その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 この記事は、筋肉の張りを解消する有効な方法をご紹介するのが趣旨ではなく、筋膜リリースという方法について、次のポイントをお伝えするのを目的としています。, ■「筋肉の張りを解消するには、トリガーポイントなどを強く圧せば圧すほど良い。」と言われることがあります。 ハムストリングに対するセルフ筋膜リリースを4週間行なった研究を見てみましょう。この研究では、被験者を次の3つのグループに分け、ハムストリングの柔軟性に変化があるのかを調べました。, この結果、セルフ筋膜リリースを行なったグループでは、ストレッチを行なったグループと同じくらい柔軟性が増したことが見られました。, このことから、日頃からセルフ筋膜リリースを行うと、柔軟性を維持したり伸ばしたりできる可能性がありそうです。, 皆さんにも、筋力トレーニングの後に筋肉痛を経験されたことがある思います。特にエキセントリック収縮や慣れない動きを伴うトレーニングが筋肉痛の原因になると考えられています。, 通常、筋肉痛は筋力トレーニングの1日前後で現れ、ひどい場合には1週間ほど痛みが続くこともあります。 筋膜リリースはどのくらい持続効果があるのか 筋肉リリースが効果的な理由. Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , ©Copyright2020 TORE×TORE.All Rights Reserved. 筋膜リリースはどのくらい持続効果があるのか 筋肉リリースが効果的な理由. 筋肉痛に関しては、その運動に身体が慣れてくると強い痛みは出にくくなっていきます。, ジムで毎回長い時間を掛けてセルフ筋膜リリースを行う人もいるようですが、必ずしも期待する効果が得られていなかったり、他の方法でも同じ効果を得られる可能性があるかもしれません。ご自身に合ったセルフ筋膜リリースの取り入れ方を考えるヒントになれば幸いです。, さらにテクニカルな内容に興味のある方には、河合先生もこのページでセルフ筋膜リリースについて書かれています。, カナダ・バンクーバーで活動中のパーソナルトレーナー&指圧セラピストです。科学的根拠に基づくフィットネス指導をモットーとし、筋力トレーニング・栄養指導・コンディショニング指導の三本柱を軸に、パーソナルトレーニング指導をしています。 可動域に関しては、その他のストレッチや筋力トレーニングでも効果があります。 筋膜リリースって聞いたことはあるけど、そもそもどんな効果があって、なぜやったほうがいいのか分からないという方はいませんか?ただ何となくるだけでは、効果は得られません。ここでは筋膜リリースの効果など知っておきたいことをお伝えしています。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。, 筋膜リリースの原理については、はっきりと解明されているわけではありません。ただ、筋膜も筋肉同様、ほぐしてあげれば、血流がよくなって、うまく機能するんだな程度で、十分だと思いますよ。, ここでは、筋膜リリースをなぜアスリートも含め、多くの人がおこなっているのか、取り入れた方がいい5つの理由をご紹介していきますね。, 詳しい原理などを正確に覚える必要はありませんが、動きがどのように改善されるのかを知っておくことは大切ですよね。やる前とやったあとの変化をみることで、正しくできていたのかどうかも確認することができます。. 【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。, Efficacy of Myofascial Unwinding and Myofascial Release Technique in a Patient with Somatic Symptoms – A Case Report. 筋膜リリースにはどういった効果があって、なんでやった方がいいのかを知ることで、効果的に取り組むことができます, 筋膜の役割は、身体の姿勢を保ったり、力を円滑に伝達したりなど、とても大切な役割を持っています。, 例えば同じ姿勢を続けていたり、運動不足の状態が続くと、この筋膜がうまく機能しないで、筋肉との連携もうまくとれなくなってしまいます。, 一般的には、癒着してしまった筋膜を剥がしてあげることで、筋膜も正しく働くことができるようになる, フォームローラーで筋膜リリースをやってから、ストレッチをするのと、しないでストレッチをするのとでは、大きく違う実感を持つことができますよ。, 筋膜リリースを日頃からしておくと、怪我のリスクを下げることができるのも、やっておきたい理由の一つです。, 運動やトレーニングをしていると、怪我をしやすいという人にとっては、怪我を防ぐために取り入れるべき対策の一つ, 継続するために、自分が気持ちいいかどうか、効いている感じがあるかどうかなどを基準に選びましょう。, ストレッチポールも左右に揺れて、背中の筋肉や筋膜にアプローチしているという点で、筋膜リリースをしていることになります。, 圧倒的に小さいので、携帯性が優れているというメリットと、比較的安価なので、手を出しやすいというメリットがある, ボールで筋膜リリースをするメリットとしては、フォームローラーと比べて、一点(ポイント)に圧が集中するため、かなり深く浸透させることができる. このことが現在の痛みの原因になっているのかや、磯崎さんの臀部や膝がどういう状態にあるのかが分からないので何とも申し上げられないですね。, 非常に興味深い内容でとても勉強になりました。ただ、結局筋肉のコリ、張りなどには何が効果的なのか最終的に教えて欲しかったです。記載されている内容ですと、筋膜リリースだと一時的な効果しか得られないぜ。トリガーポイントにはもっと強い圧をかける必要がある。ただ、かけすぎてアザを作る人がいる。筋膜リリースは可動域を広げるのと筋肉痛を和らげるのは期待できる。そもそもの筋肉の張りを解消しようと筋膜リリースをせこせこ頑張っている人達にもっと有効な解消法を提示して欲しいと思いました。, >もっと有効な解消法を提示して欲しい しかし、筋膜リリースもやみくもにすれば良いというわけではなく、やり過ぎると逆効果になることもあります。 AthleteBody.jpでは、日本語としてはなかなか入ってきづらい英語圏の最新フィットネス情報のうち、皆様のフィットネスライフに特に役立つものを厳選して発信していきます!よろしくお願い致します!.