『宇宙戦争』(うちゅうせんそう、The War of the Worlds)は、1953年公開のアメリカ合衆国の映画。H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を、ジョージ・パルとパラマウント映画が映画化した作品である。 ブログのテーマをcocoonに変えたので現在各記事を手直し中です。 皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。今回は映画『宇宙戦争』(1953年)をご紹介します。H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』が原作の古典SFの傑作映画です。2005年には監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・ ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生のキャストと相関図!ジョニー・デップの役とは? 明確に同一世界とは言われていないものの、この話の火星にも『宇宙戦争』の火星人が持ち込んだ植物と同じ赤い植物が繁茂し、火星人とは別に二足歩行の人間(あるいは猿)型の生物[4]がいて火星人がそれを捕まえる描写があるほか、火星人自体も「口のすぐ下方に物をつかめるような二束の触手」などと『宇宙戦争』の火星人とよく似た形状で、昆虫を思わせる機械に乗って移動するなど似たような技術を持っている[5]。, 19世紀6月の金曜日の未明、イングランドのウィンチェスター上空で緑色の流れ星が観測され、天文学者のオーグルビーは、流れ星がロンドン南西ウォーキング付近に落ちているのを発見。それは直径30ヤード(27.4メートル)ほどの巨大な円筒だった。夕方、主人公「私」を含めた見物人が群がる中、円筒の蓋が開いて醜悪な火星人が現れた。オーグルビーは、王立天文官ステント、新聞記者のヘンダーソンらと共に急遽<代表団>を結成。火星人がいかに醜悪な外見でも、何らかの知性を持っている以上、こちらも知性を持っている事を示そう、という理由だが、彼らが円筒に近づいた途端、目に見えない熱線が人々を焼き払った。熱線は恐るべき威力で、人間や動物を含め、周囲の木々や茂み、木造家屋などが一瞬で炎に包まれた。夜、英国軍が出動したが、真夜中過ぎに火星人の第二の円筒が落下する。, 土曜日の午後、軍隊の攻撃が始まったが、夕方には「私」の自宅付近も火星人の熱線の射程内となる。「私」は近くの店で馬車を借り、妻を引き連れ彼女のいとこが住むレザーヘッドへ逃げる。その馬車を返す途中、真夜中過ぎに火星人の第三の円筒が落下。家より背が高い3本脚の戦闘機械(トライポッド)が登場し、破壊の限りを尽くす。馬車を借りた店の主人も死に、出動した英国軍も全滅。自宅に生き残りの砲兵が逃げ込んで来た。, 日曜日の朝、二人はロンドン方面へ避難を開始。午後、テムズ河畔に火星人の戦闘機械5体が現れるが、砲撃で戦闘機械の1体を撃破。一旦は撃退に成功する。その戦闘の混乱で「私」は砲兵とはぐれてしまい、夕方、教会の副牧師と出会う。一方、火星人はその夜から、液体のような黒い毒ガスと熱線を使う攻撃に戦法を変更し、軍を撃破してロンドンへと向かう。, 月曜日の未明、ロンドン市民はパニック状態で逃げ惑う。軍隊は総崩れ。英国政府は「もはや火星人の侵攻を阻止し、ロンドンを防衛するのは不可能である。黒い毒ガスからは逃げるより他に無い」と避難勧告を出す。これを知ったロンドン在住の「私」の弟も避難を開始。暴漢に襲われていた女性らを助け、共に馬車で英仏海峡の港を目指す。港にたどり着いたのは水曜日の午後だった。3人が乗った蒸気船が出港すると、火星人の戦闘機械が3体現れる。沖にいた駆逐艦サンダーチャイルドは、戦闘機械目がけて突進し、砲撃で撃破。2体目に迫る途中、熱線を受けて大爆発するも、体当たりで2体目も撃破。3体目の戦闘機械は逃げ去り、「私」の弟たちの乗った船は英国から脱出した。, 「私」は、出逢った副牧師と共に、日曜日の夜から黒い毒ガスを避けて空き家に避難していた。翌日の夕方、火星人が去ったので、2人は逃避行を続け、ロンドン近郊の空き家にたどり着くが、真夜中、突然近くに火星人の円筒が落下。廃屋に閉じ込められてしまう。日数が過ぎるうちに「私」は副牧師と対立。極限状態に陥り、大声を出す彼を殴り倒す。その物音を気付かれ、火星人にあと一歩で捕まりそうになったが、何とか生き延びる。15日目の朝、辺りが静まり返っている。思い切って外に出ると、火星人らは姿を消していた。, 「私」は以前出逢った砲兵と再会し、人類が負けた事と将来の事について話し合う。砲兵と別れたあと静寂に包まれたロンドンに入った「私」は、そこで戦闘機械を見つける。死を決意し近づいていくが、そこで見たものは火星人たちの死体だった。彼らを倒したのは、人間の武器や策略ではなく、太古に神が創造した病原菌であった。地球の人間と違って、これらの病原菌に対する免疫が全くなかった火星人たちは、地球で呼吸し、飲食を始めた時から死にゆく運命だったのである。, やがて人々は舞い戻り、復興が始まる。「私」は約4週間ぶりに自宅に戻る。幸い自宅はほぼ無事だった。外で話し声がする。窓から見ると、それは妻と彼女のいとこだった。, ラジオドラマとして放送された『宇宙戦争』が全米で聴衆にパニックを引き起こした、と言われる。聴取者に比してあまりにも反響のみが大きく、この事件が元でフィクションを放送する場合に一定の規制をかける法律が制定された。しかし、近年[いつ? 映画「ファンタスティック・ビースト2と黒い魔法使いの誕生」のあらすじ・ネタバレと感想!キャストとラストについて解説, 映画『アルファ/Alpha』のあらすじ・ネタバレと感想!キャストと狼のラストについて解説. Wells' War of the Worlds”である。日本においては、ハインズ監督の映画は『ザ・カウントダウン 地球大戦争』という日本語タイトルに改められている。, 英国の小説家スティーヴン・バクスターによってウェルズ財団公認の続編が書かれた。 ブログを報告する, 1953年(昭和28年)アメリカ映画「宇宙戦争」(The War of the Worlds), 1953年(昭和28年)アメリカ映画「ローマの休日(Roman Holiday)」. 宇宙戦争(1953)の映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全6件。評価3.1。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 いつかナマケモノを飼うことを夢見て日々暮らしています。, オススメしたいもの・映画・小説・漫画・アニメなどの感想を書いていきます。 映画「宇宙戦争」についての感想が8件掲載中です。実際に映画を観たレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。 『宇宙戦争』(うちゅうせんそう、英: The War of the Worlds)は、イギリスの作家H・G・ウェルズが1898年に発表したSF小説。, 20世紀の初めに火星人が地球に到来し武力で侵略する様子が、英国人男性による回顧録の形で書かれた作品であり、SF作品の古典的名作として知られている。原題の"The War of the Worlds"は直訳すれば「世界同士の戦争」、つまり「地球人の世界」と「火星人の世界」の2つの「世界」が争うという意味である。, 後にアメリカ合衆国でラジオドラマ化[1]された際には、あまりの迫真さに多くの聴取者が実際の緊急報道番組と勘違いしたことから、大騒動を引き起こしたとされた(実際には死者が出るほどのパニックだった、といった話もあれば、一方で社会パニックなど起きていなかったともいわれている。これは「#ラジオドラマ「宇宙戦争」事件」の項で後述)。その後も何度か映像化されていること、またこの作品の影響によって、大きな頭と退化した四肢を持つタコのような姿をした火星人のイメージが世に広まったとされている[2](詳細は火星人#フィクションの火星人を参照)ことから、「タコ型宇宙人が、強力な機動兵器を持ち込んで地球(主に合衆国)で侵略行動をする」という一般的認識がある作品でもある。, また、数々のパロディ(パスティシュ)作品や、これをモチーフにした作品、ジュブナイルSF化した作品が、数多く製作されている。そうした作品の中には、『シャーロック・ホームズの宇宙戦争』のように、「彼らは火星人ではなく、火星を前線基地としていた」という見解の作品もある(アメコミ『続リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』や、アニメ『ジャスティス・リーグ』の第1エピソードなどでも、彼らは「火星を経由して地球を侵略した」という展開となっている)。, 本作の1年前(1897年)に発表された『水晶の卵』(The Crystal Egg [3])というH・G・ウェルズの短編がある。ロンドンの骨董店の店頭にあった卵形の水晶のようなものに不可思議な風景が見えるのを、その店の主人が発見した。知り合いの科学者が調査した結果、夜空の星(恒星)は地球とほぼ同一(=太陽系内)なのに太陽が小さく見え、月が小さく2つあったことから、これは火星の風景と火星人の姿が映し出されており、逆に火星人からもこちらの様子が見えると判断され、火星人が地球の偵察のために送り込んだ物体であろうと思われた。しかし、さらに研究を進めようとした矢先、骨董店主人は死亡、水晶は誰かに売られて行方不明となり、研究は頓挫する。 Copyright © 2018-2020 ナマケモノの森羅万象備忘録 All Rights Reserved. | 映画「宇宙戦争」についての感想が8件掲載中です。実際に映画を観たレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。なお、内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, スティーブン・スピルバーグ&トム・クルーズが昔の小説をもとにリメイクしたSF映画です。宇宙人が地球を侵略しようとするお話です。戦争とは言いますが戦争ではなく、宇宙人の一方的な侵略ですので、地球の軍隊など歯が立たないのですから、宇宙戦争というよりは宇宙人侵略ですね(笑)スティーブン・スピルバーグ&トム・クルーズということで前評判が高かったこともありますが、期待よりはちょっと拍子抜けする感じでしたね。映像の迫力やダコタ・ファニングの天才子役ぶりは素晴らしかったのですが、やはり結末が、、、?でした。見たらちょっとがっかりするかもしれません。まあ普通に楽しめるとは思いますので、あとはご自身で確認してください(笑), 過去のHGウェルズ原作によるSF映画をリメイクした作品で、監督はスティーブン・スピルバーグさん、主演はトム・クルーズさんが演じており、内容は、ある日突然侵略を開始した正体不明のエイリアンに地球人類が抵抗、反撃を試みるという大胆で壮大なスケールのものになっています。主人公の家庭内事情を描く序盤から始まり、そして地下から突然トライポッドと呼ばれるエイリアンの侵略兵器が現れ街を破壊し始めるシーンが特に恐さがあり面白かったです。映像はとても綺麗で迫力がありましたね。トライポッドを食い止めるべく米軍が戦うシーンもカッコ良かったです。ただ、ラストはとあることが原因であっけなく終わってしまうのですが、まぁそれでもそこに至るまではとても楽しんで観賞できました。, 地球を攻撃してくる宇宙人に対して、逃げ惑い、そして戦うある家族のお話。1953年の映画『宇宙戦争』のリメイク版。スティーブン・スピルバーグ監督が映画化、ということと公開までの異常な重要機密扱いから多大な期待がかけられた今作。実際に見てみると・・・・映像美、キャストの演技力の高さは際立ったものの、思ったほど全体の完成度が高くない。正直、前半は順調な盛り上がりを見せていてすごくワクワクしながら鑑賞してたのに最後が予想以上にあっさり。え、終わり?とちょっと拍子抜けしてしまいました。と、いうわけでわたしが今回一番感動したダコタちゃんことダコタ・ファニングの演技力の高さを褒め称えたい。, この映画、賛否両論で分かれていますが、私は結構楽しく見ることができました。 この手の映画は、何故か主人公は死なないという不思議がありますが、だからこそやっぱり安心して見れるんですよねきっと(笑) 触手みたいなのが、トムを襲った時が一番怖かったです。 一緒に息をとめちゃいました! 捕獲されたときは、わ~どうなるんだ~!って思いましたが、 え~助かっちゃうんだ~みたいな(笑)そこはやっぱトムですよね♪ これどうやって解決すんの?ってなったところで、突然終戦。 いや~、このB級感が私は好きでした! 何も考えずに、逃げ惑う人たちをハラハラした気持ちで応援しながら楽しめるパニックムービーだと思います。 深くはないかな~でも、面白いですので観てみてください!, まず、これは主役をトム・ハンクスがやる必要があったのだろうか。。。全く主人公のかっこいいシーンがない。主人公はどちらかというと、侵略してきた宇宙人から逃げ惑う人々のうちのひとりという感じで描かれており、映画のタイトルからすれば主人公がリーダーとなって戦争を指導し勝利を掴む!みたいなことを想像しがちなのですが、見事に想像を裏切ってくれます。そもそも、宇宙戦争という名前がこの映画に適切なのか激しく疑問です。戦争じゃなくて宇宙人の地球侵略が失敗した、という話ですね。しかも人類が頑張って宇宙人を駆逐したわけじゃなくて、人間にはどうということのない細菌?で宇宙人が勝手に自滅していくだけ。正直見ててつまらなかったです。, 有名なH・G・ウェルズの小説の「宇宙戦争」をベースにして、その後のラジオドラマや映画も踏まえつつ、製作されたオリジナルストーリー。注目すべきなのはトムクルーズよりも、子役のダコタ・ファニングの演技かも知れない。実際この時期にだこたは天才子役として多数の映画に出演しているのだけれど、さすがに普通の子役のレベルからは頭を抜いた演技力だといえる。作品としてみれば、高く評価する人が居る一方で酷評も多い。他にもB級C級を含めて数多くの宇宙人侵略モノがあるだけに、なんだかなぁというのを感じてしまう人も多いと思う。特にラストは、ウェルズを踏襲しているだけに、何かもう一ひねりが欲しかった気がしてならない。, 本作は大昔に映画化された名作SF『宇宙戦争』に現代風なアレンジを加えてリメイクしたものです。こういった「宇宙からの侵略者対地球人」、特にハリウッド映画の「宇宙人対アメリカ軍」という構図になるとアメリカ軍が格好良く描かれる場合が多いと思います。しかしこの作品ではアメリカ軍はもちろん登場しますが描写される事は少なく、アメリカ軍自体がほとん役に立たない存在として描かれています。そんななか、なぜか日本の大阪で宇宙人の兵器である三本脚のトライポッドを倒したという事が描かれ日本人を楽しませてくれています。リメイク作品なのでラスト部分は小説や前の映画と違ってくるのかと期待しながら映画館まで観に行きました。その結果はぜひ皆さんの眼で確かめてください。, 宇宙戦争を描いたものですが映像、音はよかったけど、内容は宇宙戦争じゃなくて宇宙人との戦争ですね。宇宙人が何で侵略してきたとか、なんでやられたのか最後までよくわからない、最後にやられた原因が出て、なんじゃそりゃと突っ込みたくなりました。宇宙人のマシンの出現したときの街の人々の行動があまりに不自然でした。 やっぱ映画は日常てきな感じと非日常感てきな感じがミックスされたのがいいなーって思うね。そのほうがリアリティーを感じなおかつありえない感じも味わえるから。オチは昔の作品だから仕方ないと思うけど、あまりにも唐突すぎた。それと宇宙人はあれで全てではないだろうから、第二波が来たらどうするんだろう. ネタバレはないはずです.今cmなどで話題の『宇宙戦争』を早速見て参りましたので雑感を.~彼らは,すでに地球(ここ)にいる.~地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない.いま試される,愛と勇気――この映画は1953年に公開されて話題を呼んだ同題『宇宙戦争』を再映 © 2020 シネマズキ All rights reserved. Wells' The War of the Worlds”、ラット監督による映画の原題は“H.G. 今回は1953年(昭和28年)のアメリカ映画「宇宙戦争」(The War of the Worlds)で、H・G・ウェルズの古典的S F小説であった「宇宙戦争」をバイロン・ハスキン監督とバリー・リンドンの脚本によって映画化したものです。, これは、たしか小学生の頃に金曜ロードショーでやっていたのを父と共に見て、当時のみうけんにとってはなかなかの衝撃的というか、印象に残る映画でした。, ちなみに、金曜ロードショーのオープニングは、やはりラーメン大好き小池さん(違)が夕陽の埠頭で黄昏ているシーン。, 戦争も終わって平和に暮らすアメリカ市民のもとに、怪しげな隕石が次々と落ちてきます。, その隕石は実は地球侵略を狙う火星人のUFOで、彼らは最初から敵意を剥き出しにして地球人に襲いかかってきます。, UFOに最初に接近する見張り役の3人は、友好を信じてコンタクトを取ろうとしますが強烈な光線の攻撃によって影だけにされてしまうのが衝撃的です。, それに対して人類はありったけの軍事力で立ち向かうもののUFOには強力なバリアが張られており、全く歯が立たずついには核攻撃をも辞さないという人類がわ。, その一方で、この騒動に立ち会っていた科学者のクレイトン・フォレスター博士(ジーン・バリー)と、教師のシルヴィア・ヴァン・ビューレン(アン・ロビンソン)は宇宙人と遭遇!!, シルヴィアの絶叫にビビるばかりか、オノを投げつけられてキェェェェェと逃げていく宇宙人。, また、この映画の見所は1950年代のアメリカの風景がそのまま活かされているところ。, あまり書くとネタバレになってしまうので、是非とも古典映画の一作として見ていただきたいものです。, ※実は前回書いた映画レビューで、あまりネタバレしたので映画を見る楽しみがなくなるとご指摘を頂いたのは内緒ね, この映画は、1996年のアメリカ映画「インディペンディンス・ディ」などの宇宙人侵略モノとも共通するところがあり、きっと参考にされているのかも知れないなと思いました。, のちのB2爆撃機の元となる爆撃機ですが、試作品段階で終わってしまって実用化はされなかったということ。, その終わり方というか、人間がどうやったって勝てなかった火星人をアッサリと倒してしまったものとは。, この映画はコンパクトに仕上がっており見やすくて、皆さんにもオススメしたい映画だと思います。, 昔の古き良きアメリカの風景をカラー映像で楽しめる、そしていかにもアメリカらしい起承転結で観るものを楽しませてくれる、映画好き・アメリカロマン好きなあなたにはオススメの映画だなと思います。, 愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。, yokohamamiukenさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 『宇宙戦争』(うちゅうせんそう、The War of the Worlds)は、1953年公開のアメリカ合衆国の映画。H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を、ジョージ・パルとパラマウント映画が映画化した作品である。, H・G・ウェルズの古典SF小説『宇宙戦争』を、『月世界征服』や『地球最後の日』を製作したジョージ・パルが映画化した作品である。ウェルズの原作をバリー・リンドンが脚色し、バイロン・ハスキンが監督した。リンドンとハスキンは、この後『宇宙征服』でもパルと組んでいる。, 物語の大筋は原作を生かしつつ、時代設定と主たる舞台は19世紀末のイギリスから製作当時のアメリカ合衆国カリフォルニア州南部に移された。火星人の兵器も、原作に登場する「トライポッド」と呼ばれる三脚型の機械から「マーシャーン・ウォー・マシーン」と呼ばれる空飛ぶ円盤型の宇宙艇に変更され、原作が書かれた当時は存在しなかった原子爆弾も通用しない強敵に描かれている。, 特撮は『地球最後の日』を手がけ、アカデミー特殊効果賞を2度受賞しているゴードン・ジェニングスや、同じく特殊効果賞を2度受賞し、この後『宇宙征服』にも参加するスクリーン・プロセスの専門家ファーシオット・エドゥアートらが担当した。「マーシャーン・ウォー・マシーン」の造形は、美術を担当した日系人アルバート・ノザキによるものである[1]。, 主演のジーン・バリーは、後のテレビシリーズ『バークにまかせろ』のバーク役で知られる。また、バリーとアン・ロビンソンはDVDのオーディオコメンタリーに声を吹き込み[2]、2005年にスティーヴン・スピルバーグがリメイクした『宇宙戦争』にもカメオ出演している。, 本作はアカデミー特殊効果賞を受賞し、同編集賞と音響賞にノミネートされた他、ヒューゴー賞映像部門も受賞した。, ある日、世界各地に隕石が降り注いだ。科学者のフォレスター博士は、カリフォルニアに落下した隕石の分析を依頼されるが、その大きさの割にはクレーターが小さいことを不思議に思う。フォレスターは現場にいた教師のシルヴィア、彼女の叔父で牧師のコリンズを頼って近くの街に滞在し、さらに詳しい分析をしようと試みる。落下現場に監視が付けられたその夜、隕石の中から突如アームのようなものが伸びて光線を放ち、監視の男達を焼き殺してしまう。空からまたも降ってきた隕石と、殺された男達の哀れな姿を見たフォレスター達は、軍隊の出動を要請する。, 隕石の周囲を取り囲む軍隊の前に、恐るべきものが出現した。アームの正体は、火星人が地球侵略のために建造した戦闘兵器の一部だったのだ。牧師のコリンズは火星人との対話を試みるも光線を浴び、シルヴィアの前であえなく消え去った。ついに軍隊の総攻撃が始まるが、目に見えないバリヤーに守られた戦闘兵器は砲弾も何も通じず、軍は撤退を余儀なくされる。フォレスターとシルヴィアも退避を図るが、搭乗したセスナ機が途中で不時着し、荒野に放り出されてしまう。, 何とか民家へと逃げこむ二人。だが彼等は、そこで新たに送り込まれた戦闘兵器と遭遇する……。, 1988年にテレビシリーズとして、 "War of the Worlds" (『新・宇宙戦争』、別タイトル『エイリアン・ウォーズ』)が製作された。内容は、本映画の続編の形を取っている。, ジーン・バリーは自身が登場する場面の度に「おや? このハンサムは誰だ?」などとジョークを連発してアン・ロビンソンを笑わせ、そのジョークと笑い声がそのまま収録されている。, The War of the Worlds (1953) Movie Official Website | Trailers and Gallery | Paramount Pictures, The War of the Worlds (1953) | The Criterion Collection, 宇宙戦争(1953) スペシャル・コレクターズ・エディション | パラマウントピクチャーズ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宇宙戦争_(1953年の映画)&oldid=80386877. SFで宇宙人遭遇物はそれこそ数え切れないぐらいたくさんあります。その中でもこの一作は、おそらく飛びぬけ... 姉妹愛を描く父親の子ども(後に実父でないことがわかるのですが)を二人も産まされ、売られ、ただ一人の妹... 面白くなかった!とまでは言えないにしろ…よくある話だな~というのがこの作品への素直な感想です。主人公... ストーリーは大騒ぎドライブから始まるこの映画は、兵役が終わった兵隊たちが大騒ぎしながら車を飛ばし、長... 軍隊、という閉塞的な場で、ある「移動命令」があったのかどうか、それが一つの論点となっていました。命令... 「結構ハラハラドキドキで怖い!イカに注意?!」「終わり方がちょっと残念」「賛否が分かれる映画」「名作SFを現代風にアレンジ」「宇宙人」他、スティーヴン・スピルバーグの映画宇宙戦争についての感想を一覧表示しています。実際に映画を観たレビュアーによる長文考察レビューが8件掲載中です。レビューンは、「理解が深まる」レビューサイトをコンセプトとしているため、制作者の意図や作品の作られた時代背景をもとにした、レビュアーによる独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューが多く掲載されています。内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。. 沖にいた駆逐艦 サンダーチャイルド は、戦闘機械目がけて突進し、砲撃で撃破。2 2体目に迫る途中、熱線を受けて大爆発するも、体当たりで2体目も撃破。3 3体目の戦闘機械は逃げ去り、「私」の弟たちの乗った船は英国から脱出した。 皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。, 2005年には監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・クルーズでリメイクもされています。, 宇宙に対する漠然とした不安や恐怖が描かれていて、当時の宇宙観がどのようなものだったのか推測出来るような映画です。, 結末も科学的で、映画的なタイミングなどに目を瞑れば非常にリアリティのある終わり方だと思います。, 2005年版を見る前に先にこちらの1953年版を見ると色々違いがわかって面白いですよ。, [code_balloon position=”left” name=”ナマケネコ” text=”100年以上前の作品!” img=”https://namakemonoblog.net/wp-content/uploads/2019/02/cb3f8af3fc1daf6da1e9309612641b92.png”] Tweets by neko_namake, ある日世界各地に隕石だと思われる謎の物体が落ちて来る。調査を依頼された科学者のクレイトンは、現場で教師のシルヴィアとその叔父のコリンズと知り合い、研究のため2人を頼って近くの街に滞在する。その夜現場の監視員が謎の物体から出てきた生命体から攻撃され絶命する。事態を知ったクレイトンが要請した軍により攻撃が開始されるが、全く歯が立たず軍隊は撤退を余儀なくされる。命からがら逃げだしたクレイトンとシルヴィアだったが、2人の前に謎の生命体が忍び寄る……。. 役に立ったなと思ったら是非SNSでシェアして下さい!, Twitter始めてみました。 皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。今回は映画『宇宙戦争』(1953年)をご紹介します。H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』が原作の古典SFの傑作映画です。2005年には監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・ 世界初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられたのは1957年ですから、この作品はそれよりも前ということになります。, もし異星人が攻めてきたら人類の科学力で対抗できるのか、という問いかけがずっと続いています。, SFですから架空の武器を使用してもいいはずなのに、あくまでも当時の現実的な武器で戦い続けているのはそういう事ではないでしょうか。, 相手は高熱光線やバリアみたいなのも使用していますから、圧倒的な科学力の差が描かれています。, このまま人類が宇宙に進出してもいつか地球は滅ぼされるのではないか、そんな不安が伝わってきます。, 最後は祈るしかなくなる人類ですが、実際に異星人が攻めてきたら我々一般人はそうするしかありませんから、大局的な見方をするとちょっとだけ現実的な映画だったかなと思います。, 宇宙に対しての漠然とした恐怖、もしこうなったらという絶望、それに対しての現実的な救済、といったように見事な流れでSFを描いています。, SF映画は数多くありますけど、古典作品を一度見ておくと色々な作品に対して理解が深まりますからオススメですよ。, 古い映画を見るときは、特撮部分のチープさを貶したりせずに当時の技術力なども鑑みて、「映画そのもの」を楽しむのがコツですよ。, [code_balloon position=”left” name=”ナマケネコ” text=”古くても面白い!” img=”https://namakemonoblog.net/wp-content/uploads/2019/02/07ea76debb1b8ab29ddab623e5b295da.png”], [code_related url=”https://namakemonoblog.net/vod-free-trial-marome”], ネコとナマケモノが好きな引きこもり体質です。