活をしてきて、外の世界を知らなくても野生の名残のため、どのような猫も持っています。, 子猫と生活をして、家の中で暴れることに困ってしまうという飼い主もいます。子猫が暴れることは狩猟本能が原因となっている場合もあるため、ある程度は仕方のないことでもあります。, 上記で述べた通り、興奮しやすい子猫は熱中すると周囲が見えなくなり、家の中で暴れてしまうことがあります。子猫の冷静さを取り戻させるためには、子猫を驚かせることが効果的です。, 手で大きな音を鳴らして驚かせることで、暴れる子猫を止めることができることもあります。, 子猫も猫のため、狩猟本能があります。そのため、興味が惹きつけられたものに飛びついて、噛んでしまうこともあります。, 飼い主に遊んでもらっているうちに、興奮してしまった子猫が手に噛み付いてしまうこともあります。, 単純に、いたずらが好きで、家の中にある物に飛びついたり、家の中を走り回ったりなどする子猫もいます。, 子猫がいたずらをするのであれば、そのよくいたずらをする場所に子猫が近寄りたくなくなるように仕向けることが効果的なので、猫が嫌がる臭いをいたずらをする場所に撒いておきましょう。, 上記で述べた通り、猫は柑橘系やコーヒーの臭いを嫌います。猫は嗅覚が鋭いので、人にとっては少しの臭いでも、猫にとっては強烈な臭いとなります。, しつけをすることで、子猫が暴れる頻度を下げることはできます。しかし、猫も動物なので、どれだけしつけをしても暴れるときもあります。, 子猫も人と同じで、ストレスが溜まると暴れてしまうという性格をしている猫もいます。ただし、子猫は人よりもストレスに弱く、溜まったストレスを飼い主への迷惑おかまいなしに暴れて発散してしまうこともあります。, 頻繁に暴れる子猫の中には、暴れることで飼い主がかまってくれると覚えてしまっている場合もあります。そのため、子猫が飼い主にかまって欲しいと思ったときに暴れるようになってしまうこともあります。, 猫は首の後ろを掴まれるとおとなしくなるという習性を持っています。これは、母猫が子猫を運ぶ際に咥える場所です。, 子猫が暴れないようにしつけをしたり、暴れたときにはできるだけ早く子猫に落ち着いてもらうための対処をしたりなどすることは大切です。, 暴れる子猫はそのままにしておくと、家の中のあちこちを荒らしてしまいます。そのため、暴れ始めたときに、家の中を荒らされないように、即座に子猫を捕まえようとして近寄ってしまう人もいます。, 暴れる子猫を止めようとして、大声を出しながら近くと、子猫は身の危険を感じてしまう可能性があります。, 上記で述べた通り、子猫に恐怖心を持たれてしまうと、その後に信頼関係を築いていくことが難しくなってしまう可能性があります。そのため、子猫が悪いことをしたとしても、叱り方には注意が必要です。, 暴れる子猫を止めるために、熱中しているものから興味をそらすという方法があります。手を叩いて音を鳴らすこともその方法の1つです。, 子猫は何が悪いことか判断することができません。また、本能が原因で暴れてしまうこともあります。しかし、家の中でいつまでも暴れられてしまうと大変なことになってしまうため、飼い主はしつけをしてあげる必要があります。, 猫ちゃんを可愛がることはとても大切です。しかし、ただ可愛がるだけではなく猫ちゃんのもっている本能や性質を理解し、それにより起こしている行動や、愛情表現を知るとさらに分かり合えます。まずは足踏みをする理由から学んでいきましょう!, 猫は可愛いと自覚しているのでしょうか。なぜなら、猫があまりにも可愛いしぐさをたくさんするからです。そこで今回は、猫の可愛いがられる理由と可愛すぎる特徴8選をご紹介していきます。顔や肉球、毛並みやしぐさなど、それぞれについて細かく見ていきましょう。, 伏せてじっとしているとき、猫はどんな状態なのでしょうか。猫がとなり同士で並んで伏せていることもありますよね。眠い?退屈?など猫が伏せている理由はさまざまです。「なぜ?」を知ると、伏せている猫を観察するのが楽しくなりますよ。, 猫を怒らせることは嫌悪感を抱かれてしまう原因の1つです。猫好きさんであれば、猫に嫌悪感を抱かれる行為をすることは最小限に抑えたいでしょう。この記事では、猫が怒る原因や怒っている猫の対処法についてご紹介しますので、ぜひご参考ください!, 猫がまとわりつくのは、愛情を求めているからです。猫から愛情表現としてまとわりつく行動をとっていますが、猫は優しくなで返してほしいから、まとわりつきます。猫が望むことは、飼い主と愛情を分かち合う事です。猫は寂しがり屋だから、いつでも飼い主にまとわりつきます。, 猫が涙目になっていると心配になりますが、あくびやくしゃみなど生理現象で起こるものは心配ありません。しかし目の怪我などの場合には悪化させないように、エリザベスカーラをつけたり、目薬をさしたり早期に対処するようにしましょう。. (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ The following two tabs change content below. Copyright © 株式会社松波動物病院 All Rights Reserved. また、噛み癖を付けさせないためには、子猫のころからのしつけが大切。子猫は噛む力が弱いですが、かわいさにかまけて人間の手や指で遊ばせていると、成猫になってからのトラブルにつながります。猫用のおもちゃで遊ばせるようにしましょう。 子猫が暴れる原因には、その行為が悪いことだと教わっていないということがあるのです。 ストレスを感じている. 暴れる子猫にやってはいけないこと4:おやつで釣る 暴れる子猫を止めるために、熱中しているものから興味をそらすという方法があります。 手を叩いて音を鳴らすこともその方法の1つです。 })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');