美容部員になるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。志望動機はあなたの美容部員になりたいという強い思いを面接官に伝える絶好の機会です。   履歴書や志望動機が不安なときは転職エージェントで添削してもらおう♪. [CDATA[ ("naturalWidth"in a&&"naturalHeight"in a))return{};for(var d=0;a=c[d];++d){var e=a.getAttribute("data-pagespeed-url-hash");e&&(!   //]]>, ビューティーアドバイザー(美容部員)とはファンデーションなどのメイクアップ用品や、スキンケア用品といった化粧品を販売し、お客様の美しさを追求するためにお手伝いする仕事です。美容カウンターを訪れるお客様のメイクアップについての相談を受けたり、お肌の診断の対応をしたりするなかで、その方に合った商品をご紹介します。, そんなビューティーアドバイザーの面接で、必ずといっていいほど質問されるのが志望動機です。化粧品業界への情熱や思い入れが伝わらなければ、採用は難しいでしょう。ビューティーアドバイザーの志望動機を書くにあたって、その企業の商品が好きということに加え、企業研究をした上でどのような仕事をしたいのかなど、話の筋を通すことが大切です。そこで今回は、美容部員の志望動機の作成ポイントはもちろん、面接で伝えるべきこと、志望動機としてふさわしい例文をご紹介します。, 華やかなイメージのある美容部員はおもに化粧品の販売をおこなう職業ですが、売上を上げるためにはブランドのネームバリューだけではなく、販売員個人のスキルも大切なのです。そのため、丁寧な接客を通して、商品を魅力的に見せる技術が求められます。スキルや技術が求められるビューティーアドバイザーの志望動機はどう書けばいいのか、面接では何を伝えればよいのでしょうか。ビューティーアドバイザーの志望動機を書く際に、重要なポイントをご紹介しますので参考にしてください。, ここでは、ビューティーアドバイザーの志望動機でぜひ伝えておきたい4つのポイントについて確認しておきましょう。, まずはビューティーアドバイザーという仕事を目指したきっかけを伝える必要があります。つまり美容部員になりたいと思うようになったきっかけを具体的に伝えなければなりません。動機は人によって違いますが、単にその化粧品メーカーが好きだからという内容だけでは説得力に欠けてしまいます。その場合、選考で不利になってしまう可能性があることに注意しましょう。, 次に、ビューティーアドバイザーとしての展望と熱意を伝えることが大切です。化粧品メーカーでビューティーアドバイザーとして働くにあたり、自分が掲げているビジョンがはっきりしていると、新しい社員として迎え入れてもらいやすくなるでしょう。, 化粧品メーカーやブランドがビューティーアドバイザーを募集している場合、採用側は数あるメーカーのなかで、ここで働きたい理由は何なのか把握しようとしています。そこに明確な理由があれば、熱意をはっきりと伝えられるでしょう。, 他社メーカーではなくそのメーカーでなければいけない理由や入社したら取り組みたいことなど、自分の考えや意志をはっきりと伝える必要があります。そのメーカー、または製品に関するポジティブな体験がある場合は、説得力のあるアピールとして志望動機に盛り込むようにしましょう。, 企業・ドラッグストアに応募する場合は、働く場所について、なぜそこでなければだめなのかを説明しましょう。その際には、どのような化粧品メーカーを扱っているのか、志望先はどのような製品を展開しているのかということを事前にリサーチしておくことをおすすめします。日常的にその企業を利用していることをエピソードとして伝えるのもよいでしょう。, 面接では自分の熱意をはっきりと伝え、そこで働きたいということをしっかりとアピールしましょう。面接で伝えたい2つのことを説明します。, 美容部員として役立つ資格やバイトの経験などを持っていればアピールしましょう。美容業界でのバックグラウンドがあれば、お客様のお手本となる存在として堂々と接客ができるはずです。そして、美への探求心がある人は、新発売の製品や流行しているブランドなどの情報に敏感な傾向があります。資格や経験のない人でも、美容への関心の高さをアピールできるエピソードを用意しておくのがおすすめです。, 採用後は、商品を買いに来店したお客様を気持ちよく迎える必要があるので、明るく前向きな接客をイメージして、ハキハキと笑顔で受け答えができるようにしましょう。, 美容に限らず、これまで接客業の経験や資格などがあれば、面接で積極的にアピールしてください。ビューティーアドバイザーは、その名のとおりアドバイス上手でなくてはいけません。来店するお客様のなかには、メイクや肌トラブルの悩みのある方も多くいます。接客する際は、お客様の事情を具体的に聞き、ニーズにあった商品をご紹介したり、お手入れ方法をアドバイスする必要があります。そのため、過去に接客や販売の成功経験のある方や応募内容に関係のある資格のある方は、面接の自己PRに盛り込むようにしましょう。, ビューティーアドバイザーの志望動機にどのような内容を盛り込むとよいのかがわかったところで、実際に例文を確認しておきましょう。ビューティーアドバイザーの志望動機の例文をいくつかご紹介します。, 新卒で就活中の方向けの、志望動機の例文をご紹介します。やる気や仕事を通して叶えたい目標などを軸にするとよいでしょう。, 「私が御社を志望した理由は、長年悩んでいた肌トラブルが御社の商品を使用することで改善したためです。肌の悩みというのは誰もが持っているものですが、私自身これまでさまざまな商品を購入したり、ネットで調べたりしていました。そこでようやく出会えたのが、御社のスキンケア商品でした。御社の商品は使い心地がよく、使い続けることで日に日に健やかになる肌を見て、強く感動したのを覚えています。私が感じたこの感動をより多くの方にも知っていただきたいと思い、御社を志望いたしました。そして、ビューティーアドバイザーとして同じような悩みを抱えている女性に向けて、御社の製品を多くの方に伝えていきたいと思っています。」, 「私が御社のビューティーアドバイザーになりたいと思った理由は、御社の製品を実際に使用して質の良さを実感したためです。私は肌が弱く、普通の化粧品では肌が荒れてしまうことがあり、化粧をしないで外出しなければならないこともありました。しかし、御社の製品を使用してからは肌が荒れるようなこともなく、快適に化粧を楽しめるようになり、引っ込み思案だった私もより自信が持てるようになりました。この経験を忘れず、たくさんの方にメイクの楽しさを伝え、より素敵になっていただけるようなお手伝いをできたらと考えております。」, 違う業界からビューティーアドバイザーに転職する場合、志望動機の例文をご紹介します。異業種で培ったスキルをどのように生かせるかアピールしましょう。, 「私が御社のビューティーアドバイザーとして働きたいと思った理由は、メイクアップにより自分に自信を持てることを多くの方に伝えたいからです。かつて私は、自分に似合う化粧が分からず苦手意識を持っていたのですが、御社のアドバイザーの方から丁寧なアドバイスをいただいた結果、自分に合うメイクを楽しくできるようになりました。私は今まで○年間○○で○○を担当し、多くのお客様や取引先の担当者の方と商談を行ってきました。そのなかで培ってきたコミュニケーション能力や交渉力は、御社の美容部員にも活かせると考えております。御社に入社しましたら、これまでの経験を活かしてお客様に寄り添う接客を心掛けたいと思っています。」, 同業から転職する場合の志望動機の例文をご紹介します。生かせるスキルなどに加え、「なぜ同業他社へ転職したいのか」を簡潔に伝えましょう。, 「私は3年間ビューティーアドバイザーとして勤務しており、現在は○名程の顧客様を担当しています。常連の方のご厚意でお友達を紹介いただいた経験もあり、お客様に寄り添った接客には自信があります。前職のメーカーで働いているなかで、華やかなメイクアップのベースになるスキンケアに興味を持ちました。そして御社の商品に出会い、その質の良さを実感いたしました。また、御社の企業理念「○○」に共感し、その理念に基づいて接客をしていきたいと思い、この度志望いたしました。」, 今回の記事では、ビューティーアドバイザーになるための志望動機や面接で伝えたいポイント、そして役に立つ例文をご紹介しました。これから美容部員を目指す皆さんは、自分の志望動機を改めて客観的に読み直してみてはいかがでしょうか。そして志望動機を挙げつつ、熱意が伝わるPR文をしっかり作り込んでみましょう。, 爪を傷めずジェルネイルをセルフでオフする方法をおさらい|お客様にお伝えすべき注意点とは, カットのレイヤーとはどんなスタイル? シャギーはどこが違うの? 美容師を目指す人が知っておきたい基礎知識.   Aさん:コスメが大好きで、御社ブランドもずっとファンなんです。だから応募しました。 美容部員に採用されるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。ここからは、志望動機の例文を3つご紹介していきます。 志望動機の例文① ビューティーアドバイザー(美容部員)の志望動機はどう書けばいいの? 華やかなイメージのある美容部員はおもに化粧品の販売をおこなう職業ですが、売上を上げるためにはブランドのネームバリューだけではなく、販売員個人のスキルも大切なのです。 「もっときれいになりたい」そんな女性の願いをサポートする美容部員は、女性にとってあこがれの職業の一つです。これから美容部員を目指す方は、就活の際に履歴書を書いたり面接に臨んだりするときに悩むのが「志望動機」でしょう。, 面接では必ずと言っていいほど質問されるのが「志望動機」になります。志望動機を書くにあたっては、化粧品業界への強い熱意や思いがなければ採用は難しいでしょう。企業の商品が好きというだけではなく、しっかりとした企業研究をした上で自分はどのような仕事をしたいのかをはっきりとさせてから志望動機を書くことが大切です。そんな美容部員の仕事内容や、志望動機の作成ポイントなどについてご紹介していきます。, 美容部員とはファンデーションやアイシャドウ、マニキュアなどの化粧品を販売するプロであり、女性の美しさの追求をお手伝いする職種です。, 美容カウンターに来店した女性のお肌やメイクについての相談を受けたり、肌の診断をしながらお客に合った商品を紹介します。また、より美しく見えるメイクの方法を提案するのも大切な仕事になります。次に気になる仕事内容や、勤務する場所について見ていきましょう。, 美容部員は、化粧品の販売をするのが主な仕事です。しかし、それだけではありません。メイクやスキンケアを実際に施すこともします。また、来店した女性の悩みをカウンセリングし、悩みや疑問に寄り添いながらアドバイスをすることも大切な仕事です。, 来店した客の好みを聞きながら、ファッションや髪形に合わせて季節感や流行を取り入れながら、最も適した化粧品を勧めます。お客様によっては肌質や抱えている悩みも違います。化粧品のプロとして、カウンセリングをしながらその人に最も適した商品を勧めていくのが美容部員の大きな役割です。, このように、美容部員は単に化粧品を販売していればよいのではありません。化粧品に関する知識や経験も大切ですが、お客様との信頼関係を築くことも必要です。美容に関するお客様の悩みを受け止め、コミュニケーションをとりながら希望を引き出すことが最も求められることといえるでしょう。, 美容部員というと、百貨店や専門店の化粧品売り場で働いている姿をイメージする人が多いでしょう。しかし、美容部員が活躍する場所はほかにもたくさんあります。全国の各地にある百貨店やコスメ専門店の他にも、ドラッグストアで勤務をする場合もあります。また、大手スーパーの化粧品売り場や化粧品のセレクトショップでの勤務など、さまざまです。, 美容部員の勤務場所については、内定の段階で決まっていることもありますが、研修中に適性を見極めて決めることも珍しいことではありません。勤務する場所がどこであれ、メイクに関して来店したお客様とマンツーマンでカウンセリングをしながら、化粧品を販売します。, 美容部員に限らず、就職面接では志望動機を聞かれることが多く、なぜ志望動機が聞かれるのか、その理由を知っておくことが大切です。志望動機を聞くのには必ず理由がありますし、その理由を踏まえた上で志望動機を作成することが就活攻略の近道になります。, 志望動機は就活の中でも重要なものですし、しっかりと考えておかなければ選考を攻略することはできません。志望動機を聞かれる理由を知り、どのような点が評価されているのかを知っていきましょう。, 志望動機を聞く理由としては、企業との相性を見るためであることが挙げられます。美容部員と一口にいっても仕事はさまざまですし、企業によって扱う商品なども違っています。扱う商品が違えば求められる能力や人物像なども違っていますし、志望動機によって企業と合っているかどうかが見られているので注意が必要です。, どれだけ能力が高くても企業との相性が悪ければ意味はありませんし、評価の対象にならない場合もあります。能力は持っているだけではなく、それが仕事に活かせて初めて価値がありますし、企業で活かし、活躍できることが大切です。企業との相性は就活生にとっても重要なことですので、志望動機はしっかりと練り上げ、自分が本当にその企業に就職したいのかを確認しておく必要があります。, 志望動機を聞く理由としては、志望度の高さを見るためでもあります。志望動機は企業を志望した理由やきっかけを聞くだけではなく、企業への就職意欲や成長意欲を問うものであり、志望度の高さがチェックされています。どれだけ企業に合った人材で、能力が高くてもやる気がなければ活躍することはできませんし、企業に貢献することもできません。, 新卒の場合は特に成長力やポテンシャルなどを重視して採用が決定していることも多いので、就職後の仕事への意欲をアピールするのは大切なことです。いかに仕事への熱意があるか、就職意欲が高いかをアピールできるかが高評価のカギであり、志望度が低いと判断されれば合格することはできません。, 就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。, そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。, あこがれの美容部員への就職を考えている人にとって、面接は避けては通れない難関です。メーカーによっては事前に履歴書等による書類審査を経てから面接へと進むケースもあります。, 就職のための履歴書を書いたり、面接を受ける際には志望動機がとても大切です。ただ単にブランドが好きだからとか、メイクの仕事をしたいからという理由だけでは採用は難しいでしょう。志望動機を書くときのポイントは、美容部員として必要なコミュニケーション能力やあなたの向上心をどのようにアピールできるかです。, 志望動機を上手に伝えるには、なぜ美容部員を目指したいと思ったのか、根本的な理由を伝えることが大切です。企業に対する憧れや就職意欲の高さも当然重要ですが、それ以上になぜ他の仕事ではなく、美容部員を目指すのかを考えることが重要です。, 美容部員を目指そうと思ったきっかけや出来事を伝えることで、根本的な志望理由を提示することができ、アピール全体の説得力が高められます。反対にどれだけ志望理由を述べても、美容部員になりたいという根本的な部分が語られていないと、説得力はなくなってしまいます。, 日頃から化粧品に興味があって、ファッション誌やヘアメイクの雑誌をよく読んでいる人は「自分も好きなメイクの仕事をしてみたい」といった憧れを志望理由に書く人がいます。, しかし、「メイクが好き」という憧れだけでは志望理由にはなりません。それは、メイクの仕事は美容部員でなくてもできるからです。メイクが好きという理由だけでは面接官の心には響きませんし、さらに掘り下げた質問で返答に詰まってしまいます。, 美容部員は、販売員であると同時に接客業でもあります。化粧品を買いに来た客が気持ちよく化粧品を買ってもらうためには、客との深いコミュニケーションが必要であり、信頼関係を築いていくことが重要です。, 化粧品メーカー等が面接で志望動機を聞くのには理由があります。もちろん、美容部員としてふさわしいかどうかを見極めるためですが、それだけではありません。実は、「このブランドが好きだから」という理由だけで採用した美容部員の離職率が高いことも理由の一つです。, 自分が好きなブランドだからといった単純な理由で美容部員になってしまうと、いざ仕事を始めて実際の仕事とのギャップに気づいてやめてしまう人が多くいます。ですので、ただ好きだからだけではなく、なぜ好きなのかを面接官が納得できるように深めることが大切です。, それには、ブランド研究は絶対に必要です。ホームページ等で調べることはもちろんですが、働く立場になって店舗に出かけたり、売る立場になって実際に商品を使ってみたり、他のブランドとの違いを知ることもよいでしょう。, 美容部員としては、自社のブランドが好きであることが大切であり、ブランド研究は必須です。ブランドが好きというだけの理由で志望するのはNGですが、それはブランド研究が不要なわけではありません。ブランドが好きであることは大前提の理由として必要ですし、それに加えてきちんとブランドについて理解しておくことが大切です。, 企業によってブランドコンセプトは違いますので、志望する企業がどのようなコンセプトを打ち出しているかを知っておく必要があります。また狙っているターゲット層なども理解しておき、誰に向けた商品なのかを知っておくことも大切です。ブランド研究や商品研究は念入りに進め、憧れだけで志望動機を終わらせないようにしましょう。, 美容部員になるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。志望動機はあなたの美容部員になりたいという強い思いを面接官に伝える絶好の機会です。くれぐれも「メイクが好きだから」「このブランドが好きだから」という理由だけで終わらせないでください。, では、具体的にどのように志望動機を書いていけばよいのか、例文を2つ紹介します。この例文をヒントにしながら、あなた自身の言葉で志望動機を簡潔にまとめてみてください。, 私が貴社の美容部員になりたいと思ったのは、どの化粧品メーカーよりも心のこもった接客をされいると感じたからです。私自身、これまでに多くの化粧品メーカーを利用してきましたが、貴社の美容部員の方はいつ行っても適切なアドバイスをしてくださいます。勧めていただいた商品も自分に合っていて、今でも愛用しています。今度は私がそんな存在になりたいと思いました。美容知識やスキルはもちろん、人を笑顔にしたり気配りのできる美容部員になれるよう成長していきたいと考えおります。, この例文では、実際に働いている美容部員の接客の様子から美容部員として必要なコミュニケーションの大切さについて触れています。実体験からの内容なので、説得力があります。, また、他の化粧品メーカーとの比較もしているので、なぜこのメーカーでなければいけないのかも伝わります。美容部員としてはなぜそのメーカーでなければいけないのかを明確にしておくことは大切です。いろいろな化粧品メーカーに足を運んで違いを知っておくことは入社意欲を伝えるためには必要です。, 私が貴社を志望した理由は自分自身がこのブランドの商品を長年愛用していることがきっかけです。肌に強いコンプレックスがあった私でしたが、このブランドの商品は使い始めてからは肌の悩みが解消され、自信にもつながりました。無添加で自然派化粧品を大切にしている貴社のコンセプトは、お客様目線に立った素晴らしいコンセプトだと共感しました。肌の悩みに苦しんできた私だからこそ、同じ悩みを持つお客様により親身になって接客ができると思います。, 志望動機を考える上で大切なことの一つが「なぜこのブランドで働きたいと思ったのか」を具体的に書くことです。商品を使って感動したことや商品を使うようになったでき事、ブランドの世界観など、ブランドを好きになったきっかけは人それぞれです。, しかし、ただ単に「好きだから」と伝えるだけでは説得力ある志望動機にはなりません。「このブランドで働きたい」と思った出来事を具体的に示すことで、面接官に働く意欲が伝わります。例文のような志望動機の場合は、なぜこのブランドで働きたいと思ったのか、具体的なきっかけを見直してみてください。, 私はその人に合った化粧品を提案することで、日常を明るくする手助けをしたいと思い、貴社を志望しました。私自身美容部員の方に化粧品を勧めてもらい、本当に自分に合った化粧品を使うことで、メイクが楽しくなり、明るい気持ちで過ごすことが出来ました。特に貴社の美容部員の方のアドバイスは的確で、私もその一員となってお客様に最適な化粧品を提案したいと思いました。アパレル販売員のアルバイト経験を活かし、個人に合わせた接客をすることで、活躍したいと考えています。, 例文ではなぜ美容部員になりたいと思ったのか、根本的な理由に触れてアピールができています。美容部員を志した理由に加えて、その企業だからこそ志望した理由も述べられているため、志望度の伝わるアピールができているでしょう。, 美容部員の方に自分に合った化粧品を提案してもらい、肌のトラブルが改善されて明るい気持ちになれたことが、美容部員を志望した理由です。私が担当して頂いたのは貴社の美容部員の方であり、購入後も使用経過を伝えると、今度はこの商品はどうですか?と新たな提案をして頂き、長いお付き合いが出来ました。お世話になった美容部員の方のように、私もお客様と長く付き合い、その時々で最適な商品を提案出来るスタッフになって、活躍したいと考えています。, 美容部員を目指した理由として、志望した企業のスタッフにお世話になったことが語られています。美容部員を目指したきっかけはもちろん、企業との関連性を提示できている点も、評価されるポイントでしょう。どのように働きたいかにも言及できており、入社後の活躍をイメージさせられている点も評価のポイントです。, 私はメイクが上手く出来ずに悩んでいた時、貴社の美容部員の方にメイクをしてもらい、私に合ったメイクの簡単なやり方のアドバイスを頂きました。そのおかげでメイクも上手くいくようになり、メイクの楽しさに気づけたことが貴社を志望した理由です。商品を売るだけではなく、メイクの方法を提案することで、その人に合わせた接客をしたいと考えています。お客様に合わせた接客をすることで信頼を得て、活躍したいと考えています。, メイクの悩みを解決してくれたのが志望先の美容部員の人ということを軸に、志望動機が展開されています。自分と企業との接点を提示し、かつ美容部員として働くにあたり、どのようなことにチャレンジしたいのかが明確にアピールできているでしょう。, メイクで悩む人に解決策を提示し、化粧をする楽しさを知ってもらいたいと考え、貴社を志望しました。私自身メイクの仕方に悩んでおり、それを解決してくれたのが、貴社の美容部員の方でした。ただ商品を提案するだけではなく、どのように使うと良いのか、またどのような失敗が多く注意すべきなのかなどを細かく説明してもらったことが、印象に残っています。私も貴社の美容部員の方のように、商品を正しく理解した上でお客様に合った提案、アドバイスをし、メイクに関する悩みを解決して、お客様から信頼してもらえる美容部員になりたいです。, 自身の過去の経験と、志望先の美容部員の人とのエピソードを絡めることで、その企業を志望した明確な理由を提示できています。また、メイクの悩みを解決してもらえたという点が、美容部員を目指すきっかけになったこともアピールできているでしょう。過去の経験と将来の働き方をリンクさせ、仕事への意欲を提示できている点も、評価できるポイントです。, これから美容部員を目指す皆さんにとって悩むのが「志望動機」です。志望動機は、美容部員の仕事内容を理解することはもちろん、しっかりとした企業研究をした上で自分はどのような仕事をしたいのかをはっきりとさせてから書くことが大切です。, 美容部員は化粧品を販売するだけでなく、客との信頼関係を築くことも必要です。メイクだけではなく、カウンセリングやアドバイスなども仕事内容ですので、志望動機を書く際には、自身のコミュニケーション能力をアピールすることが大切です。, また、ただ好きだからだけではなく、なぜ好きなのかを面接官が納得できるように深めることが大切です。憧れの美容部員を目指し、しっかりとブランド研究をおこないましょう。, 志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えるだけでで理想的な流れの志望動機が完成します。, 就活の未来を提供するポート株式会社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークを取得(登録番号:第17001426(04)号)し、個人情報の取り扱いについて適切な管理を徹底しています。, 就活の未来を提供するポート株式会社は、有料職業紹介事業者として厚生労働大臣の認可(許可番号 :13-ユ-305645)を受けた会社です。人材紹介の専門性と倫理の向上を図る一般社団法人 日本人材紹介事業協会に所属しています。, 当社は、東京証券取引所、福岡証券取引所の上場企業であり、主にインターネットメディア事業を運営しています。(証券コード:7047).