おいしく食べるためにも、常温保存がオススメでなんですね。, じゃがいもに土がついていると、土の水分でじゃがいもが傷みやすくなります。 【保存版】家庭菜園での虫よけには牛乳が効く? 2019年4月21日 2019年3月18日 野菜の値段が高騰する今、家庭菜園を行う人増えているのではないでしょうか? ですので冬場は冷蔵をせずに、常温保存しておきましょう。, 大根を1本丸々余ってしまうことはそんなにないと思いますが、もし1本保存したいときはできるだけ立ててください。, また2日に一回は、包んでいるキッチンペーパーを交換することが長持ちのポイントです。, このうち土付きの方が長持ちするので、使い切りそうにないなら土付きを買うのがオススメ。 解凍後は基本的に調理につかうのが難しいので、冷凍保存も向いてません。, 2.次にラップで包み、ヘタを上にして空の牛乳パックなどに入れて、立てて冷蔵庫へ入れる, 冷蔵庫へ入れるときに、「ヘタを上にして立てて入れる」ということをするだけで、保存期間に数日の差がでます。, 袋のまま保存してしまうと、きゅうりの水分で湿気てしまい傷みの原因に。 お店でカットされているものを購入した際は、早めに使い切ることをオススメします。, ですが「余ってしまったけど近日中には使わないかも…」、という人は冷凍保存がいいでしょう。, 白菜は半分や1/4にカットされているものが多く、1本丸々売られていることが少ないので、今回はカットされている白菜の冷蔵保存の方法を紹介します。, カットされている場合は、この処理を行っても2日持つかどうか、というところです。 青汁の解説サイトです。人気の青汁おすすめランキングや、青汁の働き・お役立ち方法について徹底解説しています。, 「特売日でつい野菜をたくさん買ってしまった。使いきれるか不安。」 アンケートボタンを押すだけでLION商品が抽選で当たる! これによって、大根の栄養が葉に行き渡るのを防げます。, たったこれだけで、冬場なら1ヵ月は持ちます。 冷凍の場合でも水分が多いので、べちょべちょになり調理に使いにくいのが特徴。, 玉ねぎを常温保存するときは、玉ねぎを個別で新聞紙で包んでビニール袋(またはダンボールなど)に入れてください。, 湿気を避け、風通しがよく日が当たらないところで保存することが、長持ちのポイント。 上述にもあるように、レタスは金属が触れるとすぐに酸化してしまいます。, レタスも冷凍保存はできますが、冷蔵の場合と保存期間はそう変わりません。 冷凍にすると食感が損なわれるというデメリットがありますが、栄養を損なうことなく長期保存できるというのがメリットなんですね。, そして長ネギの適温は0~5℃なので、あまり常温保存には向きません。 その際は、新聞紙で包んで風通しがいい冷暗室に入れましょう。, しいたけも湿気対策でキッチンペーパーで包むのがポイントです。 野菜を買ってきたまま野菜室に入れると、すぐシナシナに...。冷蔵・冷凍ともに、「ジッパー付き保存バッグ」に入れるだけことで、乾燥や酸化、ニオイ移りを防ぎ、鮮度をキープできますよ。また、じゃがいもや玉ねぎは、夏以外は常温保存でも大丈夫。野菜によってベストな冷蔵・冷凍方法を知って、おいしく食べきりましょう!, 買ってきた野菜をそのまま冷蔵庫に入れておいたら、いつの間にかシナシナ! 使いきれない野菜をムダにしてしまった……。そんな経験はありませんか?, 野菜の鮮度を保って長持ちさせるには、保存方法にコツがあります。毎日の料理でよく使う野菜について、最適な「冷蔵保存」と「冷凍保存」の方法を1つ1つ写真で解説します。, 野菜の乾燥や酸化、ニオイ移りを防ぐために、ジッパー付き保存バッグに入れて保存しましょう。, 野菜は、育った状態と同じようにして保存するのが長もちさせるコツ。例えば、葉物野菜やアスパラガスのように上に伸びる野菜は、「立てて」保存します。, 何でも「冷蔵庫の野菜室」での保存がベストというわけではありません。野菜に適した温度で保存しましょう。, 生のまま冷凍できる野菜は、食べやすい大きさに切って冷凍するのが簡単。そのままでは冷凍に向かない野菜は、塩もみする、ゆでるなど下処理をすると冷凍できます。, 野菜は「天日干し」して水分を蒸発させると、うまみ・甘みが凝縮され、保存期間も長くなります。, 丸ごとの場合は、芯が水分を吸いやすいので、芯をくり抜いて水分を補って保存するのがポイント。カットすると断面から変色して鮮度が落ちるため、保存するときはできるだけ断面を増やさないこと。切ったものは早く使いましょう。, 芯の部分に包丁を入れてくり抜き、くり抜いた部分にぬらしたクッキングペーパーを詰めて、大きめのジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 切ったキャベツは切り口から乾燥し、また変色しやすいので、ぬらしたクッキングペーパーで切り口を包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 炒め物やサラダなどにすぐ使いやすいように、ひと口大に切り、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、水気をしぼって餃子の具材に/凍ったままお好み焼きなどの具材に, ひと口大に切り、さっと加熱したあとジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。さっと加熱するには、キャベツ(200g)を水でぬらした厚手のクッキングペーパーで包んで、600wで5分ほど加熱する、または沸騰した湯で1分半ほどゆでる。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月 ●おすすめの利用法 自然解凍し、水気をとりあえ物やサラダに/凍ったまま炒め物や汁物に, 傷みやすく、ニオイも強いので、水分を補いながらジッパー付き保存バッグで保存。束のままだと折れて傷んだり、先端が乾燥したりするので、切って冷蔵・冷凍保存するのがおすすめ。, 5~6㎝の長さに切り、ぬらしたクッキングペーパーで包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 丸ごと買って外側からはがして使うと、傷みにくく、寒い季節なら常温で保存できます。縦にカットしたものは断面から鮮度が落ちるため、早めに使いきるか、冷凍がおすすめ。, 乾燥しないよう新聞紙に包んで、日の当たらない涼しいところに「立てて」常温保存。使う分だけはがし、根元でちぎる。残りは、外葉があれば、外葉をかぶせてから新聞紙に包む。, 切った白菜は、ぬらしたクッキングペーパーで切り口を包み、ジッパー付き保存バックに入れて野菜室で保存。, 炒め物や漬け物などにすぐ使いやすいように、ひと口大に切り、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、水気をしぼってあえ物やサラダに/凍ったまま炒め物や汁物に, ひと口大に切ってジッパー付き保存バッグに入れ、重量の2%程度の塩を加えバッグの中でもんで、しばらくおく。しんなりしたらしぼって水気をよく切り、空気を抜いて閉じて、冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、水気をしぼってあえ物やサラダ/細かく刻んで餃子の具材/凍ったまま炒め物や汁物に, くし形にカットした(またはひと口大に切った)白菜を、ザルなどにのせて数時間~2日間、葉がしんなりするまで日に当てて干してから、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 根から水を吸わせるとシャキッとするので、根元に水分を補って保存するのが最大のコツ! 時間のあるときにまとめてゆでて冷凍しておくと、サッと1品作れるので便利です。, ぬらしたクッキングペーパーで根元を包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室へ。育った状態に近い形で保存するために、プラスチックの容器や上部を切った牛乳パックなどに「立てて」保存。, ぬらしたクッキングペーパーで包んで電子レンジで加熱するか、熱湯でさっとゆでたあと、食べやすい長さに切って水気をギュッとしぼり、ジッパー付き保存バックに入れて冷凍保存。なるべく重ならないように平らに並べると、冷凍後に取り出しやすい。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、水気をしぼってあえ物や炒め物に/凍ったまま汁物や炒め物, 乾燥してしなびやすく、あまり日持ちのしない野菜。冷蔵する場合は全体に水分を補うため、切ってからぬらしたクッキングペーパーに包むのがおすすめ。, 洗って食べやすい長さに切り、ぬらしたクッキングペーパーに包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 洗って水気をふき、食べやすい長さにザク切りにして、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, レタスは包丁(金属)を使うと、切り口が酸化して赤茶色になってしまうので、「手でちぎる」のがポイント。冷凍保存は、生食には向きませんが、加熱調理に使うならOK。, 芯の部分は手でちぎってくり抜き、乾いたクッキングペーパーで包み、大きなジッパー付き保存バックに入れて野菜室で保存。, 丸ごとなら長期保存できますが、カットすると種とワタの部分から腐りやすいので要注意。冷蔵・冷凍ともに、種とワタは取り除いて保存します。加熱してから冷凍しておいても便利。, 丸ごとの場合は、かごなどに入れて日の当たらない風通しのよい涼しいところで常温保存。, 切ったものは、種とワタの部分を取り除き、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 種とワタの部分を取り除き、使いやすい形に切って、生のままジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 凍ったまま煮物に/ポタージュなど、皮をむく場合は自然解凍してから, 食べやすい大きさに切って、ぬらしたクッキングペーパーで包んで電子レンジ600Wで100gあたり2分10秒を目安に加熱し、冷ましてからジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月 ●おすすめの利用法 自然解凍し、サラダ、ポタージュに/凍ったまま煮物に, 8㎝幅くらいの薄切りにして、ザルなどにのせて数時間~2日ほど日に当てて干してから、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 乾燥や湿気、低温に弱く、日持ちがしません。ほとんどが水分なので、みずみずしいうちに食べきるのがベスト。たくさんあって食べきれないときは、塩もみして冷凍できます。, 水気をふき取って1本ずつクッキングペーパーで包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室へ。枝つきが上になるように、プラスチックの容器や上部を切った牛乳パックなどに「立てて」保存。, 薄く輪切りにしてジッパー付き保存バッグに入れ、重量の2%くらいの塩を加えバックの中でもんでしばらくおく。しんなりしたらしぼって水気をよく切り、空気を抜いて閉じて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、水気をしぼってあえ物やサラダに, 完熟したトマトはやわらかく傷みやすいので、おいしいうちに早めに食べましょう。箱買いしたときは、冷凍保存がおすすめ。冷凍トマトは、加熱してトマトソースや煮込みにするのに最適です。, 水気をふき取り、ジッパー付き保存バッグの中にクッキングペーパーを1枚敷いてから、ヘタの部分を下にして並べて入れ、野菜室で保存。, 熟していない青いトマトは、ザルなどにのせて日の当たるところに置き、赤くなるまで追熟させてから冷蔵保存。, 洗ってヘタを取り、水気をふいてから、ジッパー付き保存バッグに丸ごと入れて冷凍保存。凍ったまま水につけると、つるっと皮がむける。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 皮をむいてから凍ったままトマトソースや煮込み料理、スープに, へたを取って横半分に切り、種を除いてから粗くみじん切りにして、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。小分けにしながら使えるので便利。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 凍ったままトマトソースや煮込み料理、スープ、パスタに, くし形に切って種を除き、ザルなどにのせて数時間~2日ほど日に当てて干してから、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 凍ったまま炒め物、煮込み料理、パスタなどに, なすは水分が多く傷みやすいので、早めに食べきりましょう。切ったときに種が黒くなっていたら古くなった証拠!生のままでの冷凍は食感が変わるので、おすすめしません。, 生のままでの冷凍には向かないので、食べやすい大きさに切って油で軽く炒め、冷ましてから、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 丸ごとなら10日はもちますが、カットしたものは切り口から傷みやすいので、早めに使います。細切りにして冷凍するとやわらかくなるので、生のままでもそのまま食べられるうえ、炒め物やスープにサッと使え、彩りもよくなるので便利。, 切ってしまうと傷みやすいので、ヘタと種を取り除いてラップなどで包み、野菜室で保存し、早めに使い切る。●保存期間の目安 冷蔵で2~3日, ヘタと種を取り除き、使いやすい形に切って、生のままジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。凍らせると内部の繊維が壊れるので、解凍するだけでやわらかくなり、そのまま食べられる。●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、水気をふいてサラダやあえ物に/凍ったまま炒め物や汁物に, 丸ごとの状態で保存するほうが、日もちします。皮にハリのある新鮮なうちに食べるのがおすすめ。細切りにして冷凍すると、おべんとうの炒め物など少量ずつ使うおかず用に便利です。, 水気をふき取り、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。●保存期間の目安 冷蔵で2〜3週間, 切ってしまうと傷みやすいので、ヘタと種を取り除いてラップなどで包み、野菜室で保存し、早めに使い切る。, ヘタと種を取り除き、使いやすい形に切って、生のままジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 凍ったまま炒め物に, トマトはヘタの周辺から傷み始めるので、ヘタを取りきれいに洗ってから保存します。凍ったものを水にさらすとつるっと皮がむけるので、煮込み料理にどうぞ。, ヘタを取り、その周辺が傷んでいないかチェックしながら洗い、水気をふいてから、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 凍ったまま皮をむいてトマトソースや煮込み料理、スープ、パスタに, 上へ伸びる野菜なので、立てて保存するのがポイント。根元の切り口から乾燥しやすいので、水分を補って保存します。新鮮なうちに食べるか、食べきれないときは冷凍もOK。, 根元をぬらしたクッキングペーパーで包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室へ。育った状態に近い形で保存するために、プラスチックの容器や上部を切った牛乳パックなどに「立てて」保存。, ピーラーで根元の固い部分の皮をむき、食べやすい大きさに斜め切りにし、生のままジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ピーラーで根元の固い部分の皮をむき、ぬらしたクッキングペーパーで包んで電子レンジ600Wで100gあたり1分30秒を目安に加熱し、冷ましてからジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、サラダなどに/凍ったまま炒め物や肉巻きに, つぼみの緑が濃く、茎の切り口に「す」が入っていないものを選びましょう。根元に水分を補って保存すると長持ちします。, 根元をぬらしたクッキングペーパーで包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で立てて保存。, 小房に分けて、茎は皮をむいて食べやすい大きさに切り、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 小房に分けて、茎は皮をむいて食べやすい大きさに切り、生のままジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 小房に分けて、ぬらしたクッキングペーパーで包んで電子レンジ600Wで100gあたり1分40秒を目安に加熱し、冷ましてからジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、サラダやあえ物に/凍ったまま炒め物や汁物に, 4~5月が旬の生のたけのこは、ゆでたてが格別の味わい。ただし、掘ってから時間がたつと、かたくなってえぐみが出てしまうので、なるべく買ったその日のうちにゆでましょう。, すぐにゆでて皮をむき、ジッパー付き保存バッグに入れ、全体がつかるように水を入れる。倒れないように浅い容器で受けて野菜室、または冷蔵室で保存。毎日水を取りかえる。, (2)大きななべに入れ、かぶるくらいの水を注いで、アク抜きのために米ぬか1/2~1カップ、赤とうがらし1~2本を加える。※米ぬかがなければ、水を米のとぎ汁にする。, (3)落し蓋をして中火にかけ、煮立ったら、吹きこぼれない程度に火を弱め、静かに煮立たせながら1時間ほど煮る。, (4)太い部分に竹串を刺して、スッと通ればゆで上がっているので、火を止め、ゆで汁につけたまま完全に冷ます。この間にさらにアクが抜ける。, ゆでたたけのこは、薄切りや細切りにし、水けをよく拭いてジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。だし、みりん、しょうゆで濃いめに調味して煮てから冷凍してもよい。, 葉をつけたままにすると、葉が水分を吸って鮮度がおちるので、買ってきたらすぐに切り離します。葉の部分も栄養価が高いので、ムダにせず炒め物や汁物などの料理に使いましょう。, 葉つきのものは、葉を切り落としてジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。葉は傷みやすいので、切り落としたらすぐに炒め物や汁物などに使う。, 生のままの冷凍には向かないので、ゆでてからなら冷凍保存OK。 葉もゆでてから刻んで冷凍しておくと、汁物や炒め物に便利。, ごぼうは皮の香りが命。泥つきのほうが、香りがよく、乾燥しにくいので常温で鮮度を保てます。泥はたわしやスポンジのかたい面で簡単に洗い落とせるので、選ぶなら泥つきがおすすめです。, 長くて立てられないときは切り分け、紙袋に入れるか、新聞紙に包んで、日の当たらない涼しいところで常温保存。, 皮を洗って使いやすく斜め切りにし、水にさらしてアクを抜き、水気をふいてジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 皮を洗ってささがきや細切り、薄切りなどにし、水にさらしてアクを抜き、さっとゆでる。水気を切って冷まし、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 凍ったままきんぴらごぼうや、煮物、汁物、炊き込みごはんに, 葉が水分を吸うと鮮度が落ちるので、葉を切り離して保存します。1本を使いきれないときは、ひと口大に切る、すりおろす、輪切りにして干すなどして、冷凍するのがおすすめ。, 葉つきのものは、葉を切り離して、長いものはジッパー付き保存バッグに入る長さに切り、野菜室で保存。葉は傷みやすいので、炒め物や汁物などで早めに使う。, いちょう切りなど食べやすい大きさに切って、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月 ●おすすめの利用法 自然解凍し、そのまま、またはあえ物に/凍ったままみぞれ煮や汁物に, 1.5~2㎝厚さの輪切りにし、ザルなどにのせて数時間~2日ほど日に当てて干してから、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ※「大根」についてもっと知りたい方はこちら! 大根をおいしく食べ切る!冷凍保存のテクニック, 先端から乾燥しやすく、水分があっても傷むので、クッキングペーパー+ジッパー付き保存バッグでの保存がおすすめ。食べやすい大きさに切って保存しておくと、すぐに1品できるので調理の時短に役立ちます。, 乾いたクッキングペーパーで1本ずつ包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 皮をむいて輪切りやいちょう切りなど食べやすい大きさに切り、乾いたクッキングペーパーで包んで、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。バッグから出して、そのままクッキングペーパーをぬらせば、電子レンジで加熱もできます。, いちょう切りやせん切りなど、食べやすい大きさに切り、生のままジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ピーラーで薄切りや細切りにし、ぬらしたクッキングペーパーで包んで電子レンジ600Wで100gあたり2分20秒を目安に加熱し、冷ましてからジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、サラダやあえ物に/凍ったまま汁物や炒め物に, ※「にんじん」についてもっと知りたい方はこちら! あと1品に役立つ!「レンチンにんじん」の冷蔵・冷凍ストックで時短おかず, 切り口が空気にふれると変色してしまうので、カットしたものはなるべく早めに食べましょう。冷凍する場合は、水にさらしてアクを抜く、下ゆでする、などの下処理を。, 切ったものは、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。または、密閉容器に入れて水に浸して保存すると、長持ちする。, ●保存期間の目安 冷蔵で4~5日(切ってバッグで保存の場合)/冷蔵で2週間(水に浸した場合、水は1~2日毎に交換), 半月切りやいちょう切りなど食べやすい大きさに切り、水にさらしてアクを抜き、水気をふいて生のままジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 半月切りやいちょう切りなど食べやすい大きさに切り、水にさらしてアクを抜き、さっとゆでてザルに上げる。水気を切って冷まし、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 通年ある皮つきの玉ねぎは、涼しい時期には、冷蔵庫に入れる必要はありません。皮をむいたり、切ったりしたら、野菜室へ。料理に使いやすい形にしてから冷凍しておいても便利です。, 紙袋やネットに入れて、風通しのよい涼しいところで常温保存(夏場の気温が高い時期は、野菜室へ)。, 薄切りやくし形切りなど食べやすい大きさに切って、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 薄切りやくし形切りなど食べやすい大きさに切って、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 薄切りにした玉ねぎをぬらしたクッキングペーパーで包み、電子レンジ600Wで100gあたり1分を目安に加熱し、冷ましてからジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 1本そのままでは長くて冷蔵庫に入れにくいので、保存バッグに入る大きさに切って冷蔵保存がおすすめ。冷凍の場合は、いろいろな切り方にしておくと、料理の幅が広がります。, ぶつ切りや小口切りなど調理しやすい形に切り、水気をふき取り、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 傷みやすいので、水分を補って冷蔵保存します。冷凍する場合は、まとめて小口切りにして保存袋に入れておくと、薬味に、料理の彩りに、少量ずつでもサッと使えます。, 5~6cmの長さに切り、ぬらしたクッキングペーパーで包み、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 凍ったまま炒め物や汁物に/自然解凍し、薬味として, 里芋は「低温」と「乾燥」が苦手。泥つきのほうが乾燥しにくく、常温で日もちがします。冷凍する場合は、生のままか、電子レンジで加熱してからでも、その後の調理が簡単!, 皮をむいて調理しやすい形に切り、ぬらしたクッキングペーパーで包んで電子レンジで100gあたり2分を目安に加熱し、冷ましてからジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ※「里芋」についてもっと知りたい方はこちら! もっとラクに!里芋の下ごしらえと保存&おすすめレシピ, 冷蔵庫で保存する方も多いですが、「低温」を嫌うので、芽が出やすい暑い時期以外は常温で保存するのがベストです。生のままの冷凍は向きませんが、ゆでてマッシュポテトにすれば冷凍もOK。, 紙袋に入れるか、新聞紙に包んで、日の当たらない涼しいところで常温保存。夏の気温が高い時期は野菜室へ。, 皮をむいてつぶしやすい大きさに切って、ぬらしたクッキングペーパーで包んで電子レンジ600Wで100gあたり2分を目安に加熱する。ジッパー付き保存バッグに入れ、つぶしてマッシュポテトにし、冷ましてから平らにして冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、サラダやコロッケのたねに/凍ったままポタージュに, 丸ごとであれば常温保存できますが、カットしたものは切り口から傷むので、野菜室へ。たくさんある場合は、食べやすい大きさに切る、すりおろす、などして冷凍しておくと便利です。, 皮をむいて細切りや半月切りなど食べやすい大きさに切り、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, ●保存期間の目安 冷凍で1か月●おすすめの利用法 自然解凍し、あえ物に/凍ったまま汁物に, ●保存期間の目安 冷凍で1か月 ●おすすめの利用法 自然解凍し、とろろごはんやとろろ汁に, 根元を切り落とし、ほぐしてから冷蔵または冷凍しておくと、サッと使えます。水分がつくと傷みやすくなるので、汚れはふき取るなどして、洗わずに保存するのがポイント。, 石づきのついた根元を切り落とし、食べやすい大きさにほぐして、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 石づきのついた根元を切り落とし、食べやすい大きさにほぐして、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。, 石づき(軸の先端のかたい部分)を切り落とし、冷蔵または冷凍を。きのこは冷凍すると組織が壊れて加熱したときにうまみが出やすくなるので、新鮮なうちに冷凍保存するのがおすすめ。, 石づきを取って水気をよくふき取り、軸のついている方を上にして、ジッパー付き保存バッグに入れて野菜室で保存。, 石づきを取って水気をよくふき取り、軸のついている方を上にして、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。調理しやすい形に切ってから冷凍してもOK。, 汁物や炒め物にポン!と入れやすいように、石づきを取ってほぐして保存しましょう。冷凍保存の場合は数種類のきのこをミックスしておくと、使うときに便利です。, 家事関連の製品企画、マーケティングを約20年、生活者向け講習会などを約10年経験してきました。毎日大変な料理や食事の後片付けなどを手早くラクにできるように、わかりやすくお伝えしていきます。, ※ ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用ください。. ですのでポリ袋などに入れて、冷えすぎないようにすることがポイント。, トマトは基本的に冷凍保存に向いてませんが、トマトスープなどに使う場合でしたら可能です。 食感が損なわれてしまいますが、冷蔵保存よりも手間なくできるので、長ネギは冷凍保存がオススメ。, レンジなどで解凍するとトロトロになってしまうので、使う際はそのまま料理に入れましょう。, ほうれん草の最適な保存温度は0℃~5℃。ですので、基本的に常温保存に適していません。 葉物野菜などは寝かせて保存すると、底に触れている面から傷んでいくんですね。, ですのでこういった野菜は、冷蔵庫のドア部分にあるドアポケット(ドリンクなどを収納する場所)に、立てて置くのがベストです。, 冷蔵庫よりも冷暗室(涼しく風通しがいい場所)で常温保存する方が、長持ちする野菜もあります。, またジャガイモなどは、冷やすことで調理したときの食感が落ちることも。 これが野菜を長持ちさせるコツです。, 生えている野菜なら、土から生えているままの状態。 長くて保存しにくい場合は、半分にカットして断面に土をつければOK。, 洗いごぼうは常温保存には向いていないので、冷蔵保存がいいでしょう。