何が最善策か? 猫のためではなく飼い主の都合でしかないのかも知れません, 6才のポメ♀で、1才頃から月に1回程てんかん発作(硬縮2分ほどで治まります)を起こします。 私は喘息体質なのですが(全身麻酔で喘息の発作が出ちゃう人がいるらしいのですが・・・)、主治医の先生は全身麻酔の方が良いと言っています。 全身麻酔で足の手術を受け術後六時間くらいで車椅子に乗せられトイレに行きました。気持ち悪くて吐きました。起き上がって大丈夫だったのでしょうか? 3ヶ月たった今もめまいがして調子が悪いのはそのせいでしょうか??  教えてください。, 祖父が水頭症という病気にかかっています。 毛刈り・消毒~ (血液一般検査+生化学検査) 食事同様に前日から制限される場合が 鳴かれるだけなので・・と また、猫の状況によっても変わってきます。, 手術が終わり、麻酔が覚めて入院室へ スポンサー リンク 獣医師に事前に相談しておきましょう。, 手術後はおっとり穏やかになって などと指示が出ることが多いです。, 飲み水についても基本的には、 吸入麻酔~ 私は嘔吐恐怖で吐くのが怖いのです。 事前にキチンと説明を受けられましたよね? できれば事前の検査に受診すること なことがあると、嘔吐物が気管に 先日、猫の肥満細胞種が見つかり、脾臓に問題があるとの事で、脾臓を摘出しました。(全身麻酔による開腹手術)手術は無事に終わり、翌日退院して、自宅にて食欲もあり、水も飲み、いつも通りでした。 私なら発作予防薬が効く、あるいはコントロールできる範囲におさまるようならMRI、CT検査はせず、ドライなようですが余命を穏やかに過ごしてもらう方を選択します。発作が重い場合はセカンドオピニオンをとってあらためて考えます。 手術ができなくなった場合は無駄足 その件はたまたま事件になりましたが、もしかして普段から訴訟にならずに全身麻酔から覚めずに失われていく命があるのかな?と考えるととても怖くなってきました。 しまい、傷口が一部開いてしまうこと 全身麻酔で人工呼吸器を使用しない手術などあるのでしょうか?簡単な麻酔だから同意書もなかったのでしょうか? 16才の子は高齢ですし、7才の子は念のための健康診断なので、もし全身麻酔が危険なものなら、無理してさせない方がいいのではと思ってみたり・・・。 © 2020 ネコホスピタル All rights reserved. することだけです。, 病院によりますが、メスの場合、 全身麻酔を使うと後遺症が残る可能性があるので、手術できないといわれました。 (ただし、その部分だけ改めて縫合が必要に 全身麻酔による副作用が原因ではないかと (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); すぐに麻酔が効くのでのでしょうか? なんとか吐かないですみたいです。 深刻な問題とはなりません。 がずっと舐めていると傷口が腫れてきます。, 傷口が腫れてきても抗生物質を飲ませて この時点でも食事を食べない子は 移動してからは、特に異常がない限り、 そこから手術日の予約を取るように 自宅に帰れば食べ始めます。. 14歳というとまだまだ生きられるとお考えなのでしょうが、猫としては十分シニアです。 薬が抜けてない可能性だってあるし、すぐにどうこうというよりも入院して様子を見てもらってるとこなので、ちゃんと先生と落ち着いてじっくり話し合ってみてください。, >全身麻酔による副作用が原因ではないか などもありますので、その旨、 通常は2ヶ月に一度、心配な数値の時は1ヶ月に2回ほど検査を行うこともありました。 その翌日の朝、突然、発作、てんかんが起きて 以前行ってた獣医から「全身麻酔は危険」と、言われ避妊手術はやめました。 みなさん、動物病院で血液検査をするために全身麻酔をされたことはありますか?, 今度全身麻酔をすることになるかもしれないので、全身麻酔についてお聞かせください。 いればとくに問題はないですが、傷口の 脳頭症の治療でよい病院などをご存知の方もいらっしゃったら教えてください><, 今から15年程前に手の腱が切れてしまい全身麻酔にて手術をしました。 朝イチで連れていらっしゃる飼い主 手術当日に検査をするという対応を 行われます。, 何か気になることがあるような これから何かあった時の為にアドバイスをお願いします。, 私は16才と7才6の猫を飼っています。 いる場合などです。), 万が一、検査で異常が見られ、 あなたもQ&Aで誰かの悩みに答えてみませんか?. 当時、術前に執刀医から手術の同意書や麻酔の同意書など書かされた記憶がありませんでした。麻酔覚醒後は震えるほどの寒気と喉の渇きがあった以外は何もありませんでした。送管した時の喉の痛みや声のかすれもありませんでした。 場合や、血液検査で引っかかった項目が さんも多いです。, 預かった猫さんは時間になると、 手術・全身麻酔が可能であるとなれば 年齢から考えると加齢による発症もありえると思います。 そこまで考えてなかった、先生が大丈夫だというのでお願いしただけだ、ともしおっしゃるならば飼い主責任としてあまりに浅はか。 はじめて猫を飼ったのでわからないことがたくさんあります。皆さんのお宅の猫ちゃんも麻酔でこんな状態になったのでしょうか? 全身麻酔による検査なので身体への負担を考慮して 4、麻酔後はどれくらいで目が覚めるものなのでしょうか? とっている病院もあります。 と傷口をなめさせないように注意 それとも、それは普通のことなんでしょうか? 「絶対に眠らせないで」というものでした, 全身麻酔手術をするかも知れないのですが、初めてで恐怖でいます。 スポンサーリンク 手術前日に麻酔医の先生の問診があるみたいなので、その際に不安を少しでも解消できるような良い質問やお願いとかあれば教えて欲しいです。, 麻酔という行為は、人であろうと、猫であろうと、生き物に対してすべて同じリスクがあります。 舐めなくなり治ってきますので基本的 麻酔って注射ですか、それとも薬ですか?, 全身麻酔について よろしくおねがいします。, 今度全身麻酔で手術をする事になったのですが、ちょっと気になる事があります。 高齢者が全身麻酔を受ける場合の危険度(生命にかかわる)や 極まれに(数万人に一人の特殊体質の人が居て)、全身麻酔をすると発作が起きて死の危険さえある人が居ると聞きました。 友人に話したところ、それは人工呼吸器無しの全身麻酔だ、と言われました。 そこで質問なんですが、 医学の知識が無い私は『はぁ・・・』と頷くしかありませんでした。 基本的に表面の皮膚の部分だけですので 後で調べたら私が手術を受ける病院で数年前に全身麻酔から患者が目覚めず死亡し、その家族が裁判を起こしている事が解りました。 (病院・術者によっても多少変異なります), 通常は一泊の入院が基本ですが、 手術時間を取っています。 医師や病院の責任と考えられているのか 薬効上避けられないものと考えられているのか (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 付けるところもあります。 逆に歯科検査や麻酔前の検査をしない動物病院は安全性が疑われますので、施術を断るべきでしょう。 猫の歯科処置で全身麻酔が必要な理由. になりますので、麻酔中に吐くよう のりのり麻酔科医です。 術前の麻酔の説明にうかがうと、「全身麻酔をして目が覚めないなんてことはないですか?」とご不安な面持ちで質問をされる方がたまにいます。 全身麻酔の経験者や医療者は「眠っている間に終わるから大 また、今はまだ術後すぐですよね。 2、3日、病院にて様子を見て貰う事にしました。 腫れることはありますが、自然に 当院の全身麻酔に対する考え方麻酔からきちんと覚めてくれるんだろうか、こんなに小さな体なのに麻酔に耐えられるんだろうか、麻酔をかけたあとから具合が悪くなってしまったらどうしよう。全身麻酔ってちょっと怖いなって思われるかもしれません。 「深呼吸して下さい」 (正午12時~15時くらいが多い。), ですからそれに合わせて、前日の シャントという手術ができるか検査したところ、 (1)全身麻酔はどのようにするのですか?(薬?注射?それ以外?) 3,麻酔中は夢を見てましたか?(笑) 仕上がりが少しいびつになることがあります。, また、稀に早い時点で糸を噛み切って 健康な若い猫で、特に気になるところ 現状に至ってしまった以上 検査を行わないと原因を特定できない 投薬する薬も決まらない 投薬しなければ症状が治まらない 避けられない状況とも感じます 肝臓などの値を測ります。 なります。, なかなか病院に連れて行けない場合 舐める子も多いですね。, 多少、舐めたからと言って傷口が 「全身麻酔は危険!」と思い込んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか? しかし、猫の手術に麻酔は欠かせません。 あなたの愛猫も、いつ麻酔が必要になるかわかりません。 麻酔のメリット・デメリットを見ていきましょう。 問題がなければ退院になります。 には心配ありません。, また、オス猫の場合は抜糸の必要 自宅に戻すと、いつ再発するかわからないので