am1:27. 欅坂46小説. #欅坂46小説に関するブログ新着記事です。|僕らの革命 #59|『ぬいぐるみ』|枯葉のステーション —さよならの向こう側—18|枯葉のステーション —さよならの向こう側—17|相反する私たち -1- 番組オリジナルPVを1カットで撮影しましょう! #44 4thシングルヒットキャンペーン 一歩踏み出せない女子高生を元気付けましょう! めでタイ魚を海からヒッパレ 前半, #51 拝啓 若さん、ひなのに友達が出来たもんで、新3期生をみんなに紹介しましょう. 櫻坂46公式サイト&Twitterはこちら . )ってなるかもです笑では!どーぞ!!!!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓「みんな、成長したんやなぁ〜」なんて呑気に田村保乃が筒を持ちながらそう言った「近所のおばさんかっ」そうツッコミを入れたのは松田里奈でそんなやり取りが, あの日、由依に助けて貰った日から私は窓際の席という特権で、生徒会の仕事が始まるギリギリまで由依を探すようになった。あ、今日は今泉さんと来てるんだとか、織田さんまた志田さんに噛みつかれてるとか、平手さんと由依が楽しそうに話してるとか。今でも吸血鬼には全く興味ないし、これと言って理由もないけど好きにはなれない。でも、由依個人に関しては違う。視力はいい方ではないし、コンタクトか眼鏡してないとろくに見えないけど由依の事だけはどんなに遠くてもすぐ分かる。「理佐〜って、また外見とる」「あ、美波」, rayreeさんからのリクエストです大喧嘩して仲直りして楽屋でもどこでもイチャイチャするりさぽんですではではLet’sWrite!ーーーーーーーー理佐side「もう理佐なんて嫌い!」「私だって由依のこと嫌い!」バタンッドアが閉まる音が響く由依と喧嘩した結構な大喧嘩だ理由は、、、数時間前保乃「りぃさぁーさん!」理佐「ん?どうしたの?」保乃「聞いてくださいよ!」理佐「いいよ、」保乃「ひぃちゃんが、超可愛いんです」理佐「なんだ惚気か、」保乃「なんだ、って酷いっ, リクエストのてちむーです!平手さんを書くときはイケメンな部分だけじゃなく、ちょっと抜けてるところとかも混ぜるようにしてるんですが混ぜすぎたかもしれない…笑ちなみに、うえむらさん書いたのは初です。キャラ崩壊注意です笑──────────────「あ、やったぁ。」思わず、スマホを見てそんな声が出てしまった。「んー?」嬉しそうだね、というニュアンスでふーちゃんに聞き返され、どうやら誤魔化しきれずにばれたらしい。なんだかニヤニヤされたけどまぁいいや。嬉しいものは嬉しいんだ。「あれ、, ④までの中編です!お時間のある時にお読みください!◆❖◇◇❖◆私は今、都内で美容師として働いている。いや、正確には‘’これから”だ。今日やっと怒涛の研修期間が終わった…。朝は誰よりも早く行き、教わったことを整理する暇もなくすぐに実践。家に帰っても教わったことを何度も何度も反復練習。怒られ、怒られ、、やっと褒められたと思ったらそれは注意するためのちょっとした前置きに過ぎない。そんな毎日をすごしていた正直、高校生の時からの夢を叶えるためだと思い続けていてもかなり辛かった…しかも今一番近, ラスト1kmのキツイ上り坂が、満身創痍の土生に襲いかかる。フラフラと蛇行しながらもまだ尚走り続ける土生に、沿道は大声援を送った。しかし、声援は土生の耳には届かなかった。とにかく前へ。前へ。遠のく意識の中で、その言葉が呪文のように木霊する。絶対に立ち止まるわけにはいかない。絶対に走り抜く。タスキを繋ぐ。靄のかかった脳内で、その強い想いだけが鮮明に浮かび、消えることはなかった。やがて、ぼんやりと理佐が見えた。両手を挙げて思いっきり笑って、私のことを待ってくれている。…ごめんね理佐。順位, なんかよく分かんないお話ができました。特にオチもないです「平手。勝負しようよ」私が楽屋のドアをあけようとすると、鈴本さんの声が聞こえてきた。彼女から発せられる言葉に戸惑った私は、ドアノブをひねることができず、ただ突っ立っていた。通りかかる人がみたら、不自然におもうやろうな。「勝負?なんで?」「私たちは同じ愛知に生まれ、同じグループに入った。そしてなにかとシングルでも隣同士になることが多い」「そうだね」「ファンの人からは相棒みたいな言い方をされることもあるよね」「まぁ、そ, お時間のある時にお読みください!◆❖◇◇❖◆家に着き、今年で初めての暖房をつける。「さすがに寒いなぁ…」静まった部屋の中で独り言を言っても、誰も反応してくれない。でもそれが普通になってしまった悲しみすらも気づけないほど一人に慣れてしまっていた。するとバッグに入っている携帯から音が。ふーちゃん達だと思っていたから画面も確認せずそのまま電話に出てしまって…「もしもし」「あ…由依」・・・・私がこの世で一番大好きな声だ。この声を聞くと心臓がこれ以上ないほどに音を立てるし、逆にこれ以上ない, 「ただいま〜」今日はハロウィンこれまでの私ならそんな事を気にせずに普通に帰ってきて普通にご飯を食べて普通の日常を送っていたでも、今は好きな子と住んでいて何だか、イベントや記念日をワクワクしている自分がいる現に今も、ハロウィン限定ケーキなんてものを買ってきて、ひかると食べようかななんて思っていた帰ってきて、リビングに続くドアを開けるすると、そこには小さな背中があって頭の上にひょこっと灰色の耳が生えていたゆらゆらと揺れている尻尾まであってかなりリアルだった「ひかる?」, 予告«TikTok»今回の物語はこちらの動画のお話となります初めて動画というものを作って物語にしたのでどきどきしてます笑暖かい目で見てください!!!(´•ᴗ•ก)笑あと、正直に言うとまだオチが決まっていないので、自分もどうなるのか分かってないです笑すいませんでは、お楽しみください(*・ω・)*__)↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓隣のクラスの大人しい美人皆が噂をしていて何となく見てみたくなっただから、廊下に出て足を動かした勝手なイメージだけど、そーいう美人は窓際の, 渡邉「由依は歌詞の通り、由依らしく生きればいい。大丈夫だよ。これだけたくさんの人が、由依についてきてくれてるんだから」小林「ありがとう」渡邉「ライブ前に言うことでもないけど、正直に言えば、辛いことも苦しいことも、これから先きっとあると思う」小林「うん」渡邉「でもその分、嬉しいことも幸せなこともたくさんある。由依が好きな音楽を、やりたいだけやってほしい」小林「うん…」渡邉「私はこれから、小林由依がアーティストでいる間、ずっと傍でサポートしていく。だから、好きなように、思, 「……グスッ」「泣かないで理佐……」「無理だよ、好きなんだもん……」「私も好きだよ、」「じゃあ、そばに居てよ、」「出来ないんだよ、ごめんね」「ヒックッ……グスン」「愛してる、理佐」「ずるい……私だって、愛してるよ、」「それだけで、私は嬉しいから」「愛佳……私たちが女の子同士だからいけないの…?ただ人を好きになっただけなのに…グスッ……」「グスッ……私だって、理佐と居たい」「愛佳っ……グス」「でも、でもね、ダメなんだよ……私たちがこの家に産まれてきた以上、男の人, 「本当にお願いだから私のクラスは来ないで」目の前でこれでもかというぐらい頭を下げる恋人になんというのが正解なんだろうか文化祭の準備期間中、急にこんなことを言い出す理佐に"自分のクラスの模擬店には来るなと"いや、普通にヤダと、言うかまず文化祭で恋人のクラスの模擬店に行けないなんてあんまりじゃないだろうか文化祭でのカップルの楽しみといえば一緒に模擬店を回る、お互いがクラスの当番をしてる時にその姿を見に行く、とかが定番じゃないか私だってそれをしてみたい願望ぐらいはあるんだイベント, 放課後になれば生徒は部活動だったり、友人と遊ぶために早く帰宅しようとするのが一般的だと思う。でも私の通うこの学園の生徒は、みんな窓に大集合する。この時間帯は夜間部の生徒が登校してくる時間で、みんな飽きもせずに毎日寄って集って窓から夜間部の生徒を見てる。「ふふ、理佐は相変わらず興味無さそうやね」「無いよ、興味なんて。それより早く行こ、また茜先輩に怒られる」「はーい」夜間部の生徒は普通科の私達とは少し違う。私たち人間とは別の種族である吸血鬼で、その中でも厳しい審査やらで合格を貰った人達, 高校生になってから人に話しかけられる事が増えた嬉しいと中々思えなくて、一人の方が楽で好きな私はほっといてくれなんて思っていたそんなある日いつも様に本を読んでいたらすごい視線を感じて、廊下を見れば女の子が立っていたパチリと目が合ったからきっとその子が視線の主だろう綺麗な顔立ち……一瞬、その美しさに見とれてしまい変な間があった誤魔化すように、ん?と首を傾げたらどこか行ってしまって嫌われた?なんて考えた大人っぽかったけど、先輩かななんて考えながら本に視線を戻す授業中も, がやがやと賑やかな楽屋。新2期も入ってさらに活気が溢れた気がする。「ふふ、まりななにしてるん。笑」松「ん?表情筋体操!」近くに座って鏡とにらめっこしてたまりなに声をかけた。「まりな表情筋豊かだよね?クシャってなる笑顔好きだよ。」松「えっ…ありがとう。」「どうしたのひかる。最近すごい褒めてくれるじゃん!」「んー、なんか、好きだなって思ったらちゃんと伝えようと思ってさ笑」センターとして、もっと周りと、コミュニケーション取らなきゃ…。「あ、理佐さん」理「ん?ひかるちゃん、どしたの, 楽屋で支度を終え本を読んでいた今日も2期生ちゃん達元気だな〜なんて思っているとぴょこぴょこと近づいてくる小さい子気づいてるけど何となく気づいてないように本を見るじーっと私を見てはいるものの中々話しかけに来なくて何がしたいんだろう?なんて疑問を持ちながらその目力にやられて目を合わせた「どうかした?」「えっと、あの、、その、」なんか照れさせるようなこと私したっけ?なんて思わせるほどひかるは顔を赤くしていて後ろを見ればニヤニヤとしている松田里奈また何かしたのかな?, 自粛ムードにも慣れて自分なりの過ごし方をみつけられてきたかな、と思って数週間。あっというまに休みも残り二日になってしまった。もう少しこの生活を続けていたいとも思うけれどこれ以上休んでると仕事に復帰できなくなりそうだしなにより、仕事がしたいと体がうずうずしているときがある。元から積極的に休みを充実させようとは思わない人間なんだろう。メンバーみんなとの仕事も個人の仕事も楽しくできている故の、いい人間性だと自分では思っている。休み明けの仕事の連絡が度々来ては口元が緩んでしまう。少しは終わっ, 学パロです!!!長めなので了承してください‍♀️--------------------------------------------------------------理佐side私には好きな人がいるその人は小さい頃の幼なじみ小林由依...。優しくて頭が良くて笑顔が可愛くて...全てが完璧な人でも由依には好きな人がいる、、それは「キャー!かっこいい!友梨奈ちゃんめっちゃやばい!」そう平手友梨奈、学校一のモテ女かっこいい所と可愛い所のギャップに惚れる人が多い。由依も, 「明日は〜どの家に帰ろうかな」平然とそんな事を言いながらLINEの友達欄を見ているのはクズあ、間違えた幼馴染の渡邉理佐「ねぇ、今クズって言った?」「言ってない。思っただけ」「言ってないならよし」「いいんかい」よく人の部屋のベットで寝転がりながら何人もの彼女とやり取りできるよななんて感心する昔はこんな子じゃなかったのに「ねぇ〜茜、誰がいいと思う?」「知らないわよ」「え〜つまんなーい」家には帰らず、毎日毎日彼女の家に泊まってばかりそれも、彼女をコロコロと変えている, 初の長編です。吸血鬼のお話で、所々で戦闘シーンが出てくる可能性がありますので本編を読む際はご注意ください。今回は設定のみです。主要人物※他にも登場予定のメンバーはいます。【普通科】一般的な生徒、及び吸血鬼ではない人間の生徒が通う。中でも優秀者は普通科の生徒と夜間部の生徒のトラブル等の仲裁、取り締まる団体"生徒会(ガーディアン)"への勧誘がある。夜間部の生徒と見分けるため白い制服にリボンが正装。・渡邉理佐欅坂学園高等部普通科2年C組両親は、吸血鬼を取り締まる職業についている, 去年書いたポッキーの日のしだりさです!普通に投稿しようとしたのに文字数が…。よければ飛んで読んでみてください〜Sharedtofollowersonly-Privatterprivatter.net, 由依さんに抱きついていたらかなり近くで有美ちゃんの声がしたため息とともにどこか歩いて行っちゃって由依さんから少し離れて顔を見ると由依さんは切ない顔して微笑んだ「由依さん?」「ちょっと、別のところで話そうか?」言われるがまま連れて来られたのは衣服室私の嫌いな場所教室に入るとフツフツと嫌な感情な沸き起こるきっと、また緑色になっているだろう「ひかる……綺麗だよ」切ない顔した由依さんはそう言って私の頬を撫でたなんだか胸騒ぎがして由依さんに抱きつこうとするしかし、それ, 由依said普段からこういうことした事ないから恥ずかしい私は同棲している家でポッキー1本を口にくわえ、理佐を見つめた。私がずっとガン見してることに気づいたのかスマホを置いて、隣に座ってきた。理佐「なになに、やりたいの?」由依「たまには...こういうのも良いかなって」チョコの部分を口の中に入れていたため、溶けきっている。とりあえず私は食べることにした。理佐「珍しく素直じゃん?」由依「な、それひどくない?!」理佐「いやいや、照れ屋さんなのか知らないけど好きって言ってくんないじゃん」, 長濱side「良かった…」二人を見送った後そう呟いた私の手を包んだ温もり。その温もりの元を辿れば、そこには穏やかで優しい顔をした恋人の顔があった。「ねる、ありがとう」その笑顔は今まで見た中で一番輝いて見えた。━━━━━━━━━━私とてちが出会ったのはこの病院だった。おばあちゃんのお見舞いに来ていた私と入院していたてち。初めて見た彼女は車椅子に乗り、売店で棚の上の物を取ろうとしていて、あと少し届かないみたいで必死に手を伸ばしていた。「これで良い?」そう言って伸ばした手の先にあ, 好きすぎるの続きとなっております。順番にお読みください1.2を見直したら見にくいし、わかりにくくてやばかったので書き方変えさせていただきました。これですこしでも見やすくなったかなと思います。それではどうぞ。------------------理佐sideんっ、朝か、今何時だ?ってあれ、なんか胸のとこらに違和感が、誰かいる?あ、そうだ、わたし昨日由依の家泊まったんだ、由依わたしに抱きついてる。ずっとこの体制で寝てたんだやばい、意識したらドキドキとまらなくなってきた。起き, ゆいぽんと理佐のリアパロです。理佐がちょっとキャラ崩壊気味ですがそれでもいいよって方はどうぞ。長くなってしまったので中途半端なところで終わっています。続きやゆいぽん視点は評判が良ければ書くつもりです。感想などコメントにいただけたら嬉しいです。澤部ぽんぽんーって由依もう!ほんとやめて!ああ、最近の由依はかわいすぎるここ最近の収録では由依のぽんぽんいじりが多くてそのたびに由依が怒るっていう流れが定番になってきているのだが、、その時の由依が可愛すぎる!普段のクールな感じとは違っ, すみません!この前の小説は#2です!つけ忘れていました!!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー朝目が覚めると私の腕の中でスヤスヤとてちは寝ていた。起こさないようにそーっとベットを抜け出して朝ごはんの準備をしに行った。数十分後・・・平)うわぁーん!!りしゃ〜りしゃ〜傍に理佐が居なかった為、泣いてしまった。理)てち、ごめんごめん。寂しかったね。あれ?てち、昨日より小さくなった?抱っこしてみると昨日より軽い。パジャマも少し大きめにみえる。平)え〜?しょんにゃこ.