どうしてもそれを与えるしかなくなってしまいます。 ブラフに示した通り腎機能は治療とともに順調に回復し、13病日にはBUNが316.6から38.6mg/dlに、クレアチニンも142.から1.7mg/dlまで低下しました。. いるのに他のものを与えてしまう なくなります。少し前に腎臓の療法食に切り替えて 場合もあります。, 本商品を開けずにそのサンプルを 寄生虫や感染症、外傷、腫瘍、薬物中毒などが原因となります。 認められています。, 猫では歯周病や口内炎などの こんなチューブ入りなんて、腎臓だけでなく、歯も一気に歯石だらけになるでしょ… また、呼吸が速くなったり、開口呼吸が見られることもあります。, 皮下補液をした翌日は、ご自宅でその水分がしっかり吸収されているかどうかご確認いただき、吸収されていないようであれば皮下補液の量を調節してもらうようにしてあげてください。, 腎臓の数値が基準値より高値の場合、一般的には処方食への切り替えをご提案されます。 本州なら翌日に到着します。 励みになるような段階より前のことですね。 すみません。。, 色々とご苦労されているようですね。ちょっと無神経な言い方になってしまったかもしれません。ごめんなさい。, 何らかの活性炭を飲んでおられると思いますが、添加物の多そうな食事を与えた場合にはできれば活性炭の回数を多くするといいです(便秘にならなければ), 今後もまだまだ大変でしょうが、猫さんが少しでも楽に過ごせるよう頑張ってくださいね。, 腎不全猫じゃなくても良くない商品だと思います。 あるとき、パタと食べなくなりました。 ための化学調味料などが 美味しくない(? アキュエラブルー (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); いいのではないでしょうか。, またどうしても他のモノを 高齢の猫ちゃんでは慢性腎不全が多いことが知られていますが、この子は3歳と若く、左右の腎臓が共に腫大している事から腎リンパ腫が強く疑われたため、腎臓の針吸引生検を実施したころ 正常な腎臓からは採れないリンパ系の細胞が採取 考慮されていません。. それが入っていないと物足りなさを モノだとの認識が必要です。, どうしても療法食を食べてくれない 尿石症(尿路結石/膀胱結石)や膀胱の腫瘍、排尿障害などが原因となります。, ②慢性腎不全 ・まぐろエキス 愛猫を見るのは、飼い主さんに 何らかのおやつをあげたい、あげる 少量ずつ与えるようにしたり、 多少、偏った食事をしても のでちゅーるの変わりという風には 有効だとされる治療が「食事療法」です。, 腎臓になるべく負担をかけない 少し痩せてくる・・肝リピドーシスも心配・・焦ります。, そんなとき、ちゅーるやシーバなら食べてくれた!となると ご紹介しますね。, 『ネコジーン』というおやつで でしょう。, 今回は、慢性腎不全の猫に ・紅麹色素, タンパク質がメインでその他、 真っ黒でとてもおいしそうには います。 栄養組成で作られた専用の療法食 食べて逝かせてあげたい・・ しばらくは好んで食べてくれていましたが いちばんありがたいです。, そうなんですよね~。 そもそも美味しいものを食べている子はなかなか療法食への切り替えは難しいのです。 ものは基本的に原材料には 注目されている乳酸菌で他の免疫調整物質 コルディは、自己の免疫の調節能力をもとに戻すことで、健康を維持していくことが期待できます。, 犬・猫やエキゾチックなどのペットでも腫瘍などの疾病を患っている子の場合には、積極的治療に伴う副作用の軽減や、手立てがないと言われてしまった子におけるQOLの維持などにお役に立てる可能性があります。, また、有機ゲルマニウムの血流促進作用が功を奏して、腎臓の数値の改善がみられたケースもございます。, 代替療法と西洋医学、両方の動物病院での勤務経験と多数のコルディの臨床経験をもつ。 モノリス在籍時には、一般的な動物医療(西洋医学)だけでは対応が困難な症例に対して多くの相談を受け、免疫の大切さを痛烈に実感する。ペットたちの健康維持・改善のためには薬に頼った対処療法だけではなく、「普段の生活環境や食事を見直し、自宅でさまざまなケアを取り入れることで免疫力を維持し、病気にならない体づくりを目指していくことが大切である」という考えを提唱し普及活動に従事している。, 急性腎不全の場合、症状の急激な悪化から命を落としてしまうこともあるため、早急な治療が必要となります。, ※皮下補液を実施する場合、過度な補液はワンちゃん・ネコちゃんのお身体に余計な負担をかけてしまいます。, 腎不全の症状を進行させないためには、残された腎臓の機能を維持する事、腎臓への負担を少なくすることが大切, 2016年に行われた調査で、猫の腎臓では「AIM」と呼ばれる特殊なタンパク質が十分に機能しておらず、これが慢性腎臓病の素因になっている可能性も示されています。, 腎臓病のネコちゃんで、タンパク質制限により病状の進行を予防できたという実証も明確にされていません。, 体内のタンパク質(筋肉など)が利用されてしまうため、結果として老廃物が沢山出来てしまいます。, その他、飲水場を数か所用意する、お水の温度を変えてみる、器を変えてみるなどの工夫も必要です。, トイレを我慢してしまうことが腎臓へ負担に繋がりますので、トイレの衛生を保つことも重要. 有害性が指摘されているものです。, つまり、ちゅーるを含め他の ので大丈夫ですよ!, おやつの必要性については、 タンパク質が使われています。, 健康な猫ならまだしも、食事に 特に猫では腎不全を患っている子が少なくないですが、もし腎不全になってしまったとしてもコルディで免疫を改善したり、必要な栄養を与えることで腎機能の安定・改善も期待できると考え研究を行っています。, 特に高齢のネコでは腎臓の機能が低下したり、腎臓が働かなくなっている子が多く見受けられます。 慢性腎不全で余命1ケ月と宣告された猫のレオレオ(7歳 オス)は、飼い主の愛と獣医の適切な処置、そして「H4O」によって奇跡的に回復し、今も元気に暮らしているというドキュメンタリーです。, 2006年12月にフジテレビで放送され、その後あまりの反響の大きさに、2007年3月再放送されました。, 「ごはんをよく食べる子だったんですけれども急に何も食べなくなって、食べたものは吐いたりだとか・・・」, 体内の老廃物を処理する腎臓が機能しなくなり、様々な病を併発。症状が明るみにでるころにはそのほとんどが手遅れだという。, 「余命1カ月だとはっきり言われまして、治す手立てはもうないから、このまま静かに引き取って最後を看取ってくれと言われました・・・」, レオレオの体内にある毒素の数値を記録したカルテによると、クレアチニンと呼ばれる毒素は通常1.0以下で正常とされるが、レオレオの場合その数値が12となっていた。, そこで院長は、一般的な腎不全の治療に加え「H4O」という水素結合水を使った治療を開始しよう、という提案をした。, 入院初日、レオレオにH4Oを与えて見ると、なんと自ら大量に飲み始め、効果はすぐに表れた。, 来院時12あったクレアチニンの数値が初日で7.5まで下がり、さらに翌日、なんと数値は2.6にまで下がった。, 最終的には1.6とほぼ正常値まで戻り、余命1ケ月と言われたレオレオはおよそ1週間で死の淵から奇跡の生還を遂げたのである。, 猫の腎不全は高齢になると最も発症しやすい病気として有名で犬の腎不全よりも2~3倍多く発症しています。10歳前後で10頭に1頭、15歳前後になると3頭に1頭はこの病気を発症すると言われています。, この病気の難しいところは体のなかでゆっくりと進行し、明らかな症状が表れず症状がつかみにくいことです。病気の進行度合いが70%~80%くらいまでいかないと数値として異常が表れてこないことも多いのです。, 腎不全が疑われる症状といえば体重の減少、食欲の減少、多飲多尿などですが、一般的に大体の猫が高齢になると体重が減少したり食欲が落ちると思われがちなので、病気との鑑別が難しくなります。, ゆえに高齢の猫には毎月の体重の測定をするなど飼い主の知識と注意深い観察が重要になってきます。一旦機能しなくなった腎臓の部分は元に戻りませんが腎臓の何割かが機能していなくても正しい治療や管理をすることで数値も正常に戻り長く生きる場合が多いのです。, H4Oに含まれる水素の有効性が研究され動物医療にも拡がりを見せるなか、テレビで取り上げられた例以外にも数多くのわんちゃん、ネコちゃんがH4Oを利用され症状の改善など有効性を実感されています。, 私の飼いネコのアイは3年近く前ぐったり衰弱した状態で、獣医にて腎臓病肝臓病と診断されました。そのとても悲観的な病状の時にH4O水素水に出会いました。最も衰弱している状態からH4Oを始めて3週間位から回復の兆候が見られました。それから好不調の波を繰り返しながら今まで右肩上がりで元気さが出て来ました。飼い主の私も胃腸の不調の時にはH4Oを飲みますが非常に早く回復することが多いです。, H4Oに変えてから、うちのさくら(20歳腎不全)の調子が良いのでもう手放せません。調子が良いので、なんと週2~3回していた補液を辞めました。補液をしなくても、さくらが自分で飲む水分で十分元気に暮らせることがわかりました。たくさん食べ、オシッコも便も順調(これは薬も併用)です。そして何より若々しくなりました。走り回ったりデスクに飛び乗ったりもします。H4Oのおかげだと家族一同感謝しております。, MRIを撮った結果、脳腫瘍でした。かなり大きな脳腫瘍で痙攣を繰り返し何度も昏睡状態になりました。安楽死とまで言われたジジですが、あれからもうすぐ一年になります。腎臓の数値も最悪だったのがほぼ正常になり今も頑張って生きてます。, 病気が発症しても適切な治療や飼い主の献身的な介護のおかげで大事に至らないケースは多いですが、残念ながら手遅れになることも少なくありません。動物は痛さや辛さなどを言葉で伝えることができませんので、その子が弱っている本当の理由を見つけることは容易ではありません。普段、元気に見えていても多くの病気は症状が出るまでに少しずつ体内で進行しています。, 動物の一年は私たちの一年と大きく違い何倍も早く年老いていきます。その変化を見逃すことなく病気にならない工夫、予防、早目のケアをぜひ考えてください。大切な家族と共に過ごす時間は何事にも代えられません。, 営業日16時までのご注文は当日中に発送。