■エンジン内部には、燃料やオイルに含まれる不純物等から発生するスラッジや、シリンダーとピストンリングなどの摩擦による金属粉などが発生し、エンジンオイルがこれらを洗い流すことによって、エンジンは正常に働き続けることが出来ます。しかし、エンジンオイルは長期間繰り返し使われるため、汚れや劣化を防ぐ必要があります。こうしたエンジンオイルへの汚れの再付着や劣化を防ぎオイルのライフサイクルを長期間保つことが、オイルフィルターの役割です。, 【特長】◎YAMAHA純正オイルフィルター ■純正エアフィルターは非純正品に比べ、耐久性が高く、限界性能でも大きな差がでます。また、高レベルのろ過性能を維持しながら、適正な燃焼に必要な空気も的確に供給します。設計出力・排気量・バルブ方式・キャブレター方式・吸入経路の違いによりエレメント形状は大きく異なります。 ■ろ紙のろ過機能や、接着剤の品質、リリーフバルブのばね圧力等、厳格に設定したさまざまな基準をクリアした高品質素材と高い組立技術によって製造されるヤマハ純正オイルフィルターは、耐油性・耐熱性に優れた特性を発揮します。 エンジンフリクション低減により燃焼効率を向上する。スラッジによる摺動部磨耗を防止することで、エンジンの性能低下(経年劣化)を抑制し、メンテナンスコストを削減する。【関連資料】トヨタ/ニッサン/ホンダ/マツダ/三菱/スバル/ダイハツ/スズキ/いすゞ, 【特長】ディーゼルエンジンの燃料ラインエアー抜き用、負圧吸引タンクです。 工具レスフィルタカバー。ツマミネジを回すだけで簡単に取り外せます。 特に燃料噴射(FI)車の場合、吸入圧の変化により、充分に性能が発揮されない等、不具合が生じる可能性がありますので、純正部品の使用が不可欠です。【主な適合車輌型式(ヤマハ)】CE50(3P3C)_CE50D(3P3D), 【特長】いすゞ ろ紙交換用 樹脂製の燃料フィルターケースのカバー取り外し用【主な適合純正品番】8-98242611-0【差込角(mm)】12.7【対応】12ポイント【適合エンジン型式】4LE2【サイズ(mm)】84, 【特長】UDトラックスの中型及び大型車に使用されている燃料フィルター交換式ケース脱着専用レンチです。, 【特長】ボートメンテナンス用品では米国では最もメジャーなスターブライト社のアメリカ製の燃料タンククリーナーです。ディーゼル艇の場合、漁船のようにほぼ毎日稼働している艇であればディーゼル燃料はいつもタンク内で回転していて劣化することがないのですが、月に1,2度しか稼働しなくてそれも数時間ほどで給油は3か月に1回ほどの稼働率で10年間ほどの期間を経るとタンク内に汚泥のようなスラッジがたまります。軽油は劣化が進むとスラッジという燃料タンクに厄介な沈殿物質を作ります。このような場合にタンクの洗浄剤ができるのがスタースライト社 スタートロン 燃料タンククリーナーです。この洗浄剤はスターブライト社のスタートロンという燃料復活剤をもとに開発され,主成分は酵素に基づいた革命的な新しい添加剤入っています。この成分によりスラッジ(硬化したものも含みます)を分解します。また劣化した燃料を復活します。【使用方法】 使用方法はとても大事なので必ず使用量を守ってください。ガソリンまたはディーゼル燃料4ガロン(15.2リットル)のごとに1flオンス(30ミリリットル)を加えてください。(エンジン稼働の最低24時間前にタンクに入れておいて下さい。)。予備の新しい燃料フィルター1次フィルター(レイコー30ミクロン)を2個(エンジン2基の場合は4個)2次側は1個を用意します。無駄をなくすのであれば定期メンテナンス前に行うのが最も合理的です。初回のエンジン稼働では その効果に驚きます。タンククリーナーは硬化した異物を分散し細かな粒子状にするので、あっという間にフィルターが真っ黒になり油水分離フィルターにスラッジがたまります。(フィルターも詰まります)ひどい場合は2回ほど詰まります。これでほぼ洗浄は終了。(長い間全く稼働しない艇の場合は同様の作業を何度か必要となる場合があります)。定期的にメンテナンスしてスラッジを取り除くまたはたまりにくくしたい場合は 「スタートロン 燃料トリートメント」をご使用ください。ご使用上の注意:ご使用には必ず手袋を使用してください、【容量(L)】1.9, 【特長】UDろ紙交換用 樹脂製の燃料フィルターケースのカバー取り外し用メインフィルター用【主な適合純正品番】52216-07180【差込角(mm)】12.7【対応】15ポイント【適合エンジン型式】GH5・GH7【適合車種】コンドル【サイズ(mm)】98, 【特長】◎YAMAHA純正オイルフィルター ■純正エアフィルターは非純正品に比べ、耐久性が高く、限界性能でも大きな差がでます。また、高レベルのろ過性能を維持しながら、適正な燃焼に必要な空気も的確に供給します。設計出力・排気量・バルブ方式・キャブレター方式・吸入経路の違いによりエレメント形状は大きく異なります。 湿度・温度・ダストの質・空気の質など環境要素も重要になってきます。ヤマハでは各国・各地域の使用環境データを集積し、エンジン別に徹底したテストを行い、それぞれの環境に合わせた最適な純正エアフィルターの設計を行っています。 ■ガソリンを急激に燃焼させるには大量の空気が必要ですが、空気中にはエンジンに有害なダスト(アルミナ、カーボン、砂等)が含まれており、これらがエンジンに吸入されるとキャブレターのジェット類を目詰まりさせ、エンジン不調を起こしたりシリンダーやピストンを傷める他、オイルに混入してエンジン各部の摩耗を早めてしまいます。これを防止するためにエアフィルターが使用されています。 劣化のメカニズムは、一般的に走行距離が増えるにしたがってフィルターの目詰まりは進みます。しかし、目詰まりの仕方は道路状況や使用環境によっても大きく異なり、未舗装路や渋滞走行などフィルターにとって厳しい使用の多いオートバイほど目詰まりは早く進行します。定期交換基準もこのことを加味して定められていますので、定期的に点検する必要があります。メンテナンスを怠ると、エアフィルターが目詰まりを起こし燃焼に必要な空気が充分に供給されず、エンジンの出力低下を招き、加速不良や燃費の悪化の原因となります。