※3:Gomes, LAM., Ferreira, AMR., Almeida, LEFD. 2008. Squamous cell carcinoma associated with actinic dermatitis in seven white cats. 猫の首の後ろ、いわゆる「うなじ」をつかむと大人しくなる、という話があります。これは本当なのでしょうか?また、うなじを掴まれると猫はどんな気持ちになるのでしょう?この記事では猫が首の後ろを掴まれた時の反応やその時の気持ちなどについて詳しくお伝えします。 愛猫の体に円形の脱毛が見られたら、「猫カビ」の症状かもしれません。「猫カビ」の原因や症状、感染経路、感染した場合の治療法や家庭での対処法について、獣医師の三宅先生にうかがいました。 3歳になる猫を2匹飼っています 完全室内飼いをしています(ボロの借家なので ノミ、ダニなどいる可能性はあると思います)2匹のうちの1匹が 首のまわりをよく後ろ足で掻いているのですが さわってみると ポツポツとかさぶたらしきも かさぶたの部位から推定される原因 痂皮ができる部位によっても原因を推定することが可能です(※2)。猫の耳にできた痂皮を例にあげると、疥癬、血行障害、扁平上皮癌(特に高齢の白い猫)、蚊のアレルギー、落葉状天疱瘡などが原因として考えられます。 Feline Practice 28:14-16. 猫のスタッドテイル症(尻尾の付け根のベトベト)の原因や治療! <お腹や内股などに見られるハゲ> お腹などの皮膚の柔らかい部分も 真菌(皮膚 糸状菌症) による場合があります。 また、お腹や内股などは、 猫が舐めやすい部分なので、 ストレスなどにより過剰な グルーミング をすることに� 猫の皮膚のシコリは80%はガン!悪性度の高い腫瘍と特徴は? 瘡蓋(かさぶた)は、 傷口ににじみ出てきた 体液(漿液) や膿、血液などが固まってできる皮 のことです。 猫にできるかさぶたの原因としては、 *寄生虫の感染による皮膚病 *真菌による皮膚病 B“s“à‚Ì“®•¨•a‰@‚ɂﬓ®•¨—Տ°‚ɏ]Ž–‚µ‚½‚Ì‚¿Œ»EB‘@×‚ȃRƒ~ƒ…ƒjƒP[ƒVƒ‡ƒ“—͂𐶂©‚µA¬“®•¨ˆã—Â̌»ê‚Å–ˆ“úŠñ‚¹‚ç‚ê‚Ä‚¢‚é—lX‚È‘Š’k‚ɉž‚¶‚Ä‚¢‚éB, ƒAƒNƒTƒ_ƒCƒŒƒNƒg‚̃yƒbƒg•ÛŒ¯ŒöŽ®ƒEƒFƒuƒTƒCƒg. 猫が動物病院に来院する理由のトップに皮膚病があります。皮膚は動物の体で唯一、直接見ることができる臓器であり、それゆえ飼い主さんにとっては異常に気が付きやすいものです。皮膚に分布する病変を皮疹(ひしん)あるいは発疹(ほっしん)と呼びます。今回はその代表的な皮疹の一つである「痂皮(かひ)」(俗にいう「かさぶた」)のできやすい場所や原因と考えられる病気について、皮膚科認定医の春日が解説します。, 麻布大学獣医学部獣医学科卒業。日本獣医皮膚科学会認定医および日本獣医がん学会Ⅱ種認定医。<主な執筆・学会発表など>第17回日本獣医皮膚科学会学術大会「外用グルココルチコイド製剤により副腎予備能の低下を認めた犬の2例」を発表、優秀発表賞を受賞。得意分野:軟部外科、皮膚科、内科, ※滲出液(しんしゅつえき):炎症により血管や組織の性質が変化して、血液や組織液が血管外へ流出した液体。, Muller and Kirk’s Small animal Dermatology. 猫の首の後ろ、いわゆる「うなじ」をつかむと大人しくなる、という話があります。これは本当なのでしょうか?また、うなじを掴まれると猫はどんな気持ちになるのでしょう?この記事では猫が首の後ろを掴まれた時の反応やその時の気持ちなどについて詳しくお伝えします。, 猫の首の後ろを掴むと、受け身的になり背中が丸まる、しっぽを後ろ足の間に挟むなどの行動が見られた、という研究結果があります。この実験では書類用のクリップを猫のうなじに取り付けたのですが31頭に同じ実験を行ない、30頭にこの結果が見られたそうです。, このおとなしくなる現象は子猫の頃が特に顕著に見られるのですが、成猫になっても適度な強度で首の後ろを掴むことで見られます。この現象は「PIBI(Pinch-Induced Behavioral Inhibition)」と呼ばれ、日本語で言うと「つまみ誘発性行動抑制」という意味になります。, ではなぜ、PIBIは起きるのでしょうか?母猫が子猫を運搬する時に、子猫の首の後ろを咥えて運びます。この時子猫はじっとしておとなしく、背中を丸めています。外敵に気がつかれないようにする為と、母猫の労力を減らすという目的があるようです。PIBIを示さないマウスでは、母マウスが咥えて運ぶ時に非常に手間取ったという話もあります。, この習性が成猫になってからも残っており、首の後ろを掴まれた時におとなしくなるのです。猫に苦痛を与えずに動きを抑制する方法としても活用が期待されています。, 手でうなじを掴む時にはあくまで優しく、軽く握るようにしましょう。猫が痛がるまで掴むのはやり過ぎです。また猫によっては嫌がる子もいますので、そのような場合には無理に掴むのは避けましょう。, PIBI専用のクリップも発売されていますので、使用が大丈夫な猫の場合には有効利用が出来ます。ブラッシングや爪切り、耳掃除などの日常的なお手入れの時に使用でき、92%の猫に効果があると言われています。, うなじへの刺激は猫をリラックスさせる事も出来ますので、優しく首付近をマッサージしてあげることで、猫とのスキンシップにもなりますし、猫も心地よさを感じてくれるでしょう。, スクラッフィングというのは、動物の首を掴んで激しく揺さぶったり持ち上げたりする事です。PIBIはこのスクラッフィングとは別物です。特に3kgを超える猫に対してスクラッフィングを行うと、人間でいう首を後ろから絞めた状態と同じになり、危険です。猫に苦痛を与えてしまいますので、絶対に避けましょう。, まれに獣医師の中で診察の際にスクラッフィングを行う医師がいるようですが、もしかかりつけの医師が行っていたら止めてもらえるようにお願いしましょう。, 特に繁殖期のオス猫によく見られる行動ですが、交尾の際にメス猫の動きを止めるためにうなじに噛み付くのが「ネックグリップ」です。これもPIBIを利用していると言われています。去勢手術をしていないオス猫がこのネックグリップの変形で飼い主の指や服などを噛むことがあります。近くに発情しているメス猫がいると気持ちが高ぶるのが原因です。止めさせるには去勢手術を行うか、避妊手術をしていないメス猫を近くに寄せ付けないことです。, 猫の首の後ろを掴んで大人しくさせるのには、力加減が大事だと筆者は思います。何度か大人しくなるかと思い行ったことはありますが、中々うまくいきません。私のように力加減が分からない場合は、文中でご紹介した専用クリップを購入した方が良いのかもしれません。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, 子猫が母猫の首の後ろをくわえて運ぶ姿にかわいらしさを感じ、そのイメージが強いために、成猫でもやっても良いと思っている人は多いと思います。一時的に動かないようにするには必要でも、持ち上げてしまうと負担は大きいですよね。猫を初めて飼う場合は家族にもそのことを知ってもらう必要があるように感じました。, 猫ちゃんのうなじの皮膚はよく伸びますよね。母猫ちゃんが子猫ちゃんを運ぶときにくわえていたりよくみかけました。祖母も飼っていた子猫ちゃんを動かすときにうなじをつかんでいました。猫ちゃんにとったら、外敵から子猫ちゃんを護るためのことだとゆうのが、なんともかしこいなぁとおもいます‼今飼っている猫ちゃんたちは重たいのでうなじを持てませんが、子猫ちゃんのころはお互いのうなじの柔らかく伸びる皮膚をかぶりあいしていたのを思い出します‼, 猫を今まで何匹か飼ってますが、首の後ろ掴んだら大人しくなります。今は雄3匹に雌3匹いますが、喧嘩や泣き止まない時など、首の後ろをひっ捕まえると大人しくなり、すいません。みたいな粒羅攻撃をします。後、人間もそうですが首の後ろをマッサージしてやると、気持ち良さそうにしてます。猫の弱点としても、首の後ろは昔から有名です。先住猫も、後から来た猫に首の後ろをかんで、よく自分の方が上みたいな教育指導をしてます。ジャレテ遊ぶ時もかんでますね。猫な首の後ろをアマガミなど、謎の究明対象には、うってつけの記事で、読んでいて納得です。勉強になります。, この 猫のうなじを掴むと大人しくなるという現象は、猫を扱うにあたりかなり有効ですね。母猫がくわえて移動する時に母猫から伝わったそんな現象とでも言ったらようのでしょうか。子猫の時から自然に備わった現象なんでしょうね。だとすれば 早くから母猫から引き離された いわゆるペットショップにいる子猫は、うなじを掴まれるのは不快で嫌がるのでしょうか?なかなか興味深い現象です。しかし、なんでも有効だと 3Kg以上の猫にとってはうなじ掴みが、首絞め状態になってしまうと言うのですから、やはりこれは 子猫時代の名残現象なんですね。また、この掴み具合がポイントとなりますが、なかなか難しい、何せ自分が親猫にうなじを掴まれた経験がありませんので。そこに、ネックグリップなどと言う専用クリップがあるそうなので、是非猫にも自分にも試してみたいと思います。, 猫ファンであり、猫フェチであり、猫飼いでもあります!猫の記事を書かせて頂ける事に、幸せを感じています。皆さんに伝わりやすいよう、心がけて書いてます!宜しくお願い致します、にゃむ。.