犬の名前の候補に挙がりやすい、ドイツ語由来の名前は根強い人気が! どっしりとした響きの言葉が多く、オスのワンちゃんに付けたい、かっこいい名前がたくさんあります。 2007. 響きが可愛い、オシャレな名前を探しているならフランス語がおススメ。 名前の由来 名前の由来には、いくつかの説がある。 ... 見えることから名づけられたとする説がよく知られているが、いずれもこのドイツ原産の犬の名前が英語であることを前提とした民間語源説であり、妥 … デズモンド・モリス(著), 福山英也(監修), 大木卓(文献監修), 池田奈々子ほか(翻訳).  「たまひよ 赤ちゃんのしあわせ名前事典2020~2021年版」(ベネッセコーポレーション刊)によると、名前の響きによってその後の性格に違いが出るという説もあるそう。 By using our services, you agree to, Copyright 2002-2020 Wanwans. Copyright ©Benesse Corporation All rights reserved. よく時代劇の中で使われる名前も、おしゃれに組み合わされていい感じですね。 やはり殿の方が貫禄があって、若は可愛らしいのでしょうか!? 大きくなったら一緒にジョギングしたり駆け回って遊びたい?それならこんなユニークな名前はどう?, 色にちなんだ名前を探しているならココからチェック。世界の言葉から色を連想させる名前を選んでリスト形式で紹介!, 英語の名前を探しているならまずココをチェック!人気のある名前リストから探すこともできます。 英語の名前を探しているならまずココをチェック!人気のある名前リストから探すこともできます。 聞いたことはあるけど意味や由来がわからない名前も一挙に紹介。 人気の名前と意味、由来も紹介しています。 フランス語でつける、犬の名前12のアイデア~お菓子編~ » フランス語でつける、犬の名前9つのアイデア~フルーツ編~ » Cookies help us deliver our services. 「ココ」の「コ」は「用心深く努力家。人気者になれる」。「クウ」の「ク」は「社交的で負けず嫌い。周囲の人から支えられる」。「モカ」「モコ」「モモ」の「モ」は「魅⼒的でみんなに好かれる」とのこと。あくまで人の場合についてですが……カ行とマ行がお名前につく愛犬の飼い主のみなさん、いかがでしょうか?, 女の子(メス)は、1位から「ココ」「モモ」「ハナ」「モカ」「モコ」。なんと昨年とトップ5が同じ結果に!男の子(オス)は1位「コタロウ」、2位「レオ」、3位「ソラ」。こちらも昨年と顔触れはいっしょです。 All Rights Reserved. 犬といえばあの名前「ポチ」の由来は? 犬といえば、「ポチ」という名前を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? このポチという名前は、明治期に急速に広まったと言われています。 名づけの由来は「鳴き声から」というコメントが多かったのですが、中には「お迎えに行った日が、青空の綺麗な日でした。空と書いてクウと呼んでいます」という素敵な声も。, ちなみにべスト5は「ココ」「クウ」「モカ」「モコ」「モモ」。何か気づきませんか?そう、カ行とマ行が人気なのです。 犬はもうペットではなく、家族同様ですね。 名前は飼い主さんとなる方が本当にこだわって考え抜く、 愛情を注ぐ第一歩となる最初のプレゼントではないでしょうか! 本サイトはこれから我が家に愛犬を迎えられる方への参考になればという思いで、 聞いたことはあるけど意味や由来がわからない名前も一挙に紹介。, フランス語の名前を探しているなら絶対チェック! 2017年7月26日; 2017年7月26日; 悩み, 犬の話, 猫の話; 696View; 0件 ※調査対象数 10,057名(0才の犬の飼い主) 誠文堂新光社. 飼い主さんは愛犬にどんな名前を、どんな想いでつけているのでしょうか?累計160万ダウンロード「いぬのきもちアプリ」で調査した「犬の名前ランキング2019」を発表します!, 総合ランキングは「ココ」が堂々の2連覇!男の子(オス)では16位だったものの、女の子(メス)では1位。女の子人気が全体の票をアップさせる要因となりました。 All rights reserved. フランス語でつける、犬の名前12のアイデア~お菓子編~ 可愛くてスウィートな犬の名前を探しているならフランス語のデザートの名前はどうですか? This material may not be published, broadcast, rewritten, redistributed or translated. ボクサーは、比較的新しい犬種である。直接の祖先は、ドイツおよび近隣諸国で何世紀にもわたって活躍したマスティフ系統の猟犬、ブレンバイザーとされる。狩猟の際、イノシシ・シカ・小型のクマなどの獲物(しばしば、ハウンド系の猟犬によって追い詰められた)をかみ伏せること、つまり、猟師が追いついて止めを刺すまで、獲物の鼻などをしっかりかんで、押さえつけておくことが、ブレンバイサーの主な役割だった。「ブレンバイサー」(Bullenbeisser)という語は、英訳すると bull-biter、つまり「牛かみ犬」を意味する。これは厳密には犬種名ではなく、上のような用途に用いられた犬たちが漠然とそう呼ばれていたに過ぎず、地域によってさまざまなタイプのものがあったと考えられる。ブレンバイサーに求められたのは、力強くて機敏な性質と、幅広いマズル、強力な顎、獲物にかみついたまま呼吸ができるターン・アップした(くぼんだ)鼻といった特質であったが、このような特質は、同時に、当時ヨーロッパの国々で人気のあった「牛いじめ(ブル・バイティング)」にも都合のよいもので、その呼び名からも、ブレンバイサーが当時この娯楽に盛んに用いられたことがうかがわれる。, 1830年代、ドイツの猟師たちの間に、新しい犬種を作出しようとする気運が起こった。サイズを大きくするため、ブレンバイサーにマスティフ系の犬が掛け合わせられた。また、頑強な犬を作るために、テリアやブルドッグなどが交配されていった。ボクサーの元になったこの犬の改良には、そのほかに、フレンチ・ブルドッグやグレート・デーンといった、フランスやスペイン原産のいくつかの犬種が関わっているといわれる。その後、ドイツで狩猟が衰退し、牛いじめも禁止されると、ブレンバイサーは家畜商のもとで家畜を監視する「キャトル・ドッグ」として、新たな役割を担うようになった。, 19世紀後半になって、ブレンバイサーの小型種、ブラバンダー(この名は、これら小型のブレンバイサーが生み出されたベルギー北部のブラバント地方に由来する)にブリティッシュ・ブルドッグを掛け合わせたものが、ボクサーの起源となった。1894年、ロベルト、ケーニッヒ、ホフナー (Roberth, Konig and Hopner) という3人のドイツ人が、この犬を一つの犬種として確立しようと考え、翌1895年、ミュンヘンで開催されたセント・バーナード犬のドッグ・ショーに出展したのである。このときに出展された「フロッキー (Flocki)」は、ブリティッシュ・ブルドッグを父とする同年生まれの犬だったが、この犬が、犬籍簿(スタッド・ブック)に登録された最初のボクサーとなった。さらに同年、最初のボクサー・クラブが設立されたが、スタンダード(品種標準)についての意見が割れたことから激しい議論が起こり、一時は複数のボクサー・クラブが並立した。それらは間もなく統合されたが、1910年5月に最終的な合意がなされるまで、ほとんど分裂状態にあったという。, そのような状況下、ボクサーはドイツで最初に警察や軍隊で活用された犬種となり、1900年までには実用犬としての地位を確立したといわれる。ヨーロッパ各国にも紹介され、多くの文明国で禁止されるまでは、闘犬興行にも用いられた。第一次世界大戦が勃発すると、ボクサーは軍用犬や赤十字犬として活用され、メッセンジャー犬・荷役犬・警護犬などさまざまな用途で活躍したことから、戦後の1920年代に、ヨーロッパで人気犬種として脚光を浴びた。1925年には、ドイツでワーキング・ドッグとしての承認を受けている。この過程で、ボクサーが使役犬としてはやや小さいことが懸念されたことから、スタンダードに定められた体高が、漸次引き上げられた。ボクサーのスタンダードは、1905年にドイツで初めて公式に制定されたが、以降数回の修正を経て、1938年に改定されたものが、現在まで用いられている。, アメリカでは、1903年3月に開催されたシカゴ展ではじめてボクサーが紹介され、このとき出展された犬がその年に生んだメスが、アメリカンケネルクラブ (AKC) で登録された最初のボクサーとなった。1915年には、ボクサーの最初のチャンピオン犬が AKC で認定されている。しかし、ボクサーが世界的に人気を集めるのは、1940年代のことである。第二次世界大戦の終戦後、軍のマスコットとなっていた犬などが帰還兵らに持ち帰られたことにより、ボクサーはコンパニオン・ドッグ(伴侶犬)や警護犬として、またショー・ドッグとしても人気を博し、アメリカでも有数の人気犬種となった。現在ボクサーの「4大基礎犬」といわれる犬たち(今日存在する全てのボクサーには、そのいずれかの血が必ず流れているといわれる)のうち3頭が、戦後ドイツからアメリカに渡ったこともあり、多くの優秀なボクサーがアメリカで作出されたが、アメリカ人たちは彼ら独自の好みに従って、ボクサーの体形を洗練させ、被毛色も改良した。現在のボクサーは、頑健で力強く気品のあるドイツ・タイプと、スマートでスタイリッシュ、優美なアメリカ・タイプの2系統に大きく分かれ、前者はドイツを中心とするヨーロッパ全土に、後者は南北アメリカやアジアに広まっている。, 日本には、1934年(昭和9年)にはじめてドイツから神戸港に輸入されたが、第二次世界大戦後、駐留軍のアメリカ人兵士たちが持ち込んだことによって、広く知られるようになった。昭和30年代から40年代にかけて多数飼育され、現在、人気ランキングの上位にくる犬種ではないが、根強い人気がある。, 名前の由来には、いくつかの説がある。後肢で立ち上がり、互いに前肢を使ってなぐり合うような戦い方をすることから、あるいは、横から見た体形が四角張っていて、箱(ボックス)型に見えることから名づけられたとする説がよく知られているが、いずれもこのドイツ原産の犬の名前が英語であることを前提とした民間語源説であり、妥当性を欠く。, これらのいずれも定説とされるには至らない。詳しくは英語版の Breed name を参照のこと。, イギリスなど、ヨーロッパの多くの国々では、断尾のみで断耳は施さない。原産国のドイツでは、1987年に断耳が、1998年には断尾が禁止になっている。アメリカでは断耳・断尾されるのが一般的だが、2005年、AKC は、断耳のない犬を認める形にスタンダードを改めた。日本では現在、断尾、断耳ともに任意とされている。, フォーンまたはブリンドル。フォーンの色には、薄いフォーンから濃いディアー・レッド(鹿毛色)まで、さまざまな色合いが見られる。ブリンドルは黒のストライプで、肋骨方向に流れる。顔面のブラックマスクは必須とされる。, 4~5頭に1匹の割合で、白斑が体表の3分の1を超える子犬が産まれてくる。このような個体には聴力障害の割合が高いとも言われ、スタンダードでも「白い」ボクサーは認められない。ドイツボクサークラブでは、1925年に白いボクサーを、1938年に斑のボクサーをスタンダードから除外し、同時に血統書も発行されなくなったが、ドイツを中心としたヨーロッパ諸国では、2000年頃より再び犬籍登録が可能になっており、ボクサー犬種として血統書が発行されている。