様々なサイトで初心者の方のための解説記事が上がっています... 【自作PC】初心者オススメ汎用パーツ構成紹介 ~予算20万円~ 2019年最新Ryzne7 3700X・RTX, 2020最新 おすすめ自作PCパーツ ~X570マザーボード~ 価格・用途別まとめ. HimaJyun, Ryzen 7 3700Xを使用してオールM.2 SSDの質実剛健系PCを組みました。, CPUなんてSandyおじさんですらないAMD FXシリーズだし、M.2とか使えないし、グラボもそろそろ力不足……CPU的なパワー不足は感じていなかったけど、足回りの方が気になり始めてきた。, それに今Zen2 Ryzenめっちゃ流行ってるし良さそうだし欲しくない?欲しい!よし、買い替えだ!!という具合。, 前に使っていたPCではグラボ2枚刺し、SSD+HDD、回転数なんて一度も調整しなかったファンコン、DL販売化の流れで使われなくなったDVDドライブ、使いもしないのに繋がってる周辺機器……などなど、パーツ構成が明らかに無駄だらけでしたが、今回はそれらを改めます。, 不要な機器が繋がっている事は安定性を損ねる原因にもなります。削れるものは削りましょう。, 個人的には光るPCパーツが嫌い(←こうやって書くと噛みつかれる)……必要性を感じないので光らせないを最重要事項としました。だって邪魔だもん。, 光るのは構わないけど、消灯できない(もしくは、LEDが取り外せない)などの場合は選定対象外。, 光らせるのが好きな人に光らせる自由があるように、光らせるのが嫌いな人には光らせない自由があるべきです。, 前のPCではDVDドライブを搭載していました。しかし、最近はダウンロード販売が主流なのでほとんど使われていなかった事は想像に難くないでしょう。, 滅多に使わない物は「必要な時だけ繋げばいい」と考えたので、今回のPCでは光学ドライブは搭載しないことにしました。, 前のPCではSSD+HDD構成でしたが、これは当時のSSDがまだまだ高価で128Gや256Gでも2万円くらいしたのでそうするしかなかっただけです。, 今となっては2万円で1TBのSSDが買えてしまうし、サイズの大きいファイルやバックアップはNASを使用すれば十分です。, そこで、今回はOS用SSD(大容量)+データ用SSD(小容量)のオールSSD構成にしました。, なんでもかんでもNASを保存先にするとソフトウェアによっては不具合を起こすのでデータ用のSSDは別途用意しておきます。ただし容量はそこまで多くなくていい。, 歪に見えるかも知れませんが、OS用SSDが大容量で、データ用SSDが小容量なのにはちゃんと考えがあるんです。, (「不具合を起こすソフトウェアのデータはOS用SSDに入れたので良くない?」みたいな疑問に答えておくと、データはデータで別にしておく方がOS再インストールの時に圧倒的に楽という理由があります), どうせSSDを使うなら更にシンプルにしたいので、両方ともM.2 NVMeが良いだろう……なんて訳でついでにSATA不使用構成にも決まりです。, ゲーミングを謳うPCでもSSD+HDDは珍しくないですが、個人的にはそろそろ大容量SSD採用やオールSSD化の方向へ進んでも良いかと思っています。, SATAがなくなればSATA系のケーブルも不要になるので、配線を綺麗にするのが楽になります。そういう意味でも「シンプル」です。, これは今となっては当たり前ですが、プラグイン電源と裏配線対応ケースを使用することで配線回りもシンプルにします。, せっかくオールM.2 SSDでSATAケーブルが不要になったのに、電源側から使いもしないSATAケーブルが生えていたら邪魔です。, 加えて、電源シュラウド(電源を隠すカバー)があるケースを使えばケーブル類をほとんど表側に出さずに配線が出来ます。, 例えばファンコンですが、繋いだっきりで結局一度も回転数を調整する事なんてありませんでした。ただ単にマザーのファン端子が足りないのを補うための電源装置にしかなっていなかった。, これはPWM分岐ケーブルを使用すれば済む話です。なんならPWM分岐ケーブルの方がマザー側の制御が効くので良かったりする。, 他にも、前のPCではグラボを2枚載せたりしてましたが、今のグラボを1枚の方がよっぽど高性能で自分にはそれで足りる。なのでグラボも1枚削減。, 自分にとってパソコンは仕事道具のようなものなので、安定性を重視したパーツ選択をします。, 簡易水冷のCPUクーラーだと液漏れ/冷却液の減少が心配なのでCPUクーラーは空冷を使用。, 空冷ですがファンを可能な限り取り付ける事で冷却力の向上、延いては安定性の向上を狙います。, メモリはCPUが"定格で"対応している最大クロックを選択します、XMPは使わない。, 個別のパーツレビューは別で投稿してるのでそちらを見てもらうとして、ざっとパーツの紹介や選んだ動機的な話。, 当初はASUS ROG Strix X570-F Gamingを使おうと思って購入したのだが、ほぼ同じ値段でX570 Taichiが売られていて機能的にこっちの方が良さそうだと思ったので買い替え、という具合。, (ちなみに今は値上がりで価格差が開いちゃっているので、今から組むならX570-Fのまま組んでいたと思う), PCIe 4.0に公式対応している事を理由にX570を選んだが、正直なところB450とかでも良かったかなという気もしている。(B450でも非公式ながらPCIe 4.0で動くらしいので), 本当はRyzen 9 3950Xで組みたかったんですが、ご予算的な都合で断念しました。1ドル90円くらいなら買えたのに……, コア数増えても単コア性能は変わらないので、ひとまずは8C/16Tもあれば十分でしょう。16C/32Tを使い切るプログラムを書くのがどれだけ難しいかは良く分かっているので。, 3700X(3.6GHz@65W)と3800X(3.9GHz@105W)だと0.3GHzのために65W→105Wになるメリットはそこまでないかな、と思い3700Xを選択。, 実は簡易水冷にもすごく興味があった。ただ、冷却液の減少が可能性として考えられるので断念。そういうのめんどくさいから嫌なんです、一度設置したらそのまま買い替えまで動いてほしいタイプ。, 空冷であればNoctuaの奴が冷却性能的には最強らしいのですが、こちらの方がお手頃価格で静音性が高いです。, CPUグリスにはMX-4を使っています。ただ、温度の比較検証の結果から忍者 五の付属グリスでも十分な性能がある事が分かっているので、忍者 五を購入するのであれば別途グリスをお買い求めする必要はないと思います。, メモリはCFD販売のCrucial(Micron)製メモリ、W4U3200CM-16Gを選択。DDR4 3200Mhz 16Gx2です。, 定格で3200Mhzのメモリです。どいつもこいつもXMPのメモリばかり推してやがるから定格の物を探すの大変でした。, 定格なら相性問題はとても少ないし、XMPで3600とか用意しても性能的には誤差レベルなので個人的には定格をお勧めします。, このメモリにはヒートシンクが付いていません。それを気にして別売りのヒートシンクを買ってみたりはしたんですが、正直言ってただのお飾りでしかないのでヒートシンクは買わなくていいです。そもそもメモリを綺麗に装飾しても忍者 五に隠れて見えないです。, このグラボは完全に繋ぎです。レイトレ対応のRDNA2が今年度中に出るらしいので、それまで普通に使えたら良いやって感じです。, ちなみに、比較記事で「SAPPHIREの方がいいよ」みたいな結論書いたくせに自分はMSIの物を使っている。, RX 570を購入した後でRX 5500やRX 5600が出るという噂を聞いたから、その資金にしようと思ってSAPPHIREのRX 570を売った。, でも今考えるとこれは失敗だったなと、使用時間が短くて保証書とかも揃っていたのでSAPPHIREのRX 570を売却したけど、元が安いから大した値段がつかなかった。, 結局RX 5500/5600のどちらもコスパ的には期待外れだったので購入しなかったし……, ただ、今から新規で組むならRX 5500とかRX 5600を使う方が良いと思います。RX 570は品薄になってしまって割高なので。, OS用SSDにはCFDのCSSD-M2B1TPG3VNFを選択。PCIe 4.0に対応したPG3VNFシリーズの1TBです。, 2020-03-09の時点だとPCIe 4.0のSSDはこれくらいしか選択肢がない。CorsairやGIGABYTEが売ってるSSDも中身は同じです、恐らくこれらは全てPhisonのリファレンスモデル。, CFDの方がヒートシンクが付いてなくて値段が安い、ヒートシンクはマザーに付いてますし。, もしこの記事を読んでる人の時間軸でSamsung 980 Proとかのもっと高性能な製品が発売されてるならそっちの方が良いと思います。, データ用SSDにはADATAのASX8200PNP-512GT-Cを選択。XPG SX8200 Proシリーズの512GBです。, ただ、このSSD、NANDがおみくじだし、巷にあるレビュー記事よりも書き込み時のSLCキャッシュが少ないというハズレ個体。(一応今のところ普通に使えていますが……), なので、「おすすめできますか?」と聞かれたら「やめた方が良いのでは……」と答えてしまうというのが素直なところ。, この辺の情報がちゃんと分かっていたならCorsairのForce MP510を買ってたと思います。, 自分が検証して情報を出す側だからたまに地雷を踏んでしまうというのは、ブロガーとかいうアフィカス人柱稼業では仕方のない事です。, 電源はぶっちゃけ何でも良かった。当初はAntecのNeoECO Gold(NE750G)とか候補だった。ただ、買おうと思った時には売り切れていたので次点で候補になっていたCorsair RM850xを選択。, NE750Gはセミプラグイン(ATXなど必須ケーブルは取り外せない奴)で、RM850xはフルプラグイン。, どうでもいい違いにも思えるが、今回使用したパーツ構成だとフルプラグインじゃなかったら配線がしんどかっただろうな、という部分が何か所かあったので。, ケースなんて「入ったら何でもいいや」という感じではあるのですが、このケースはフロントベイが一切なく、今回はそれらが必要ないことは明白だったので「シンプル」という観点からとても良かった。, それと、フロントType-Cが搭載されているのでX570 TaichiにあるUSB 3.2 Gen2ヘッダーを活用できる。, NZXT H510にはリア(120mm)x1、トップ(140mm)x1、フロント(140mm)x2の計4つのファンが搭載できます。, ファンはたっぷり付けておきたいと思ったので、リアにKAZE FLEX、トップにML140 Pro、フロントにML140を採用。, H510+忍者 五+ML140 Proの組み合わせ、要するにトップに140mmのファンだと配線がかなり難しくなります。主な原因は忍者 五、このクーラーはメンテナンス性をかなり犠牲にする。, これは本当に苦労したので、個人的にはトップに140mmファンを搭載するのは避けた方が良さげ。, M.2 SSDとチップセットの冷却用に長尾製作所のファンステイN-M2S-FSTYとENERMAXのUCTB9Pを取り付けています。, ただ、これに関しては個人的に「気にし過ぎでは?」と考えているので、正直なくても良いと思う。, それと今回のパーツ構成だとそのまま取り付けるのは不可能です。加工必須なのでそれが出来ない人は真似しない方が良い。, M.2 SSDの冷却用にファンを2個追加している関係から、PWM分岐ケーブルが必要になった。, 上で「なくても良いと思う」と書いたのはM.2ファンを取り付けなければこの分岐ケーブルが不要になるから、という理由もある。, PWMの延長ケーブルは何となく必要になりそうだから買った。結果は買っておいて正解。, 綺麗に裏配線しようと思うとファンケーブルとかが長さ不足になりがちなので必要だと思う。, パソコンの組み立て方なんて解説は必要ないでしょう。刺さるところに刺せば動く。なので要点的な部分だけ。, 完成形はこんな感じです。先に載せておきます。 TAKA(@TakasLife)です。 Ryzen7 3700Xで自作PCを組んだので性能がどのくらいなのか各ベンチマークで数値を計測してみました。 2020.01.19. 【自作PC】 第三世代Ryzen対応 オススメX570マザーボード ~ASUS~  おすすめのASUS製X570チップセット搭載マザーボードをそれぞれの特徴も交えてご紹介します。 こちら  で他メーカーのおすすめ... 【自作PC】第3世代Ryzne対応 オススメX570マザーボードまとめ ASRock・ASUS・MSI・GIGABYTE ASRock・ASUS・MSI・GIGABYTE. ニアですよー!! 先日、ついに念願の自作pcを作りました! 前に大学の研究室で研究で使うpcを自作したことがあるのだけど、あの頃から「いつかは自分用の自作pcを作りたい」と思っていました。 1. Ryzen 7 3700X搭載パソコンは写真編集や動画編集におすすめ?インテル製CPUと比較しながら性能を分析してみました。 copyright © 2020 ENHANCE All Rights Reserved.   2014-2020 All Rights Reserved. 自作PC初心者の方向けにRyzen 7 3700Xを使用したゲーミング向けの最新オススメ構成をご紹介します。 過去の記事でもちょっこっと書いていますが、子供の動画を月ごとにまとめて5分ほどの動画に編集して、両親に送るということをするようにしてから、動画をいじる機会が増えました。 第3世代Ryzen(Zen 2)でPC組むぞ~ということで、いろいろパーツを買い足したわけですが、ようやっと実際にPCを組み上げました。, CPUはRyzen 7 3700X。今まではRyzen 7 1700を使っていたわけですが、実際にどれくらいパフォーマンスが上がったのかなどを紹介していこうと思います。, というわけでPCを組んでいきますよ。といっても各パーツをはめはめして、ケースに入れて、ケーブルを接続するだけです。超簡単です。, ケースに入れてグラボとかを接続すれば完成!このケース、5インチベイを取り付けるスペースなんてものはないのでかなりスッキリして見えますね。, 裏側です。結構配線頑張りました。蓋を閉めてしまえば見えない部分ですが、キレイにしたいですよね。, 電源入れました。CPUクーラーとファン、そしてケースについてるLEDが光ります。オタクなので赤系にしました。かっこいいいいいい!!!!, さて、今回の自作PCはCPUを第3世代Ryzen(Zen 2)に変更したのが最大のポイントなんですが、それによってどれくらいパフォーマンスがアップしたのかをベンチマークなどで検証していきます。, まずはCPUベンチマークソフトのCINEBENCHを。いまはR20が最新ですが、R15でも測定しました。, グラボはGTX 1070を流用していますが、CPUも使っているので検証。解像度はフルHD、WQHD、4Kで最高品質の3パターンで測定しました。, フルHDだとかなり差が出ました。とはいえ4Kじゃない限りどちらでも「非常に快適」なんですけども。FF14は中程度の重さのゲームなのでまぁこんなもんなんでしょう。, 続いてFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK。これは結構重めの部類ですね。, 流石に4Kだとカクつきましたが、どの解像度でも3700Xの方がスコアは上でした。FF15はもっと強いグラボじゃないと厳しいんですね。, 僕はゲームをしないので個人的にはこれが一番大事、Lightroom書き出し (RAW→JPG) 速度です。, D850 (8,256×5,504px) で撮影した写真100枚を、リサイズなし、 解像度72pixel/inch で書き出したときの速度を比較しました。, Ryzen 7 1700では5分21秒かかっていたのに対してRyzen 7 3700Xは半分以下の2分23秒でした。マジで!?!?!?って声出ました、マジで。, Zen 2のすごさは聞いてましたが、実際に体験してみるとやばいですね。催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ…って感じ。, 更にすごいのが、タスクマネージャーで現像中のCPU使用率を見てみると、1700はずっと上に張り付いていた(全コア100%)だったのが、3700Xは多少余裕があったこと。, 基本的に現像中って他の作業はまぁしたくない感じだったんですが、Ryzen 7 3700Xだったらちょっとした作業はできるんじゃね?って感じでした。すごい。, 僕は第1世代のRyzenからのアップグレードだったので余計にってのもあると思いますが、それにしてもパフォーマンスの向上がハンパないですわ…, この性能のCPUが4万ちょいで買えるなんてすごい時代になったもんだ。特別な理由がない限りIntel選ぶ理由がないんじゃね?とさえ思うレベル(僕の用途ならね)。, 結局CPU以外にも結構パーツを買い足した感じにはなりましたが、非常に満足しております。, お家で会社員をしながらこのブログを書いたり、コードを書いたり、ライター業をしたり、写真を撮ったり、動画撮ったりしています。, Ncase M1 v6.1を買いました。240mmラジエーター搭載可能なMini‐ITXケースで自作PC組みます, Premiere Proのハードウェアエンコードで動画の書き出し時間が爆速になった, Ncase M1 v6.1 × Ryzen 9 3900Xで自作PCを組みました。小型ケース、かなり大変, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, RAVPower RP-PC136 レビュー。コンパクトで4ポート搭載、最大65W出力のUSB充電器, Apple Sillicon(M1)搭載MacBook Air、Mac mini、MacBook Proの特徴を超簡単にまとめてみた, CIO-G100W3C1A レビュー。コンパクトだけど4ポート・100W対応の強いUSB充電器, yStandard Theme by yosiakatsuki Powered by WordPress, 「第3世代Ryzen(Zen 2)で自作PCを組む計画」という記事でも書いたように、第3世代Ryzen(Zen 2)でPC組むか~~となっていました。 で、ぼち…, AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3.6GHz 8コア / 16スレッド 36MB 65W【国内正規代理店品】, Ryzen 7 1700→Ryzen 7 3700Xでどれくらいパワーアップしたのかを検証, CORSAIR DDR4 VENGEANCE LPX 2666MHz 16GB×4, オウルテック Seasonic FOCUS+ シリーズ 750W 80PLUS GOLD, 第3世代Ryzen(Zen 2)で自作PCを組みました。Ryzen 7 3700X、めっちゃいいです. 自作PC初心者の方向けに2019年最新のPCIe4.0対応SSDとRyzne 7 3700X、NVIDIA Geforce RTX2070 SUPERを使用した本格的にゲームを楽しめる自作ゲーミングPCのパーツ構成を各パーツの解説も含めて紹介します。また当記事では予算25万円で現在最新のパーツを長期的に利用できるように性能や耐久性に優れた製品を選択しました。, Ryzne 7 3700Xは8コア16スレッド、基本クロック3.6GHz、最大ブーストクロック4.4GHzで動作するAMD最新Ryzen3000シリーズのCPUです。, 第三世代RyzenではCPUの設計が根本から改善されゲームや動画編集ソフトでのパフォーマンスが前世代Ryzenシリーズと比べて飛躍的に上昇したためゲームにも適したCPUといえるでしょう。, また以下の公式ページの左から1番目のCPUクーラー『Wraith Prism with RGB LED』が標準で付属しています。AMDのCPU付属クーラーはしっかりとしたヒートパイプを備えていて十分な冷却性能がありRGB LEDも搭載(AUSU Aura sync対応)しています。そのため冷却性能にこだわりがなくより安く抑えたい方はCPUクーラーを別に購入せず、こちらを使用してもいいかと思います。 自作PC初心者の方で最初に困ることが多いのがどのような方法で 【自作PC】初心者オススメゲーミングパーツ構成 ~予算25万円~ PCIe Gen4 SSD & Ryzen7 3700X・RTX2070 SUPER.  FPSゲームなどの3DゲームをプロゲーマーやYouTuberのように高画質、高FPS(フレームレート)でプレイしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?そんな方のために現在、最高のゲ... 自作PCを初めて作ろう思っていて、道具はナニが必要なの?どれを買えばいいの?と感じている人も多いのではないでしょうか。本記事では筆者がパソコンを組む際や、いじるときに実際に使っているツールを紹介します。「どれを買えばいいか分からないよ」という人は必見!, 自作PC初心者の方向けに2019年9月最新の一般用途、動画編集からゲーム、OC(オーバークロック)までどのようなものにも使える汎用パーツ構成を紹介します。 自作PC初心者 の方向けに2019年最新のPCIe4.0対応SSDとRyzne 7 3700X、NVIDIA Geforce RTX2070 SUPERを使用した本格的にゲームを楽しめる自作ゲーミングPCのパーツ構成を各パーツの解説も含めて紹介します。 TAKA(@TakasLife)です。 新しくPC用のモニターを購入したので、追加でモニターアームを購入しました。僕の環境では設置場所の都合上、モニターを机面ぎりぎりまで下げないとベストポジションにおけないのでモニターアームは必須です... TAKA(@TakasLife)です。 PT2を付けたWindowsPCで、普段はTVを見ているのですがある日からBSジャパンだけが見られなくなりました。他の地上波やBS放送は普通に見られます。 いろいろ調べていたらBSジャパンのホーム... TAKA(@TakasLife)です。 先日、SONYからαシリーズやcyber-shotシリーズのデジタルカメラをパソコンのWEBカメラとして使用できるようにするImaging Edge Webcamがリリースされました。 ※... TAKA(@TakasLife)です。 自作PCにBluetooth機能が無いため、無線ヘッドホンが繋げられません。MacではAirpodsで音楽を聞きながら作業することが多かったので、自作PCにもAirpodsを繋げないか調べてみた... TAKA(@TakasLife)です。 サブ機として使っている自作PCをWindows10へアップデートしました。そしたら、アイコンやブラウザ入力時のフォントがとっても見にくい! と、いうことでWindows10のシステムフォン... TAKA(@TakasLife)です。 Ryzen7 3700Xで自作PCを組んだので性能がどのくらいなのか各ベンチマークで数値を計測してみました。, iPhoneのApple PayでSuicaの残高が反映されない問題、解決しました, Ryzen7 3700X(Zen2)で自作PCを組んだので一通りベンチ計測してみたよ, 解決!WIndows10でSONY Imaging Edge Webcamが表示されず困った話, Windows10の自作PCでAirpodsが使いたくてBluetooth USBアダプタを買ってみた.