卓球を始めてから高校までは、ずっとカーボンの入っているラケットを使っていた五十嵐。大学に入る少し前にヤサカのラケットに出会い、初めて木材を使ったという。 「馬琳エキストラスペシャルは、木材7 6月までは古木が三塁、村田が二塁に落ち着き、古木が外野に回った後半は三塁手のレギュラーに定着した。7月に不振で降格するが、9月に再昇格すると月間10本塁打(新人最多記録)を放つなど、104試合で25本塁打の活躍を見せる。 主な実績: ベルギーオープン シングルス3位・団体優勝 全日本卓球選手権大会(ジュニアの部)シングルス 5位 全国中学校卓球大会 シングルス3位 団体準優勝 村田 修一(むらた しゅういち、1980年12月28日 - )は、福岡県糟屋郡篠栗町出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。読売ジャイアンツの二軍野手総合コーチ。, 小学校時代は軟式野球チーム「勢門ベアーズ」に所属し、中学校時代は粕屋町のボーイズリーグ「粕屋フェニックス」に所属していた。, 東福岡高校時代は投手として3年の春夏に甲子園出場。春のセンバツでは横浜高校の松坂大輔と投げ合って三回戦敗退、夏の甲子園は古木克明を擁する豊田大谷高校に敗れて初戦敗退だった[2]。高校通算30本塁打。また、第3回AAAアジア野球選手権大会では中村順司が率いる日本代表に選ばれ、最優秀防御率(0.00)を記録し優勝に貢献した。, 日本大学経済学部[3] 進学後、硬式野球部に入部。「投手としては松坂(大輔)には勝てない」と考え[4]野手へ転向した。同期には館山昌平、堤内健、大野隆治がおり、特に大野とは高校・大学ともに同僚で、特に高校時代はバッテリーを組んでいた[注 1]。大学時代は3年秋に、井口資仁(青学大)と並ぶ1シーズン8本塁打を記録し、通算20本塁打(歴代2位タイ)を放つなどした。リーグ通算104試合出場、374打数103安打打率.275、20本塁打、70打点、ベストナイン4回。, 2002年のドラフト会議において横浜ベイスターズに自由獲得枠で入団[5]。なお、同期には高校の後輩である吉村裕基がいる。, 横浜時代の個人応援歌(作詞:平タケル・作曲:杉本正毅)はかつて球団名が「横浜大洋ホエールズ」だった1989年 - 1992年に谷繁元信(→中日ドラゴンズ)の個人応援歌として使用されていたものだった。, 2003年、本職は三塁手だったが同じ守備位置に古木克明がいたため、二塁手にも挑戦する。6月までは古木が三塁、村田が二塁に落ち着き、古木が外野に回った後半は三塁手のレギュラーに定着した。7月に不振で降格するが、9月に再昇格すると月間10本塁打(新人最多記録)を放つなど、104試合で25本塁打の活躍を見せる。しかし、9月28日のヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、石堂克利から受けた死球で右手尺骨を骨折し、シーズンを終えた。, 2004年に「5番・三塁手」で開幕スタメンの座を掴むが、打撃不振もあり種田仁に三塁手のレギュラーを奪われる。その後は石井琢朗の欠場時に出場する事が多かった(この時は種田仁が二塁手として、二塁手のレギュラーであった内川聖一が遊撃手として回る)オフの12月8日に入籍した。, 2005年は不振が続き、交流戦で指名打者が採用される試合で、打順が9番となり、当時の監督牛島和彦に「9番の次は何番かわかっているか?」と問われて「1番ですか?」と答え、牛島に「アホか、次はないんじゃ!」と一喝された。この試合で村田は決勝本塁打を打ち、ヒーローインタビューで「生死を賭けて打ちました」と発言。牛島に「ずっと9番に置いておこうかな」と言わしめ、愛称の「男・村田」を象徴するものとして知られることとなった[6]。, 2006年開幕前には第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)エキシビション試合で、12球団選抜選手として出場し日本代表に選ばれた松坂から決勝点となる3ラン本塁打を左翼席へ放った。シーズンでは故障者の多いチームの中で打率.266、34本塁打、114打点の活躍を見せたが、両リーグ最多の153三振も喫してしまった。オフに開催された2006 日米野球のNPB選抜に選出され、第4戦(京セラドーム大阪)ではNPB選抜の4番に座って適時打を放ち、第5戦(ヤフードーム)ではジョン・ラッキーから本塁打を放った。, 2007年は全試合に「4番・三塁手」でスタメン出場。2年連続となる30本塁打・100打点を達成したほか、打率・出塁率が前年より上昇し、三振を減少させた。36本塁打で、初タイトルとなる本塁打王を獲得した。4人が35本で並んでいた中、単独での本塁打王を決めたのは、奇しくも10月6日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)、引退試合として登板した佐々岡真司からの1本であった。佐々岡が3ボール1ストライクの状態で投じた球は見送れば四球となるボール球だったが、村田は試合前に広島サイドから伝えられていた「佐々岡は真剣勝負をする。気持ちよくフルスイングで送り出してほしい」「展開次第では打ってもらって構わない」という言葉を思い出し強振した[7][8]。同年12月に開催された、北京オリンピックアジア予選を兼ねたアジア野球選手権大会に日本代表として出場。この時は背番号「25」を新井貴浩に譲り、生年(昭和55年)でもある「55」を着けて出場した。, 2008年は前年に引き続き開幕から「4番・三塁手」で出場。7月中に30本塁打に到達した[注 2]。前半戦終了時点で本塁打数、長打率でトップに立つなどの活躍により、北京オリンピック野球日本代表に選出された。9月14日、オリンピック招集などの影響で数試合を欠場するも、自身初の40本塁打に到達。最終的に本塁打数を球団新記録となる46まで伸ばし、アレックス・ラミレスと1本差で2年連続の本塁打王を獲得する[注 3] と同時に、自身初の打率3割を記録した。吉村、内川とともに右打者のクリーンアップは低迷するチームの中にあって他チームの脅威とされた[9]。, 2009年からは横浜ベイスターズの選手会長を務めた。開幕前の3月に開催された第2回WBCの日本代表に選出された。同大会では初試合の対中国戦で2ラン本塁打を放つ。その2日後に行われた対韓国戦は「4番・三塁手」で出場し、金廣鉉から2試合連続となる3ラン本塁打を放つ。その後も調子が安定し、キューバ戦でも打点を挙げるが、第2ラウンドの韓国との順位決定戦で右足太腿裏の肉離れを起こして退場。決勝戦に向かうことができず、途中帰国となった。打率.320、2本塁打、7打点の成績で、日本代表が連覇を果たすと、グラウンドでの全員の記念撮影の後で内川が優勝トロフィーに村田の背番号25のユニホームを被せて持ち上げた。3月25日、成田空港で行われた帰国会見で再合流、原辰徳から遅れて金メダルを授与される。, 帰国後の検査で全治6週間と診断され、同年の開幕を二軍で迎えたが、4月15日のイースタン・リーグのロッテ戦に「4番・指名打者」で出場、第1打席で本塁打を放ち、その後守備にもつき、4月21日に昇格した。7月28日の阪神タイガース戦で通算200本塁打を達成[注 4]。体を締め付けられる感覚が苦手なため、サイズにかなり余裕を持たせたダボダボの大きなユニフォームを好んで着用するが、5月13日の読売ジャイアンツ戦(横浜)では、9回裏に本来なら体に当たる球ではない内角球がユニフォームをかすり、死球と判定されてサヨナラ勝ちとなった。本人曰く「ユニフォームを大きめに作っておいてよかった」。その後も4番として活躍していたが、8月7日の中日ドラゴンズ戦(横浜)で走塁中に左足太腿裏を痛めて途中交代。翌日に降格した。検査で全治6-8週間の左大腿二頭筋の損傷と診断されたが、9月21日の阪神戦から復帰した。最終的に規定打席には届かなかったものの、25本塁打を記録した。, 2010年は前年の怪我を踏まえて減量してシーズンに挑み全試合に4番で出場したが、26本塁打に終わった。9月30日甲子園で行われた矢野燿大の引退試合では9回に逆転3ランを放ち引退する矢野を出場させなかった経験がある。この時本人はボールゾーンを軽く振ったが、ボールが当たってしまいスタンドインしてしまったと引退後に語っている。この年に国内FA権を取得し動向が注目されたが、FA権を行使せず残留を表明。, 2011年は主将に就任。全144試合に「4番・三塁手」として出場したほか、この年のオールスターでは代走でも出場した。シーズン最終戦で2本の本塁打を放ち、通算250号本塁打と7年連続となる20号本塁打を達成した。, 2011年12月8日に読売ジャイアンツへの移籍を発表し[10]、13日には2年総額5億円で契約した[11]。背番号は横浜時代と同じ「25」[12]。村田は巨人移籍の理由を「やっぱり勝ちたいという目標がありますし、来年から優勝争いをしたいという考えを捨てきれなかった」と説明した[13]。, 2012年5月1日、第76代4番打者に就く。同年8月30日の中日ドラゴンズ戦で自身5年ぶりの盗塁を決めた。ただ同年は、打撃不振から9月7日のヤクルト戦では2回で途中交代し、監督の原辰徳から「強制帰宅命令」が出された[6](この出典は「強制帰宅命令」のみ)。最終的に全試合出場は果たしたものの、打率.252、12本塁打、58打点、OPS.690、得点圏でも打率.230となった。また、自身2度目のベストナインを獲得した。, 同年オフの12月4日に発表された、第3回WBC日本代表候補選手34人の中に選ばれた[14][15] [16]。しかし、2013年2月20日には、WBCの最終メンバーの28人に選出されなかったことが発表された[17]。この間の契約更改では、現状維持の2億2000万円で更改した。, 2013年シーズン序盤は前年に引き続き打撃不振に苦しんだ。交流戦中の6月12日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では8年ぶりに9番打者として出場した。この時は、グリップの位置を肩まで下げるように打撃フォームを改造したことが功を奏し、7月は自身初の月間打率4割などの成績で、2008年7月以来5年ぶり、巨人移籍以降では初の月間MVPを獲得[18]。8月30日の対中日戦(東京ドーム)で当時セ・リーグタイ記録の月間45安打[19]。翌31日の同カードで新記録の月間46安打[20] を記録[21]した。これで、2か月連続で月間MVPを獲得した[22]。シーズン終盤まで争った最多安打のタイトルこそ逃したが、自己最多の164安打を記録し、3年ぶりの25本塁打、5年ぶり2度目の打率3割を達成した。また、前年に続きベストナインを獲得した。日本シリーズ終了後の秋季練習では監督の原辰徳から「生え抜きではないが、俺は修(修一)に(選手会長を)託そうと思っている。」と4年間務めた内海哲也の後の選手会長に任命され、第18代・選手会長に就任した[23]。初代選手会長である長嶋茂雄以降は常に生え抜きの選手が務めてきたが、投手野手関係なく後輩を食事に連れて行くなどチームメイトの信頼も厚く、リーダーシップを発揮していたことが抜擢につながった。契約更改では新たに3年総額10億円で契約を結んだ[24]。また、自身初めて三塁手部門でゴールデングラブ賞を受賞した。, 2014年は7月5日までに11本塁打を放ち、通算300本塁打まであと1本としていたが、3試合連続無安打など成績不振から7月27日の対中日戦(ナゴヤドーム)で巨人移籍以降では初めて欠場し、現役選手では2位としていた横浜時代の2009年9月20日からの連続試合出場記録が676でストップした[25]。8月1日の対広島戦(東京ドーム)で通算300本塁打を達成した[26]。打撃面は、両リーグワーストの22併殺打を喫するなどした1年であった。同年オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された[27][28]。同年11月6日、2年連続となる三塁手部門でゴールデングラブ賞を受賞した[29]。, 2015年は開幕から調子が上がらず、特に得点圏打率は1割台に低迷した。5月20日に右太腿二頭筋肉離れ[30]、9月にも右肘関節炎で2度の登録抹消も経験するなど苦しいシーズンとなり、移籍後初めて規定打席にも到達できず、本塁打数はプロ入り最低、打点もプロ入り後2番目に低い数字となった。, 2016年は開幕前に「本塁打を捨てる」と宣言し、本塁打数よりも打率3割を目標に臨んだ。オープン戦では2年目の岡本和真との三塁手争いから始まり、岡本の積極的な起用もあり代打での出場も多かったが、岡本が結果を残せなかったことにより開幕戦に7番三塁手で出場した。その後もスタメンで出場を続け、6月15日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回に青山浩二からサヨナラ安打を放った。9月27日の対中日戦で10回に田島慎二から打った24号満塁本塁打は、3試合連続本塁打となり、2008年の横浜時代以来およそ8年ぶり、巨人移籍後初のサヨナラ本塁打となった[31]。最終的に全試合出場に打率3割台(ともに3年ぶり)、25本塁打81打点はともにチームトップと打棒が復活したシーズンになった。また、2年ぶり3度目のゴールデングラブ賞を獲得、3年ぶり4度目のベストナインにも選出された。, 2017年は開幕当初は新加入ケーシー・マギーが三塁手として先発起用されるようになり代打での起用が中心となっていたが、指名打者制度によってスタメン機会を得た交流戦の初戦5月30日に2安打スタート、6月1日から3試合連続本塁打を放った。球団ワースト13連敗を喫するほど低迷していたチームが、7月辺りから打線のテコ入れとしてマギーの二塁手へのコンバートを断行したため、再び村田が三塁手として先発起用されるようになり、規定打席には到達できなかったものの最終的に100安打ちょうどを記録した。最終的に自身2度目となるFA権を取得したが、オフの10月13日に戦力外通告を受けた[32]。巨人GMの鹿取義隆は「チームの若返りを図るために苦渋の決断をした」「FA移籍では補償が発生する。自由契約の方が選択肢が広がる。これだけ貢献してくれた選手に対するせめてもの誠意」と説明し、村田も納得した[33]。12月2日付で、自由契約選手として公示された[34]。しかし鹿取らの思いとは裏腹に、所属は決まらない状況が続いていた。, 2018年1月には、NPBにこだわらず国内の独立リーグでのプレーも視野に入れていると報じられた[35]。四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズの監督を務める西田真二は、これに応じて村田にオファーを出したが、縁はなかったとウェブ連載コラムで記している[36]。, 3月5日、プロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ:以下BCL)の栃木ゴールデンブレーブスに入団が決定した[37]。背番号はNPB所属時代と変わらず「25」を引き続き着用する。7月末までのNPB復帰を目指す方針であると報じられた[38]。なお、栃木県は妻の地元であり、これが入団の決め手になったと言われている。, BCL公式戦には4月7日の開幕戦から出場するも[39]、右足ふともも裏を負傷し4月中旬から約2週間欠場した[40][41]。5月11日から13日に行われた、古巣巨人の三軍との交流戦では「男・村田祭り」と銘打ち特別企画が開催された他[40][42]、5月12日の試合では移籍第1号となる逆転本塁打を放ち勝利に貢献した[43][44][45]。ケガから回復後は、BCLの6月月間MVP野手部門を受賞[46] するなど好調を維持していたが、NPBの契約期限である7月31日までにNPB球団からの声はかからなかった。8月1日に記者会見を開き、けじめとして今季いっぱいはブレーブスでプレイするとし、来季の現役続行については「難しい」としつつも、シーズン途中と言うことで「その二文字(引退)は言いたくない」と明言しなかった[47]。, 9月9日、シーズン最終戦である群馬ダイヤモンドペガサス戦終了後のセレモニーで、正式に現役引退を発表した[48]。同年のベストナイン(三塁手)に選出された。, 実はこの頃の応援歌は、電車でD ClimaxStage 14,15話前半 に使用されている、MassDriver のイントロと SuganoMusic のオリジナル曲の Sands of Timeのサビが合わさった物になっている。, 2019年から読売ジャイアンツのファーム打撃コーチを務める。春季キャンプ前にファーム打撃兼内野守備コーチに肩書きが変わった。, 10月16日付けで退団した鈴木尚広一軍外野守備走塁コーチに代わり、一軍打撃コーチに就任した。, 2020年からは二軍野手総合コーチを務める。9月16日、元木大介一軍ヘッドコーチが虫垂炎のため緊急入院、阿部慎之助二軍監督が一軍ヘッドコーチ代行になったことにより、同日から10月1日まで二軍監督代行を務めた。, 広角打法を心得ており、右方向にも本塁打を放つ技術がある[49]。2011年は本塁打の35パーセントを右方向に放った[50]。, 三塁守備は巧みなグラブ捌きや体型に見合わぬ軽快なフットワーク、安定した送球に定評があり、名手とも称される[52][53]。巨人所属時代は当時の監督だった原と高橋由伸の両名からも信頼されており[52][54]、ゴールデングラブ賞を3度獲得した。しかし、巨人所属時代晩年の4年間はセイバーメトリクスの指標(UZR)上ではマイナス評価を示している[53]。, 村田の引退に際して野球解説者の伊原春樹は巨人の球団編成本部シニアアドバイザーを務めていた身として「野球に懸ける情熱もあり、ほかの球団が獲得しても絶対にマイナスになることはなく、若手選手の手本にもなると思っていただけに、余力を残しながらの引退は非常に残念だ」と惜しみつつ人物評を語る内容を野球雑誌に残していた[55]。, 長男が早産による未熟児でNICU(新生児集中医療室)に入院した経験から、横浜在籍時の08年に新生児医療の支援を開始。NICUを持つ病院への寄付金の贈呈や、入院中の子供たちを慰問したり球場に招待するなど新生児医療を支援を続けてきた[56]。, 2013年までは、1打点につき1万円を積み立ててきたが、翌年からは1安打で1万円を積み立てるとのこと[57]。2014年オフには成績とは別に約200万を寄付している[58]。, セ・リーグにおいて日本人打者が2年連続で本塁打王を獲得したのは、1990年・1991年の, Shuichi Murata Japanese Leagues Statistics & History, 【10月6日】2007年(平19) 村田修一“お約束”無視?佐々岡真司引退試合でキング弾, 【11月17日】2000年(平12) 実質1年で43本塁打!難病克服した内川聖一、横浜1位指名, http://www.daily.co.jp/baseball/2013/11/11/0006487801.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801250000054.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803040000832.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804070000356.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/29/kiji/20180429s00001000302000c.html, https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/26379, https://www.asahi.com/articles/ASL5D5SHML5DUTQP02J.html, https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/26673, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/01/kiji/20180801s00001173135000c.html, https://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20180909-OHT1T50118.html, http://www.sanspo.com/baseball/news/20171020/gia17102005020003-n1.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=村田修一&oldid=79960341, 月間アットホームヒーロー賞:3回 (2013年8月、2015年9・10月、2016年9・10月), 初本塁打・初打点:2003年4月2日、対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム)、5回表に, 100本塁打:2007年4月10日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(横浜スタジアム)、5回裏に, 1000試合出場:2010年9月19日、対広島東洋カープ22回戦(横浜スタジアム)、4番・三塁手で先発出場 ※史上437人目, 1000三振:2011年9月29日、対読売ジャイアンツ20回戦(横浜スタジアム)、4回裏に, 250本塁打:2011年10月22日、対読売ジャイアンツ24回戦(東京ドーム)、2回表に, 100死球:2012年8月17日、対広島東洋カープ16回戦(東京ドーム)、8回裏に, 300本塁打:2014年8月1日、対広島東洋カープ12回戦(東京ドーム)、5回裏に, 1500安打 : 2014年8月27日、対阪神タイガース20回戦(東京ドーム)、1回裏に, 5試合連続本塁打:2008年7月15日〜19日(15日〜17日:対広島東洋カープ戦、18・19日:読売ジャイアンツ戦).