2.4ℓツインターボ!SGPをさらに強化した骨格! なお、2020年5月26日から受注が行われていた500台限定車「wrx s4 sti sport #」は、予定数に達したため受付が終了されています。 新型wrx s4は、2020年8月20日に発売されます。 . 次期WRX S4には、アイサイトXや新型ターボなど注目の変更点が盛りだくさん。 次期XVのフルモデルチェンジ予想 | TC380 3000km。2回目エンジンオイル・フィルター交換でならし運転完全完了。 », これは楽しみです。現行G4でもWRX STI並みのシャシー性能を持っているのにさらにチューンされたら素晴らしいと思います。, 20年から法律で衝突未然防止装置を取り付け義務になるようでマニュアル版アイサイト搭載。, インパネにカバー付トグルスイッチがあり(カッコいい!)サーキット走行などでは簡単に切れるようです。, これは凄い!普段は普通の6MT強化ミッション。アイサイト機能使用時は、機械が勝手にシフトアップ、ダウン、クラッチ入り切してくれるそうです。あくまでもマニュアル中心で高速道路巡航や渋滞時のみ発進から巡航まで自動シフト。, でもこれはあくまで補助機能ですのでエンジン回転数は3000rpmまで、シフトのうまさ?は往年のNAVI5に毛が生えたくらい?。, それでも通常マニュアルシフト時のフィーリングは現行からさらに改善されて素晴らしく、新機能により坂道発進連続の渋滞でもギクシャクしながらも追従が効くのは最高です。, TC380はリッター190ps。このエンジンは456馬力以上が目標とか。トルクも60kgf・m以上。, そして久しぶりのツインターボ!スーパースポーツモードでは二つのタービンが回りっぱなしになり、3000rpm以上回っていれば怒涛の加速が瞬時に行われるそうです。, STELLA55さん 次期WRX STIの情報について. ナビゲーター 2019年の北米の新型アウトバック発売に続いて、果たしていつ日本に来るのか注目する人は多いです。 物凄く貴重な情報をありがとうございます。 ナビゲーター そんなBRZの最新情報と予想内... 次期アウトバックの日本でのフルモデルチェンジに関して今回予想と考察する。 スバルの大人気SUVのXVは次期モデルで車格アップとなるのか注目です。 みなさん、こんにちは。 MTのアイサイト、しかも自動で変速するとは!NAVI5とは比べものにならないくらい進化してるのではないでしょうか。おそらく自動でブリッピングしながらシフトダウンするのではないかと勝手ながら推測致します。CV(商用車)はそうなっておりますから、 SUBARUならもっと高性能な制御が入るような気がします。大変興味深い記事です。カバー付トグルSW、かっこいいですよね。レーシングカーや飛行機のコックピット的なにおいがします。, でもSubaruの造るクルマですから公道でも十分快適かつ楽しいだろうなと思います。, でもこんなWRX STIが出てくれるといいな、という気持ち全開で、公開情報、雑誌の記事、過去からの技術進化の方向などを総合的に考えて頭を絞った記事ですので、本当にこうなったら嬉しいです。, 写真はサーキット走行会で撮影した現行WRX STIを横を少し引き伸ばし、車体はモザイク処理と2階調化でデジタル迷彩風にしたものです。, 投稿: 次期wrx stiのフルモデルチェンジに関する予想を今回考察。ナビゲーター初代レガシィから愛されてきたej20エンジンが姿を消すことで一つの時代が終わりますが、同時に新世代となる次期wrx stiの存在にも注目が集まっている状況です。次期w 2019/11/29 (ウェブ上には掲載しません), TC380 3000km。2回目エンジンオイル・フィルター交換でならし運転完全完了。 ». STELLA55 | ナビゲーター スバル次期型wrx sti/s4 【スバル新型wrx sti/s4最新情報】フルモデルチェンジ! ナビゲーター 次期WRX STIのスペック入手。TC380はここにも大きな影響を及ぼしているようです。まず容易に理解できるところから。・WRX STIも二種類。2.4Lシングルターボ360馬力と2.4Lツインターボ450馬力。・シャシーはSGPの強化版。 新型レヴォーグがデビューした... 次期WRX S4のフルモデルチェンジ予想|2021年に2.4Lターボかハイブリッドで発売かを考察, 次期BRZ,86のフルモデルチェンジ予想|2021年にFA24型の新型2.4Lエンジン+アイサイト搭載でデビューか, 新型WRX STIに新型ターボエンジン搭載へ!予想するFA20型DITターボエンジン, 次期クラウン230系 フルモデルチェンジを予想!2022年発売予定でFFのSUV系に。最新情報を元に考察, 次期グレイス フルモデルチェンジ予想|日本復活は2021年以降にあるのか?海外仕様のシティベースで新型発売に期待, クラウン220系のマイナーチェンジは2022年頃に本命の後期型への改良が来ると予想する理由, 新型レヴォーグ 年次改良・マイナーチェンジ予想|2024年までのB型,C型,D型で予想できる変更点. こんばんは!4月1日、まんまと乗っかりました(笑)ありがとうございます。何事も妄想が企画となり商品計画に入ります。大変貴重かつ具体的な妄想です。デュアルモードMTはNAVI5の延長のような気がしますが 話にしか知らないのですが、あの時代にいすゞは相当頑張って作ったんでしょうね。, Subaruなら3ペダルでも2ペダルモードも備えたミッション作れるかもしれないですね。, エンジンはASCENTの2.4か、EJ20が(も?)残るのか情報が飛び交っていて定かではありません。, NAVI5、改めて調べてみると面白い機構ですしトラック用には使われ、HAZさんのおっしゃるようなミッションのご先祖様のようだと思いました。, 私が書いたような機構は「デュアルモードMT」としてトラックには実際にあるのですね・・・驚きました。, 基本MTでツーリングアシストが通常走行なら使えるくらいのデュアルモードMTはありだと思います。, 写真の元車はナンバー無のサーキット専用車でキャンバー含めがっちり作りこんであって、実際にも迫力ありました!, 投稿: スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。 2019年4月 5日 (金) 10時12分, メールアドレス: スポーツタイプ車のミッションはいよいよゴルフ道具並みの趣味の世界に入る気がします。, トコトン精度の高いマニュアルにこだわるか、人間の感性に負けない反応速度の自動シフトを極めたものになるか。, WRX STIのMTは結構良い線をいっていてクラッチ繋がる瞬間に左足に伝わる感覚など、「おお!」という感じで素晴らしいです。, 実際には技術の進歩を見込んでも打ち上げ・帰還ロケット100億円、滞在一人頭5000万円くらいでしょうか。 次期XVは車格アップか... スバルのフォレスターの今後のマイナーチェンジについて今回予想と考察をする。 大型のTMはディーゼル4社、それぞれ自動でブリッピングしながら回転を合わせてシフトダウンします。空気圧を使うのでプシュプシュいいながらガチャガチャブォーンという感じで変速します。その様がメカニカルで僕は好きです。…次期WRX STI2.4ツインターボ!MやAMGやRS、ポールスターのような欧州勢と真っ向勝負で!, トランスミッションはどうしてもメカが介入しますから、エンジン車ではこれからまだまだ進化して行くのではと思います。, 一時のF1ではクラッチの自動制御が究極まで進歩したセミオートマチックトランスミッションがあったのではないかと思います。, 変速時にニュートラルに入る時間はトラクションがかからないのでそれを極限まで減らしたという話を聞いたことがあります。, ミッションのお話は大変勉強に「なりました。 BRZは、次期型もトヨタの86と共同開発されており、次期モデルがまもなく公開となります。 日本国内ではレガシィB4の後継ポジションを担った日本スバルのフ... スバルの次期XVのフルモデルチェンジに関する予想を今回考察。 限定車 / STI / tS, スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。, このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイトを目指し、運営しています。, スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。, 今回は、先日予約が開始された、WRX STI EJ20 Final Editionの詳細と、次期WRX STIの情報についての考察を行います。, なお、WRTX STIの最終型と騒がれていますが、WRX STI EJ20 Final Editionであって、WRX STIのFinal Editionではありません。, よって、WRX STIの本当の最終型ではなく、次期型のWRX STIの登場できる可能性がかなり高く残っているといえます。, こちらが、スバル公式のWRX STI EJ20 Final Editionの動画です。, 初代レガシィに搭載されて以降、ターボ、NAの各種ラインナップでスバルの市販車で採用され続け、レースの第一線で活躍するなど、スバルを30年近く支え続けたEJ20型エンジンの最終形態となっています。, 次に、WRX STI EJ20 Final Editionの加速性能ですが、バランス取りがされているとはいえ、最高出力・最大トルクともに通常モデルのWRX STIと同じです。, よって、動力性能そのものは通常モデルとは変わらず、より滑らかな回転フィールや、チューニングの際の限界点の向上などがメリットでしょう。, なお、WRX STIはMT車なので、乗る人の技量によってはさらに速く加速もできるでしょう。, 次に、WRX STI EJ20 Final Editionのエンジンを見ていきます。, 次に、WRX STI EJ20 Final Editionのトランスミッションを紹介します。, なお、エンジンと同様、クラッチカバーとフライホイールでバランス取りが行われています。, WRX STI EJ20 Final Editonは、DCCD-AWDが採用されています。, DCCD-AWDは、機械式と電子式のLSDを採用し、機械式のレスポンスの速さと電子制御のち密な制御を行うもの。, さらに、手元でドライバーがLSDの効き具合を調整できる、WRX STIにのみ採用されているスバルの最高峰となるAWD方式です。, 次に、WRX STI EJ20 Final Editionのエクステリアデザインを見ていきます。, 次にWRX STI EJ20 Final Editionのインテリアデザインを見ていきます。, 次に、WRX STI EJ20 Final Editionの特別装備を見ていきます。, 次に、WRX STI EJ20 Final Editionのボディカラーを見ていきます。, 最後に、WRX STI EJ20 Final Editionの新車価格をまとめます。, WRX STI EJ20 Final Editionでは、2グレードが用意されています。, エンジンが全く別物になるEJ20 Final Editionですが、ベースモデルとしてはWRX STI Type Sとなるようです。, WRX STI EJ20 Final Editionで452万円、FULL PACKAGEで485万円です。, この装備内容の差であり、特に限定モデルとなれば、FULL PACKAGEのほうがいいでしょう。, 抽選に関しても、WRX STI EJ20 Final Edition全体で555台なので、当選確率の差もありませんから。, さて、WRX STI EJ20 Final Editionの裏で話題となっているのが、次のWRX STIです。, 今回の限定車は、WRX STIのFinal Editionではなく、EJ20のFinal Editionなので、WRX STI自体の生産が終了するわけではないでしょう。, 今までは、WRX STIとレヴォーグ、WRX S4は、同じベースの車としながらも、全く異なるキャラクターの車となっていました。, しかし、今回、東京モーターショーでは、新型レヴォーグが登場していますが、WRX STIの新型はまだまだ発表されていません。, すると、もしもレヴォーグに2.0Lがラインナップされないのであれば、2.0LモデルがそのままWRX STIの立ち位置になってきます。, いままでのスーパースポーツ的な独立したモデルのWRX STIというよりも、純粋にレヴォーグの上位モデルとしてのWRX STIになるかもしれません。, EJ20が生産終了するにあたり、スバル内のラインナップの相互関係にも、何かしらの変化が出てくるでしょう。, 本格的にグローバルモデルになってきたスバルも、世界の強豪と競り合う中で、ブランドイメージは重要です。, こうした欧州モデルのような、上下関係を明確にしたラインナップ構成としてくる可能性は高いでしょう。, いずれにせよ、スバルはEJ20の生産終了を発表しているだけであり、WRX STIそのものは何かしらの形でラインナップに残ります。, ここまで、WRX STI EJ20 Final Editionについて紹介してきました。, 早く予約したからと言って、抽選で有利になることはないでしょうが、早いに越したことはないので、この週末にはスバルデーラーに行っちゃいましょう。, 以上、WRX STI EJ20 Final Editionについて、参考になれば幸いです。, 無料で中古車を探せるサービスです。