この記事へのトラックバック一覧です: 外来後発医薬品使用体制加算をとってますか?. | オンラインで返戻分を再請求してみました。 », 今回の改定の特徴は、追加された施設基準の多さではないでしょうか。プラス改定とはいえ、それを算定するには施設基準というスキルを獲得しなくちゃいけない。なんか出来の悪いRPGをプレーしているような気にもなってきます。, そんななか、「か強診」のような派手に点数が高くなるけど異様に高いスキルの施設基準の中で、ひっそりと追加された「外来後発医薬品使用体制加算」ってご存知ですか?, 簡単にいうと、後発医薬品をたくさん処方している医療機関はちょっとだけ点数を高くしますよっていうものです。, (1) 診療所であって、薬剤部門又は薬剤師が後発医薬品の品質、安全性、安定供給体制等の情報を収集・評価し、その結果を踏まえ後発医薬品の採用を決定する体制が整備されていること。 Tweet. 「2020年9月までに80%」とする政府の後発医薬品使用目標の達成期限まであと半年余り。昨年9月時点の使用割合は76.7%まで高まっていますが、足元では伸びが停滞しており、目標達成を危ぶむ声も聞かれるようになってきました。国は4月の診療報酬・調剤報酬改定で使用促進策を見直し、目標達成へラストスパートをかけます。, 「このままでは9月までに80%という目標を達成するのは難しいのではないか」。ある後発医薬品メーカーの関係者は、こんな見通しを口にします。これまで順調に拡大してきた後発品の使用割合が、1年ほど前から伸び悩んでいると言うのです。, 約4035万人が加入する国内最大の全国健康保険協会(協会けんぽ)によると、2019年9月時点の後発品の使用割合は76.9%。2年前の同じ時期から8.3ポイント上昇しましたが、19年1月以降は月平均0.1ポイントの伸びにとどまっており、このままのペースでは今年9月までに80%には届きません。国全体では19年9月時点で76.7%と2年前に比べて10.9ポイントアップしたものの、協会けんぽの使用割合が頭打ちになっている状況から考えると、目標達成は難しそうです。, 国はこれまで、▽後発医薬品調剤体制加算(薬局向け)▽後発医薬品使用体制加算(医療機関向け)▽一般名処方加算(同)――といった診療報酬・調剤報酬上のインセンティブを設け、医療機関や薬局に後発品の使用を促してきました。今年4月の診療報酬・調剤報酬改定では、目標達成に向けてこうした使用促進策の見直しが行われます。, 後発品の使用割合が高い薬局を評価する「後発医薬品調剤体制加算」では、使用割合85%以上の「加算3」を従来の26点から28点に引き上げる一方、75%以上80%未満の「加算1」は18点から15点に引き下げ(80%以上85%未満の「加算2」は22点で据え置き)。使用割合が低い薬局へのペナルティとなる調剤基本料の減算措置(2点減算)は、従来の20%以下から40%以下へと対象を広げます。, 医療機関向けの「後発医薬品使用体制加算」では、使用割合85%以上の「加算1」を45点から47点に、80%以上85%未満の「加算2」を40点から42点に、70%以上80%未満の「加算3」を35点から37点に、それぞれ2点ずつ引き上げ。60%以上70%未満の医療機関を評価してきた「加算4」(22点)は廃止されます。, 医薬品の一般名を含む処方箋を交付した場合に算定できる「一般名処方加算」は、後発品があるすべての医薬品を一般名で処方した場合の「加算1」が6点から7点に、後発品がある医薬品を1つでも一般名で処方した場合の「加算2」が4点から5点に引き上げられます。, バイオシミラーの普及に向けては、医科診療報酬の在宅自己注射指導管理料(注射薬を自己注射する患者に指導管理を行った場合に算定)に「バイオ後続品導入初期加算」を新設。患者にバイオシミラーの情報を提供し、同意を得てバイオシミラーを処方した場合を評価するもので、最初に処方した月から3カ月を限度に月1回150点を加算します。, 一方で、後発品の使用促進につながると期待されていた「フォーミュラリー」(使用ガイド付き医薬品集)の評価は見送られました。フォーミュラリーとは「医療機関などで医学的妥当性や経済性などを踏まえて作成された使用指針を含む医薬品集」のことで、厚生労働省は特定機能病院を対象にフォーミュラリーの作成を診療報酬で評価することを中央社会保険医療協議会(中医協)に提案。しかし、処方できる医薬品が制限されることを懸念した診療側委員が反発し、20年度改定では導入に至りませんでした。, 日本病院薬剤師会のデータによると、特定機能病院の21%がフォーミュラリーを作成しており、このうち82%が「後発品やバイオシミラーの使用促進」に効果があったとしています。中医協がまとめた診療報酬改定答申の付帯意見には「医学的妥当性や経済性の視点も踏まえた処方の取り組みについて、病院内における実施体制や実施方法などの実態把握・分析を進めること」と書き込まれており、次回の22年度改定に向けて検討が続く見通しです。, 【花粉症2020】世界初 抗体医薬「ゾレア」登場…デザレックス供給再開、抗ヒスタミン薬も競争激しく, よくわかる2020年度薬価制度改革…新薬創出加算は「一定の改善」再算定は強化、G1適用を前倒し, 新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(11月13日UPDATE), 「リベルサス」「ジセレカ」「アキャルックス」など新薬9成分 11月18日に薬価収載|トピックス, 後発医薬品「80%」目標へラストスパート…診療報酬・調剤報酬改定 使用促進策の見直しは. (2) 当該保険医療機関において調剤した後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品について、当該薬剤を合算した使用薬剤の薬価(薬価基準)別表に規定する規格単位ごとに数えた数量(以下「規格単位数量」という。)に占める後発医薬品の規格単位数量の割合が、外来後発医薬品使用体制加算1にあっては70%以上、外来後発医薬品使用体制加算2にあっては60%以上70%未満であること。 調剤基本料の条件は年々複雑化していっています。2020年度の要件としては « レセ電メーカー説明会 | トップページ 定期的に開催するミーティングのようなものが開催されていればOKということですが、書類上はそれなりに整備されていることが必要です。, 委員会の名称は注意にもあるように「外来後発医薬品の管理、採用についての検討委員会」なんて感じでよいそうです。構成員に薬剤師が入ってる必要はないそうですので、例えば, 開催回数は実績みたいですが今後の予定でも良さそうです。第1月曜日に開催とか毎週火曜日に開催という感じですね。, 情報を入手する手順は、製薬会社のホームページ、書籍、論文等からの情報収集、プロパーからの紹介等が書いてあればよいそうです。, この施設基準は今年はじまったばかりで基準の基準のようなものはできていないようですので、申請後、厚生局のほうから不足部分等があれば電話等で問合せが入るそうです。ちゃんと委員会を開きますよってことがわかるように受け応えできれば、問題無くクリアできるでょう。, 2016年4月 8日 (金) カルテメーカー, 保険制度改定 | 固定リンク https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000198532.pdf, http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000192295.pdf, http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000196287.pdf, http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000196314.pdf, http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000203033.pdf. (3) 当該保険医療機関において調剤した薬剤((4)に掲げる医薬品を除く。)の規格単位数量に占める後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量の割合が50%以上であること。, 処方した薬のうち7割以上が後発医薬品であれば、「外来後発医薬品使用体制加算1」の4点を、6割から7割であれば、「外来後発医薬品使用体制加算2」の3点を毎回の処方に加点できます。たかが4点されど4点で年間の処方数を考えれば結構な加算となります。, 今はジェネリックの種類も多く供給も安定しているので選択に困るってこともなくなっていますし、昨年度の実績でこの基準をクリアしている医療機関も多いんじゃないでしょうか。それなら申請しないと損です。, カットオフ値というのが耳慣れない言葉ですが、全医薬品の中で後発医薬品が存在する薬剤の割合のことです。要は、ジェネリックが存在しないような真新しい薬を半分以上使ってる場合はダメってことですね。, 実績の6割というのは、後発医薬品が存在する薬剤の中で、実際に後発医薬品を使った割合ですので歯科なら抗生剤をジェネリックに変えるだけでほぼクリアできるはずです。, 一発で表示してくれます。とはいっても実はユーザーの先生から要望がありまして一晩で作った機能です。, ファイルメニュー→総合情報。リストから「外来医薬品」を選ぶだけでこのような集計結果を表示します。, 実績はこれで大丈夫でしょうが、気になるのが2の欄の「後発医薬品の使用を促進するための体制の整備」の項目でしょう。これは施設基準の(1)に対応するものですが、この欄の記入以外に。次のような説明が追加されています。, [記載上の注意] 1 後発医薬品の採用について検討を行う委員会等の名称、目的、構成員の職種・氏名等、検討する内容、開催回数等を記載した概要を添付すること。, これを読むと「委員会?!、構成員?!大病院じゃないといけないじゃない?」なんて思ってしまいハードルが一気に上がった感じがしますよね。, 結論から言いますとハードル低いです。 筆:株式会社CBコンサルティング, 後発医薬品使用体制加算の区分を増やす, 後発医薬品使用体制加算、病院の算定割合が増åŠ, 外来後発医薬品使用体制加算に「伸びしろ」も, 厚労省、医療費適正化の効果に期å¾, 本コンテンツは、厚生労働省の関連通知、疑義解釈資料(事務連絡)などをもとに作成しております。. Copyright © Nippon Kayaku Co.,Ltd. All Rights Reserved. ・ 後発医薬品使用体制加算の状況 ・ 医薬品・後発医薬品の備蓄品目数、購入額、廃棄額 ・ 後発医薬品の備蓄品目数の今後の予定 ・ 1 年前と比較した後発医薬品の供給体制の変化 ・ 後発医薬品の採用・選定の際に行ったこと、情報収集源、採用に際