Copyright (C) 2020 lifetime All Rights Reserved. 生理中にどのくらい体重が増加するのかは、個人差があります。 一般的に生理中の体重増加の許容範囲は、元の体重プラス1~3キロです 。 なので、1~3キロ程度の体重増加であれば、あまり気にする必要は … 生理前や生理中のカラダの変化のひとつに「太りやすい」をあげる人は少なくありません。ダイエット中ならば、なおさら気になるこの体重増加は、どうしておこるのでしょうか? 今回は、生理前、生理中の体重増加に焦点をあててみました。, 生理前や生理中には、ほとんどの方がカラダに何かしらの変化を感じています。なかでも、カラダの変化のひとつに「太りやすい」をあげる人は少なくありません。, お腹がぽっこりと出てきたり、体重計に乗ると、気のせいではなくしっかりと重くなっていたり。ダイエット中には特に気になるこの体重増加はどうして起こるのでしょうか? 今回は、生理前、生理中の体重増加に焦点を当て、見ていきます。, 生理のサイクルを通して変動するホルモンレベルの影響により、生理の前後で体内ではさまざまなことがおきています。体重増加の原因として考えられているものを以下にみていきましょう。, 生理前に顔や足がむくんでいるように感じたことはありませんか? 生理前、生理中の体重増加の主原因としてあげられているのが、体内に含まれる水分量の増加です。, 生理と体内の水分量を調べた研究結果では、生理の初日が水分保持量のピークとなり、卵胞期の半ばがもっとも低いことが明らかになっています。水分量の増加は、ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌量の変化によって引き起こされると考えられています。, 生理前は、腸の働きが弱くなることも知られています。ガスが溜まり、おなかが膨らみ、不快感を感じる人も多いでしょう。さらに、便秘をしやすくなり、これも体重増加の原因です。, また、腸の働きの弱まりは、上記の水分量増加を引き起こす原因にもなるといわれています。, 生理前は食欲が出て困るという人は少なくありません。血糖値をコントロールしているインスリンは、プロゲステロンによって効き目が悪くなるという性質があります。, 生理前のプロゲステロンが多量に分泌されている時期にはより多くのインスリンの分泌が促され、血糖値が上下し、結果として過剰な食欲につながるとされています。, 生理前には、体内のマグネシウムのレベルが低下します。これは、生理前に収縮し始めた子宮の筋肉を緩めるためにマグネシウムが多く使われるからといわれています。, マグネシウムにはインスリンの分泌を抑制する働きがあるためで、マグネシウムが不足することによっても血糖値のコントロールが不安定になり、甘いものが食べたくなったり、過剰な食欲につながったりします。また、マグネシウム不足は細胞への水分の取り込みを促すためで、体内の水分量増加の原因ともなります。, 体重が増えやすいのは、プロゲステロンの分泌量が多い黄体期と呼ばれる期間です。排卵から生理がはじまるまでの間であり、PMS(生理・月経前症候群)がみられる時期でもあります。, 体重の増加は個人差がありますが、1~3kgくらいの増加がみられることが多いようです。通常は、生理が終わるとこの増加分は元に戻るとされています。, もちろん、食欲にまかせて食べ過ぎれば、残念ながら増えた体重は戻りません。また、生理が終われば元に戻るとはいえ、生理前のむくみやお腹がぽっこりするのも気になりますよね。そこで、それらを改善、解消する方法をご紹介しましょう。, むくみの緩和には、塩分を控え、水分不足にならないようにすることが大切です。アルコールとカフェイン、ファストフードなども控えるとよいでしょう。, 欧米では、起床後、何か食べる前に常温あるいは温かい水にスプーン1、2杯のレモンあるいはライムジュースを加えたものを飲むとよいといわれています。, 消化を助け、腸の動きを改善するとされているため、試してみてはいかがでしょうか? また、食物繊維が豊富な食事で便秘の解消に努めるようにしましょう。, チョコレートなどに含まれているカカオには、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎ、空腹感を抑える効果が期待できますので、食前にココアを飲んでみましょう。, ココア(ピュアココアや純ココアと呼ばれているもの)を大さじ1杯、お湯、あるいは低脂肪乳や豆乳に混ぜて。甘くないと飲みにくいという人は、砂糖ではなく、オリゴ糖シロップなどを用いるとよいでしょう。, マグネシウムが多く含まれている食品を積極的に摂りましょう。玄米、ナッツ類、大豆製品、海藻、抹茶やバナナなどがおすすめです。, 黄体期はカラダを動かすのが億劫に感じることも多いものです。しかし、ウォーキングやヨガなど、なるべくカラダを動かすようにしましょう。思い切ってカラダを動かしてみると、だるさや重苦しさも和らぐでしょう。, 生理終了後、排卵までの約1週間はエストロゲンの分泌量が増加する時期であり、脂肪の代謝も盛んになる時期です。, したがって、この時期にダイエットをすると、効果が得られやすいでしょう。ただし、急激なエクササイズや過激な食事制限はしないようにしてください。急激なダイエットは健康を損なうこともあり、また、リバウンドすることが多いことも知られています。, 生理周期に合わせて、太りにくい状態を保っていくためにも、日々のカラダの変化を確認していくことが重要です。, 有料版のルナルナベーシックでは、365日内容が変わるお告げであなたをサポートします。, 生理の前後の体重増減には個人差があるため、週に一度、同じ時間帯に同じ体重計で体重測定して、体重の変化を把握するとよいでしょう。, 生理のサイクルを通して一定量の増減がみられる場合には、「太った!」と心配する必要はないでしょう。おおよその体重増加量を把握していると、体重増加期にそれを超えた増加がみられたときに、食生活やエクササイズ量を見直すことができます。ダイエットは結果を焦らずに、自分の体重を記録しながら、長い目で健康でスリムなカラダを目指しましょう。, 生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。. 生理中の体重増加には原因があり、この原因を取り除くことで生理中の体重増加を防ぐことができます。また、生理周期で「ダイエットが無駄な時期」と「痩せ期」に分けるのは非科学的で非推奨です。生理中の確実なダイエット方法を解説します。, 生理中に体重が増加する原因は何なのでしょうか。また、生理中の体重増加は何キロくらいが一般的で、増えた体重はいつ戻るのでしょうか?, これらの疑問に詳しく説明しつつ、生理中の体重増加を抑える確実なダイエット方法を解説します。, 気になる生理中の体重増加は、むくみが原因です。この体重増加のせいで生理前後は痩せにくいと勘違いする人も多いですが、むくみと太ることはまた別の話です。, 「生理前や生理中は何をしても痩せないから、ダイエットをしても無駄。だからダイエットを休憩しよう。」, 「生理後の痩せ期になれば体重が減りやすくなるので、痩せ期にダイエットを再開しよう。その方が楽に痩せられる。」, このような考え方は無意味であり、ダイエットの停滞期に陥る(体重が減らず停滞する)原因になるだけです。, なぜなら、肥満は体に脂肪が付くことであり、むくみは体が抱える水分量が増えることです。体がどれだけむくもうと太ったわけではなく、逆にむくみが引いても痩せたことにはなりません。, 生理前から生理後まで体脂肪率が一定であれば、生理中にむくみで体重が2キロ増えても、生理後にはちょうど2キロ減って元に戻ります。必ずです。, 例えば生理前の体重が55キロなら、生理中にむくみで体重が57キロに増えても、生理後には再び55キロに戻ります。, だけど、「生理前と生理中のダイエットは無駄なので、ケーキを食べてダイエットを休もう。」と考えてケーキを食べ、体脂肪が1キロ増えれば、生理後には体重が1キロ増えています。, 生理前に55キロだった体重が、生理中に58キロに増え(むくみで+2キロ、体脂肪で+1キロ)、生理後には56キロになるわけです。(結果的に+1キロの体重増加), また、「痩せ期は体重が減りやすいので一気に痩せよう。」と考えて極端な食事制限(断食)などを行った場合、基礎代謝が下がってその後の体重が減りにくくなります。, ダイエットはコンスタントに続けてゆっくり結果を出すものであり、「何をしても体重が減らない時期」「痩せ期」などと分けて考えれば失敗の原因になるのです。, 生理中に体重が増加した後いつ戻るのか、が気になるのではないでしょうか。基本的には、生理が開始するとともに、むくみが引き始めます。, よって、「生理中の体重増加分は生理開始後に減り始め、日を追うごとに減っていき、次第に元に戻る」が「いつ戻る?」に対する回答です。, 生理前後の体重増加が始まる時期をより正確に表現すれば、生理の10日前から3日前にかけた時期です。もちろん個人差がありますし、同じ人でも毎回異なったりします。, また、生理中の体重増加が何キロくらいなのかは、個人差がありますが1~2キロくらい、人によっては(同じ人でも状況によっては)それ以上の場合もあります。, それでは、生理前から生理中にかけてのむくみの原因は何なのでしょうか。実は、生理に関係するむくみの原因は、月経前症候群という女性に特有の症状です。, 月経前症候群とは、生理前(正確には生理の3日前から生理の10日前)に発症する症状で、精神的・肉体的に不快な症状です。, 具体的な症状は、精神的なものでは、精神の不安定、うつ、不安を感じる、怒りやすくなる、疲れやすくなる、孤独感、不眠(または過剰に眠たくなる)などです。, また、肉体的な症状は、体のむくみ(体重増加)、下腹部の膨満感(腹痛)、乳房が張る(乳房の痛み)、腰痛や関節痛などです。, 上記の通り、生理前や生理中のむくみも月経前症候群の症状の1つです。生理前から生理中にかけて体重が増加する傾向にあるのは、女性であれば当然のことです。, ただし、月経前症候群の症状の出方には個人差があり、症状が重い人もいれば症状が全く出ない人もいます。, また、同じ人でもある生理では症状が重かったり、ある生理では症状が軽かったりします。, 月経前症候群の正確な原因はまだ特定されていませんが、可能性がある原因としてはホルモンバランスの変化(エストロゲン、プロゲステロン)、栄養不足(栄養の偏り)、運動不足などが考えられます。, 対症療法には低用量ピル(ホルモン療法)、抗うつ薬、利尿薬、鎮痛薬などが挙げられますが、できれば薬に頼りたくないものです。, そこで、まずは栄養不足や運動不足を改善していくようにしましょう。栄養バランスに優れた食事を行い、運動も適度に行うと良いです。, また、月経前症候群の症状が出ている60名に大豆イソフラボンを20mg/日、または40mg/日摂取させた大学の試験においては、40mg/日の摂取群において改善効果がありました。, よって、大豆イソフラボンの摂取が月経前症候群の改善に役立ち、これを原因とする生理前から生理中のむくみの改善にも役立ちます。, 生理周期に関係する体重増加はただのむくみであり、むくみが引いた後は体重が元に戻ること。そして結局、肥満に関わるのは体脂肪であること。, 冒頭でも書きましたが、生理周期を「ダイエットが無駄な時期(生理前と生理中)」と「痩せ期(生理後)」に分けて考えるのは、非科学的でおすすめしません。, 生理中の体重増加に対して悲観的にならず、生理後の体重減少に歓喜せず、ただ黙々と体脂肪を減らすためのダイエットを継続していくことが大切です。, また、生理の体重増加を緩和しつつ、体脂肪を減らしていく一石二鳥のダイエット方法に、野菜原料が主体の酵素ドリンクを利用した酵素ダイエットが挙げられます。, 上にも書いた通り、月経前症候群の原因の1つが栄養不足であり、野菜原料が主体の酵素ドリンクで栄養を補えば生理の体重増加を抑えることができます。, さらに酵素ドリンクには基礎代謝を上げる効果があるので、体脂肪もコンスタントに減らしていくことができます。, 野菜原料が主体の酵素ドリンクには優光泉酵素があり、これは九州産野菜を主原料にしており、これをコップ1杯飲むとバケツ1杯分の野菜の栄養を補えます。, さらに、優光泉酵素は酵素ドリンクでは唯一、酵素原液100%です。酵素を一番多く補える酵素ドリンクなので、基礎代謝を上げる効果は全製品中で最高です。. せっかくダイエットを頑張っていても、なぜか生理前から体重が徐々に増え始めてしまう・・・。, そこで今回は、生理前や生理中に太ってしまう理由と生理後に体重が戻らなかったときの対処法を紹介します。, 何もしなくても消費されるエネルギー量のことを基礎代謝といいますが、生理中は最も基礎代謝量が低くなるといわれています。, さらに代謝機能が低下することにより、生理中の体は水分や塩分をため込みやすくなり、むくみなどの原因となってしまうんです。, とくに体に水分や塩分を溜めやすい時期に食欲が増えてしまうので、いつもより太りやすくなる・・・という事になってしまいます。, さらには、プロゲステロンは子宮の収縮を抑える作用があるのですが、この作用が大腸にも影響して、腸の働きが弱くなってしまうことがあります。, 便秘は体重増加の一因にもあるため、このことからも体重が増えるという結果につながってしまうんですね。, このように生理前から生理中は、女性ホルモンなどの働きにより、とにかく色々なもの体に溜めやすくなってしまいます。, 甘いものを食べると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増加するため、イライラを抑えてくれる働きがあるからです。, 少しくらい食べるのは問題ないのですが、過剰に摂取すれば体重の大幅な増加につながってしまいますよ。, そのため、どうしても甘いものを食べたいときは、体を冷やす心配のない三温糖や黒糖などの天然由来の甘味料が使われているお菓子などを選ぶようにしましょう。, 食物繊維は便秘解消にも効果的ですが、血糖値を緩やかに上昇させる効果があるため、生理中に積極的にとることで体重の増加を抑制することができます。, さらに適度な運動をすることは、精神を安定させ、過食を抑えてくれる効果も期待できます。, イライラしたときには甘いものを食べるのではなく、気持ちをリフレッシュさせるためにも軽い運動やストレッチをするのがオススメです。, このように、少し気をつけるだけで生理中の体重の増加を抑えることができますので、出来る範囲からはじめてみてくださいね。, その原因の一番の理由は、生理中に食べ過ぎてしまい、体重が増えすぎてしまった・・・ということです。, 食べ過ぎで体重が増えていたら、生理後に自然に体重が落ちたとしても、元の体重には戻らないですよね。, また食生活だけでなく、生理中は精神面でも落ち込みやすくなったり、憂鬱な気持ちにもなりやすく、生活が乱れてしまうという傾向があります。, とくに生理になると体がダルくなり普段より動けないこともありますが、動かないせいでいつも以上のむくみや便秘になっていることも考えられるのです。, そのため、生理が終わっても体がその状態のままになってしまい、体重が減少しないということになってしまいます。, 生理痛などもあって辛い時期ですが、なるべく生活のリズムを崩さず、普段と同じ生活をするように心がけましょう。, 基本的に女性の体というものは、生理前から生理が終わるまでは太りやすい状態にあります。, 生理は毎月来るものなので、あまり深く考えすぎず、うまく付き合っていくようにしましょう。, 生理になると精神的に不安定になりイライラしがちになりますが、体重を増やさないためにも食べ過ぎには十分注意してくださいね。. 生理前に体重が増えてしまったり、カラダが重く感じたりしたことはありませんか? そこで今回は、生理とダイエットの関係についてご紹介。ダイエットに適した時期や、おすすめのダイエット方法を調査してみました。効果のないダイエットほどつらいものはありません。 生理前、生理中の体重増加 の主 ... 何キロ増えるのが普通? 体重が増えやすいのは、プロゲステロンの分泌量が多い黄体期と呼ばれる期間です。排卵から生理がはじまるまでの間であり、PMS(生理・月経前症候群)がみられる時期でもあります。 体重の増加は個人差がありますが、1~3kg 生理前に体重増加してしまった・・・。それも3キロ!こんな経験ありませんか? これってどうしてなのでしょう?体重の増加は何キロぐらいなら許容範囲なのでしょうか? 生理前に体重増加してしまう事は防げないの!? 生理前は、不快な症状に悩まされることがよくありますよね? おなかの赤ちゃんに栄養を届けたい――とつい食べ過ぎて、太り過ぎてしまっては、胎児にも母体に良いことナシ。かといって痩せすぎもダイエットもNGです。トラブルや病気を防ぐ妊娠中の理想的な体重増加とは? 妊娠中の体重管理のコツをご紹介します。 また、生理中の体重増加が何キロくらいなのかは、個人差がありますが1~2キロくらい、人によっては(同じ人でも状況によっては)それ以上の場合もあります。