擬似行為はこんな感じです↓ メス猫の発情の方が、特徴的な うるさく鳴くようになること また、絞りやすい子もいれば、絞りづらい子もいますし、中には肛門腺の分泌物が固くて絞ることが難しい場合もあります。このようなときは獣医さんやトリミングなどで絞ってもらい、肛門腺絞りのコツを教えてもらっても良いでしょう。, アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。, 保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 1才のオス猫です。生後6ヶ月に去勢手術は済んでいます。5ヶ月頃に突然わたしの手首を噛みながら腕にまたぎマウンティングを始めました。びっくりしてマーキングを始めたら困る!と思い去勢をしました。それからは数ヶ月マウンティング 落ちていることがあります。 こういった質問に答えます。, 僕も小学生のころ、スペアミントという種類を育てていたことがあります。でも実際のところ、猫とミントはあまり良い関係にはないようです。, ミントの代表的な成分が「メントール」です。あのす〜っという清涼感は、このメントールによるもの。ガムに使用すると眠気覚ましの効果があったり、ミントをそのまま食べても口の中を爽やかにしてくれますよね。湿布などにも使用されているようです。, しかし、たいていの猫はメントールの匂いを嫌うようで、うちの猫たちも目を細めて逃げていきました、、、, 猫の体についてしまったオイルを舐めただけ、家でアロマを焚いただけで、猫の体調が悪くなってしまうこともあるのです。, どんな精油でも、成分がぎゅーっと凝縮されているので、天然成分とはいえ、猫にとっては破壊的なダメージを与えるものになってしまいます。, しかし、なかには猫が食べても大丈夫なミントもあります。それがキャットニップ、キャットミント、ペニーロイヤルミントなどです。, 特に有名なキャットニップは、マタタビと同じような成分が含まれていて、使用すると酔ったような感じになります。このことから「西洋マタタビ」とも呼ばれています。, 葉の部分をたしなむ程度が良いでしょう。安全なミントは少しくらいであれば食べてしまっても問題はありません。, まれに、体質に合わない猫もいるようなので、様子を見ながら与えるのが良さそうですね。, 中毒症状が出たら、すぐに動物病院へ連れていき診察してもらいましょう。放置してしまうと、最悪の場合死んでしまうことも。, ミントの香りは猫が嫌いな香り。それに多少ミントの香りが漂ったとしても、外であれば外気ですぐに散るので心配はありません。, だから、ベランダで栽培したいという方は、ネットなどで隔離した上で、猫が食べないような工夫をすれば栽培しても大丈夫です。, 「猫も好きだけど、アロマでも癒されたい」という方もいることでしょう。猫とアロマは両立できるのでしょうか?, 使用する場所を限定的にすれば楽しむことができるでしょう。要は猫が直接アロマを吸い込んだり舐めたりしなければいいのです。, たとえば、猫のいない場所で服に吹きかけるとか、立ち入り禁止の部屋を作ってそこでアロマを楽しむとか。, 揮発したアロマオイルであっても、長期間にわたり吸い込み続けると、肝臓に毒素が溜まり、慢性的な中毒症状を起こすことがあります。, 猫がいる場所では絶対にアロマオイルのびんを開けないなど、徹底的な対策をすれば、アロマの香りを楽しむことができます。, ただミントの香りが爽やかな気持ちにさせるのも事実ですよね。ほんのちょっとだけ、たまーに取り入れて見るのもいいかもです。, HTML,CSS,Ruby,Ruby on Railsを勉強中。同時にブログも運営。生まれて初めてWebアプリを作って難しさと魅力を実感。「もっと良い方法があるはず」という気持ちを持って勉強します。猫と温泉が大好き。. しまっている場合には消毒や外科的な縫合が必要なこともあります。, 分泌物がたまりやすいネコちゃんは、ヒトが定期的に絞ってあげる必要があります。ただ、自宅での肛門腺絞りはコツをつかむと簡単ですが、それまではなかなか上手に出来ないものです。 猫は液体(ねこはえきたい)は、ネコの異様な柔軟性は「液体である」とすれば説明できる、というインターネット上でささやかれている一種のジョークである[1]。, 猫は非常に柔軟性が高く、関節や筋肉、靭帯も柔らかいため、自分の身体より狭い場所を通ったり、小さな容器に合わせて入ったりすることが可能である。, 2017年、フランスパリ・ディドロ大学のマーク・アントワン・ファルダン(Marc-Antoine Fardin)が「猫は固体かつ液体の両方になれるのか?(Can a Cat Be Both a Solid and a Liquid?)」という研究によりイグノーベル賞の物理学賞を受賞した[2][3][4]。, ファルダンは2014年7月に流動学協会の会報に「猫の流動学について(On the Rheology of Cats)」と題した論文を発表した[5]。彼はこの論文の中で「固体とは、一定の体積と形を保つもの。液体とは、体積は一定であるものの形は容器に合わせて変化するもの。気体とは、そこにある体積を満すべく広がるもの」という定義に基づくならば「猫は液体である」と論じた[5]。猫が固体であるのは自明だが、猫はグラスや花瓶に無理やり入り込んだり、箱やバケツの形状に合わせて広がったりできるため、「猫は液体の特性も持っている」と説明。彼は猫を流動体として物理的に分析し、結果として子猫より歳をとった猫の方が流動性が高いことを発見した[3]。受賞式のスピーチでは容器にぴったりと入った猫の写真を例に、「写真を見るかぎり、猫は液体の定義に一致しています」と語り会場を沸かせた[5]。, また、彼の論文は「日本で最近行われた実験では、猫は孤立した液体系ではなく、その環境からストレスを転移させ、吸収できるものとして捉えるべきということが示唆された。実際に日本には、ストレスを受けた顧客が猫をもふもふして喉のゴロゴロを聞き心配事を忘れられる猫カフェというものがあるくらいだ」と締めくくられ、日本の猫カフェについても触れている[5]。, 2013年頃から複数のメディアで「猫は液体であると証明する証拠写真」などと題した記事が掲載されており、これはファルダンが「猫は液体」について研究するきっかけとなった[5]。, 2019年11月26日、通信販売会社フェリシモの「猫部」が、透明な容器にぴったりと入った猫をイメージして制作した「みっちりフィット 猫は液体ポーチ」の販売を開始した[1]。ラインナップは「ハチワレ」、「ポインテッド」、「サバトラ」の3種類。この商品は同社が同年1月に公式Twitterで募集した猫の写真をもとに制作された[1]。, 猫の彫刻で著名な西誠人の作品に、ボウルに入った猫を表現した木彫の『猫は液体』や、四角い透明な容器にぴったり入った猫を表現した『一生一緒』がある。また、画家の原游も『猫は液体』と題した絵画を描いている。, https://www.nekobu.com/blog/2019/11/1129-1.html, https://www.afpbb.com/articles/-/3143180?cx_amp=all&act=all, http://karapaia.com/archives/52246269.html, https://tenki.jp/lite/suppl/romisan/2017/10/29/10581.html, https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/post-8495_1.php, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=猫は液体&oldid=80037097.